DGS番組各話紹介

こちらでは、DGSのこれまでの各ストーリーをご紹介!
(放送を聞いて書き留めた記録です。談話室やリスナーからのお便りなどは要約した内容になっています)

第486話「スイカバーおいしいよね!」

OPトーク

DGS EXPOの話をしている間に7月が終わり・・・そんな話題で始まる第486話。
だいたい夏至を過ぎたあたりで夏が終わりだなと感じる(早いw)と話す神谷さんですが、愛用していた半ズボンも近年では、仕事の終わり時間やエアコン事情など冷えを意識して履かなくなっているなどと話し「もうオッサンですわ」と暗いトーンでボソリ。あえてホットパンツを履こうと小野さんに言われ、それだと「ウルトラソウルになっちゃう」とまたしても若干下ネタっぽい会話で苦笑してらっしゃいました。ともあれEXPO三昧だったこの半年。エクステンドの倉庫にはS丸くんとにゃーさんの着ぐるみが寂しく収納されてるそうです。EXPOロスを解消するためか、にゃーさんの頭だけ被って仕事をしている内田社長さんの写メが送られてきたりしてたそうですが、また着ぐるみたちにも次の出番があるといいですよね。( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

ふつすと

「先日『進撃祭』昼の部に参戦しました。非常に濃い内容で本当に楽しかったです。迫力ある朗読劇に圧倒され、サントラや主題歌のライブで盛り上がり、声優さんたちの本物の調査兵団のような仲の良さが伝わってくるトークではたくさん元気をもらいました。初めて兵庫県から東京へ遠征してイベントに参加したのですが、遠征して本当に良かったと思いました。そして「進撃の巨人」二期の放送決定おめでとうございます。原作を読みながら、一気に比べリヴァイ兵長とエルヴィン団長の活躍される場面が増えるのではと予想しています。心臓を捧げながら、来年春の放送とお二人のご活躍を全力でお待ちしております」

7月3日に東京国際フォーラムで開催された『進撃!巨人中学校×進撃の巨人“進撃祭”Reading & Live Event』というコラボイベント。主要キャスト陣と共に神谷さんも出演されていたようです。曰く、基本的には「Reading=朗読劇」と「Live=音楽」のイベントで、ガチで朗読をする部分とちょっとしたトークパート、主題歌を歌っていたRevoさんを初めとしたアーティストも来ていて豪華なイベントだったとか。小野さんは進撃ではなかなかイベントに参加することがなく、神谷さんもキャスト発表時やアニメフェスなどのシークレットゲストなどで参加した以外「進撃の巨人」という切り口での参加は初めてだったそうですが、「とにかく緊張した」というのが本音のご様子。主演の梶さんと二人だけのシーンを演じたあと、舞台袖で梶さんと「ホント大変だったけど、面白かったね」などと熱い会話を繰り広げたりもしていたとか。一方の梶さんもガチな感想を述べたりしていたようで、そういう部分も含めて進撃の巨人っていいなぁと改めて思ったのだそうです。
ちなみに二期決定というアナウンスだけだった間は一番楽しみにいられたそうですが、明確にこの時期から放送するというのが発表された今となっては、刻一刻と迫るその時に対するプレッシャーや、緊張感溢れる進撃の巨人のスタジオが待っているのかと思うと、お二人とも武者震いするような心持ちなのだそうです。

「神谷さん、7月1日に放送された『おはスタ』拝見させていただきました。まさか小さい頃から見ていたおはスタに神谷さんが出演されるとは。とても素敵な笑顔と「おーはー」が見られて嬉しかったです。そして番組内で紹介されていた「斉木楠雄のψ難」も朝と深夜のW放送ということで、しっかりとチェックしていきたいと思います。ところでおはスタに出演されての感想などありましたらぜひ教えてください」

は〜い、出ました〜!と答えた神谷さんの感想は「楽しかった」でした。そもそも「おはスタ」という番組が大好きなのだそうで、19年前の山寺さんMCで始まったばかりの頃にずっと見ていたそうで、山寺さんのシングルCDも2枚持っているとか。25分という短い時間とにかく最初から最後までテンションMAXで、よく分かんないけど面白いな・・・というのが子供の頃の印象だったそうですが、大人になってから普通に見てて超楽しかったとのこと。小野さんも「怪人ゾナー」が好きだったそうで、森久保さんに会った時に思わず(ゾナーだ・・・)となったようで。20年近い長寿番組なためさまざまな変遷を繰り返しており、神谷さんと小野さんでは見ていた時期が若干異なるようですが、誰しもが子供の頃に見る番組だと語っておられました。そんな人気番組に出演したということで、超嬉しかったという神谷さん。番組内で初めに放送された『学級王ヤマザキ』と同じだ〜と思ったそうですが、週に一度だけ「おばば様」のライブパートが入ってちょっと内容が薄かったヤマザキと比べ、月曜〜金曜日まで毎日ギリギリMAXな『斉木楠雄のψ難』はちょっと違うな・・・とも思ったそうです(笑)。
子供向けの番組なためスタッフ一同が朝からハイパーテンションで超明るく、この番組を楽しくしようという意気込みでやっており、19年前のオンエアが始まったばかりの頃と比べてそのまんまのスタジオだと感じたとのこと。そしてレギュラー陣の花江夏樹さんを見て「あ、はなちゃんだ」とも思ったことなどを、神谷さんは楽しげに語っておられました。

Deargirl情報

●アニメロでは、7月放送開始アニメの楽曲や壁紙を続々配信中。『B-PROJECT』オープニング主題歌「鼓動*アンビシャス」の着うたフルも好評配信中。
●DGS EXPOのロゴを使用した、スマートフォンスタンドが500名に当たるプレゼントキャンペーンを実施中。

DearGirl談話室

何かに悩めるDearGirlからのふつすとを紹介していくこのコーナー。

第486話のお便りはDearGirl名「あゆ」さんから。

「私はジャンケンに弱いです。クラスの係決めや友達とジャンケンをする時にいつも負けてしまいます。でも負け続けるのは嫌です。お二人はどのようにしてジャンケンに勝っていますか?」

番組でもよくジャンケンをしますが、小野さんはここぞという時だけ強く、なぜか神谷さんには勝ことが多いようです。しかしそもそもジャンケンとは3分の1の確率の勝負であり、本来は強い・弱いがないはずのもの。それを証明するために、今回はひたすらジャンケンをしてみることになりました。しかも30回!結構多いです(笑)。

11回ジャンケンした時点で神谷さん6勝、小野さん2勝、引き分け3回という結果。
そこで小野さんが「ジャンケンに勝つには無心になること=エロいことを考える」などと言い出し、改めてジャンケンを再開しましたが・・・。20戦目の時点で神谷さん10勝、小野さん6勝、引き分けが4回。その後もなぜか神谷さんが勝つことが多く、結果的に神谷さん16勝、小野さん6勝、引き分けが8回という結果に。

おそらくは小野さんの発言のせいでお二人のテンションは妙に盛り上がり。30回じゃたぶん結果はでない、統計学的には100回とか・・・いやでもこのテンションで100回やったら死んじゃうなどと話す声は完全に笑い声でした。とりあえず勝率が1/3ということは証明できない結果に終わりましたね。(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

Dear Voice

「ねぇねぇねぇ、ボールは友達!?ボールは友達!?」

あ〜〜〜〜DGS EXPOで小野さんが代永さんに言ったやつですねw

エンディング

企画の内容だけ見たときは「ジャンケン30回する」だけって凡な内容だと思ったが、意外と白熱した・・・とちょっと感心した口調の神谷さん。30回の中で平均値を出すという目的ができたとたん、勝ってはいけない・負けてはいけないといった戦略が生まれ、結果小野さんは4連敗。ジャンケンに勝とうとしてエロいことを考えても勝てない、と苦笑されていました。


第487話「エンドレスサマー課金」

OPトーク

「世の中はポケモン、ポケモンでございますなぁ」・・・そんな話題で始まる第487話。
海外ではすでに社会現象となり、日本でもつい先ごろ配信が開始された話題の『ポケモンGo』。やっているかと尋ねられた小野さんは「モンスターをハントして皮とか剥ぐやつ」と答え、それはモンハンだと突っ込まれていました。どうやらお二人とスタッフさんたちの間ではポケモンよりもモンハンが熱いらしく、神谷さん曰く「ドン引きするレベルの課金」をしている人が約一名。スポーツ業界的な表現で「小(千札)5枚」「大(万札)1枚」といった単語が飛び交う会話を、まるで他人事のようにしていた小野さんこそがそのご本人だったようです(笑)。一方の神谷さんはポケモンGoに触れてはいるようですが、世間で言われているように”歩きスマホ”になりがちな点への懸念を感じていらっしゃるようで。自分が加害者の立場にならないように安全な場所でのみ遊んでいるため、全然強くならないと苦笑されていました。まぁ実際にプレイされてる方々の気持も人気の理由も解かりますが、くれぐれも危険のない環境で楽しんでいただきたいものですよね。

ふつすと

「DGS EXPOが終わったばかりで気が早いかもしれませんが、武道館でFCM(※フェスティバルカーニバル祭)が開催された時にはスピンオフで三郷の奇祭につながったわけですが、DGS EXPOのスピンオフの予定はあるのでしょうか?とても気になります。是非とも何かしら新しいイベントを開催してもらいたいと思います」

たぶん副調整室の方をみた神谷さんは「やんの?やらないの?」と問い掛け、返ってきた答えは「分からない」でした。ただEXPO自体が規模の大きいイベントだったので、仮にやるとしてもそこまで大きな規模にならないのではないかと予想する神谷さん。今のところはまだ詳しくは言えない状況のようですが、お二人の話しぶりからすると近々何かしらの発表があるの・・・かも?

「神谷さん、めざましテレビで放送された神谷さんが音声ガイドを務める「ルーヴルNo.9」特集みましたよ。菜々緒さんとのお二人の浴衣姿が涼しげで素敵で、テレビで見る、動いてしゃべる神谷さんが何だか新鮮に感じました。仕事終わりの、帰宅して録画したものを見たので、一日の疲れが吹っ飛ぶほどに癒されました。展示の内容も詳しく知ることができ、いまから行くのが楽しみです」

7月25日早朝のフジテレビ系「めざましテレビ」。そのエンタメコーナーで『ルーヴルNo.9〜漫画、9番目の芸術〜』の特集が放送されていました。浴衣姿の神谷さんが美術館の音声ガイドを担当されたということで、そのナビゲーション役として女優の菜々緒さんと共に出演。番組内でも神谷さんご本人がTV出演されるのは珍しいと紹介されてましたね。神谷さん曰く、六本木ヒルズの中にある美術館で行われた展示だそうですが、フランスで言われるところの8つの芸術に9番目として『バンド・デシネ』いわゆる『漫画』が注目されているそうで、日本人を含めた16人の漫画家さんがルーブルをテーマにした作品を書き下ろし、その原画などが今回の展示物になっているのだそうです。モデルとしても活躍されてる菜々緒さんを間近にみていた神谷さんは「立って目線を合わせようとすると見上げる形になるが、座るとちょっと下にみる。座高が全然違う」と苦笑交じりに語り、スタイルが良くてお綺麗な方だと称賛されていました。現在はデジタル状で漫画を描かれる作家さんも多いため原画が珍しくなってますが、普段はデジタル執筆されている漫画家さんの原画なども展示されているそうで、撮影のためお客さんのまだ入っていない早朝に展示を見られた神谷さんは、すごく良かったと嬉しそうに語っておられました。

Deargirl情報

●アニメ「デュラララ!!」の録りおろしVoiceのスマートフォン対応を開始。神谷さん演じる折原臨也と、小野さん演じる平和島静雄の掛け合いVoiceもあるとのこと。

DearGirl談話室

何かに悩めるDearGirlからのふつすとを紹介していくこのコーナー。

第487話のお便りはDearGirl名「しめたろう」さんから。

「私は毎年夏になると、ジャンボ宝くじが無性に欲しくなり買ってしまいますが、一度も当たったことがありません。今年は金運を呼ぶために、にゃーさんグッズを持って宝くじを買いに行こうと思っていますが、もっと金運を上げたいと思っています。何かいい方法をご存じないでしょうか?」

DGS EXPOで販売していた「にゃーさんぬいぐるみ」について、金運アップするという触れ込みで売られていたことを「何でだっけ?」と今さらのように語る神谷さん。自分がなぜそんなことを言い出したのかすっかり忘れてらっしゃるようです(笑)。そんなわけで今回は、にゃーさんぬいぐるみで本当に金運が上がるのかを検証するために、最大5万円が当たるスクラッチカードを大量に買ってきてそれを削ってみることになりました。他にもいろんなお呪いを試してみます。

  • 「にゃーさんぬいぐるみを抱っこする」・・・神谷さん200円当たり、小野さんハズレ。
  • 「財布のお札の向きを揃える」・・・二人ともハズレ。
  • 「金運アップ手相:財運線を書き足す」・・・二人ともハズレ。
  • 「悪いことを思い出してみる」・・・二人ともハズレ。
  • 「西側に黄色いもの(DearGirl Sマンの衣装)を置く」・・・神谷さんハズレ、小野さん200円当たり。
  • 「南を向いて削る」・・・神谷さんハズレ、小野さん3000円当たり。
  • 「観葉植物を置く」・・・二人ともハズレ。
  • 「部屋にぬいぐるみを置かない」・・・神谷さんハズレ、小野さん200円当たり。
  • 「宇宙パワーを感じる」・・・二人ともハズレ。
  • 「無心になる=エロいこと考える」・・・神谷さん200円当たり、小野さんハズレ。

どうやら南を向くか、エロいことを考えながら宝くじを削るといいらしいですw

Dear Voice

「トゥケールトゥケールカキンカキン」

小野さん的にはいま一番聞きたくない呪文かもですねw

エンディング

エンディングでもポケモンGoの話になりました。神谷さんも配信開始日の当日にダウンロードしたらしいですが「あんまりやってねぇ」と苦笑。一方の小野さんもダウンロードはしたようですが、最初のアカウントを作る段階で挫けそうになったそうです。なぜならほとんどの名前がすでに使われていたから。こんな珍妙なのはさすがにないだろうと思ったものでもダメだったようで、小野さんがよく使われてる”一休”もどうやら不可だったもよう。で、結果・・・どんな名前にしたんでしょうねw


第488話「こんばんは、お財布ガバガバ野郎です」

OPトーク

「夏ですね」の一言から始まる第488話。
ある意味毎年の恒例となってますが、たいてい季節話をする時は番組的なネタがないとき。今回も「夏は何が楽しい?」といったいわば凡トークとなってました。小野さんはなぜかスイカバーを差し入れするのが続いているようですが、今回はメロンバーを買ってきたとのこと。赤と緑のスイカ型アイスに種を模した粒チョコが入っているスイカバーに比べて、形は同じながら緑のアイスに白い粒チョコというメロンバー。神谷さんも子供のころから知っている好きな商品ではあるようですが、スタジオの中はわりと涼しい環境なため、食べたスタッフ全員体が冷えてちょっと・・・という感じになっていたようです(笑)。そんな体が冷えたオジサンたちが「夏って何が楽しいんだ」とややお疲れトークする中、最近の神谷さんはビールが美味しいと思い始めたとのこと。自宅で一杯だけ・・・という控えめな飲み方のようですが、小野さんに「オジサンの始まりだ、たぶん」と呟かれて言い訳のように「ハワイのコナビールっていうシャレオツなやつ飲んでるんだよ」と仰っていたのがちょっと可愛かったですw 最近はオジサンを意識し始めていろいろ複雑な思いを抱えてらっしゃるようですね。( *´艸`)クスクス

ふつすと

「神谷さん『Theater』の15秒スポットを拝見させていただきました。バラード調で聞き心地がよく、歌詞もサビの少しのフレーズだけですがとても素敵でした。早く全部聞きたいです。ミニアルバム発売後の2ndソロライブも体に気を付けて頑張ってください」

体に気を付けてというくだりで「うひゃひゃ」という感じの妙な笑い声を出した神谷さん。どうやらあまりにもお疲れぎみなあまり、もはや笑うしかないというテンションでおられるようで。ミニアルバム自体は5月中に全部終わっていたそうですが、発売は8月、それに先駆けての15秒スポットのCMだった模様。
神谷さんの話によれば『Theater』は劇場という特別な空間=非日常であり、いろんな作品群を取りまとめるもの・・・といったの意味合いを持つタイトルとのこと。2月に発売された『DangerHeaven?』はファンタジーであり、今回のミニアルバムからのいわば先行上映されたもの。そもそもは以前に発売されたミニアルバム『ハレゴウ』の表題曲の一曲として制作されていたものが、テーマとして競合してしまう理由からミニアルバムには入らず2月のシングルとなったわけですが、今回の『Theater』発売をうけてハレシリーズとの間をつなぐ一作としての意味合いを持つことになったようです。ただ、制作する側である神谷さんは大変です。5月にミニアルバム収録、6月にはキラフェスとDGS EXPOの両方のライブの準備&本番、合間を挟んでまたソロライブに向けての準備という、今年の神谷さんもお体が心配になるほど詰まった一年をお過ごしのようですね。
小野さんからコメディ、SF、サスペンス、ラブストーリー、ファンタジーと来て、ポルノがないのかと突っ込まれてましたが、なぜか最近ポルノネタ担当と化してる小野さんがもし神谷さんのイベントに参加する際には・・・・いろいろ肌色なカオスが広がるんでしょうかねww

Deargirl情報

●アニメ「デュラララ!!」の録りおろしVoiceのスマートフォン対応を開始。神谷さん演じる折原臨也と、小野さん演じる平和島静雄の掛け合いVoiceもあるとのこと。

DearGirl談話室

何かに悩めるDearGirlからのふつすとを紹介していくこのコーナー。

第488話のお便りはDearGirl名「みな」さんから。

「私はいま、着ぐるみの中に入り風船を配るバイトをしてるのですが、なかなか人が近づいてきてくれず、いつも風船が残ってしまいます。近づいてくるどころか泣いてしまう子供もいます。そこでDearGirlS丸くんの中に入った経験のあるお二人に、着ぐるみを着た時に、老若男女問わずたくさんの人が近づいてきてくれるコツを教えてもらいたいです」

EXPOでS丸くんの着ぐるみを着てみたお二人ですが、S丸くんに関しては事前に周知されていたので放っておいても人が集まってくる状況でした。そんなお二人に言えるのは、どうやったら人が集まってきてくれるかは「着ぐるみによる」の一言に尽きるようで(笑)。確かに小柄で可愛い着ぐるみなら何もせずとも近づいてくるでしょうし、大きくて怖いならそりゃ泣いちゃう子供もいますよね。どうすればいいのかなんて分からないと呟く神谷さんに「分かりました」と小野さんが妙な請け負い。小野さんの仕入れた情報によれば文化放送の12階で「ゆるキャラ大運動会」を行っているそうで、にゃーさんの着ぐるみに入る人として神谷さんが選ばれたというお知らせでした。というわけで久しぶりに、スタジオの外へ向かいますww

向かった先にいたのはDearGirlS丸くんとにゃーさんの着ぐるみでした。着ぐるみを着た神谷さんは超低いテンションで、すでにお疲れモード。進行する小野さんへの返答もなんだか投げやりになってました。そしてそしてEXPOでもゲスト的に駆けつけてきていた文化放送の公式マスコット『キューイチロー』くんも登場です。キューイチローくんは、ペンギンに似てますがいちおう九官鳥という設定らしく、喋ります。着ぐるみとは別の方向から声が聞こえるのは気にしちゃいけないようです。

大運動会として行われたのは『徒競走』・『ボウリング』・『だるまさんが転んだ』といったラインナップですが、その様子の面白さはとても書けませんので、皆さんいずれ来るイベントでの視覚化を期待しましょう!(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

最後のほうは、もはや自棄なテンションになってる神谷さんの口調聞いててちょっと心配になりましたけどね・・・。

Dear Voice

「元気!?元気!?小野だよ、大輔だよ!」

どうやらEXPOで代永さんに電話した時の小野さんの一言らしいですw

エンディング

あくびしながらエンディングに入る神谷さん。そりゃいろんな意味で疲れてますよねw キューイチローくんの中の人(※本人曰く「内臓」)にすごく謝ったと苦笑する神谷さん。S丸くんはまったく機動力がありませんでした(笑)。視覚的ラジオでおなじみのDGSですが、今回もホントいつか彼ら着ぐるみたちにまた会える機会を作っていただきたいものだと思いますよねw期待してます。( *´艸`)クスクス


第489話「もうアイスは買ってこない」

OPトーク

いきなりのお知らせ・・・で始まる第489話。
なんとDGS博覧会の再来だそうです!その名も『DGS博覧会Re-Duct!』(※縮小するという意味のreductionからとったDGSの造語だそうです)。まぁ要するに、大掛かりだったあの博覧会と同じ規模の会場は用意できないので小規模に纏めてやりましょうってことですね。たとえ縮小版でも、見られなかった方にとっては朗報でしょう!

ふつすと

まずはOPで話題になった『DGS博覧会Re-Duct!』の日程の発表がありました。
日付は10月8日〜10月10日の3日間、場所は池袋サンシャインシティ展示ホールCで、午前11時〜午後5時(二部制)まで開催とのこと。ヒストリーパビリオンにあったものが主に展示され、牛久・沖縄・香港パビリオンやDGS神社はスペースの関係で残念ながら見合わせとなる模様。ただし、ヒストリーパビリオンの内容に、6月以降の放送で使われた小道具やS丸くん・にゃーさんのぬいぐるみ等が新たに追加されるそうです。そしてスタッフの生展示って言葉が出てきて(???)ってなりましたが、つまり内田社長・構成の諏訪さん・八木橋くん・ちゃんこちゃんが会場内をウロウロするかもってことらしいですw 新グッズも販売されるそうですが、今後の情報を待ちましょう!

「最近『新ゴジラ』が話題になってますね。ふと知ったことなのですが、新ゴジラの全長は118.5メートルだそうです。なんと牛久大仏はそれを上回る120メートルだそうですね。牛久大仏すごい!」

ゴジラの話から牛久大仏への超展開ですが、まぁ確かにあのゴジラより大きいという牛久大仏はすごいですよね(笑)。新ゴジラをご覧になったという神谷さんは単純に面白かったという感想のようですが、まだ見てない小野さんは「肌がマグマで出来ていて燃えている。熱い」とか「ゴツゴツしている」「全編CG」といったおそらく雑誌やテレビの情報だろう話を続けてらっしゃいました。かなり荒唐無稽ではありますが、もし牛久大仏が動いたらどっちが強いんでしょうねww ちなみについ最近牛久大仏を訪れたらしい神谷さんは、いまだにDGSリスナーが番組の存続を願うなどの絵馬を奉納しているのを見て、ありがたいことだと思った旨を語っておられました。

「さて、先日発売になりました『デュラララ!!×2』の円盤連動購入特典さっそく聞きました。また臨也や静雄の声に出会えてとても嬉しかったんですが、選曲に思わず笑ってしまいました。結5巻の臨也の「勝手にしやがれ」もそうですが、今回のカバーソングコレクションでは静雄の「悲しみは雪のように」じゃありませんか。DearなGirlとしては反応せざるをえません。何かの力が働いたのでしょうか(笑)」

両方とも番組のカラオケ回で歌っていたのでリスナーとして「お?」と思っても仕方ないですが、結論からいえば、何かの力もお二人の意思も反映はしておらず・・・単なる偶然にすぎないようです(笑)。ちなみに臨也では「LA・LA・LA LOVE SONG」という曲もカバーしているのですが、これは「デュラララ」と語感が似ているからなのかそれとも臨也の名セリフ「人、ラブ!」からの発想なのかは謎ですw

Deargirl情報

●アニメロミックスでは、神谷さんの6thミニアルバム『Theater』を8月24日より配信。全曲ダウンロードすると抽選で直筆サイン入りポスターが当たるキャンペーンも実施予定。
●アニメロでは、夏アニメの楽曲や壁紙を配信中。お二人も出演中の「SERVAMP‐サーヴァンプ‐」の壁紙も好評配信中。

DearGirl談話室

何かに悩めるDearGirlからのふつすとを紹介していくこのコーナー。

第489話のお便りはDearGirl名「みか」さんから。

「最近自宅でアロマにハマっています。空気をその日の気分でブレンドしたりして楽しんでいます。次も違った香りをブレンドしようと思うのですが、神谷さん小野さんはどんな香りが好きですか?」

番組でもちょくちょく取り上げる・・・と神谷さんは仰いましたが、この番組で話題に上がるといえば「ドリアン」だの「脇汗」だの「酢飯」だの情緒の欠片もないネタばかりだった気がします(笑)。まぁそれはともかく、アロマといえば物によっては効能を持つものもあります。逆にいえば「これいいな」と思った物は、いまの自分にとって必要な効能と考えて良いということ。たとえば深い眠りのアロマに惹かれるなら、自分は眠りが浅いということかもしれない。

ということで今回は、ラベルを隠してA〜Dと名付けた香りをそれぞれ嗅いでみて、どの香水が一番好きかを決めるという企画となりました。

神谷さん、小野さんそれぞれ嗅いでみて「これはアレでしょ」的な会話をしてらっしゃいましたが、神谷さんの好きな香り「1番はA、2番はB、3番はF」、小野さんの好きな香りは「1番はE、2番はB、3番はC」という答えになりました。
ちなみに各々の香りは・・・。

  • A:「ラベンダー」・・・シソ科の半木本性植物。リラックス効果、安眠
  • B:「ティートゥリー」・・・フトモモ科の常緑植物。殺菌・消毒効果。
  • C:「イランイラン」・・・バンレイシ科の植物。性欲に効くアロマ。テストステロンの分泌を活発にする。
  • D:「?」・・・安物のシャンプーの匂い??
  • E:「サンダルウッド」・・・ビャクダン科の半寄生の熱帯性常緑樹。性欲に効くアロマ。喉にも効果。
  • F:「ペパーミント」・・・シソ科ハッカ属の多年草。喉に効くアロマ。呼吸器系に効果、咳や炎症を鎮める。
  • G:「?」・・・正露丸のような匂い?

安眠できずに喉がやられてる神谷さん・・・さもありなんという気が。小野さんは性欲に関するアロマが2つも入ってます(笑)。あまりにもピッタリだったせいで神谷さんが死ぬほど笑ってらっしゃいましたが、大丈夫だったでしょうかww そして明らかにされなかったDとGがなんの匂いだったのか気になります。

Dear Voice

「なんなんだよー!ボケが!」

スクラッチを削ってた時にあまりに当たらなくて思わず叫んだ・・・アレが元ですかねw

エンディング

「アロマとかさぁ・・・知らねえもん」と思わず愚痴った神谷さん。もっとも有名な香りであるラベンダーはさすがにピンと来たようですが、あとはあまり詳しくないご様子。しかも猫を飼っているので基本的には使えないと話しておられました。ちなみに神谷さんちのにゃーさんは3時間おきに頭を踏みつけて起こすそうですが、眠りが浅いのってまさかそのせいじゃ(笑)。
「ナイトキャップを被ればいいのかな」とも話してらっしゃいましたが、想像すると・・・ちょっと可愛いかもですねw


第490話「490回もやってると、特になし!」

OPトーク

8月もそろそろ終わり・・・そんなトークで始まる第490話。
神谷さんのミニアルバム『Theater』が発売され、来週には2ndソロライブも開催予定。小野さんのおっしゃる通り、ファンの皆さんにとっては神谷さんウィークといっても過言ではないかもしれません。しかしご本人にとっては刻一刻とせまるライブに向けてそれこそ神経を削られる努力の真っ最中なご様子。ご本人曰く「できないことが多すぎる」と体中に痣を作りながら頑張ってらっしゃるようです。「タイガーマスクばりのストロングスタイル」などと表現してらっしゃいましたが、果たして・・・歌がメインのはずのライブでどんなアクションをするのでしょう?ww

ふつすと

「もうすぐDGS 500回目になりますね。500回目には何かするのでしょうか?500回ですよ?いや〜〜すごいですねぇ。何か大きいことやってほしいなぁ〜〜なんて思っています。たとえば編集不可能な生放送とか。ロケとか、生電話とか、カラオケとか、ギネスにチャレンジしてみるとか、ゲームセンターで遊んでみるとか、プリクラを撮ってみるとか、何か面白いことをしてほしいです」

最後のほうのネタは大きいことなのかな?って感じですが、メールが読まれてる途中から思いました(お便りに例として挙がったことは多分やらないな)と(笑)。小野さん的に「プリクラ」はむしろ番組で一度もやってないので興味深く感じるようですが、最後にプリクラの機械をみたのは何年前だろうと話す神谷さんは全然乗り気じゃないご様子。それはともかく、あと10回で500回。過去の100回ごとのキリ番でも特に何かをやったわけではなく、せいぜい最初の100回目でお二人がワインを飲んで文字通りの夢回と化したくらいです。今のところ何も面白いことが思いつかないそうで、あと10回のうちに思いついたらやるかもしれないという会話で終わりました。

「小野さん8月7日の『楽天koboスタジアム』行きましたよ。仗助と承太郎が楽天の選手の名前を言っていたり、ファールボールにご注意くださいと言っていたり、三回裏はずっと興奮しっぱなしでした。小野さんたちが来てくださったおかげなのか楽天も無事勝つことができて最高の一日でした。午前中にはオーソンや七夕などを回ったりしていたみたいですね。イベントの思い出と合わせてお話しいただけたら嬉しいです」

宮城県仙台市にある楽天Koboスタジアム。TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」の第4部の舞台となっているのが「杜王町」だという関連でコラボイベントが開催された模様。仙台市じたいが七夕のお祭りで盛り上がっているなか、ジョジョとしても盛り上げていこうというものだったようです。アーケードなどに飾られた七夕飾りや、ジョジョの作中では吉良吉影の生家があったとされる住所に建つ勾当台公園が祭りの会場となっていたこと、承太郎を演じる小野さんとしては調査しなければと前日に乗り込んで屋台の食べ物やビールを満喫してきたこと、上映会をやったあとにスタジアムMCを担当したことなど饒舌に語っておられました。

Deargirl情報

●アニメロミックスでは、神谷さんの6thミニアルバム『Theater』が好評配信中。全曲ダウンロードすると抽選で直筆サイン入りポスターが当たるキャンペーンも実施中。
●アニサマ公式モバイルサイトではセットリストを掲載中。セットリストの楽曲をダウンロードした方の中から抽選で出演アーティストの寄せ書きポスターをプレゼント。応募期間は8月28日ライブ終演後から8月29日まで。
●10月8日〜10日の3日間、池袋サンシャインシティ展示ホールCで行う『DGS博覧会Re-Duct!』。アニメロではチケット最速先行予約を受付中。

DearGirl談話室

何かに悩めるDearGirlからのふつすとを紹介していくこのコーナー。

第490話のお便りはDearGirl名「みほ」さんから。

「私には8年近く仲良くしているお友達がいるのですが、最近はその友達と考えてることや行動が似てきたなと思うことがありました。神谷さんと小野さんは10年来の付き合いだと思うのですが、二人で似たようなことをしていたり、同じことを考えていた、みたいなことはありますか?」

う〜〜〜〜んとしばらく考えた小野さんが言ったのは「Tシャツが被る」というもの。たまたまポケットのついた白いTシャツが構成の諏訪さんも含めて3人被ったことが過去にあったそうですが、なんとたまたまこの収録でそのTシャツを神谷さんが着ていたようです(笑)。神谷さんは「いまだに小野くんの考えてることがよく分からない」といい、小野さんは「神谷さんの考えてることはだいたい分かる」と発言。そこでいきなりながら、小野さんが神谷さんの気持ちを察するトークが始まりました。

来週行われる予定のソロライブについての苦労話を神谷さんが語る一方で、小野さんが「疲れている」だの「南の島に行きたいと思っている」「オリンピックを目指している」だのと口を挟むのですが、神谷さんは華麗にスルー。リラックスする事が何かあるかとか、モンハンでいくら溶かしたか、ライブが終わったら何がしたいかなど質問を変えてみましたが、回し下手な小野さんはろくに察するネタを思いつかないようで、結局何ひとつ当たらず神谷さんに苦笑されてしまいました。

仲良しなのと、気持ちを察するのはまた別物ってことですよねw

Dear Voice

「金運アップ!金運アップ!金・運・アッーープ!!」

あ〜〜願掛けしてスクラッチを削っていたときの。

エンディング

自分の至らなさを反省して落ち込んでいる様子の小野さんに「お前ラジオ下手か!」と公開ダメ出しする神谷さん。全力で説教する神谷さんに、とぼけた調子で開き直る小野さんといういつもの構図でぎゃあぎゃあ言い合ってましたが、最終的に番組を卒業したはずの八木橋くんのせいにするとか、やっぱ仲がいいな〜〜って感じるお二人ですww 神谷さんは疲れてそうだけどw


DGS各話バックナンバー

こちらは、当サイトが応援する「神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜」に登場する用語や、DearVoice、各話(放送回)のバックナンバーをご紹介するコーナーです。


inserted by FC2 system