DGS番組各話紹介

こちらでは、DGSのこれまでの各ストーリーをご紹介!
(放送を聞いて書き留めた記録です。談話室やリスナーからのお便りなどは要約した内容になっています)

第356話「シンジラレナーイ」

OPトーク

2月15日から公開となる劇場版の追加情報で始まる第356話。
なんと舞台挨拶が決定したそうです。日次は2月22日(土)、場所はユナイテッドシネマ豊洲だそうで、公開の一週間後ということなので大ヒット御礼の舞台挨拶になる予定だと笑うお二人。登壇するのはもちろん主役のお二人と、監督こと内田社長、脚本家こと構成作家の諏訪さんで、ようするにいつものメンツということですね。舞台挨拶の回は専用のチケットが必要とのことで、詳細は『DearGirl〜Stories〜THE MOVIE2 ACE OF ASIA』公式サイトをチェックしてください。
今回の劇場版は前に比べて映画感があると呟く神谷さん。第一作目はそもそも映画というつもりで撮ってなかったのでいつの間にか終わった感じだったそうですが、今回は劇場版ポスターもちゃんと作ってあり、むしろ文化放送各階のエレベーターホール等にベタベタ張ってあるせいで他の現場で質問されるお二人は気まずい気分を味わっているのだそうです(笑)。

ふつすと

そしてさらにもうひとつ劇場版についての情報が公開されました。
今回の劇場版の舞台は香港・・・・・・ということで、なんと"ジャッキー・チェンの吹き替え"でお馴染みの石丸博也さんが今回の劇場版のどこかで声の出演をされているそうです。どうやら発端は「香港といえばジャッキー」という神谷さんの発言からだったようで、どこにどんな風に参加されているかは映画をみてのお楽しみだそうですが、お二人曰く、石丸さんが参加されたことで作品としての格が上がったとのこと。ちなみにラジオ収録の直前に初号試写(※公開前に関係者に対して行われる試写会のこと)をご覧になったというお二人は、とても綺麗で整った試写室に似つかわしいスーツを着たお偉いさんが大勢いる中、流される作品がこれでいいのか?と不安になりつつも、出演者ながらゲラゲラワッハッハで大変面白く見たのだそうです。

そして今回は昨年末に募集された『クリスマスプレゼント企画 第7回』の当選者発表が行われました。

神谷浩史賞「香港セット(ジャッキーチェンの本+劇中で神谷さんが装着していたサングラス)」、応募の理由は・・・。

「私の住む地域はいまだに無人駅なので自動改札機を通るのが怖いです。ですが劇場版DGSを観るためにはお洒落タウン福岡に行くしかありません。いまの私では福岡までいく自信がありません。しかしアジアからハリウッドに進出していったジャッキーの本を読めば私も強くなれるはずです。サングラスがあれば田舎者だと悟られず堂々と改札を通れるはずです。この二つで私にDGS THE MOVIE2を見せてください。お願いします!」

小野大輔賞「細谷佳正さんも買っていたカバン+鳥海浩輔さんと被ってしまった帽子」、応募の理由は・・・。

「忘年会で上司がバッグから出てくるエスパー伊東さんの物真似をしました。私のバッグを貸していたのですが、サイズが小さすぎて脱出できず気まずい空気になってしまいました。そのため新年早々、上司からの冷たい風当たりにあいすごくツライです。小野さんのそのバッグなら上司でもらくらく入りきるでしょう。辞職も何度も考えました。どうか力をお貸しください。(中略?)バッグを帽子に詰めて居酒屋まで運べば、同僚にバレることなくネタが披露できます」

諏訪勝賞「ふなっしーのDVD「ふなのみくす」諏訪さんのサイン入り」、応募の理由は・・・。

「私は猫背でとても姿勢が悪いので、そのDVDを背中に入れて矯正したいからです。私の老後のためにぜひよろしくお願いします」

この他にも、内P賞「エヴァンゲリオンチョップスティック初号機」や、八木橋賞「5.1chサラウンドヘッドセット」、ディレクター横川賞「地味色のレギンス」、お手伝い伊藤賞「ミニ扇風機」、エクステンドたむたむ賞「Wii」、ドワンゴモバイル賞「PlayStation2」、ドワンゴ・ユーザーエンタテインメント賞「マジックグッズ 2セット」、シルフ賞「ジュリのモフモフぬいぐるみ+DT専用あぶらとり紙」、電撃Girls' Style賞「電撃Girls' Styleのアニメイト購入者特典ポストカードセット」などがありますが、どうやら時間の都合によりオンエアではカットになったようですw

Deargirl情報

●アニメロでは神谷さんの4thシングル「START AGAIN」を好評配信中。ダウンロードした方には特製待受けをプレゼント。さらに新曲3曲をダウンロードすると抽選でサイン入りポスターが当たるキャンペーンも実施中。
●DGS劇場版第二弾テーマ曲『Ace of Asia』が、CDとPVを収録したDVDの2枚組みで各劇場にて販売されることが決定。なんとMOBがインディーズCDデビューです(笑)!

ガルスタ談話室

いちばん♥ときめく!乙女ゲーム情報誌『電撃Girl's Style』。2014年3月号は2月10日発売予定。

第356話のお便りは『電撃Girl's Style』の編集部から。

「そろそろ節分の日ですね。もうすぐ月刊化2周年を迎えるガルスタ編集部も、ぜひこの機会に福を呼び込みたいと思っています。善い方角に向かって食べると福がくるという恵方巻きですが、名前だけだと何が巻かれているか分かりません。何を巻いてもいいんでしょうか?美味しい恵方巻きのレシピを教えてください」

節分といえば恵方巻きですが、中でもその年ごとに縁起が良いとされる方角に向けて食べるという"恵方巻き"が全国的に人気になっている(※じつは"恵方巻き"自体はセブン-イレブンが付けた商品名だそうですがw)みたいですね。ちなみに今年は東北東が「恵方」で、七福神にちなんで七種類の具材が巻き込まれているのが基本形である模様。好きなもの何を入れてもいいそうですが、小野さんの呟いた「ルマンド」はたぶん酢飯に合わないかなと思いますw

番組でも福を呼び込むために恵方巻きを食べようということになったのですが、恵方巻きは無言で食べるのが作法だそうで、それではラジオ的に問題がある・・・・・・ということで、お二人が食べている間は内田社長さんがエクステンドの「2014年の初心表明」を語ってくれることになりました。お二人は食べながらそれにリアクションをしていきます。

そして内田さんが語ったことといえば、「2013年を振り返ってみると祭りに始まって祭りに終わった1年だった。そんな中忘れてはいけないのが在庫のこと。去年一番在庫が多かったのは三郷のときに作ったDGS帽子。死ぬほど残っている。原因はステージにガルスタおじさんが登場するということで彼の人気を過大評価しすぎ、イベント終了後の通販でものすごく売れるのではと沢山作りすぎてしまったこと。そのため、2月15日に公開される劇場版はぜひヒットしてほしい。でないとエクステンドが倒産する。そんな倒産が掛かっている劇場版だが、グッズも頑張って売って行こうかと思っている。中でもメインとなる商品が、MOBがもしツアーをやったら売っていそうなグッズ。Tシャツ・タオル・パーカー・ピックなど販売する予定。エクステンドも5月で3年目を迎えるということで、社員募集をしようと思っている」といった内容でした。

エクステンドとこの番組、本気で大丈夫なんですかね?( ̄▽ ̄;)アハハ…

Dear Voice

「バレンタインは俺ん家泊まれよ。で、次の日は映画行こうぜ、「ACE OF ASIA」の!」

まぁ劇場版の公開はバレンタインの翌日ってことで・・・まぁ巧いVoiceなんですかね?

エンディング

恵方巻きを食べながら聞いていた内田さんの初心表明について振り返るお二人。引っかかったのはやっぱり帽子の在庫。商品の出来としては良かったので、売れなかったのは内田さんや小野さんという頭の大きい人に合わせて作ってしまった(と思われた)ことではないかと苦笑してました。まぁ、たぶん原因は単純に作りすぎだと思いますけどねw


第357話「黒執事、ポールマッカートニー、ACE OF ASIA」

OPトーク

今週も15日公開の劇場版情報から始まる第357話。
2月22日(土)にユナイテッドシネマ豊洲で行われる舞台挨拶のチケット情報でした(詳細は『DearGirl〜Stories〜THE MOVIE2 ACE OF ASIA』公式サイトをチェック)。さらに劇場で販売される予定のMOBのインディーズデビューCD(笑)についても語られました。武道館デビュー、香港でPV撮影、劇場でCDデビューと何かがいろいろ間違ってるような気がするエアバンドですが、なんとその劇場版の超特大パノラマポスターが都内某駅の壁に貼り出されることが決まったそうです。そのデザインイメージを見た神谷さんは思わず「や〜め〜よ〜う〜よ〜これは〜〜!」と絶叫。神谷さんは普通サイズのポスターを何枚か並べて貼る状態を想像してたそうですが、今回出現するのは、よく駅の構内とかで見かける巨大なパノラマのほう。そのサイズに拡大された自分の顔を想像し、このサイズで全身にしたら何メートル級の巨人だと複雑そうな口調で仰っていました。お近くにお住まいの方はぜひパノラマの前で記念写真とか撮られるといいんじゃないですかねw

ふつすと

公開も近いということで、今回は劇場版の話題に終始しました。
まずは、先週お二人が恵方巻きを食べている間に内田さんが発表していたグッズに関する話題。詳細は公式サイトで紹介されているためそれを参照しながらお聞きくださいとのことでしたが、ここで小野さんが入手したという情報が紹介されました。グッズについていろいろ悩んでいた内田さんのツイッターがとんでもないことになっていたようです。

  • 「【エクステンド式 数の数え方】1の次は5、5の次は10、10の次は20、20の次は30・・・。これって何進法って言うんですかね?」
  • 「なるほど、これが在庫進数だったのかー。」
  • 「在庫の原因は、これかー。気がつくのに7年かかりました。」
  • 「今回は、劇場版2グッズの内容は、神谷さん、諏訪さんにも相談しましたよ!(もちろん、小野くんにも)(+・`ー'・)ドヤ」
  • 「・・・したはず・・・。したような気がする。・・・したかな???いや、してると思います。 ・・・?」
  • 「・・・したっけ? 」
  • 「ソイヤ!」
  • 「ふぇせそふぇんそん♪ふぇせそふぇんそん♪〜( ̄ε ̄;) 」

※あくまでも内田さんのツイッターそのままを参照したものですw

いちおうグッズの打ち合わせは行われたそうですが、あらかじめロゴはfix(決定)という状態でどうしましょう?なので「デザインしようが無いじゃん」と神谷さんと諏訪さんが一方的に内田さんを責める会話になっていたようで。どうやら遠巻きに見ていたらしい小野さんは、あんなに怒られている大人は久しぶりに見た・・・と神妙な口調で仰っていました。

ちなみに公式サイトの情報によれば、グッズは他にもビジュアルガイドブック・クリアファイル・B2ポスター・MOBの「Ace of Asia」CD+DVD・ピック型チャーム&缶バッジセットなどいろいろあります。グッズそれぞれの色校を見たお二人は、詳細は言えないと語りつつも「良い出来」だと絶賛されていました。公開はいよいよ来週・・・楽しみですねw

そしてここでお知らせがありました。DearBoy祭で販売されたリストバンドの収益金や募金など総額¥1,873,308を、東日本大震災義援金として中央共同募金会に寄付したとのことです。震災から数年経ったいまでも皆さんの善意が続いてるってことは・・・ホントいいことですよね。(o´ω`o)ぅふふ

Deargirl情報

●アニメロではラジオ放送後の25時半から『DearGirl〜Stories〜THE MOVIE2 ACE OF ASIA』のテーマソング「Ace of Asia」の着うた先行配信がスタート。また、劇場版を記念したキービジュアルの無料待受けも配信中。

ガルスタ談話室

いちばん♥ときめく!乙女ゲーム情報誌『電撃Girl's Style』。2014年3月号は2月10日発売。

第357話のお便りは『電撃Girl's Style』の編集部から。

「もうすぐバレンタインですね。電撃Girl's Styleは恋にときめく乙女たちを応援する雑誌です。そこでガルスタ談話室でも好きな人にチョコを渡したい女の子たちの背中を押してあげることが出来ればと思います。ぜひ、これを言われたら男子はイチコロとなるような素敵な告白のセリフを考えていただけないでしょうか?」

さっそく男子がイチコロとなるセリフを考えてみたお二人でしたが・・・エロいことか、ドエロイことしか思い浮かばない(笑)。じゃあいままで配信したDearVoiceをバレンタイン用にアレンジしようということになりました。

【放送で使われた過去のDearVoice:神谷さんVer】

  • 「おい!俗物の窓が開いてるぞ!!」
  • 「もー。そんな事言ってると激シコ、シュシュシュ丸だぞ!シュシュシュ!!」
  • 「え?俺が毎日のってるもの?・・・女!」
  • 「大丈夫、痛くしないから」
  • 「そうです。わたすがガルスタおじさんです。これくるね!本命!!」
  • 「メガネ・・・エッローーーイ!!」
  • 「にゃんこ、こにゃんこ、かみにゃんこ、うにゃ〜ん」

【放送で使われた過去のDearVoice:小野さんVer】

  • 「僕だけの新高梨送りマシーンになってくれ」
  • 「全っ然足んねえ・・・もっと俺を罵倒しろよ!!」
  • 「トゥルン スポーーン シュタ!ボンジュール」
  • 「俺の大剣・・・抜いちゃうぞ!ハァァァァ!!」
  • 「え、じゃあ一番好きなものは何かって?お前も食べる?俺のおいなりさん」
  • 「お嬢様、電話ですよ。あぁ、いえ・・・わたくしは、あくまで全裸ですから」
  • 「今何時かな?サンバ!」

これらのセリフがどんなアレンジをされたのか、あえて表現するの止めました。
実際がどうだったかは携帯サイトのバックナンバーをお確かめください(たぶん貴女の想像通りですw)。

Dear Voice

「君で40人目?ちょっと待ってね、ギンギンマックス飲むから」

談話室からの流れのせいで、何が40人目なのか・・・深く考えちゃいけないんでしょうね(笑)。

エンディング

来週の2月15日はいよいよ劇場版が公開。果たしてお客さんが来てくれるのかと話すお二人。初号試写をみた感じではいい仕上がりになっていると思うのでぜひ劇場で確かめてみてくださいと語っておられました。


第358話「トラ、ハチ、ヒョウ」

OPトーク

劇場版ラジオ『DearGirl〜Stories〜THE MOVIE2 ACE OF ASIA』が無事公開!そんな話題で始まる第358話。
これまでぼんやりとしか内容に触れていなかったため、とあるシーンでは相当ビックリしたのではないかと話すお二人。まだ観ていない人も多いので詳しくは触れられないとしつつ、その代わりのネタバレ情報というのが発表されました。ジャッキーの吹き替えでお馴染みの石丸さんが声で参加しているというのは以前も伝えられていましたが、なんと石丸さん以外にも5人の声優さんが吹き替え参加されているとのこと。5人という数字で誰なのかはなんとなく予想が付くような気もしないではないですが、詳しくは劇場でご確認を・・・とのこと。そしてさらに神谷さんが「・・・あんま言いたくないんだけど」と言葉をにごすちょっと衝撃的な情報が。なんとラジオを収録している文化放送ビルの正面の壁にDGS劇場版2の巨大看板が登場する予定とのこと。ビル4階分に相当するほどの縦長の巨大看板だそうで、しかもキービジュアルと同じ写真が使われているため、写っている6人のうち4人が素人!そのうちの1人は文化放送の社員(エクステンド社長)!という・・・いろいろな意味で複雑な事情を孕んだパネルですww もはやDGSはどこへ行くのかって感じですね(笑)。

ふつすと

今回は、以前に募集された「劇場版2の内容予想」について届いたお便りが紹介されました。

「映画の内容を予想してみました"仲良く香港に降り立ったDGSの一行だったが、突如心を失った小野さんが香港の夜景に姿を消すという予想だにしないハプニングが発生。それをACE OF ASIAことアジアNo,1声優である神谷さんが香港中を駆け回って探し出し、アクションを経て小野さんに本当の自分を取り戻させる、心温まる壮大なストーリー"そしてちゃんこちゃんの"うまい香港グルメ旅"と二本同時上映。これで決まりです」

小野さんが何かを失うとなると"心"ってのが共通認識なんですかね(笑)。単語レベルではあってなくもないと苦笑いしてましたが・・・確かにこんな壮大なストーリーを2日のロケでは撮影不可能でしょうww

「ACE OF ASIA考察。小野さんがパスポート・財布を忘れる。MOBのPV撮影時に3Mが失踪。3Mは香港のマフィアに連れて行かれたことが判明。敵のアジトをつかみ、カンフーを習い助けに行こうとするオノDとヒロC。ちゃんこ、マフィア相手に大活躍」

あ〜〜〜〜〜〜ほぉ〜〜〜〜〜〜〜なるほどなるほど、とお二人&諏訪さん揃って意味深な反応。どうやらこの方の予想が当たらずも遠からずといった感じなんですかねw

「映画の内容予想についてですが、"ハーレーに跨ったMOB軍団が、ジャッキーの家の前でストリートライブを行い、ジャッキーが家から出てきてまさかの共演"ではないでしょうか?パンフレットお待ちしております」

ここまで当たっている部分だけを拾っていくと「心を失った小野さんと神谷さんが、ハーレーに跨ってジャッキーの家の前にいき、演奏をしてジャッキーに殴られる」・・・そういう映画です!と仰ってましたが、まぁたぶん違いますよねwww

    

Deargirl情報

●アニメロではラジオ放送後の25時半から『DearGirl〜Stories〜THE MOVIE2 ACE OF ASIA』のテーマソング「Ace of Asia」の着うたフルが配信スタート。また、劇場版を記念したキービジュアルの無料待受けも配信中。

ガルスタ談話室

いちばん♥ときめく!乙女ゲーム情報誌『電撃Girl's Style』。2014年3月号は好評発売中。

第358話のお便りは『電撃Girl's Style』の編集部から。

「先日の放送で内田プロデューサーが「ガルスタおじさんの帽子が在庫王だ」と衝撃の告白をしておりましたが、ガルスタのゆるキャラグッズが売れていないのは、本誌としてもマズイのではないかと少し危機感を抱いています。帽子を宣伝する素敵な方法はないでしょうか」

そもそも、ガルスタおじさんを認めちゃっていること自体が問題だと笑うお二人。DGSキャップそのものは今までで一番と言ってもいいくらい出来は良いので、その原因は何かと追究した先、通販サイト超A&Gショップの商品説明に問題があると言い出しました。まず、お便りにもあったDGSキャップについて、サイトの商品説明はこうでした。

「ガルスタのゆるキャラ「ガルスタおじさん」も激愛用中。
DGSのエンブレム型ワッペンをフロントにデザインしたベースボールキャップ」

100円ショップの臭いしかしないガルスタおじさんの名前を出しちゃダメだ!ということで、何だかんだ話した結果、以下のような商品説明に落ちついたようです。

『Dear Boy祭 DGSキャップ』
「ガルスタのゆるキャラ「ガルスタおじさん」には高嶺の花!DGSの高級エンブレム型ワッペンをフロントにデザインした高級ベースボールキャップ」

これ以外にも売れ残っているという商品それぞれの説明が以下のように変更されました。

『小野大輔プロデュース ONO-D WILD ボクサーパンツ』
「今回は、モテアイテムをプロデュース!小野大輔プロデュースのモテアイテムは、男女ともにはけるカッコいいボクサーパンツ。バック部分に小野大輔のイニシャルのOが入った豪華ラグジュアリー仕様。絶妙にDGSの文字が潜んでいます」

『Dear Boy祭 オフィシャルパンフレット』
「神谷浩史&小野大輔の撮りおろしグラビアをたっぷり掲載!今回はDear Boy祭(男祭?)ということで、グラビアのテーマは「男の魂(SPIRIT)」(戦国?) 「男の荒々しさ(WILD)」(ブロンソン?)「男の艶(SEXY)」(透け乳首?)の3つです。ロングインタビューも掲載!Dear Boy祭を楽しむための高級マストアイテムです」

『Dear Boy祭 Tシャツ』
「Dear Boy祭を記念した高級イベントロゴTシャツ。高級イベントイメージカラーの高級ブラックと高級ブルーの2色展開」

・・・・・・・・商品説明ってこんなで良かったんでしたっけ?JAROに訴えられたりしませんかね(笑)!?

Dear Voice

「僕と契約して、ギンギンマックスになってよ!」

ちなみに神谷さんはドリンクを飲まなくても・・・ギンギンだそうで。何が?はご想像にお任せしますw

エンディング

ふつすとで紹介された劇場版予想のお便りですが、とても近かったお1人の方が当選ということでサイン入りパンフレットが送られることになったそうです。果たして実際にはどんな内容だったのか皆さん劇場に確かめにいってください。そして来週は舞台挨拶があるということで・・・公開後のお二人はどんな様子で登壇されるのか・・・見物ですねw( ´艸`)ムププ


第359話「60秒から90秒でコメントしな」

OPトーク

今日とか昨日とかの日付で舞台挨拶が行われた・・・そんな話題で始まる第359話。
大ヒット御礼の舞台挨拶になっていればいいがと語るお二人は、ラジオ収録のこの時点ではまだ時空の狭間。公開初日である15日も迎えてない状態だったため不安だと語る一方で、駅通路などに貼られた例のポスターの話になりました。どうやら神谷さんは貼り出された当日と思われる日にそこを通りかかって複雑な気分を味わっていたようですが、声優業界からも反響は来ていたらしく、小野さんの元には女性声優の生天目さんから「元気そうでなにより」というメールも来ていたそうです(笑)。そして前回のオープニングで話題になった吹き替えで参加した5人の声優さんが発表されました。杉田智和さん・中村悠一さん・安元洋貴さん・代永翼さん・・・までは予想してましたが、5人目がなんと梶裕貴さん!確かにこのところちょくちょく話題にされてましたが、ついに番組に直接関わるファミリーに仲間入りしてしまったようですねw 彼ら声優陣がいったいどの場面で参加されたのか、そして最後に流れたアレとは何ぞや?・・・ぜひ劇場に足を運んでくださいとのことです。d(*⌒▽⌒*)b

ふつすと

今回も当然、話題は劇場版の話に終始してました。

「池袋駅と新宿駅に貼られた映画ポスター、さっそく見てきました。内田社長のツイートを見てすぐ駅に向かったのですが、すでに沢山の女の子たちがポスターを見ていて、さすがDGSだなと思いました。大好きなお二人が大きくカッコよく写っていて、とっても素敵でした。ポスターをスマホで写真に撮っていたときに、たまたまそばを通りかかった女性二人が「わぁヒロCとオノDのポスターだ」「すごいこれ何のヤツ?」「えっと確かDearBoy〜Stories〜だよ」と話していて思わず笑ってしまいました。正しくはないけど間違ってはない、だけど違う、だけど惜しい・・・という気持ちでいっぱいでした。DearなGirlにも、DearなBoyにも愛されるDGS。これからも応援しております」

貼りだしのおそらく初日に通りかかったという神谷さんは、DGSのポスターは(一般の人たちには)どスルーされていて誰も撮ってなかったと話し「どこの平行次元の話だ」とちょっと不機嫌そうにポツリ。そもそも劇場版のあのポスターでは映画の内容が何も伝わってこない、番組を知らない人に対してのフォローが何もないのだとお二人とも苦笑されていました。

そして話題は劇場で販売されているMOBの『Ace of Asia』についての話になりました。かなり立派な装丁で作られたCDで「注目のエアバンド。インディーズデビューシングル。まさかの大型タイアップ」などと、間違ってはいないが誇大広告ぎみな帯のアオリ文に思わず笑うお二人。まだ明らかにされていないCDやMOBについての仕掛け、そもそも劇場版はどうして作られたのかといった裏事情はおいおい番組内で語られることになるそうです。

Deargirl情報

●アニメロでは『DearGirl〜Stories〜THE MOVIE2 ACE OF ASIA』のテーマソング「Ace of Asia」の着うた・着うたフルが好評配信中。また、劇場版を記念したキービジュアルの待受けも無料配信中。

シルフ談話室

「ふつつかな父娘ではありますが」が表紙を飾るシルフ5月号は現在好評発売中。

第359話のお便りは『ふつつかな父娘ではありますが』の作者、長神(ちょうじん)先生から。

「神谷さん、小野さんは大変モテるのかと思いますが、モテる男性はホワイトデーにどんなお返しをするのでしょうか?教えてください」

長神先生はどうやら「悪魔超人ミスターカーメン」らしいです。ちゃんと答えないと包帯でミイラにされちゃいます。キン肉マンを見てた世代にしかまったく伝わらないネタですけど・・・・・・これでいいんですかね(笑)?

乙女向け番組なのに一年でもっとも乙女らしいイベント「バレンタインデー」を完全スルーしてました。が、お二人ほどのモテ男はホワイトデーまで待たせない!いますぐお返しするということで、今回はこの番組の本来の姿であるところの甘い番組に立ち返って、こんな企画がお届けされました。題して『神谷ペイン・小野スウィーツのDearGirl〜Sweets Pain〜』・・・・タイトルからして悪い予感しかしませんw

内容はといえば、小野スウィーツが大好きな人に囁こうとしてお口の中が甘くなってしまったり、神谷ペインがリスナーのことを考えすぎて恋の発作マグナを起こしたりしながら語られる番組らしいですが(笑)、そんなDGSPの一番人気のコーナー「クイズ フェイスパック!」では、お二人が実際にフェイスパックを顔に貼り付けてその浸透圧でブランド名を当てるという企画が行われていました。小野さんが貼ったのはマックスファクター、神谷さんが貼ったのはSK-Uらしいですが、それらやり取りの面白さを文章で表現するのは難しいですね。ぜひ携帯サイトのバックナンバー等で実際の放送をお確かめくださいw

Dear Voice

「その平均台落ちないで渡れたら・・・ご褒美やるよ」

これをフェイスパックしたまま言ってると想像するとメッチャ笑えますねw

エンディング

SK-Uのフェイスパックは高くて勿体無いので、もちろんエンディングもパックをしたままお届け。注意書きには「ラジオやる方は付けないでください」とは書いてませんが、とりあえずラジオには不向きのようですw


第360話「改めましてこんばんは、パリパリ豚野郎です」

OPトーク

劇場版のグッズが遅れて販売開始・・・そんな話題で始まる第360話。
劇場版ラジオこと『DearGirl〜Stories〜THE MOVIE2 ACE OF ASIA』の劇場で販売されているグッズのうち、『ピック型チャーム&缶バッジセット』だけが遅れて販売になったそうですが、これは劇場にもう一度足を運んでもらう切っ掛けにしようという内田社長の戦略・・・ではなく単に凝りすぎて遅れただけだそうです(笑)。そして完成品にはお二人も知らなかった追加の仕様として、裏面が2014年カレンダーになったのだとか。台紙はチャームを飾っておけるデザインになっているようですが、裏返したらチャームが見えないでしょ?というのは言われて初めて気付いたらしい事実wともあれ、そんなちょっぴりお得感を増したピック型チャームは一部劇場で販売中とのことです。( ´艸`)ムププ

ふつすと

「小野さん「アドリブ舞台・夜の部」観にいってきました。やっぱり生で観る舞台は最高でした。舞台後のトークで鈴村さんが神回だと仰っていましたが、まさにそうだと思います。私は生まれも育ちも関西なのでついついオチを求めてしまうのですが、あえてオチが無くてもあんなに笑えて楽しいんですね。勉強になりました、ありがとうございます」

1月中旬ごろに行われた鈴村さん主催の『鈴村健一の超・超人タイツジャイアント〜アドリブ(AD-LIVE)2014〜』。とある洋館にたまたま事故を起こしてたどり着いた二人の人物を、岩田光男さんと小野さんが即興で演じあうもので、昼の部では小野さんが半袖短パンで機械的に喋るサッカー審判で岩田さんがサラリーマン、夜の部では小野さんは顔をドーランで黒く塗った往年のラッツ&スターを思い出させるような姿のロシアの殺し屋(笑)で、岩田さんがオネエのファッションデザイナーという設定だったようです。昼の部ではなんと神谷さんも観覧にいっていたそうで、お二人の間で熱いトークが続きました。
お二人の会話によれば小野さんは格好からして出オチ気味。たとえば電話が鳴るタイミングなど要所要所では固定されている段取りがあり、そこに向けて演技をしていかなければならないのに、アドリブ指令として引いた単語で破綻してしまったり、岩田さんが噛んだ言葉を延々と拾ってなかなかオチにたどり着かないなど相変わらずのテンパリ具合でいたそうで。半ば呆れつつも興味深そうに小野さんを問い詰める神谷さんも、何だか楽しそうに会話されてました。

Deargirl情報

●アニメロでは『DearGirl〜Stories〜THE MOVIE2 ACE OF ASIA』のテーマソング「Ace of Asia」の着うた・着うたフルが好評配信中。また、劇場版を記念したキービジュアルの待受けも無料配信中。

シルフ談話室

「ふつつかな父娘ではありますが」が表紙を飾るシルフ5月号は現在好評発売中。

第360話のお便りは『神様は生きるのがつらい』の作者、豊田悠先生から。

「新連載は超〜ネガティブな神様の話です。わたし自身もネガティブなのですが、どうすれば前向きになれますか?」

どちらかといえば小野さんはポジティブ、神谷さんはネガティブな性格ですが、四六時中そうというわけでもない・・・そんな会話をしているところに『超凹戦隊ネガティブファイブ』のオーディションの話が飛び込んできました(笑)。そんなわけでお二人が、役を掛けてオーディションに挑戦です。

まず『レッド』といえば熱血リーダーですが、超ネガティブなので「お前を倒すのが面倒くさい」とか「お前を殴ったら俺の拳が痛そうだもんなぁ」などと呟くヘタレな戦士です。いろいろなセリフを呟いてみた結果、神谷さんに役が決まりました。次に『ブルー』といえばクールという印象ですが、クールでネガティブなセリフを考えていた小野さんの答えは「思いつかない」で神谷さん大爆笑。結果小野さんに役が決まりました。次に『グリーン』というと自然派でエコな印象。神谷さんは1日に3本もペットボトルを買ってしまうなどまったくエコじゃないですが都会的な印象ということでグリーン役に決まりました。さらに『イエロー』といえば元気キャラな印象ですがネガティブなので、元気を意識しすぎて病気から遠ざかろうとした結果コミニケーションが苦手・・・という感じだろうかと話していた神谷さんに決定。そして『ピンク』は女らしさなので会話中につい「あたし」と呟いてしまった小野さんに決定。結果、以下のような名乗りになりました。

『お前を倒すけどいい?ウソウソ超面倒くせぇ。ネガティブ・レッド!』
『へへ・・・悪い、思いつかない。ネガティブ・ブルー!』
『アーバンライフ。ネガティブ・グリーン!』
『風邪引いてるやつノーサンキュー。誰にも会いたくない。ネガティブ・イエロー!』
『股間の赤フン男の証。ネガティブ・ピンク』
『敵がいたらすぐ逃げる。超凹戦隊ネガティブファイブ!!』

もしこの戦隊ヒーローが成立するなら・・・むしろちょっと見てみたい気もしますw

Dear Voice

「俺ぐらいの人気声優になると、ホワイトデーは・・・十倍返しなんだぜ!!」

まぁ予算的には厳しいですが、顔と気持ちだけは10倍ってことで。(´・ω・`)bグッ!

エンディング

ここまで360回やってきて神谷さんが初めて知った小野さんの謎。よくDearVoiceの紙を失くしてしまうそうですが、どうやら終わった台本の間に無意識に挟んでしまっていたようで、それを八木橋くんが発見したのだそうです(笑)。


DGS各話バックナンバー

こちらは、当サイトが応援する「神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜」に登場する用語や、DearVoice、各話(放送回)のバックナンバーをご紹介するコーナーです。


inserted by FC2 system