DGS番組各話紹介

こちらでは、DGSのこれまでの各ストーリーをご紹介!
(放送を聞いて書き留めた記録です。談話室やリスナーからのお便りなどは要約した内容になっています)

第401話「3M、ハネた」

OPトーク

先週の放送の振り返りトークで始まる第401話。
第400回記念ということでMOBが担当することになったわけですが、バーボンをロックで飲んでいたとか、3Mが一番喧嘩に強いらしいとか、HIRO-CがバンドのブレインでONO-Dはイエスマン・・・などなど、必死で他人の体でしゃべるお二人がかなり愉快な感じになってました。そんなMOBの番組の中で発表された重大情報をもう一度おさらい。来年2015年6月20日(土)〜21日(日)に神戸ワールド記念ホールで、7月11日(土)〜12日(日)に幕張メッセイベントホールでMOBのライブが行われます。タイトルは『MASOCHISTIC ONO BAND LIVE TOUR 2015 〜What is Rock?ロックって何ですか?〜』だそうで、現在発売中のMOBのメジャーデビューミニアルバム『Masochistic Over Beat』に最速先行予約申し込みのシリアルコードが封入されています。詳しくはMOBのオフィシャルサイトにてご確認を。締め切りは1月19日までだそうですので、皆さん予約申し込みをお忘れなく!!( v ̄▽ ̄) イエーイ♪

ふつすと

ふつすと紹介の前に2つのお知らせがありました。
ひとつめは香港・上海に引き続き台湾でも劇場版DGS2の上映が決定したという話題でした。12月27日・28日の二日間で行われるそうですが、チケット等の詳しい情報はエクステンドのFacebook、WEIBOなどをご確認ください。
そしてもうひとつはチャリティーリストバンドの収益に関する報告でした。キャラホビ2014で販売したリストバンドの収益854404円と、これまでの商品の追加収益297158円・・・合計115万1563円を日本赤十字社の東日本大震災義援金に寄付したとのことです。ここまでの累計は1千2百万を超えるそうで、今後もこの活動が継続されるとのことです。

「MOBが表紙を飾ることで話題だった雑誌を購入いたしました。プロのお二方に隠れる形ではありましたが、作家3人と社長1人(悪く言えば素人)がアニメ系雑誌の表紙と巻頭を飾るなんて前代未聞のことだったのだろうと思います。私が購入した本屋ではジャンル問わず雑誌が置かれていたためか、嵐―AKB―MOB―嵐という並び順でした。さすがMOB、ビックですね!」

雑誌の表紙に使われたのはCDのジャケット写真を撮影する際に撮られたグラビアの一枚だそうですが、雑誌の表紙になることを知らなかったらしい神谷さんはビックリだと苦笑。話題となった雑誌の表紙はかなりいい感じの写真だったので、確かにDGSをしらない人がみたらどこの大物アーティストだと勘違いしそうですよねw 何となくの思いつきで「紅白ですね」(お隣に並んだ方々のラインナップ的に)とコメントした小野さんでしたが、喋ってるうちにちょっと怖くなったらしく「書店で急に会うと(見ると)ドキドキするよね」と神谷さんともども苦笑いといったご様子でした。まぁ〜〜〜紅白ってのは見果てぬ夢としても、アニサマくらいにはいつか出演可能かも!? ホントにMOBはこの先どうなっていくのでしょうねw

Deargirl情報

●アニメロではMOBミニアルバム『Masochistic Over Beat』を好評配信中。着うたフルを3曲ダウンロードすると抽選で200名にMOB特製クリアファイルをプレゼント。そして着うたフルを全曲ダウンロードすると、MOBメンバー全員の直筆サイン入りポスターが当たるキャンペーンも実施中。

ガルスタ談話室

いちばん♥ときめく!乙女ゲーム情報誌『電撃Girl's Style』。2015年1月号は好評発売中。

第401話のお便りは『電撃Girl's Style』の編集部から。

「年の瀬ですね!学生のころはたくさん年賀状を書いていましたが、最近めっきりメールで済ませることが多くなってしまいました。でも、ガルスタ編集部にも毎月のようにアンケートや感想の葉書などを送ってくれる方がたくさんいて、やっぱり手書きの手紙や葉書は心が温かくなります。お二人は最近手書きで、手紙や葉書を書きましたか?」

もう年賀状を書く時期・・・あっという間ですねぇなどと語るお二人。若いころはそういうのを言うもんじゃないと思っていたが、いまはつい「1年早いね〜」と言ってしまうと神谷さんは苦笑されてました。手書きの葉書などを最近書いたか?という編集部からの問いには答えませんでしたが、やはり節目は大切・・・ということで、今回は『DGSアワード2014』と題し、今年番組内で流行った(?)流行語を紹介しようということになりました。

ノミネートされたのは『んごい』『もぉ、ボク女の子じゃなぁ〜い』『MOB』『新高梨送りマシーン』『たむたむおっぱい揉ませろ』『内田組』『パリパリ豚野郎』『クソ先輩』という8つ。神谷さんが思わず呟いた「こんな・・・他に無かったかな」という突っ込みはさておき、この中でグランプリに選ばれたのは、代永さんのネタ(と番組が勝手に決め付けた)『もぉ、ボク女の子じゃなぁ〜い』でした。そんなわけで、冬ですが代永さんに電話をしてみることに。

電話に出た代永さんはいきなり「おめでとうございます!」を連呼され、かなり困惑したご様子。声を聞いてると女の子みたいだという小野さんの誘導に乗って『ボク女の子じゃな〜い』と答え、そこでようやく何がおめでとうなのかを理解したようでした。しかし、そもそもが番組が代永さんのネタとして盛り上がっていただけで、ご本人はほとんど使ったことのないセリフがグランプリと言われ、感想を訊かれても戸惑うしかないといった感じの代永さん。番組からのプレゼントという、代永さんをモデルとしたチアガール?らしき人形のついたトロフィーを見て「・・・気持ちわる」と思わず本音を呟いて、そこそれなんだwと爆笑するお二人に突っ込まれていました。

Dear Voice

「なんかー、テンション上がんないからー・・・おっぱい揉ませろ!」

そもそもは打ち合わせの時に小野さんが口にした事が元ネタらしいですが、すっかり神谷さんの言葉みたいになっちゃいましたね。しかしそのたびに名前のあがるたむたむさんは大丈夫なんでしょうか。完全にセクハラですけどww

エンディング

談話室を振り返り「代永くんはテッパンですね〜」などと語るお二人。8年経ってここまで開花するとはとか、天才ですね〜などと持ち上げておいて結果スタジオには呼ばないという、つくづく代永さんには気の毒な感じになってました。そういえば来年のツアーにはゲスト出演したりするんでしょうかね?いろいろ楽しみです。ヾ(@^▽^@)ノわはは


第402話「メリークリスもすメリークリスもす、もすもすもすもす、KissKissKiss」

OPトーク

メリークリスマス!の掛け声で始まる第402話。
今年も毎年恒例のクリスマス回がやってきました。いつもだったらサンタさんの格好をしているはずのお二人ですが、なんと倉庫から出した衣装がしわくちゃになってたそうで、また買うのもアレだし・・・ってことで今回は帽子のみとのこと(笑)。そんななんちゃってサンタさんなお二人からお知らせということで、今回も来年のイベントの告知がありました。2015年6月20日(土)〜21日(日)に神戸ワールド記念ホールで、7月11日(土)〜12日(日)に幕張メッセイベントホールでライブが行われます。タイトルは『MASOCHISTIC ONO BAND LIVE TOUR 2015〜What is Rock?ロックって何ですか?〜』。現在発売中のMOBのメジャーデビューミニアルバム『Masochistic Over Beat』に最速先行予約申し込みのシリアルコードが封入されています。詳しくはMOBのオフィシャルサイトにてご確認ください。

ふつすと

「今年の漢字一文字が発表される時期になりましたが、お二人的には今年はどんな漢字にしますか?オノDは去年、三郷の奇祭から「奇」という漢字を選んでいましたが、今年はオノDが主人公・空条承太郎を演じた「ジョジョの奇妙な冒険」で大活躍したと思いますが、今年も「奇」という漢字を選びますか?」

この時期になると毎年「今年の漢字一文字」が発表されたりしますが(今年は「税」でしたねw)、今年は何だろう・・・・と振り返り「まったく覚えてないな俺」と苦笑する神谷さん。作品でいうならノラガミの主人公を演じたりしてましたが、収録は去年のうちに終わってたため今年・・・という印象がないとのこと。何かと忙しかったので「忙」という字はどうかと言い掛けた小野さんですが、「忙」は心を亡くすと書く文字なのでダメだwと苦笑い。じゃあ小野さんはどうかと訊ねられると、小野さんの今年の漢字は「原」に決めているとの答えでした。曰く、改めてジョジョや黒執事も演じたので原点に帰る・・・という意味でもあり、『ばらかもん』でヒロインの琴石なるを演じた原涼子ちゃんのこともあって思い入れが深いとのこと。
するとタイトルを聞いて思い出したらしい神谷さんから、その最終回にまつわる小野さんのエピソードが語られました。たまたま『ばらかもん』の収録のあとが『ハイキュー!!』の収録枠だったらしく、神谷さんもその現場に居合わせたのだそうですが、最後の収録ということで子役の原涼子ちゃんが小野さんあてのお手紙を読む・・・というセレモニー的なものがあったらしく、それに思わず涙した小野さんを見かけた『ハイキュー!!』の出演声優陣が、面白がってはやし立て良いムードを台無しにしちゃった・・・という出来事だったようです。
他にもお二人的には共演作である『神々の悪戯』などありましたが、いつものことながらあまり覚えていないとのこと。というわけでDGS的に今年の漢字は『忘』に決定ということになりました。( ´艸`)ムププ

Deargirl情報

●アニメロでは「おれパラ2014」神戸公演のセットリストを掲載中。セットリストの着うたフルを3曲ダウンロードすると、抽選で3名にサイン入りパンフレットが当たるキャンペーンを実施中。さらに出演アーティストの待受けも配信中。

シルフ談話室

『フォルティッシモ』が表紙&センターカラーを飾る、シルフ2月号は12月22日に発売。

第402話のお便りは『フォルティッシモ』の作者、ウダジョ先生から。

「わたしはカーテンをめったに開けないのですが、このあいだ猫が開けたカーテンの隙間から家の裏にコンビニが出来ているのを発見しました。それいらい毎日入りびたるようになり、3キロくらい太ってしまいました。お二人は人生において、見なければ良かったものってありますか?」

この時期に「見なければ良かった」といえば思い出すの・・・はサンタさんの正体。

ということで今年もやってきましたこの企画。
『クリスマスプレゼント企画 第8回 どーしても・ゲットしたい・ストーリー略してDGS!』
以下はそのリストですが、今年も愉快なラインナップがそろいました(笑)。

神谷浩史賞
「リュック」1名様
小野大輔賞
「マギのシンドバッドのフィギュア」「シカゴブルズの帽子」各1名様
諏訪勝賞
「DGS緋月のために勉強したロンドンの歴史の本」1名様
内田社長賞
「香港土産ンゴイセット(香港高級茶9種・香港のお菓子・香港キーホルダー・海外で劇場版2を観ないともらえない非売品DGS劇場版2の缶バッジの詰め合わせ)」1名様
八木橋賞
「女とゲームセンターに行った時のための練習で取ったグッズ」1名様
ディレクター横川賞
「コードがないのが快適すぎるのでJBLのBluetoothイヤフォン」1名様
お手伝い伊藤賞
「キーボード&マウス」1名様
ちゃんこ賞
「頼んだはいいが思ったよりも小さくて着ていないトラファルガー・ローの5LのTシャツと、もらったはいいが結局小さくて着れていない「もすT」のTシャツセット」1名様
エクステンドたむたむ賞
「プレイステーション2」1名様
アニメロミックス賞
「キャラホビ2014で掲載したB2ポスター」12名様
ドワンゴ竹内賞
「マジックグッズセット」1名様
シルフ賞
「Dear Girl〜Stories〜緋月コミックス第4巻 原作の諏訪勝先生、作画の氷堂れん先生のサイン入り」3名様
電撃Girls' Style賞
「ガルスタおじさんのコレ本命! 宇那コウイチさんのサイン色紙」2名様

みなさん、気合入れて応募しましょう!( v ̄▽ ̄) イエーイ♪

Dear Voice

「太刀一丁だけど・・・きみを守るよ」

あ〜〜〜こたつでモンハンやったときのカツオ人間が元ネタですかね(笑)。

エンディング

途中で流れた「DearGirlは眠らない(MOB ver.)」について、気づいた方はいらっしゃいますかね?と呟く神谷さん。原曲の方を何度も聞いてる人ならお分かりの通り・・・神谷さんと小野さんで歌パートが変わってましたね。素敵なアレンジになってたので私は結構なお気に入りです。《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ〜


第403話「今夜は男だらけのスウィーツパーティー!」

OPトーク

DGS2014年最後の放送となる第403話。
一年の締めくくりということで"今年の漢字は?"という先週の話題を蒸し返した神谷さん。先週の小野さんは原点の「原」だと仰っていたのですが、神谷さんは「乳ですか?それとも尻ですか?」と茶化してニヤニヤ。小野さんが「原」だと返すと発音の似てる「腹」に変換して楽しげに話しておられました。ちなみにこの放送日は台湾での劇場版2の上映日でした。収録前に上海で上映されたときの様子を見せてもらったらしいお二人は、会場が大盛況だったことや、なぜか劇中で喋った言葉をお客さんが真似して合唱のようになっていたことを不思議がっておられました。今年はフランスのイベントに出展したり映画が海外へ行ったりとワールドワイドな一年でしたが、来年もこの賑わいが続くといいですねw

ふつすと

今回のサブタイトルは・・・神谷さんが大量に買い込んできた杏仁豆腐やプリンなどのデザートや、小野さんが前の収録現場でもらったイチゴ大福などのスウィーツ類を収録前に食べていた、ということが元ネタだったようですw

「MOBのミニアルバム買いました。全国的に売り切れが続出するほど大人気でしたね。私も何件か梯子してようやく店頭に並んでいる最後の一個をゲットすることができました。ところで「DIRTY AGENT(MOB vre.)」の歌うパートですが、神谷さんのパートをオノDが歌って、小野さんのパートをヒロCが歌うアレンジがしてあるんですね。聞いたときビックリしたし嬉しかったです」

確かに全国的に売り切れ続出するほど大人気だったようですね。これは、どうせエアバンドなので売れないだろうと500〜600枚しか作らなかったのだろうかと苦笑するお二人。さすがにそんな自主制作的な枚数ではなくちゃんとした枚数は製作されたようですが、それでも各店舗で売り切れが出るほどの人気だったようです(※というか、ぶっちゃけ第400話でライブ開催の情報が出たために慌てて買いに走った人が続出したせいだと思うんですけどw)
お便りで指摘のあったパートの違いについては、どうやらヒロC・オノD共にフルコーラスで収録したものをディレクターサイドで原曲とは違うアレンジにしてもらった・・・という経緯だったようで、この会話で、なぜか喋るときにはガムを噛んでいるという"ヒロC"の設定と、レコーディング中はタピオカ入りのココナッツミルクを飲んでむせているという不可思議な"オノD"の設定が出来上がってました(笑)。毎度のことながらヒロC・オノDとは別人の体で喋るお二人が面白いですねw

Deargirl情報

●アニメロでは「おれパラ2014」神戸・東京公演のセットリストを掲載中。セットリストの着うたフルを3曲ダウンロードすると、抽選でサイン入りパンフレットが当たるキャンペーンを実施中。さらに出演アーティストの待受けも配信中。

シルフ談話室

1月29日発売のゲーム『デュラララ!! Relay』の記事も掲載中、シルフ2月号は好評発売中。

第403話のお便りは『オーダーは探偵に』の作者、三尾じゅん太先生から。

「外で出来る仕事があると喫茶店に行くのですが、注文してから出てくるまで食べることばかり考えてしまいます。さらに目に映るものすべて食べたくなってしまいます。この食い意地どうしたらいいでしょうか?」

先生方のお名前をいじるってのは毎度恒例ですが・・・三尾じゅん太先生を「じゅんぶと」って(笑)。小野さんが仰ってた通り台本的に確信犯ですけども、それに乗っかって繰り返す神谷さんも結構ひどいですww

食い意地をどうしたらいいですか?という先生の問いには答えないまま、今回はさらに食欲を増しちゃいそうな年末恒例の企画。文化放送地下一階の『鳥どり』さんから取り寄せた鶏しお鍋をつつきながら、今年一年を振り返るトークとなりました。収録前にスウィーツを食べてたお二人はお腹いっぱいだったようですが、「お腹いっぱいでも美味しいじゃないか」と言いつつ召し上がってらっしゃいましたね。

さて今年を振り返ると・・・番組的にはDGS劇場版2を公開した年でした。その中でやった占いが当たったかもしれないと話すお二人。小野さんは「ジョジョの奇妙な冒険」などに出演してましたし、神谷さんも一月の「ノラガミ」からスタートしお仕事的に充実していたようです。イベント関係でも神谷さんが出演した今年のキラフェスには小野さんが観にいってたようですが、入野自由さんの自由奔放な様子や映像と連動した神谷さんのパフォーマンスなどについて楽しげに語り、関係者席が横の位置にあってスクリーン等が斜めからしか見えなかったということで「今度は一般で行く!」と宣言したりしてました。

そしてイベントといえば業界的にも"印象に残るイベントNo,1"となったらしい『神々の悪戯』のイベント。MCである森川さんが率先してボケまくり、どちらかといえば皆をまとめるポジションに行きがちな神谷さんですら関係者から「あんなに楽しそうな神谷さん初めて見ました」と言わしめる伝説級の凄さだったようで、アヌビスという犬神の役だった梶さんなどは存在を完全に消されてた・・・とお二人とも爆笑されてました。

伝説といえばMOB。今年は映画から始まって、第400話をジャックし、メジャーデビューしてさらに来年にはツアー予定という・・・今後どんな伝説を作っていくのか気になるところ。ちなみにスタッフさんの近況としては、構成作家の諏訪さんがご結婚、ディレクターの横川さんに二人目のお子さんが産まれたなどおめでたいことが続いていたようです。そして来年は・・・1月に神谷さんついに40歳!さてどんな企画で始まるのやらw( ´艸`)ムププ

Dear Voice

「お前もバーボンと同じくらい酔わせてやるよ・・・俺が」

神谷さんというか・・・ヒロCのセリフですかね、これはw

エンディング

2014年を駆け抜けたDGS。直前のDearVoiceが、何故かタイトルコールのタイミングで鍋をかき込んだ小野さんの行動によりグチャグチャになった・・・という会話で締めくくられました。来年もこのゆるくて楽しい番組になるのでしょうねw


第404話「お正月はね・・・華なし会しよう!」

OPトーク

「あけましておめでとうございます」の挨拶で始まる第404話。
2015年最初のDGS・・・相変わらずお元気そうなお二人です。正月といえば寝てる絵しか思いつかないという小野さんに、餅が食べたくなるという神谷さん。お正月となると調子にのって1キロとか買っちゃうそうですが、あらゆる食べ方をしても意外と食べきれないものだと苦笑されていました。そして今年はどんな一年になるだろうという話に。今年は何といっても7月にMOBライブが控えてますし、神谷さんはこの1月28日でついに40歳を迎えるということで、きっとお誕生日企画が盛り上がることでしょう。今のところ諏訪さん的には弾込め前、ノープランとのことですが、神谷さんは「体を鍛えとこうかな〜って風に思います。何するか分からないので」と答えて小野さんの爆笑を誘っていました。

2015年書初め

今回はお正月ということで、今年の目標で書初めしようということになりました。

「ザ・ムービー3」
随分気が早いですが、でもまぁ・・・実現するといいですよねw
「健康」
神谷さん、今年も書きましたね。でも重要なことです。
「生」
DGSで生放送したいそうです。以前、深夜の神谷さんの番組で小野さんがゲストだったときにそれっぽくなりましたけど・・・この番組でやったらカオス必至ですよね(笑)。ご本人も「・・・10年後くらいでいっかな」と苦笑してました。
「10年後も継続」
10年後やるためには継続せねばってことで。
「無限の体力」
10年続けるために欲しいそうです。あったらいいな〜〜って私も思いますw
「今年もドクペジャンケン」
DGSの収録日になると文化放送の自販機からドクペが消える現象が今年も続くようです。
「Dear Girl Pepper」
これだけ話題にしてるので、そろそろコラボしてもいいかな〜っとは思いますけどw
「何かとコラボ」
目標がアバウトになりました(笑)。
「ディアガールショック」
神谷さんが何年か前から仰ってますが、それは私も普通に欲しいです。
「ディアガール醤油」
確かに略すとDGSですけど、それはどうですかね〜〜。
「ディアガールキティ」
確かにご当地キティちゃんて多いですけど。個人的にはご当地ヒロC&オノDが出て欲しいw
「厄除け」
諏訪さんは本厄。神谷さんは前厄に入るみたいですねw

今年もいろんな目標でましたが、果たしていくつが叶うでしょうね。(o^-^o) ウフッ

Deargirl情報

●アニメロでは「おれパラ2014」神戸・東京公演のセットリストを掲載中。セットリストの着うたフルを3曲ダウンロードすると、抽選でサイン入りパンフレットが当たるキャンペーンを実施中。

新春特別企画『DGSゲスかるた』

今回はお正月らしく「かるた」を行うことになりました。2015年の煩悩をすべて出し切って清らかに今年のDGSをやっていこう・・・ということで、お二人と番組スタッフの「欲望」を書いたかるたを使います。ちなみにそれが誰の欲望かは最後まで秘密。読み手は絵札の絵も描いたという八木橋くんです。

「冬は南の国で過ごして仕事は夏だけにしたい」
冬の機動力の下がり方と言ったら半端ない、と仰る神谷さん。もしかして・・・(笑)?
「ラインスタンプで一発当てたい」
どうやら去年の諏訪さんのLINEスタンプの小当たりを見て、誰かが思った模様。
「おしゃれしなくていいなら合コンに行ってみたい」
絵札の人物は髪ボサボサ・無精ひげのだらしない男らしいですが・・・誰のことでしょうね。
「毎回カレー(オーベルジーヌ)」
過去の発言からして小野さんぽい。打ち合わせ中に内田さんが「勘弁してください」と呟いてたそうですが。
「神谷さんの女のマネージャーさんとディズニーランドに行きたい」
美人過ぎると評判な飯塚さんのことらしいですが、書いたのは八木橋くんかな?w
「パズドラの会社の株買っときゃよかった」
なんか・・・その発想は社長さんぽい。内田さんかな〜。
「モデルと合コンしたい」
絵札のモデルさんはシャネルの服を着てるイメージらしいです。
「DGS THE MOVIE3 裸のパンを食うちゃんこ」
元ネタは米映画の「裸の銃を持つ男」らしいですが、この発想はどう考えても小野さんぽいw
「他人の金で生きていたい」
なんか神谷さんっぽいけど、ご本人曰く「他人の金で食う飯はそんな美味くない」だそうで。
「コスプレさせて抱きたい」
発想的に八木橋くんぽいな〜。神谷さんは「思ったほどそういう趣味ない」そうですが。
「目指せ一声一兆円」
神谷さんはもう近いのでは?と小野さんがからかうように仰ってましたが、まぁ一兆円は大げさにしても、お二人の声はファンにとっての価値は千金・・・いや万金ですよね!

意外に面白いねと口をそろえたお二人。神谷さんが書いたのは3つ、小野さんが書いたのは2つ採用されたようです。お二人のは何となく分かる気がしますが、個人的にはお二人以外に誰が書いたのかが気になりますw

Dear Voice

「ガッデム!んーガッデム!」

説明の途中で噛んでも普通には言い直さない小野さんに、苦笑しながら突っ込む神谷さん。ご本人はクリス・ペプラーさん風のDJ口調を意識したようですが、う〜んその真似もちょっと微妙(笑)?

エンディング

クリス・ペプラーさんの口真似をする小野さん・・・略してオノ・ペプラーさん。とちった瞬間にそれを始めたのは何故かと神谷さんが訊くと、小野さんは「ごまかすため」とぼそぼそ。恥ずかしいのをごまかすためか小野さんがDJ風に曲紹介(もちろん嘘)をするたびに、わざとエンディング曲の音量を下げるノリのいい横川ディレクターさんが最高ですw


第405話「飲み物多っ」

OPトーク

DGSに久しぶりの新コーナーが誕生する・・・そんな話題で始まる第405話。
いままで「シルフ談話室」「ガルスタ談話室」という名前だったコーナーが、新たに『DearGirl談話室』になるとのこと。ふつすとと何が違うかといえば、横川ディレクターさんが思う限りの良い音楽と共に、小野さんがゆっくり読むとのこと(笑)。ようするに今までは作家さん等のお便りが切っ掛けで行われていた談話室の企画がリスナー主導のものになる・・・ということらしいです。果たしてDearGirlからのお便りでどんな企画・騒動が巻き起こされるのか・・・楽しみですね!

ふつすと

「MOBのAOAがカラオケで配信されてるときいて、このあいだ歌ってきました。歌手名検索で"マゾ"と入力しただけで候補ヒット1と表示されるのが面白おかしかったです。「Masochistic Over Beat」の配信も待っております」

Ace of Asiaが配信されているときいて思わず「へ〜〜」と呟いた神谷さん。お二人とも収録までの待ち時間に台本チェックなどで入る以外はほとんどカラオケに行かないそうですが、カラオケに入ってるとなればちょっと興味があるとのこと。かつて番組内でもカラオケ回というのがありましたが、その際に雑に一発録りした「目を閉じておいでよ」や「RUNNING SHOT」をその回のOP/EDにするなど、むしろよくその企画が通った・・・というほど可笑しな企画ではありました(笑)。呆れたように苦笑いした神谷さんも話しているうちにちょっと乗り気になったようで、「Ace of Asiaを我々がカバーしようか」などと聞いてるリスナーが思わずニヤリとする発言を連発。「Dangerous Groove Six」ならどのパートを歌う?という話では小野さんが「3Mのパートを」と答えて「それは内田さんに歌わせろ」と神谷さんに突っ込まれていました。神谷さん的に悔いの残る出来だったらしい「FLYING IN THE SKY」や「一千万年銀河」、一昨年の神谷浩史聖誕祭で歌っていた「Dang Dang 気になる」など、番組内で縁のある曲をもう一度歌いなおすカラオケ回・・・いつか実現するといいですねw

Deargirl情報

●お二人も出演中のTVアニメ『デュラララ!!×2承』のエンディングテーマ、THREE LIGHTS DOWN KINGSの歌う「NEVER SAY NEVER」の着うた先行配信がスタート。

諏訪勝 談話室

いままさに神谷浩史聖誕祭の内容について悩んでいる構成作家本人からのお便りを紹介するコーナー。簡単にいうと『DearGirl談話室』に移行するまでの穴埋めだそうですw

第405話のお便りは『DearGirl〜Stories〜』の原作者、諏訪勝先生から。

「いよいよ聖誕祭が近づいてきましたが、正直40歳の神谷さんに何をしてあげたら喜んでもらえるのか、節目の年を迎える神谷さんをどうおもてなしすればいいのか、なかなか結論が出せないでいます。そこで神谷さんがいま欲しいもの、なりたい自分をこっそり聞き出してはもらえないでしょうか?」

というわけで、神谷さんに心理テストとして色んな質問に答えてもらいます。

Q.次のうち好きな繰り返し言葉は何?
@「ハラハラ」 A「モテモテ」 B「ヌルヌル」
神谷さんの答えは「ハラハラ」。すでにモテモテだし、ヌルヌルは嫌・・・だからだそうでw
Q.憧れの男性のタイプは誰?
@「チャールズ・ブロンソン」 A「藤原啓治」 B「浪川大輔」
即答で「チャールズ・ブロンソン」でした。口ひげを生やしたおっさん姿の神谷さん・・・まったく想像つきません。
Q.過去の聖誕祭で嬉しかったことは何?
@「ハマーンちゃんとデートしたこと」 A「沖縄に行けたこと」 B「部屋をメイド喫茶にされたこと」
沖縄かと思いきや、神谷さんの答えはハマーンちゃんとのデートでした。理由は・・・寒いから(笑)。
Q.いま欲しいものは何?
@「ロレックス」 A「妖怪ウォッチ」 B「ラブソング」
選んだのは「妖怪ウォッチ」でした。え・・・時計が欲しいの?と思ったら「妖怪ウォッチのレギュラー」という何とも現実的なお答え。自縛霊ジバニャン、浮遊霊フユニャンに続いて、背後霊のハイゴニャンは果たして登場するのか(笑)!?
Q.されたらイラッとすることは何?
@「とくにない」 A「そんなにイラッとはしない」 B「基本何でもオッケー」
方向性が全部同じですが、神谷さんとしてはもはや何をされてもそんなにイラッとしないそうで。
Q.一度着てみたい服は何?
@「全身タイツ」 A「全身革のタイツ」 B「タイツ一丁」
2番はタイツじゃないのでは?と神谷さんは突っ込んでましたが、想像するのは「峰不二子」が身に着けてるライダースーツみたいなのだそうです(最近のアニメでいうならデュラララ!!のセルティが着てるやつかなw)。
Q.40歳のイメージは?
@「ダンディ」 A「セクシー」 B「たいてむ」
最後がなぜか大典さん。それに突っ込みつつ神谷さんが選んだのはやっぱり「ダンディ」でした。

これを参考に企画される神谷浩史聖誕祭2015・・・ぶっちゃけ悪い予感しかしませんww

Dear Voice

「きみといて何が楽しかったのか、まっったく覚えてないけど・・・今年も一緒に楽しく過ごそうね」

面と向かってこれ言われたら結構ショックでしょうね〜〜(笑)。

エンディング

そういえばそんな(聖誕祭の)時期なんですねと他人事のように呟く神谷さん。40歳になって急にブロンソンさんみたいになったら怖いと突っ込まれ、調子に乗って「苦みばしって、ひげも生えちゃうから。常にテンガロンハット。裸にベストくらいな感じ」と言葉を重ねていたら、それはスタン・ハンセンだと返され、思わず大爆笑していました。


DGS各話バックナンバー

こちらは、当サイトが応援する「神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜」に登場する用語や、DearVoice、各話(放送回)のバックナンバーをご紹介するコーナーです。


inserted by FC2 system