DGS番組各話紹介

こちらでは、DGSのこれまでの各ストーリーをご紹介!
(放送を聞いて書き留めた記録です。談話室やリスナーからのお便りなどは要約した内容になっています)

第466話「置鮎龍太郎です」

OPトーク

MOBのライブBlu-ray&DVD幕張版がまもなく発売・・・そんな話題で始まる第466話。
3月17日に発売される幕張版には神谷さん・小野さん・スタッフによるオーディオコメンタリーが収録されます。そして一部のスタッフ、特に八木橋くんにとっては正直収録されたくない初日のアレコレも収録されてるそうで、当日に観に来ていたというご両親の反応を問われた八木橋くんは、DVDが欲しいと言っていたと苦笑し、それを聞いたお二人も大爆笑でした。
ちなみに今回のサブタイトルになっている置鮎さんは、たまたま収録前にスタジオ近くを歩いていたそうで、DGSチームが日頃やっているドクペジャンケンに訳も分からず付き合わされ、不幸にもドクペを勝ち取って飲んで帰った・・・というエピソードが元になっているようです(笑)。

ふつすと

「小野さんのファンレターの宛先が文化放送エクステンドになったと聞き驚きました。送り先が分からず今まで送れなかったファンの方々が一気に送るかもしれないので、しばらく在庫とファンレターでエクステンドが溢れかえってしまいますね。どうしてエクステンドになったのか凄く気になります。よろしければお教えください」

これは小野さんのサイト『DAISUKE ONO OFFICIAL WEBSITE』の一番最後に記載されているもので、確かにファンレターの宛先がエクステンド気付と記されています。小野さんは2月からフリーランスになったため、まさか自宅の住所を宛先にするわけにもいかず、どうしようかと話していたところ内田社長さんからうちで良いよとオススメされたとのこと。その話を聞いた神谷さんが、エクステンドは最近色んなものを吸い込んでると語り始めました。そもそもは内田さん一人だった会社にドワンゴのたむたむさんが移籍し、番組のCD制作などでディレクションをしていた竹内さんが移籍しているとのこと。そして今回の小野さんの宛先。いちおう小野さんはフリーの立場ではありますが、声優人生の半分をDGSと関わっていることもあり、もはや小野さんご自身もエクステンド所属になりつつあるのでは?などと苦笑混じりに話しておられました。
ちなみにエクステンドの宛先には、受け付けるのは手紙のみで物品に関してはいかなる場合も受け取れないと記載されてましたので、ファンの皆さんはちゃんとルールを守ってお手紙をお送りするようにしましょうねww

「DGS EXPOでぜひともやって頂きたい案が思い浮かびましたのでメールを書かせていただきました。それはドリアン体験ブースです。DGSといえば伝説のドリアン回を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?わたし自身ドリアン回から聞き始めたのもあり、えげつないほど脳裏にこびり付いております。普段の生活でドリアンを手にすることなどなかなか無いでしょうし、いったいどれほどの悪臭地獄にお二人が苦しめられたのか身をもって体験してみたいです。出展されるカフェでドリアンのメニューを出すというのもありかなぁと思ったのですが、おそらく悪い意味で後に苦しめられると思い、体験ブースを作ってみてはと考えたのです。EXPOという名が付いているほどなので、こんなブースがあっても良いのではないでしょうか? DGS EXPOにてドリアンフィールドをご検討のほどよろしくお願いします」

思わず「う〜〜〜〜ん・・・」と声をそろえたお二人。まずそもそもドリアンを食べさせるとなると、商品単価が高い(1個数千円する)上に食べ時がいまいち分かりにくく、ちょうど美味しい状態を提供できるかが分からないという問題が。洋服などに臭いが付くのでその後も大変です。そんな話をしていたら小野さんがぶっ飛びな発言をし始めました。なんとトロッコにドリアンを括りつけてそれで会場を回ろうという発想です。若干慌てた口調になった神谷さんが、その状態で会場を回ったらトロッコを押す人たちが大変だし、お客さんも大変だし、そもそも乗ってる自分たちが歌えない。そしてそれを実行したらまず間違いなく100%の可能性として2度と会場を使わせてもらえなくなる・・・と指摘。歌う曲を「Say Your Name!」から「ツムギイト」に変えたところで、ドリアンがふさわしくないのは明らかです。どうやら小野さんの発言自体が諏訪さんからのカンペによるものだったようですが(笑)。まぁ実際にどんなブースが作られるかまだ詳細は不明ですが、少なくともドリアンを会場内にばら撒くようなことだけはしないので安心してお越しくださいと笑っておられました。

Deargirl情報

●アニメロでは『MASOCHISTIC ONO BAND LIVE TOUR 2015』Blu-ray&DVDの発売を記念して、パッケージ待受けを無料配信中。待受けは神戸版・幕張版の2種類あります。

DearGirl談話室

何かに悩めるDearGirlからのふつすとを紹介していくこのコーナー。
なぜかコーナータイトルのところで神谷さんが笑っていました。今回の企画のために用意されていた麩菓子を見てそれが好きだと話したら、小野さんが崖の上のポニョの口調を真似て「ポニョ、麩菓子、すき」と呟いたそうで。そもそもポニョは魚の子という設定なので、そりゃあ麩は好きだよね・・・という話になり、それが面白くなって笑っていたとのことでした。

第466話のお便りはDearGirl名「ジョルグリーン3世」さんから。

「私は春から大学生になります。入学にあたり生徒個人カードというものを書かなければならないのですが、特技の欄が書けません。私には特技がありません。そこで今から修行して春までになにか特技を身につけたいと思います。どんな特技がいいと思いますか?」

そもそも特技って慌てて修行して身に付けるものじゃないと思うんですが(笑)。「特技ねぇ・・・」と呟いたお二人も、とくにプロフィールに書けるような特技はないとコメント。そこで今回は、スタジオに用意された身近ないろいろなものを使って特技と言えるものを見つけてみようということになりました。例によって八木橋くんが用意したBOXに入ったメモに書かれた特技に挑戦してみます。

「鼻縦笛DMM.com」
鼻息だけで縦笛を吹いてあのお馴染みのフレーズを奏でてみようというのですが、神谷さんは一応音を出すことが出来るものの音階がわからず失敗。小野さんは鼻が詰まっていたのかそもそもまともに音が出せずに失敗でした。

「一人キン肉バスターかけられ」
キン肉バスターに掛けられたと想定したポーズを取るということらしいですが・・・その姿はぜひ携帯サイトで(笑)。ちなみにそこから派生して「一人キン肉ドライバーかけられ」「一人パロスペシャルかけられ」も成功だそうですw

「敵のiPhoneロックナンバー当て」
小野さんの誕生日「0504」はハズレ。ロックだというヒントで「6969」が正解。ちなみに神谷さんのiPhoneにはガチでエロいものが入ってるので絶対にナンバーは教えられないそうです。

「八木橋くんのツイッターで炎上」
「今DearGirl抱いてるなう」の呟きだけで炎上必至だそうです。( ´艸`)ムププ

「ふがし真剣白刃取り」
わざわざ川越までいって買ってきたという日本一ながい麩菓子をつかって、真剣白刃取りに挑戦!でも白刃取りできず、麩菓子も折れちゃったので失敗でしたw

全国の新入学・新社会人の皆さん、特技は何も人より優れてなくてもいいんですよ。日々の生活でいろんな事にチャレンジして、得意と思えることを増やしていきましょうね!(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

Dear Voice

「俺のおいなりさんへようこそ。あ、待って。カウンターの下だけは・・・覗くなよ。チュッ・・・チュッチュッ」

カウンターの下を覗かれたら、店主逮捕により次の日には閉店です(笑)。

エンディング

折れた麩菓子をもぐもぐ食べながらのエンディング。口の中の水分を吸い取るので喋りづらいと思うのですが、さすがの声優さん、喋るところはちゃんと喋ってますね。そして今回撮られていた画像をみて、「一人キン肉バスターかけられ」は本当にくだらないと改めて実感したそうですw


第467話「この番組が終わったら、あの話をどこでしたらいいんだよ!?」

OPトーク

ついにMOBのライブBlu-ray&DVD幕張版が発売された!そんな話題で始まる第467話。
幕張版の見所は何といっても”MOB活動休止”を発表した際のお客さんたちの反応です。「え〜〜わっはっは」的な反応を期待していたらまさかの「え〜〜!・・・(ノД`)シクシク」っぽい反応だったので、メンバーは戸惑ったようだなどと苦笑気味に語るお二人。ただ活動休止の理由がCHANKOさんの「太りすぎ」なので、130キロ台くらいまで痩せれば活動再開もあるかもしれません。そのために『でぃーじーえくささいず☆』という曲とダンスも作ったようなのでCHANKOさんにはぜひ活用していただきたいものですが、聞くところによればいちおう20キロ程度痩せはしたものの、見た目の印象はほぼ変わっていないのだそうです。果たしてお二人が喋っていたように等身大のパネルを置いて使用前/使用後というくらい痩せられるかどうか、こうご期待といったところでしょうか(笑)?

『DGSアワード』告知情報

6月25日〜26日の二日間、さいたまスーパーアリーナで開催される『DGS EXPO』
この内容を決めるためにリスナーに参加して欲しいことがある、という切り出しで話が始まりました。その名も『DGSアワード』。どっかで聞いたことのあるタイトルですが、年末にやったアレとは違い、携帯サイトで行われるアンケート結果を参考にしてイベント内容を決めようというものです。

  1. 「DearVoiceアワード:神谷浩史編」・・・過去の神谷さんのDearVoiceから。
  2. 「DearVoiceアワード:小野大輔編」・・・過去の小野さんのDearVoiceから。
  3. 「DGSソングアワード」・・・MOB名義も合わせ9年間で制作された28曲の中から。
  4. 「番組キャラクターアワード」・・・これまでに登場した番組キャラクターの中から。
  5. 「聖誕祭アワード」・・・過去に行われた聖誕祭の中から。
  6. 「番組小道具アワード」・・・番組に登場した小道具の中から。

DearVoiceは神谷さん小野さんそれぞれ200以上あるので投票しがいがありそうですし、ソングアワードはライブで歌われる曲目に反映されるのでしょう。小道具は展示物かな〜〜と想像できます。聖誕祭は神谷さん家のリビング再現とか、ビデオの上映とか、まさか一番最初の小野さんの聖誕祭の7分間不安だらけの一人喋り・・・の再現とかあるんでしょうかね。( ´∀`)ハハハ・・

Deargirl情報

●アニメロミックスでは、6月25日〜26日開催の『DGS EXPO 2016』に向けたアワードの投票企画がスタート。投票した人全員にお二人のメッセージが入ったイベントロゴの待受けをプレゼント。

DearGirl談話室

何かに悩めるDearGirlからのふつすとを紹介していくこのコーナー。

第467話のお便りはDearGirl名「りんりん」さんから。

「私は4人姉妹の性別・・・女。なので普段の生活でガールズトークをしたり聞いたりすることは出来るのですが、ボーイズトークはもちろんできないし、盗み聞きしない限り聞くことが出来ません。普段ボーイはどんな会話をしているのでしょうか?盗み聞きする勇気はとてもありません。ですので、そんなガールたちのために、素敵なボーイズトークをぜひお願いします」

ぶっちゃけ自分たちのガールズトークを思い出してみれば、ボーイたちの会話だって聞くに耐えない内容だってことは想像がつくと思うんですが(笑)。まぁ普段神谷さんが繰り返すように、男の子たちの会話といえば趣味の話かエロ話ですよねw そんなわけで残念ながらボーイズトークは出来ないものの、今回しなければならないトークをしようということになりました。番組前半で紹介されたアワードの中でも「番組キャラクターアワード」に投票すべきキャラクターが紹介されました。

キャラ名 キャラ紹介
メンズメイド 第46話『神谷浩史生誕祭2008』に登場。小野さん諏訪さんがメンズメイドになり、神谷さんの自宅をメンズメイド喫茶にして神谷さんをご奉仕。アトラクションメニューの代金はオール500円。
小野総統 第95話〜第96話『神谷浩史生誕祭2009』に登場。帽子・グラサン・葉巻の司令官。
ガチャ総統 第108話『小野大輔聖誕祭2009』に登場。小野総統のオマージュ「ガチャピンの着ぐるみ+制帽・マント・サングラス」の司令官。
メンズメイド隊 男だけで構成されたメイド隊。電撃フェスティバル2009と『Dear Girl〜Stories〜4 Lovers Only』で登場した。中身はドワンゴ・クリエイティブスクールの生徒さんたち。
ナマステ先輩 第132話に初登場、その後もちょくちょく登場するヨガマスター。錦糸町方面に住みインド新聞を読んでいるらしい。
小野仁田厚 第147話『神谷浩史生誕祭2010』に登場。ファイヤー!が口癖(?)。
よなガッパ 第161話『小野大輔聖誕祭2011』で初登場。牛久沼に住む妖怪として紹介された。中身はカッパの着ぐるみを着せられた代永翼さん。
ハマウィン 第186話のシルフ談話室に登場。ハロウィンにちなんでお二人+番組スタッフ全員が浜田省吾さん風のコスプレをした。
野獣橋くん 第451話のDearGirl談話室で登場。人狼ゲームを少しアレンジして「野獣橋」が女を襲うというルールにした。人生の目的は「抱くこと」。口癖は「抱きやした」。
カミヤマチキン先生 第224話に初登場。Tシャツのデザインにする「オノD・マーキュリー」の写真を撮るために登場した。アフロヘアと派手な衣装のオカマっぽい人物。
本当にあぶない刑事 とあるDGSスタッフの新年会企画で登場した、諏訪さんの一発芸キャラ。なにが本当にあぶないのかは秘密。
鯛原雄山 第303話『神谷浩史生誕祭2013』で登場した、鯛焼きの被りものをした阪口大助さん。
ガルスタおじさん 第416話で初登場。ポロシャツ・作業着・ベースボールキャップ姿の競馬場に居そうなタイプのおじさんで、ガルスタのゆるきゃらをしていたという設定で登場した。
ミサトマン 三郷で開催された『Dearboy祭』に登場。ミサトと書かれた覆面と筋肉プリントのTシャツ、「ONO-D WILD」ボクサーパンツ姿で登場した人物。

この他にも多くのキャラが居るようです。詳しくは携帯サイトをご参照くださいww

ちなみに個人的には、これが一番ヤケド企画(お二人にとって)じゃないかな〜〜って思うのですが、空気を読みすぎるリスナーさんの悪意(笑)によって、イヤンなキャラが選ばれる予感がするのは気のせいでしょうか?( ´艸`)ムププ

Dear Voice

「俺、ノードットコム」

専用サイトなどは持ってない神谷さん。そういえば誕生日プレゼントのDMM.comは使っったんでしょうかね?w

エンディング

今回は『DGS EXPO 2016』の話題が多かったですが、そのイベントチケットのホームページ先行予約締め切りは3月21日23時59分まで。DGSアワードの投票は4月29日までだそうです。皆さんふるって参加しましょう!


第468話「俺の飲みかけの茶飲む?」

OPトーク

今日が3月最後の放送・・・そんな会話で始まる第468話。
ということは、来週からついに10年目に突入です!ちょっと分かりにくいですが、2007年4月に番組が開始したので今回の放送で丸9年。次週から来年の3月末までが10周年ということです。6月にEXPOも予定しておりこれから益々盛り上がっていくところですが、お二人は面白そうに「第469話に続くって聞ければね」などと来週の放送があるかな?的なニュアンスの発言を繰り返していました。ま、ここで終わるのはあり得ないですよねw( ´艸`)ムププ

ふつすと

「以前、占い師のゲッターズさんに占っていただいたことを覚えていますか?その際「小野さんが2013年の3年後にひとりになりたがる」的なことを言っていた気がします。2016年にマウスプロモーションから退所されましたね。これって当たってますよね」

占い師のゲッターズ飯田さんが登場されたのは第209話のガルスタ談話室。たしかにそこで「3年後に信じられないほど良くなってくる。ただ運気が良くなればなるほど独りになりたがるので・・・」というような話がされていました。ご本人たちは3年前の会話などほとんど覚えてらっしゃらないようですが、小野さんは、神谷さんが中学〜高校生、自分が小学生くらいの精神年齢だと診断されたことだけショックで印象に残っていると苦笑。神谷さんは最近のお気に入りのネタとして、小野さんがマウスと揉め始めたのは2013年ごろからだなどと茶化した会話をしつこく続け、まったく言い返しきれてない小野さんは、DGS内でのこの会話の影響で、別の場所でフリーになったこと語る際に「円満ですよ」を繰り返したあげく「何回も言わないほうがいいよ?」と窘められるようになってしまったというエピソードを苦笑ぎみに語っておられました。

「私は宮崎に住んでいるのですが、今回なんと、陸の孤島と呼ばれる宮崎県でおそ松さんイベント「おそ松市 in MIYAZAKI」の開催が決定しました! なんで宮崎で?っていう疑問はあったのですが、県民として、てげ嬉しい!気持ちでいっぱいです。しかし、入場が宮崎では異例のシャッフル抽選会になっていて驚きが隠せません。改めておそ松さんって人気だなって思いました。頑張って並んでチョロ松と十四松のアイテムをゲットしたいと思います。おそ松さんこれからも楽しみにしています」

お便りにある『おそ松市 in MIYAZAKI』。小野さんが「おそ松市」を「し」と読んだため、そういう市があるのかと一瞬勘違いしたらしいお二人ですが、掲載されているサイトの情報によれば町おこし的なイベントだそうで、グッズ販売やコラボ企画なども行われるようです。お便りの内容にピンとこなかったらしいお二人は、お便りの中の「てげ」を「手毛のこと?」などと若干ズレた会話をしてらっしゃいましたが、おそ松さん人気については演じた自分たちにとっても驚くほどの成果をあげたとコメント。アフレコも終了し、すっかり寂しい感じになってしまったと語っておられました。そんなおそ松さんも今週で最終回を迎えるということで、見終わったリスナーさんからの感想が届いた後に改めて話題にしたいとのことです。

Deargirl情報

●アニメロミックスでは、6月25日〜26日開催の『DGS EXPO 2016』に向けたアワードの投票を受付中。部門は全部で6つ。「DearVoiceアワード:神谷浩史編」「DearVoiceアワード:小野大輔編」「DGSソングアワード」「番組キャラクターアワード」「聖誕祭アワード」「番組小道具アワード」。小道具アワードに関しては自由回答です。投票した人全員にお二人のメッセージが入ったイベントロゴの待受けをプレゼント。

DearGirl談話室

何かに悩めるDearGirlからのふつすとを紹介していくこのコーナー。

第468話のお便りはDearGirl名「ガラナ」さんから。

「以前の放送で、小野さんが神谷さんにDMMカードをプレゼントされた話をしていましたが、その話をきいて血の気が引きました。なぜなら僕もクリスマスに彼女にAmazonギフトカードをプレゼントしていたからです。僕も相手が何が欲しいか分からない、何なら喜ぶか分からない、とコンビニに走って買いに行きました。放送内で神谷さんの話をきいて、もらったときの彼女が目が点になった反応は驚きではなくショックだったのでは?と今さらながら思いました。もうすぐ彼女の誕生日なので、挽回するプレゼントを考えたいのですが、どうしたら相手に喜んでもらえるようなプレゼントを思いつけますか?」

ある意味かなり切実な悩みですよね(笑)。きいていた神谷さんも思わず笑い出し「ガラナ、ぱねぇな!」とのコメント。プレゼントに金券はどうかと苦言を呈する神谷さんに対し、実際に贈ったことのある小野さんは「Amazonカードを選んだのが間違い。きっとDMMカードなら喜んだはず」との持論を展開してらっしゃいました。まぁそれはともかく「金券=お金」なので本人の努力が入ってないということで、では自分の努力を乗せたカードを作ろうということになりました。いつものようにお二人&スタッフが書いた「これを貰ったら喜ぶだろう」と思うカードを、順番に引いていくことに。

以下、そのカードの一覧。

  • 「万が一ウンコを漏らしたときに「違う違う。俺だよ。ウンコ漏らしたの俺」ってかばってあげる券」
  • 「月に三千円までなら気前よく出す券(領収書は発行してもらいます)」
  • 「俺、人気声優と友達だよ、と言っていい券」
  • 「いまの会社を辞めたときにエクステンドに就職の口利きをしてくれる券」
  • 「神谷さん小野さんってどんな人ですか?って訊かれたときに5割り増しで褒めといてあげる券」
  • 「梨送りマシーン一年分優待券」
  • 「高いところにあるものを一回だけとってあげる券」
  • 「一日エクステンド副社長券」
  • 「ストップウォッチの時間を教えてあげるカード」
  • 「丘さんか三宅さんが代わりに歌ってあげるカード」

誰がどのカードを書いたのかは、あえて明記しなくても分かりそうな内容です。( ´艸`)ムププ

Dear Voice

「俺にもまともな事を、言わせてくれよぉ!」

珍妙なDearVoiceばかり言わされる小野さんの心の叫び(笑)!?

エンディング

来週から4月ですよ〜〜としみじみ語るお二人。花粉症をもつ神谷さんはこの時期に喋りづらくて仕方ないそうで、来週以降続くのか?という微妙なテンションだとボソボソ。最後まで気が抜けないぞと笑うお二人でしたが、番組の最後はめでたく「第469話に続く!」で締めくくられました。よかったよかった!(´∀`*)ウフフ


第469話「今、目の前にアマゾン買いマシーンがいる」

OPトーク

4月に突入したということは・・・そんな語りだしで始まる第469話。
改変期を乗り越えDGSがついに10年目に突入です!そもそも6月にイベントがあるのに4月の改変を乗り越えられなかったら可笑しいだろう?と苦笑するお二人ですが、10年目ということにはやはり特別な思い入れがあるようで。ともあれ今回の放送からは10周年・・・記念の年(アニバーサリー・イヤー)の始まりです。この一年に何があるのかまだ分かりませんが、とりあえずは6月のEXPOです。6月を乗り越えなければ次のことなど考えられないと笑うお二人でした。( ´艸`)ムププ

ふつすと

「神谷さん、第10回声優アワード最多得票賞5年連続受賞、そして最多得票賞殿堂入りおめでとうございます。神谷さんが演じている役からは色々な元気や勇気を貰っています。これからも応援しています」

今回で10回目を向かえた声優アワード。第2回の年にお二人そろって助演男優賞を獲得し、その後それぞれが主演男優賞を受賞。そして5年連続で最多得票賞を獲得した神谷さん。昨年にはお二人そろってパーソナリティー賞も取ってますし、そんな二人が同じラジオ番組を担当している・・・けっこう凄いことです。当のご本人である神谷さんは、まだ声優アワード自体の歴史が浅く、今後同じように殿堂入りを果たす声優さんがあわられるかもしれないということなどを鑑み、自分の殿堂入り受賞がどのように語られ評価されていくのかは此れからの事だと、ちょっと複雑そうな口調でコメント。ただ、結果的にもっとも多く授賞式の会場にいた立場として慣れたが故の落ち着きはあったようで、たまたま隣にいた主演男優賞の松岡禎丞さんが自分の表彰が近づくたびに息が荒くなっていたこと、たまたま中継の時間が無くなってしまい肝心の主演男優さんが中継されないで終わった事などを面白そうに語っておられました。

「超絶楽しみにしていた幕張版をやっとこさ入手したので視聴させていただきました。本編の内容はもちろんのこと、オーディオコメンタリーでは解散理由の裏側の苦悩、発表時の神谷さんのDearなGirlへの気づかい、ちゃんこちゃんの女性関係も知れて大変有意義な内容でした」

そんな話をしていましたか・・・と思わず苦笑するお二人。お二人的にはWアンコールマンのイメージしかないそうですが、ともかく神戸版・幕張版のコメンタリーの中でいろいろな経緯や舞台裏についてほとんど語りつくしたので、片方しかまだ見ていない人は出来れば両方見て欲しいなどと話しておられました。ちなみ、MOBのメンバーと、DGSのお二人ではあくまでも立場が違う・・・という設定は貫くようですw

Deargirl情報

●アニメロでは『B-PROJECT』の楽曲が続々と配信中。小野さん演じる北門倫毘沙と、岸尾だいすけさん演じる是国竜持のユニット“キタコレ"の新曲「Mysterious Kiss」も先行配信中。

DearGirl談話室

何かに悩めるDearGirlからのふつすとを紹介していくこのコーナー。

第469話のお便りはDearGirl名「ミル」さんから。

「私はいま専門学校に通っています。そして学校のアイドルグループのマネージャーをしています。ですがマネージャーが5人もいて意見が食い違ったり、言い合いになることが多いです。神谷さん小野さんならこういうときどうされますか?」

アイドルグループがいて、マネージャーが5人いる専門学校ってなんでしょうw?それはともかく、マネージャーについてもらう立場のお二人には意見できることがない・・・というわけで、実際にマネージャーをしている人に聞いてみようという話になりました。そんなわけで神内マネージャー再び登場ですwww

久しぶりに登場した神内マネージャーは小野さんを追いかけてフリーマネージャーとなったそうで。今回もまた、おそ松さんファンとの野球大会「バットでふんぬ!タコ殴り会」でお客さんを殴り倒すだの、ダイヤモンドは砕けないのキックオフ企画「ジョジョの奇妙な冒険・小野大輔は挫けない」でお客さんが一切リアクションしないだの、神谷さん原作のゲーム「もう男しか愛せない学園2」(小野さん=カメマンジュ・シコマル役、神谷さん=セナル・アックス役)がPS2に移植され2万ワードを2日で録るだの、小野さんが48人を演じるか全国各地の小野さんがユニットを組む「オーノーディー48」など、ハチャメチャな案件ばかりを小野さんに提案。

小野さんが文句を言うのも構わず押し通し、電話がかかって来たと立ち去ってしまいました(笑)。

Dear Voice

「ヒロC、ふがし、好きー」

お魚姿の神谷さんが麩菓子に食いついてる姿を想像したのはあたしだけでしょうか?w

エンディング

ここにきて再登場した神内マネージャーが6月のEXPOステージに登場する可能性について語るお二人。記憶が新しいほうが投票しやすいとは言うものの、神谷さんご本人としてはあんまり出てきて欲しくないキャラだと苦笑されてました。


第470話「若者の未来に光あれ!」

OPトーク

DGSアワードに関する話題で始まる第470話。
どうやら投票は数多く寄せられているようで、途中経過を聞くとサーバーがパンク寸前だったそうで、管理している方が「いま何かやってるのか?」と驚くほどだったとか。オンエアが土曜日の夜であるため日曜日にサーバーが落ちたら大変だなどと語るお二人が、話の流れで、頭に電極をたくさん刺しているおじさんこと『サーバーおじさん』を新たに生み出してしまい大笑いしていました。ただ心配なのは歌の部門でMOBが選ばれてきた場合。その際には彼らに再集結してもらわなければなりませんが、ちゃんこちゃんの減量が間に合うのか、活動休止中だから第2キープだとのたまうYAGI84(第1キープは「抱きやす」だそうで)の動向、投票の結果MOBが1位だった場合のお二人のテンション(笑)など細かい問題もアレコレ。さてアワードの投票がどんな結果になるのか楽しみですねw

ふつすと

「MOBライブツアー、いよいよ幕張公演のDVD&Blu-rayも発売されましたね。さっそく購入させていただきました。本編が楽しかったのはもちろんですが、個人的には深夜テンションで送るオーディオコメンタリーがとても楽しかったです。満腹からの眠気と戦うパーソナリティーの神谷さん・小野さん、"マント"を噛んでまさかのピーが入る諏訪さん、喧嘩し始める内田社長と八木橋くん、ひとまず30キロ痩せたちゃんこちゃん、アンコールでの3Mさんのサングラスなど、オーディオコメンタリーを聞いているならではの楽しみ方もあり2倍楽しむことができました。またオーディオコメンタリーを聞いて、小野さんの独り喋りが長かった謎も解けました。当時会場で参加させていただいた時は、てっきり神谷さんの準備に時間が掛かっているかと思っていましたが、小野さんの切っ掛け待ちだったんですね。映像にもチラッと映っていましたが、カンペモニターに「小野さんO.Kです。準備できたので進行してください」との表示がでていたのも、それに気付かずライブビューイングを弄りはじめて独り喋りを続ける小野さんが最高にロックでした。面白かったです。本編をみていて最後の「Say Your Name!」エンディングで思わずうるっときてしまいましたが、超人のWアンコールマンですべて吹っ飛び笑いに変わりました。当日も感じましたが、やはり最後は心の底から笑って終われるところがDGSらしいなと改めて感じました。ほんとに楽しかったです」

このお便りを読んで、そういえばそうだった・・・と内容を思い出したご様子のお二人。先週も話題になってましたがお二人的にはコメンタリーでほぼ語りつくしたので改めて言うことも無いようですが、構成作家の諏訪さんがまさかのピー発言した点については触れずにいられなかったようで。「マント」をどう噛んだかについてはご想像にお任せするとして(笑)、ラジオの収録だったら無かったことにしてスルーするところ、ご本人の諏訪さんが妙に反省し始めてしまったので弄らざるを得なかったのだとお二人とも苦笑混じりに語っておられました。
そして小野さんの独り喋りに関しては、どうやらステージに置かれたプロンプター(出演者への指示などを表示するためのモニター)に最初は「O.Kです」などの短い文面だったのに、小野さんがそれを無視し続けたため文章が長くなっていったらしいという経緯を面白そうに語っておられました。どうやら小野さんはあの時、ライブビューイングで見ている人向けのご当地ギャグを言う・・・というご自身の目標にこだわってプロンプターに気付いてなかったようですw

「DGSアワード滅茶苦茶面白そうじゃないですか。さっそく投票いたしましたよ。でも1つ気になることがあります。DGSアワードのキャラ部門なんですが、私の大好きな「来夢来人せんせい」や「みかんおじさん」がありませんでした。かなりショックです。どうか投票のサイトに「その他」の欄を作っていただけないでしょうか。よろしくお願いします」

スタッフさんの反応からするとこれらのキャラは単に忘れていただけのようですが、演じた小野さん的にはどっちのキャラも(ご自身としては失敗なキャラなので)「やりたくない」と苦笑されていました。
とりあえず運営委員会的には「その他」の枠を設けて対応するとのこと。ただしシルフコミックの「DGS響」「DGS緋月」のキャラクターに関しては番組とは別枠ということで、もともと投票の対象にしていないそうです。それ以外で、思いつく限りのキャラを投票してみてくださいとのことでした。

Deargirl情報

●アニメロミックスでは、6月25日〜26日開催の『DGS EXPO 2016』に向けたDGSアワードの投票を受付中。部門は全部で6つ。「DearVoiceアワード:神谷浩史編」「DearVoiceアワード:小野大輔編」「DGSソングアワード」「番組キャラクターアワード」「聖誕祭アワード」「番組小道具アワード」。小道具アワードに関しては自由回答です。投票した人全員にお二人のメッセージが入ったイベントロゴの待受けをプレゼント。

DearGirl談話室

何かに悩めるDearGirlからのふつすとを紹介していくこのコーナー。

第話のお便りはDearGirl名「ふたば」さんから。

「私はつい最近から初めての接客業のバイトに挑戦しています。失敗も多いですが、店長やお客さんから褒めていただけると本当に嬉しく、頑張ろうという気持ちになります。褒めるって相手のことをよく見ていなくては出来ないことですし、素敵なことですよね。ところで神谷さん小野さんは、お互いを褒めあったりすることはあるのでしょうか?」

世の中的な認知として、出演されたキャラなどの影響から「貶す」「馬鹿にする」印象があるものの、じつは普通に素直な感情として相手を褒めることが多いという神谷さん。小野さんに対しては若干辛口なことが多いですが、つい最近ではおそ松さんの現場で「いまの面白かった」と褒めることがあったそうです。逆に小野さんから神谷さんに対しては先輩ということもあり"褒める"ことはあまりないようですが、ドラマCDを収録していた際に神谷さんのセリフで思わず笑ってしまい、それも最大級の賛辞だという話をしてらっしゃいました。

今回はDGS科学班こと横川ディレクターさんが用意した『自動褒めマシーン』を使ってお互いを褒めることになりました。脈を読み取って普段言えないことを音にして伝えてくれる最先端マシーン(たぶん録音再生機器)ですw

  1. 「小野くんの今日の服装ってさ・・・嘘っぽい
  2. 「神谷さんの今日の服装って・・・自分大好き
  3. 「ちなみに小野くんの仕事っぷりって・・・自分大好き
  4. 「神谷さんのお芝居っていつも・・・とくに印象がない
  5. 「小野くんの顔はやっぱりさ・・・やばい
  6. 「前から神谷さんのこと・・・お金の匂いがする
  7. 「小野くんの一番いいところ・・・とくに印象がない
  8. 「神谷さんの一番いいところ・・・永遠の二番手

どのセリフも若干ディスってる気がするのは気のせいですか?w

Dear Voice

「これからも、ズブズブの関係でよろしくお願いします」

エクステンドと小野さんの今後の関係性が・・・( ´艸`)ムププ

エンディング

エンディングでも自動褒めマシーンを使ってみたら、リスナーさんって本当にさ・・・「カメムシみたい」とか、「運のみ」だとか思わず笑っちゃうようなセリフが出てきました。残念ながらこのシステムは爆破されちゃうそうですが(笑)、ほんとDGSっていろんな意味で"持ってる"番組ですよねww


DGS各話バックナンバー

こちらは、当サイトが応援する「神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜」に登場する用語や、DearVoice、各話(放送回)のバックナンバーをご紹介するコーナーです。


inserted by FC2 system