DGS番組各話紹介

こちらでは、DGSのこれまでの各ストーリーをご紹介!
(放送を聞いて書き留めた記録です。談話室やリスナーからのお便りなどは要約した内容になっています)

第456話「DGSに今年の年男年女はいませんでした!」

OPトーク

あけましておめでとうの掛け声で始まる第456話。
2016年最初のDGSにはなんと、新年早々の重大発表があるとのこと。ただしここでは発表しません。何かな〜?と惚けてみせる小野さんもその内容はご存知でしたが、詳しくは後ほどということでOPトークは終了しました。

ふつすと

さっそく重大発表を・・・・・・・という話しかけて何故か言いよどむお二人。
「発表してしまったら引き返せなくなる」と呟き、いっそ小野さんが放送一発目からストップウォッチを押し忘れてることがそれだということにして終わらせてしまいたいくらいだと苦笑する神谷さん。それもそのはず、発表される内容はこの番組はそもそもラジオだよ?ということを忘れちゃいそうな規模のことでした。なんと・・・。

2016年6月25日(土)〜26日(日)DGS10年目突入記念イベント
『DGS EXPO in さいたまスーパーアリーナ』開催決定!!

思わず「は!?」と呟きたくなるようなイベントです!
繰り返しますがDGSはラジオですwラジオ番組なのに「EXPO」すなわち「万博・博覧会」をやろうとしています。万博ということは今までの私たちが思い描くようなライブや公録といったものとはまた一線を画す内容になるわけで、しかも場所はさいたまスーパーアリーナですから万人規模の会場です。正直いまの時点ではどんなイベントになるのか想像も付きません(笑)。
お二人も苦笑混じりに、どんなことをするのだろうか、やはり万博といえばイメージキャラクターを作る必要があるだろうなどと話し、ひとまず詳細は今後の発表を待つということで話を締めくくりました。

さて重大発表が終わったところで今回は、昨年同様に、2016年の書初めです。
神谷さんの元にあったのは今時っぽいプラスチックの硯と墨汁。小野さんの元にあったのは何故か紙のお皿w

「健康」
まずはやっぱりこれですよね。でも毛筆となると何故か書き順などがあやふやになると呟く神谷さんの文字は「健」の人偏だけが小さくバランスの悪い文字になってしまったようです。
「よかいち」
いまは亡き榊莫山さんのCMでおなじみの焼酎ですねw試し書きだそうです。
「ぐ」
半紙いっぱいに大きく書いた「ぐ」。具が大きいってカレーのCMありましたねそういえば。
「グルメ」
北海道にいって美味しいものが食べたいそうです。
「MOVIE3」「米」
劇場版の第三弾と、アメリカに行きたいという夢。ラスベガスで一攫千金!
「一角千金」
一攫千金を漢字で書けるかと言われて応じたものの、「攫」の字が思い出せなかった模様(笑)。
「女」
男っぽいものをと諏訪さんに言われて書いたのが女ってw
「アニメ」
「超人」
キン肉マンのアニメを作ろうと言いましたが、残念ながら30年くらい前からすでにありますw
「上場」
エクステンドの2016年の目標?お二人で株を持つとか。
「4メートル」
内田さんこれ以上大きくなりますかね?w

ちょっと荒唐無稽な目標もありますが(笑)、かなうといいですよねwww

Deargirl情報

●アニメロではおれパラ2015のセットリストを掲載中。5曲ダウンロードすると抽選でオフィシャルグッズが当たるキャンペーンも実施中。

DearGirl談話室

何かに悩めるDearGirlからのふつすとを紹介していくこのコーナー。

第456話のお便りはDearGirl名「カレーライス」さんから。

「最近カスタマイズができるお店ってすごく多いですよね。私は某コーヒーショップで働いているのですが、組み合わせ次第では無限にメニューが作れてしまうカスタマイズって凄いなと常々感じると同時に、自分流にアレンジできてカッコイイなと尊敬してしまいます。ここで質問なのですが、お二人がオススメする、よりスマートで素敵なカスタマイズって何ですか?教えてください」

おそらく女性だろうリスナーさんの名前を「カレー臭」にカスタマイズって、諏訪さんヒドイw
そして今回の台本もなかなか酷かった。二人がいま一番カスタムしたいのはギャンとキュベレイ・・・って何処から出てきたんですかと突っ込みたくなる名前ですよね。マジに神谷さんの言うように、頭をガンと殴られて気を失っている間に台本が出来てたのか?というくらいのぶっ飛び具合ですw

ブツブツと文句を言いつつも「ギャン」(※ガンダムに登場するジオン広告のMS。マ・クベ大佐の専用機)と、「キュベレイ」(※ガンダムシリーズに登場するMSで、ハマーン・カーンの専用機)をいろんなシールなどでデコルことになりました。

白にピンクという可愛いと言えなくも無い配色のキュベレイや、一見無骨で実践的スタイルに見えるギャンに、キラキラシールや仏像のシール、お寿司にジッパー柄、ケーキやらネックレスなど、ぶっちゃけ統一感はないデコレーション。でも携帯サイトで見る限りどちらもまぁ可愛らしい機体に仕上がったようです。

どんなのか知りたい方はぜひ携帯サイトをご確認ください(笑)。

Dear Voice

「毎日僕らと、キュートなえくささいずしてみない?」

これなら携帯サイトにNEW!って表示されてても大丈夫?( ´艸`)ムププ

エンディング

CM中もカスタマイズを続け、さらに可愛いくなったギャンやキュベレイを眺めながら喋るお二人。こんな機体が戦場で動いてたら士気が落ちること間違いない感じですよねwちなみにEXPOにはこういうものが展示される予定だそうですw


第457話「青二さんのカレンダー、マウスの入り口の看板のところに貼ります」

OPトーク

先週の放送を帰省中で聞き逃した方もいるかも・・・という語り口で始まる第457話。
聞き逃した方のために先週の告知のおさらい。2016年6月25日(土)〜26日(日)DGS10年目突入記念イベント『DGS EXPO in さいたまスーパーアリーナ』開催決定!!というお知らせでした。改めて聞いてもビックリですよね。
ビッグすぎる状況に噛みまくりな神谷さんと、それに苦笑しきりの小野さん。そもそも何故さいたまスーパーアリーナなのかといえば、まさかの会場が取れちゃったからというのが本当の所のようです。
これまでの10年近く「アニサマ」を「ナニサマ」だのと茶化してるだけの番組だったのが、うっかりそこでイベントすることになってしまい、かなり複雑な心境らしいお二人。言い慣れない「さいたまスーパーアリーナ」が言い慣れて実感が出てきた頃になってより動揺することになるのだろうなどと話して笑っておられました。( ´艸`)ムププ

ふつすと

「Monsters Show 聞きました。DGSや他のラジオでBメロまでは聞いていたのですが、Cメロを初めて聞いて思ったのが、歌詞の中に「JOQR」があるということです。とても素敵な曲ですが気になります。TRIBE DRIVE は雰囲気が一変して、アメリカの荒野をドライブしてるような疾走感。どちらもカッコ良かったです。最後までカッコ良く終わるかと思いきや、リズミカルな音楽が始まったかと思うとお二人が自分の名前を言ったあと「でぃーじーえくささいず」と。前の2曲の内容が3割ほど吹き飛ぶような面白さでした」

以前からラジオ内で言っていた「売れちゃうねコレは」が発言どおりになったと語るお二人。ドワンドさんからも「売れちゃったので差し入れ」だと番組開始以来始めてお煎餅を頂いたそうで。わりと成績的にもよくて売上げ的にMOB超え。思わず「ざまぁ!!」と笑うお二人(笑)。ちなみに歌詞の中の「IN JOQR'S ROAD」に「JOQR」が入ってるのですが、作詞家の古屋さんのこだわりだったようで、最初のテイクからそうなっていたとのこと。文化放送の番組ですし、いろんな意味で優れた歌詞ってことみたいですねw

「でぃーじーえくささいず☆の動画を拝見しました。手足が短く丸々としたちゃんこさんの踊りが、とても愛らしく珍妙でしたよ。ゆるきゃらが精一杯踊っているかのような、応援したくなるような、そんな気持ちになりました。実際にやってみましたが、意外と普段使っていない筋肉を消費し、アルバイトで傷めていた腰がさらに痛くなりました。みんなで踊る機会があると面白いですね」

確かにちゃんこちゃんの可愛さが全開だ・・・と呟く小野さんに、なぜかテンションを下げている神谷さん。マスコットキャラのようで素直に可愛いと思うと小野さんはコメントしましたが、ただちゃんこちゃんは稼動域が普通の人と違うため正しくお届けできてない可能性があると苦笑。そんなコメントを聞いて神谷さんは「全身ピンクに塗ってDGS EXPOのイメージキャラクターにする?」と言い出しました。存在自体が着ぐるみみたいなのでもはや何かを着るレベルじゃないそうですが、もしエクササイズを踊ることによって痩せたら、ある意味ゆるきゃらの資格を無くすんでしょうかね?w
ちなみにダンスの先生に言わせると、あのエクササイズは本気でやれば痩せられるそうで、試しにやってみたという小野さんは「ゼーゼーする」とのコメント。あの曲を歌いながらは無理くらいだと話しておられました。

「おれパラ神戸公演に参加させていただきました。めちゃくちゃ楽しかったです。ほんとに楽しかったんです。やっぱり「Kiss Kiss Kiss」は盛り上がりますね。仕込みも無いのに会場中が踊っていたのがすごく印象的でした。でも一番印象に残ったのはやっぱり神戸二日目の小野さんへのドッキリです。今回はライブビューイングもあり、全国に、そして海を越え台湾と香港にも小野さんへのドッキリが中継されましたが如何ですか?よければドッキリを受けた感想を教えてください」

おれパラでは岩田さんがリーダーだった頃から伝統のドッキリ。去年は寺島さんが新メンバーに加わった儀式として、本体であるところの眼鏡だけが登場するという遊びをやったようですが、今年はジャンプを10回繰り返す場面で最後の1回だけ他の出演者は静止し小野さんだけがジャンプする・・・というものだった模様。小野さんとしてはおれパラが帰ってきたようで嬉しかったのだそうです。

Deargirl情報

●アニメロでは1月放送開始アニメの楽曲や壁紙を続々配信中。「デュラララ!!×2 結」のキービジュアルを使用した壁紙も配信中。

DearGirl談話室

何かに悩めるDearGirlからのふつすとを紹介していくこのコーナー。

第457話のお便りはDearGirl名「まどか」さんから。

「わたしは19歳11ヶ月、絶賛ラストティーンな大学生です。あと1ヶ月で10代が終わってしまうのに若干の焦りを感じています。そこで神谷さん小野さんにティーンのうちしかできないこと、ティーンのうちにやっておいたほうがいいことを教えて欲しいです」

10代のうちにやっておかなきゃと頑張ったことあるか?と問われたものの、小野さんも神谷さんも特に無い!とのこと。30代になろうが40代になろうが青春時代は続くものですし、10代には10代、20代には20代、おじさんにはおじさんの感性があるので年齢など関係ないとコメント。ただし、10代のうちにやっておいたほうがいいことはある・・・ということで今回は『10代にしか書けない青春ロック』を作ってみることになりました。
ちなみに曲は、版権的に大丈夫そうなのは「でぃーじーえくささいず☆」だけ。メロディーがロックじゃないじゃんという突っ込みはこの際置いといて、歌詞さえロックであればいいということになりました。

そんなわけで、この曲に合う言葉をいろいろ思いつくままに挙げていくお二人。ロックな男しか行けない場所は「女風呂」「女子更衣室」、見たいものは「素晴らしい女の裸」。師と仰ぐのは加納典明さん。勉強とかしてられない、教科書は「デラべっぴん」・・・・・・などなど、ロックというより男の妄想全開なトークの果てに諏訪さんが作った歌詞が以下。

「夜の放課後 下賤ライブハウス それが俺らの学校
加納典明 篠山紀信 それが俺らの先生
女風呂から 夢が・・・
(不明) 俺の教室渋谷タウン
ギター代わりに箒をプレイ &プレイセクロス」

崩した歌い方にしてて聞き取れない部分もあったんですが・・・たぶんこんな内容かなと(笑)。
ちなみにタイトルは『放課後症候群』(シンドローム)だそうです。いよいよ「Dear Boy Stories」な番組だな〜ww

Dear Voice

「そこで言えない事が、ここで言えるわけないだろ。考えたらわかんだろ、バカ!」

神谷さんの流れるような罵倒シリーズがまた1つ。( ´艸`)ムププ

エンディング

今回また「迷曲」が生まれちゃいました。タイトルはどんな字を書くの?と諏訪さんにきいた神谷さんは、まんまなタイトルを見て思わず「だっせえw」と大笑い。基本40代のおっさんが作ってるんだから仕方ないと苦笑しておられました。


第458話「俺、今日あたり武道館」

OPトーク

今週も『DGS EXPO』関連の話題で始まる第458話。
が、残念ながら追加情報はなし(笑)!どうやら部屋の向こうにいた内田さんの頭の中には何がしかの情報があったようですが、現時点で発表できることではないようで、答えるまでにちょっと開けた間について面白そうに茶化す神谷さん。それに調子を合わせた小野さんは「埼玉市長が挨拶に来る」などとあり得なさそうな事を言い出し、さらに仮面ライダーディケイドが来るかも・・・などという妄想トークを繰り広げてらっしゃいました。

ふつすと

「神谷さん、舞浜アンフィシアターで行われた『SOUND THEATRE×夏目友人帳〜集い 音劇の章・再び〜』行きましたよ。私はアンフィシアターの会場で見せていただいたのですが、二幕編成で、贅沢な生演奏に臨場感あふれる映像、さらに火や風やお香の香りを使った演出。ストーリーも心を揺さぶられる内容で、演じられている神谷さんや和彦さんを始めとした役者の方々の演技によって私も会場内も感動に包まれました。会場にいらしていた方々の年代を見ると学生から50台くらいの方々もいて、本当に愛されているということが再確認できました。とてもとても楽しかったです。また神谷さんが夏目を演じていただける日を心待ちにしております」

昨年12月5日に昼・夜の2公演行われたこの朗読劇は、数年前に国際フォーラムで行われたものの再演という形で行われたものだそうですが、以前に比べて会場が小さくはなったものの、全国30箇所ほどのライブ・ビューイングも含めれば同等かそれ以上の規模となるイベントだったとか。しかも今回のアンフィシアターでは本物の炎やお香といった演出が使え、客席もより近く、さらにバンドの生演奏に乗せての朗読ということでとても臨場感あふれる朗読劇だった模様。そうした演出があることでより緊張したのではないかという小野さんの問いかけに神谷さんは、じつはKiramuneのリーディングライブでも同じ会場を使っていたため場内の雰囲気が分かっており、同じ朗読劇の再演ということもあってやり易かったとコメント。自分自身は年齢を重ねていく中、ずっと17歳のまま歳を取らないキャラクターを演じる意味でのハードルはあるものの、年齢を重ねた分の+αを乗せられればという思いで演じたと話しておられました。

「アニメロミックスの2015年・年間ダウンロードランキングが公開されました・・・・が。Voice部門では50位までの2つのVoiceを除き、なんとすべて神谷さんと小野さんのVoiceがランキングを占めていました。おめでとうございます。毎年このランキングをみてはDearVoiceの力はすごいと思っている気がして、もはやこのランキングは年末の風物詩のように感じてしまいました。ちなみに栄えある1位は神谷さんの「お前さっさと、俺のもんになっちゃえよ」でした。これからも素敵なVoiceを届けてください。待ってます」

50個中48個までがDearVoiceという事態に思わず苦笑いのお二人。お二人としてはそもそも何を配信したかも覚えてない状態なため複雑な気分にしかならないようです。そもそもこのDearVoiceは、すきま写真やレポートを見る為に会員になってくれたリスナーに余剰ポイントを消費できるコンテンツを提供しようという意図で企画されたコーナーだそうで、それが逆にDearVoiceが欲しいので会員になりましたと言われると(なんか、ごめん)という気持ちになると苦笑い。これからも余ったポイントで自分たちの珍妙なVoiceを楽しんでもらえれば幸いだと話しておられました。

Deargirl情報

●アニメロでは1月放送開始アニメの楽曲や壁紙を続々配信中。「デュラララ!!×2 結」のキービジュアルを使用した壁紙も配信中。

DearGirl談話室

何かに悩めるDearGirlからのふつすとを紹介していくこのコーナー。

第458話のお便りはDearGirl名「まいしー」さんから。

「私は極度の冷え性です。とくに手足がひどくて室内なのに手の爪が紫色になることもよくあり、夜寝るときはさらに冷たい足になってしまい布団に入ってもなかなか身体も温まりません。どうしたらすぐに身体を温めることができますか?」

体を温めるといえばやはり人肌・・・抱きしめるしかないよね、と良い声で言ってみたお二人。が、それです!と言った後は口調を戻して、自分たち的に身体を温めるといえばコタツでモンハンをすることだと言いはじめました。そこで昨年以来二度目、コタツでモンハンをすることになりました。

コタツを囲むのは神谷さんと小野さんに加え、諏訪さん・八木橋くんといういつもの作家コンビ。キャラクターは「ギーヤ=HR(ハンターランク)6」「ビビ=HR2」「ネコスキー=HR2」「一休さん=HR1」だそうで。初心者な小野さんのキャラでも戦闘可能な、泡を出すというモンスターを倒しに向かいました。モンハンをよく知らない私には会話の半分も理解できない内容だったので詳細については言及しませんが、何だか楽しそうな様子だけは伝わってきてましたよww

たぶんこのリスナーさんは生姜を使ったメニューとか体質改善の方を始められたらいいとは思いますが、まぁお金に余裕があれば、コタツでモンハンも試してみてもいいかもしれませんね。( ´艸`)ムププ

Dear Voice

「課金=ロックだよね」

形の無いものに金をつぎ込む・・・その生き方がロックなのだそうですよw

エンディング

CM中もモンハンの話で盛り上がっていたらしいお二人。複数のタイトルを同時進行して何十時間も遊んでいるらしく、そんな自分たちは何なんだろうと苦笑する神谷さんでしたが、それはスタッフも同様のようで。課金しまくっていている悪い大人たちの中で、横川ディレクターの「ほ〜ら、こんなに課金カキンだよ」という迷言まで生まれたのだそうです(笑)。


第459話「聖誕祭は来週です」

OPトーク

MOBライブのBlu-ray&DVDに関するトークから始まる第459話。
神戸版が2月18日、幕張版が3月17日にそれぞれ発売となります。基本的には2日目の模様を収録しているそうですが、トークなどの内容が異なるコーナーについては一日目の内容も一部収録されているようです。ちなみにオーディオコメンタリーも収録されているのですが、神戸版はMOBメンバー、幕張版はDGSのお二人とスタッフがコメントを収録しているそうで、賢明なリスナーはご承知のとおりぶっちゃけまったく同じ人間ってことですね(笑)。ただ噂によればMOBのメンバーは収録の最中にあまりにも長いから・・・と一旦帰るというミラクルを起こしたのだそうで、それもまたロックだと苦笑するお二人でした。

ふつすと

「DGS EXPO開催決定おめでとうございます。ラジオ番組の万博という初めて聞くフレーズ、しかも会場がさいたまスーパーアリーナというお知らせは、お正月のボンヤリした頭には刺激が強すぎて、その後なぜギャンとキュベレイをデコったのかまったく思い出せません。ただ万博とっても楽しみです。ステージイベントなどもあるのかまだ分かりませんが、とりあえず何があってもいいようにMOBのCHANKOさんには減量に成功しておいて頂きたいです」

思わず(ごもっとも!)とうなずきたくなるようなお便りですが、ステージは「ありますたぶん!」と苦笑いする神谷さん。万博という名称のせいで物産展か何かと勘違いしているリスナーもいるようですが、何といっても場所が『さいたまスーパーアリーナ』という大型ライブ会場ですので、ステージを生かさなかったら嘘になりますよね、そりゃ(笑)。お二人の話によれば、おそらくは過去10年を総括するようなステージやイベントが催されるのではないかということ。お二人のライブステージもありつつ、歴代の衣装や小道具などの常設展示があったり、ラジオ内でやっていたコーナーを再現するようなものもあるかもしれないようです(まだ未定)。そんな話をしていると小野さんが不意に「牛久大仏を建てよう」と言い出しました。牛久まで見にいくのは大変なのでここで拝んでもらおうという発想のようですが、仮に1/10スケールでも12メートル・・・デッカイですね(笑)。ちなみに神谷さんのお話では、本物の牛久大仏も作るのはそうとう大変だそうで、中国で作られたパーツを運んできて日本で組み立てたものだそうです。そのほか、万博といえばフードコートもありそうですよね〜。ステージをやる時間だけでなく、その前後の時間も楽しめるようなイベントにできたらというお話でした。

「DGS EXPO さいたまスーパーアリーナ決定おめでとうございます。私はつくば万博にいったことがあります。万博といえばコンパニオン。DGSコンパニオンの選考基準などありましたら教えてください。開会式や閉会式、エンブレム、テーマソング、マスコット、アトラクション、グッズ・・・あ、聖火の点火も盛り上がるかも。楽しみです!」

聖火の点火は・・・そりゃオリンピックですね(笑)。しかしこうして羅列されてみて決めることがたくさんあることに気付かされたご様子のお二人。コンパニオンを決めるとなればオーディションかな?とある意味男らしい部分に注目した神谷さんでしたが、かりに選考基準があるとすればDGSが大好きという点がまず挙がってきますよね。そこで諏訪さんの走り書きを見てしまった神谷さん・・・「コンパニオンが全員ガルスタおじさん」って様々な意味でカオスな気がw お二人とも「見たくないし、面白くない」と引き気味にコメント。まぁ冗談はさておき、各パビリオンを案内するアルバイトの方は必要かもしれません。今後もラジオの中でちょくちょく話題にしつつリアルタイム会議できればと笑っておられました。チケット最速先行が2月8日からアニメロミックスで開始されるとのことで、参加する方は要・要・要チェックですね!

Deargirl情報

●アニメロでは1月放送開始アニメの楽曲や壁紙を続々配信中。TVアニメ「デュラララ!!×2 結」のOP曲、FLOW (フロウ)の『Steppin'out』着うたフルも配信中。キービジュアルを使用した壁紙も。

DearGirl談話室

今回は昨年末に募集された『クリスマスプレゼント企画 第9回 どーしても・ゲットしたい・ストーリー略してDGS!』の当選者発表が行われました。

神谷浩史賞「EPSONの心拍計(PS500)」「ノーノーヘアフォーメン」、応募の理由は・・・。

「5月に結婚式を挙げるのでときめき記録用にどーしても欲しいです」

「16歳、陸上部、短中距離選手、DearBoyです。どうしてもゲットした理由は、すね毛をつるつるにして地面を滑って100m−9秒台という壁を超えて、人類最速になるためです。春の地区大会に向けてすねをつるつるにして万全の態勢で挑みたいと思います」

小野大輔賞「S.H.フィギュアーツ マイケル・ジャクソン」、応募の理由は・・・。

「親戚の家にある雛人形(七段飾り)の四段目、右大臣・左大臣の一体が昨年壊れてしまったので、そこにぜひマイケル・ジャクソンが欲しいです。子供たちのためにどうしても欲しいので宜しくお願いします」

諏訪勝賞「MOBツアーパンフでDO-Sが着ていたTシャツ」、応募の理由は・・・。

「私はとあるサーカス団で団長をしております。しかし最近、団長としての威厳や自信を失いつつあります。そこでかの有名な変態サーカス団を束ねるDO-Sさんの着用していたTシャツを着れば、こんな私でもサディスティックかつ敏腕な団長になれるのではと思い応募させていただきました。なにとぞ宜しくお願いします」

内田社長賞「MOBツアーで用意したけど付けなかった3Mカラー(緑)のアクセサリー一式と、用意したけどタイミングを逸して投げれらなかった3Mサイン入りピックをセットで」、応募の理由は・・・。

「1月に行われる地域の子供祭りの輪投げに、内田社長の巨大な指輪を使いたいです。ただの輪っかより盛り上がると思います。盛り上がるネタがなくてどうしたものかと思っていたので、頂けると嬉しいです」

八木橋賞「野獣リュックサック」、応募の理由は・・・。

「神谷さん小野さんこんばんわ、武井壮です。アニメロのサイトで野獣リュックをみたとき、この野獣は私にしか倒せないと思い応募しました。人々の安全のため、世界のためにも、ぜひ私にお譲りください。私が倒してみせます」

ディレクター横川賞「ゲーム・スペランカーのTシャツ」、応募の理由は・・・。

「ゲーム好きな友人が開催するパーティーで、夫がスペランカーの主人公のコスプレで参加します。それに対抗する為にスペランカーTシャツを頂けると幸いです」

お手伝い伊藤賞「Mad MaxのサントラCD」、応募の理由は・・・。

「わたくし三十路の女なのですが、結婚式を控えております。つきましては新郎新婦入場の曲を探しておりまして、Mad MaxのサントラCDがぴったりだと思いました」

エクステンドたむたむ賞「ニンテンドー3DS」、応募の理由は・・・。

「最近ムダ毛が気になり、DSで挟んで抜こうとしてますが抜けません。そこで友人に訊いたところ、3DSなら立体構造で挟んで毛が抜けるみたいです。ムダ毛のためにお願いします」

アニメロミックス賞「神谷さん小野さんが出ていない、カフェ・キュイエールのAGF限定配布冊子」、応募の理由は・・・。

「本当に神谷さん小野さんが出てないか気になるので欲しいです」

ドワンゴ竹内賞「マジックグッズセット」、応募の理由は・・・。

「私は夜のお仕事の接客業についていながら話題つくりがヘタです。いつもお客さんと楽しい話をしようと頭をフル回転させています。そこで楽しい話題を無理やりに作らなければいけないということもなく、視覚的にもその場が盛り上がること間違いなしのマジックグッズセットをどうしても譲っていただきたくお便りいたしました」

ほんと・・・DGSリスナーさんはネタ作りがお上手で。(笑´∀`)ヶラヶラ

Dear Voice

「もぉ、ギャン可愛いぃ〜い」

女子高生風に・・・ってww

エンディング

毎年恒例のプレゼント当選者発表・・・のあとは、来週の神谷浩史生誕祭です!着替えを持ってきたほうがと忠告する小野さんに「うるせぇ!」と邪険に答えた神谷さんでしたが、今週の小野さんの手元に台本があるらしいことからして、どうやらロケとかスタジオの外での収録ではないような・・・来週が楽しみですねww


第460話「北の国から 2016生誕」

OPトーク

神谷さんの一人喋りで始まる第460話。
毎年1月恒例の神谷浩史生誕祭。今年は神谷さんがブース内にいて6月開催の「DGS EXPO」や、MOBライブのBlu-ray&DVD発売など近々の情報を読み上げる事からスタートしました。最近の神谷さんは北海道に行きたいと発言していたのでそれに近い企画なのではないかと予想されましたが、やがて着替えから戻ってきた小野さんのコンセプトは・・・・昭和リスナーなら誰もが連想する北海道を舞台としたドラマ『北の国から』。名優・田中邦衛さん演じる五郎のモノマネで喋る小野さん・・・こと小野板五郎さんは、神谷さんの行きたい所に行こうとブースの外へ連れ出しました。

神谷浩史生誕祭 2016 前半

というわけでやってきたのは北海道・・・・・・ではなく、いつもの文化放送の屋上(笑)。
ドアには「ここから北海道」と書かれた紙。本当は北海道へ行きたかったがスケジュールが無く、いつものラウンジを北海道にしてお招きするしかなかった・・・と土下座を始める小野板五郎さん。たぶんこれもドラマの有名な1シーンの真似だろうな〜〜と思っていたら「これが僕の誠意なんです」という言葉に神谷さんが「誠意って何かね」と返したことで確信に。神谷さんはドラマからの連想で反射的に返したようですが、小野さんの台本にはもしこう答えたら奇跡だと添えられていたようで、まんまと引っかかってしまったことに苦笑するしかない神谷さんでした。( ´艸`)ムププ

そんなわけで部屋へ入ったお二人。中にあったテーブルにはお醤油やポン酢などの調味料が準備してありました。残念ながらロケは実現しなかったものの、なんと内田社長さんが北海道へ行き現地で買ったグルメを直送したのだそうで、それを神谷さんに食べてもらおうということになったようです。北海道グルメときいて俄然テンションのあがる神谷さん。しかし、ただ美味しいものを食べさせてくれるわけじゃないのがDGSの聖誕祭です。神谷さんほどのラジオスターなら一流とそうでないものを見分けることなど当然だろうということで、北海道で買ってきた高級食材と近所の店で適当に仕入れてきた食材を食べ比べてみてどちらが高級かを当ててもらうという『神谷浩史 ラジオスター格付けチェック』を行うことになりました。

まずは「北海道で買った高級ウニ \4500」「近所のスーパーで買ったウニ \798」の2択。
全然味が違うといいつつ、Aのほうが自分好みの味だと答える神谷さん。正解は「A」でした。ラジオスターの称号は健在。まりものキーホルダーをプレゼント。

次は「北海道の高級カニ \12600」と、「都内で買ったカニ \1284」の2択。Aのほうが味がしっかりして、Bのほうが水っぽいという理由でAを選びましたが、正解は「B」でした。称号はラジオパーソナリティーに降格。

そんなラジオパーソナリティーからいつものお知らせ。神谷さんが一人で情報告知をする間、もそもそと小野さんがお米を食べてる気配がし、神谷さんは笑いを堪える口調になってました(笑)。

Deargirl情報

●アニメロでは1月放送開始アニメの楽曲や壁紙を続々配信中。TVアニメ「デュラララ!!×2 結」のキービジュアルを使用した壁紙も。

神谷浩史生誕祭 2016 後半

北海道グルメからいつものブースに戻ってきたお二人。
ここからは内田さんが買ってきた北海道土産のグッズを使って引き続き格付けチェックを行います。

まず流れてきたのはGLAYの「BE WITH YOU」という曲。一方は北海道で買ってきたベストアルバムで、もう一方は都内で買った物。まったく同じ音源で、違いは買った場所だけ・・・・という無茶振りでしたが、正解は「B」。神谷さん当てました(笑)。というわけで「ご当地進撃の巨人 北海道限定・リヴァイ漁船」というストラップをプレゼント。

次に出てきたのは「水曜どうでしょう」のステッカーとスケッチブック。どちらかがHTB本社で買ってきたものということでしたが、これも何処で買おうが同じグッズ、単なる無茶振りですw 神谷さんはステッカーと答えましたが残念ながら不正解。称号はお喋り大好き野郎に降格です。

ここで格付けチェックは終了。神谷さんは「お喋り大好き野郎」に決定です。
ちなみにもう一問不正解だったら自分語り大好きマシーンになっていたそうで、それじゃなくて良かった!と思わず笑い出す神谷さん。「ギリセーフ」でしたねww

Dear Voice

「喋る前に飲む」

1989年〜1995年ごろ田中邦衛さんがイメージキャラクターを務めていた漢方胃腸薬のCMの名言「食べる前に飲む」のパロディーですね〜〜〜と、説明するのもアレかなw

エンディング

北の国からのテーマソングに合わせ、小野さんが「ふぇんそんふぇんそん」言うだけのBGMでエンディング。もともとインストだけで歌詞の無い曲なので歌は必要ない上に、ドラマの登場人物・純に似せた語りまで入っており、神谷さんはレコーディングの必要があったのかとブツブツ文句を言ってらっしゃいました。そして渡されたプレゼントは蝋燭が刺さったバースデー木彫り熊と、泥のついた一万円…ならぬ4千円分のDMMプリペイドカード。泥のついたカードが衝撃的すぎてケーキの話題が吹っ飛んだようですが、どうやらイチゴがふんだんに飾られた大きなケーキだったようです。
ともあれ、ラジオ本編では放送されなかった部分で他の北海道グルメやバースデーケーキ等も登場していたようで、今年の神谷浩史生誕祭もじゃっかん微妙な笑いの中で終了しました。(*^艸^*)クスクス・・。


DGS各話バックナンバー

こちらは、当サイトが応援する「神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜」に登場する用語や、DearVoice、各話(放送回)のバックナンバーをご紹介するコーナーです。


inserted by FC2 system