DGS番組各話紹介

こちらでは、DGSのこれまでの各ストーリーをご紹介!
(放送を聞いて書き留めた記録です。談話室やリスナーからのお便りなどは要約した内容になっています)

第351話「今年のDGSを漢字一文字で表すと『奇』」

OPトーク

2013年最後のDGS・・・そんな話題で始まる第351話。
今年は番組的にいろいろあった年で、お二人の気持ちを流行りの言葉で表すなら「じぇじぇじぇ!」になるもよう。今回は毎年の冬恒例のアレがあるということで・・・そのあたりの詳細は後半へ持ち越し。( ´艸`)ムププ

ふつすと

「奇祭お疲れ様でした。私はライビュ組で参加していました。
奇祭が始まる前までやることが「DearBoyの悩み相談室」しか明らかになっていなかったので、3時間も何をするんだろうといろいろ考えていたのですが、始まるとあっという間で、凄く楽しくて充実した3時間でした。5歳のDearBoyからのお悩みにギリギリセーフな回答の神谷さん、版権に関わってくる数々のモノ、謎の巨大な棒にギリギリアウトなキャラクターボイスを当てる小野さん、ハマーンちゃん攻略でチャック全開だった神谷さん、内Pの"在庫は恋人"発言や八木橋くんの"チェンジはしない"発言、諏訪さんの完全アウトな"セ○○○"発言も、終わってから考えてみると、確かに映像化は難しいものばかりで、エクステンド大丈夫なのかなぁ?と思いました。でもとても楽しいイベントだったので、何年かに一度でもいいのでまた男性限定イベントとしてやって欲しいなぁと思ったのと、凄く難しそうですが映像化も期待したいです」

今回の『DearBoy祭』はその名の通りのお祭りなので、あくまでも「Festival Carnival Matsuri外伝」だと語る神谷さん。大きいイベントがあってはじめて成立するサブイベントだという訳ですが、それを聞いた小野さんが「Festival Carnival Matsuri的なものをもう一回やればいいってことですね?」と小野ノート的な発言をしていました。DGS祭自体がやるまでに6年掛かってると苦笑する神谷さんに、「西武と東京(ドーム)どっちがいい?」とさらに強気な事を言う小野さん。キャパがいきなり万の単位になるわけですが、そのためにグッズは億作れるという話に及んで思わず笑い出してしまいました。内田さんならやりかねないという話ですが、数千個単位の在庫を抱える可能性はさておき、ラジオ番組のドームイベントは果たして成立するのか否か?DGSリスナーは侮れませんのであるいは実現するかも・・・と期待したいところですww
そして謎の「棒」について、某ゆるキャラの影響でそのときステージに居なかった神谷さんが小野さんに問いただしていました。当日小野さんはステージに現れた水色の曲がりくねった「棒」を擬人化しCVを当てていたのですが、「棒」がくるくる回るときの"ギュ・ギュ・ギュ・ギュ・ギュ・・・"という音や、スタッフさんたちの無責任な「大丈夫」発言がお二人の不安を煽っていたようで、きっと小野さんがド直球の下ネタに走るのでは?と懸念した神谷さんが事前に幾つかのアイディア(※棒の気持ちになってアフレコし、お客さんとコミュニケーションをしてみれば?みたいな内容だったらしい)を伝授したのにも関わらず・・・当日はほぼアウトな問題発言の連発でした(笑)。神谷さんに笑われてイジケちゃった小野さんは、開き直ったように「オレには直球しかない、変化球なんか投げられない」というようなことを仰ってましたが、まぁ・・・男性限定のイベントでしたし、あの程度はお客さんが大喜びするだけでむしろ問題なかったかなとも思いますけどねww

Deargirl情報

●アニメロの冬恒例企画【アニメロのくりすます】を今年も開催。ラジオパーソナリティーからの直筆メッセージカードや、豪華賞品が当たるプレゼント企画を実施中・・・もちろんDGSも参加しています。応募期間は1月6日まで。

シルフ談話室

最終回を迎えた『BROTHERS CONFLICT』の主人公・ジュリ・昴・棗が表紙を飾る、シルフ2月号は好評発売中。

第351話のお便りは『花園とエゴイスト』の作者、雪村ゆに先生から。

「新連載『花園とエゴイスト』はお花の擬人化男子たちを主人公が育てるお話です。お二人は育てるとしたらどんな植物を育ててみたいですか?」

お便りを読み終わったところで擬人化という単語に掛けて「謎の棒」の効果音が流れ、某SF特撮TVドラマ風に「兄さん頭が痛いよ」と身悶えてみる小野さん。神谷さんはそれをスルーして「植物を育てるというか、僕らができることは花を咲かせるだよね?」といい声で話し始めました(笑)。ということで、毎年恒例の"鍋"をつつきながら一年を振り返って思い出話に花を咲かせることになりました。もちろん鍋は「鳥どり」、鍋敷きは「DGS鍋敷き」、お箸はDearBoy祭の「ねこ箸」です。

お鍋をモグモグしながらお二人が語ったのは2013年の出来事。2月の武道館でのDGS祭に始まり、4月に7年目に突入し、その後お二人は香港へ映画撮影に行き、10月に新曲が発表され、11月にはDearBoy祭。シルフでもDGS緋月の連載が始まってドラマCDの制作も行われてますし、確かに激動の一年だったようです。そんな一年を振り返って小野さんは「ずいぶん神谷さんと一緒に居たな」とコメント。そうだねぇとしみじみした口調で神谷さんも頷いていました。

小野さんは番組で武道館や三郷などに行っただけでなく、広島や京都・大阪など遠征しての仕事が多かったそうで「良かった。楽しかった」と話す一方、行く先々で雨だったとポツリ。すると神谷さんが「お前か!香港で雨降らしやがったのは!?」と声をあげ、横で諏訪さんが笑っていました。あまりにも雨に降られるので諦めたと呟く小野さんは、雨について調べてみたようで、「雨の日には記憶力が上がる。注意力があがる」という情報から、きっとイベントの記憶もすごく残るんだ・・・と、神谷さん曰く「すっげぇむかつく顔」して仰っていたようですw

一方の神谷さんはといえば『進撃の巨人』『ONE PIECE』など大きなタイトルに出演したことが印象に残っているようで、とくに数年前に初登場したきり間が空いていた『ONE PIECE』にほぼ1年間出続けたこと、ベテラン声優の皆さんの自由奔放ぶりが恐ろしいと感じたこと、一緒に出演したことで様々なことを吸収できたことなどを苦笑まじりに語っておられました。すると小野さんも『宇宙戦艦ヤマト2199』について語り始め、ガミラスが強すぎて勝てる気がしなかったこと、凄いベテラン声優さんばかりなので自分の芝居などについて振り返るようになった・・・などと語っておられました。

あまりにいろいろあり過ぎたため、何が2013年の出来事なのかボンヤリしていると話す神谷さん。アニメでは「ファイ・ブレイン第三期」や「ノラガミ」、ゲームの「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」、3月まで放送していた「しろくまカフェ」では7月のイベント、その裏でイベントが行われていた「黒子のバスケ」など、共演作品も多かったお二人。名前が前面に出る有名タイトルが多かったので結果的にそう見えるのだと神谷さんは呟いてましたが、小野さんは納得したように「そりゃあ朝会った時の挨拶が「やあ」になりますよ」と苦笑していました。

1月に39歳になる神谷さんは、30台最後の夏を迎えるのできっと何かあるはずだと期待しているようですが、先に39歳になり次の6月には40歳になる諏訪さんは「たぶん何もないよ」と無情にダメ押し。開き直った神谷さんは、女性スタッフが水着姿になって俺に30台最後の思い出をくれと注文してましたが・・・そういえばここまで全然話題になってませんでしたが今度の聖誕祭では何が行われるのでしょうね?2014年も年明け早々から楽しい放送が続くような気がしますw

Dear Voice

「もちろんオフラインだぜ・・・お風呂だけにな!」

DearBoy祭からの抜粋ですが・・・これも何に使ったらいいのか悩みますねw

エンディング

今年の放送も最後。言い残したことはあるかと問われた小野さんでしたが、小野さんが答える前に「ないね!今年はやり尽した!」と神谷さんが結論付けていました。来年も頑張りましょう!っと妙なテンションで締めくくりですw


第352話「今年はお酒がない」

OPトーク

あけましておめでとうの挨拶から始まる第352話。
第一声からなぜか神谷さんの声が笑ってました。何があったのかと思えば、新年で気持ちを入れ替え「ストップウォッチを押す」と宣言していた小野さんがそれをすっかり忘れていたらしく、挨拶をしている最中に思い出してタッチパネルを連打していたのだとか。神谷さんに苦笑まじりに叱られて開き直った小野さんは「全然何も伴ってないところが小野くんらしいってことか」との神谷さんの問いかけに「そうです」と即答。認めちゃったよ・・・とさらに呆れられてしまいました(笑)。
ともあれ、2014年のDGSは1月からいろいろな予定が詰まっています。まずは1月22日『DearGirl〜Stories〜緋月』コミック第2巻発売。1月28日には忘れちゃいけない神谷さんのお誕生日『神谷浩史聖誕祭』・・・今年は何が行われるんでしょう?wそして2月15日には劇場版第二弾『DearGirl〜Stories〜THE MOVIE2 ACE OF ASIA』公開!ちなみに劇場版に関してはすでに上映予定の劇場にパンフレット等が置かれる頃だそうです。その一方で番組的に懸案事項なのは・・・男祭のグッズ。絶賛売残り中だそうです(笑)!興味のある方は超A&GショップへGo!!( ´艸`)ムププ

ふつすと

今回は通常のお便りはお休みして、新年らしく書き初めをしてみようということになりました。
お二人が番組としての目標をいろいろ書いていきます。

「健康」
これは神谷さん、毎年仰ってますね〜♪
「ドーム」
小野さんは東京だの福岡だのと仰ってましたが、ツアーはともかく1会場ならドームイベントも可かも(笑)!?
「ノーモア在庫」
書いた神谷さんは内田社長さんを振り返って「貼っといて!」と厳命してました(笑)。
「ギャラクシー賞」「アカデミー賞」「レコ大」
ちなみにギャラクシーがラジオ、アカデミーが映画、レコード大賞は歌です。どれも見果てぬ夢ですけどね。
「映画が大ヒット!!」
これはもう言わずもがなの番組目標ですよね。
「カンヌ」「ベネチア」「ベルリン」
ここは放送されてませんでしたが、携帯サイト情報によれば小野さんがお書きになったようです。
「DGSアメリカに進出」「燃え尽きない」
男祭のパンフレットに掲載されていたハーレーの写真が合成だったので、今度はぜひ本当のアメリカまで撮影に行きたいというのですが、ぜひその様子が劇場版第三弾とかになるといいですよね・・・リスナー的には。

さて今年掲げた目標は・・・いくつ叶うことやら?o(〃^▽^〃)oあははっ♪

Deargirl情報

●アニメロの冬恒例企画。ラジオパーソナリティーからの直筆メッセージカードや、豪華賞品が当たるプレゼント企画を実施中・・・もちろんDGSも参加しています。応募期間は1月6日まで。

ガルスタ談話室

いちばん♥ときめく!乙女ゲーム情報誌『電撃Girl's Style』。2014年2月号は1月10日発売。

第352話のお便りは『電撃Girl's Style』の編集部から。

「新年あけましておめでとうございます!ガルスタ編集部は毎年お正月休みボケで1月の締め切りがピンチになります。すっきりと休みボケが解消される方法をご存知でしたら教えてください」

すっきりと休みボケが解消されるには・・・ヒヤヒヤすること。
ということで、今年も番組スタッフ一同によるかくし芸大会が行われることになりました。題して『第二回新春スターッフ対抗かくし芸大会!』。会場は毎度お馴染みのメディアプラスホールです。

その1「新春マジックショー2014」 By:ドワンゴ竹内

お二人がサインを入れたカードが束の一番上にくる・・・というトランプマジックだったようです。飛び飛びながらこれはわりと長い時間放送されてたので、そこそこ凄かったんですかね〜。

その2「新春デブージョン」 By:ちゃんこちゃん

どうやら机の上に置いたプリンを手を使わずに食べる(ストローで吸う)という芸だったようですが、調子が悪かった(本人談)そうで、失敗したようです。

その3「新春ドクペ一気飲み」 By:スポンサー女子

ただの一気飲みでなく女性3人によるダービー形式となった模様。予想を当てた方にはドクペ1年分プレゼント。携帯サイトの記載によれば小野さんが的中だったらしいですが、ドクペ一年分・・・まるで罰ゲームw

その4「新春LINEでナンパ」 By:八木橋くん

LINEで行われたやりとりをスクリーンに表示したようですが、帰って来たマジレスに一同大笑いしてました。

その5「新春俺FMのディレクターだからDJプレイ」 By:ディレクター横川

タイトルだけ告げられましたが、どうやらグダグダで全カットの憂き目にあったようです。

その6「新春ミュージカル"雨に歌えば"」 By:構成作家諏訪さん

広げた傘一丁のお姿でステージに登場したようで。もしいずれイベントで映像が流されることなどがあっても、この諏訪さんだけはフルモザイクの映像になるんだろうなww

その7「新春エクステンド裸武奏帝」 By:エクステンド内田社長&たむたむさん

ようは"漢!裸武奏帝"の替え歌で「利益のりの字もありゃしない在庫抱えた俺らたち。Dearな在庫の増やし方ムサイその胸に刻め。在庫、在庫、ハケろ在庫、それで俺たちはモテ会社。俺くらいのモテ社長になると、愛車は真っ赤なファイヤーカー」という内容でしたが。自虐的にもほどがありますねww

思うに、スタッフさんたちもかなり番組に毒されちゃってますよねw

Dear Voice

「寒い日は 手袋持たずに 手つなご」

小野さんにしてはめずらしく、わりといいVoice(笑)。第348話の野獣川柳からのリクエストでしたw

エンディング

例によって時空の狭間にいるお二人は、かくし芸の中の何がオンエアされたんだろうと苦笑。スタッフさんたちみんな頑張ってらっしゃいましたが、問題はオンエアできるか否かなのだと笑うお二人でした。


第353話「八木橋くん、あのLINEの女とどうなったのかな」

OPトーク

2月に公開予定の劇場版第二弾に関する情報告知で始まる第353話。
劇場版の公式サイトで『DearGirl〜Stories〜THE MOVIE2 ACE OF ASIA』予告編の公開が始まったとの情報でした。流れているのは男祭りのイベント中に公開されたのと同じだそうで、さらに今回は劇場版のテーマ曲も初オンエアされるということで、ちょっとお二人のテンションも上がり気味なご様子でした。収録自体はかなり前にされたそうで、神谷さん曰く「ウッカリ良い曲」なのだとか。そもそも何故この曲が「武道館デビュー」→「三郷でのライブ」→「初のオリジナル曲」という順番がいろいろ可笑しいエアバンドに提供されたのか?と語るお二人の声は終始苦笑いといった感じでした(笑)。

ふつすと

「小野さん、おれパラ神戸公演2日目に参加しました。私は今年初めておれパラに参加しました。今年で岩田光男さんがホストを卒業することになりました。小野さんのMCパートで観客が反応に困るところがありましたが、岩田さんへの感謝の想いが私たち観客にも伝わってきましたよ」

小野さんのMCで観客が困る・・・という部分についてどういうことかと問いただす神谷さん。今回はリーダーを務めていた岩田さんがホストを卒業するということもあり、いろいろな想いが募ったが故に例年以上に何も決めていない、まとまりの無いMCだったことを小野さんご本人が苦笑気味に認めてらっしゃいました。長年ラジオの看板番組をやり、その他アニラジやら何やら経験があるにも関わらずいつも語る内容を決めずにMCに臨む小野さんですが、ご本人曰く、予め話すことを決めているとそれが飛んでしまったときにもっとパニックになってしまうため、事前にあまり決めずその場の思いを伝えるようにしているとのことですが、予め武器(話すネタ)を用意しないとステージに上がれないという逆のタイプの神谷さんは、それで切り抜けられるんだからスゴイ・・・と呆れたように仰っていました。そして神谷さんに促され、改めておれパラに来てくれた方への感謝の意を述べた小野さん。「"ROCK ON !!!!"と題しまして6周年でお送りしたおれパラなんですけれども、岩田さんへの想い、そしてファンの皆さんへの想いってのをしっかり僕たちが持って、臨んだステージでした。本当に来ていただいた皆さんありがとうございました。これからもおれパラは、Galaxy Busは走り続けます。これからも宜しくお願いします」と至極まともなお言葉でしたが、神谷さんにマジメに褒められてちょっと照れた不思議な雰囲気になっていらっしゃいました。

「神谷浩史さん、小野大輔さん、毎週楽しみにしてます。ラジオネームにキン肉マンキャラが出てきますが、ファミリーマートに行った時にふと肉まんコーナーをみたら「ウォーズまん」というカレーまんがありました。凄く興味があり購入しました。割ると中身は黒いカレーの具でした。次にいくと期間限定で無くなっていました。昨日ファミリーマートへいったら、今度は「ラーメンまん」が肉まんコーナーにありました」

なんと今度はネプチューンマンからのお便りということで、毎週聞いてるのか〜〜と苦笑気味に話すお二人。あまりにも番組内で『キン肉マン』を話題にしすぎてリスナーが悪ノリしてるだけだと思うんですが、BoyにもGirlにもそして超人にも刺さるラジオ番組は他になく「すげぇぞレーティング!」「超人聴衆率70%」などと話して笑ってらっしゃいました。

Deargirl情報

●アニメロでは1月22日発売『DearGirl〜Stories〜緋月』第2巻より、表紙イラストを使用した待受けを無料配信中。

そして今回はここで劇場版第二弾のテーマ曲『Ace of Asia』が初披露されました。気になる方は携帯サイトで公開されるラジオ本編のバッグナンバーをご確認ください。確かに・・・ふつ〜〜にカッコ良い曲です。(´・ω・`)bグッ!

ガルスタ談話室

いちばん♥ときめく!乙女ゲーム情報誌『電撃Girl's Style』。2014年2月号は現在好評発売中。

第353話のお便りは『電撃Girl's Style』の編集部から。

「ガルスタ編集部では毎年恒例「乙女ゲームアワード」という、昨年発売されたタイトルの中で好きな乙女ゲームやキャラクターなどに投票する人気投票企画が開催中です。お二人が2013年の○○アワードをやるとしたら、何の投票をしますか?」

というわけで(?)突然始まった『DGSアワード2013』。発表された受賞者は”小野大輔”さんでした。・・・が、このアワード、毎年恒例でも何でもない上に受賞者の名前を発表したあとに何を受賞したのかを考えるというムチャなもの。そう説明されて状況を飲み込んだ小野さんも共に、誰が何を受賞したのか考えることになりました。

まず名前が挙がったのは、小野さんは"何でもあげちゃう人王"じゃないか?という話から連想されて出てきた江口拓也さん。小野さんは「進撃の巨人」のグッズを買ってはあげ買ってはあげしてたそうですが、神谷さんの語ったエピソードがすごいものでした。昨年のキラミューンのファンミーティングで北海道に行った際、なんと前日にお財布を無くした江口さんはお財布も現金も持たずに北海道へ行った上に、Tシャツ一枚しか持っておらず神谷さんに上着を借り、道中で一円も使うことなくあらゆる先輩方にお金を出して貰った上に両手いっぱいのお土産まで持って帰宅したのだそうで。さらにその一週間後くらいに無くした代わりとして水色のお財布まで神谷さんからプレゼントされた江口さんを、何だかんだといいつつも、憎めないらしいご様子で神谷さんは語っておられました。ちなみに受賞したのは『先輩たかり王』だったようですw

そして次に名前が挙がったのは梶裕貴さん。現在放送中の『ノラガミ』に関する取材を共に受けたという神谷さんの話によると、読者プレゼント用に撮影され余った写真にサインを書いた際、梶くんは自分の役名と共に「クソ野郎」と書いていたのだそうで、ご本人のつもりでは「クソ野郎から神谷さんへ」ということだったらしいですが、その書き方だと神谷さんをディスって(貶して)いるようだと気付いて慌てたのだとか。ラジオのネタにされるとまた自分がいろんな人に叩かれるじゃないかと落ち込んでいたようですが、たとえ自分が貶されたのだとしても構わないと語る神谷さんは「喋ってやったぜ!」と叫んで笑っておられました。結果、梶くんは「クソ野郎賞」改め『ベスト気にしい賞』ということになったようです(笑)。

Dear Voice

「おい!俗物の窓が開いてるぞ!!」

元ネタになった神谷さんはちょっと落ち込んでらっしゃいましたが。
ご自分に自信のあるDearBoyが、男性同士の会話のスパイスとして使うといいんじゃないですかね(笑)?

エンディング

今週は『Ace of Asia』をオンエア出来たのが大きかったと語るお二人。皆さんの聞いた感想を送ってほしいとのことです。


第354話「領収書は文化放送エクステンドでお願いします」

OPトーク

今週も2月公開の映画に関する情報告知で始まる第354話。
内田社長がまたしてもグッズに手を出したとの情報でした。現在予定しているのはパンフレット・ポスター・クリアファイルといった普通に売れそうな定番のもの。手元のサンプルを見るお二人の会話によれば、パンフレットには広がる夜景・新曲の歌詞・ロケ中の様子などが写真満載で掲載されているそうで大変読み応えのある内容になっている模様。そしてポスターは販売されるのはB2サイズですが、スタジオにあったのは劇場に貼られる大きなサイズのもので、自分の顔写真がこんなにデカくなったのは初めてだと神谷さんは苦笑されてました。この他にもどうやら「マゾヒスティック・オノ・バンド」をキーワードとしたグッズが鋭意製作中とのことで、書き初めにも"ノーモア在庫"と書いていた神谷さんは「作るとき相談してね」と繰り返していました。詳しくは『DearGirl〜Stories〜THE MOVIE2 ACE OF ASIA』公式サイトをチェックです。

ふつすと

そして改めて公開される劇場版がどんな内容なのかという話になりました。
現在公式サイトでは予告編が流されていますが、キーワードを挙げるとすると「DGS初の海外ロケ」「行き先は香港」「小野くん大事なものを忘れる」「香港についた途端ハプニング」「マゾヒスティック・オノ・バンド海外デビュー」「グルメあり」「アクションあり」「PV撮影もあり」といった言葉でほぼ全てを表しているとのこと。ただそれぞれが映画のどのくらいの割合を占めているかは分からない。もしかしたら小野さんが海外で大事なもの・・・例えば「心」を無くしそれを巡る物語になっているかもしれないし、グルメが9割を占めているかもしれない。2時間ものの映画の撮影に2日間というタイトなスケジュール(前作が1日で撮影されたものなのでその意味では倍のスケールだが)で行われたため大変なロケだったようですが、少なくとも前作を超えたものにはなっていると語られていました。中でも現地に到着してすぐに起こったのが予想外の出来事だったそうで、そうした劇場版の内容を当てるクイズが今回も出されることになりました。予告編をみて内容を予想し、見事正解だった方にお二人のサイン入りのパンフレットか何かがプレゼントされるとのことです。面白い予想でもオッケーらしいので、我こそはと思う方は予想を送ってみてはいかがでしょう(笑)?

「ローソンにて発売している進撃の巨人のお菓子パンを買いました。レジに並んでいる時にはお二人が演じている団長と兵長の声も聞こえてきてビックリしました。まだまだ進撃の巨人は大人気ですね」

ここでタイトルの元にもなったローソンの話がでてきました。小腹が空いたお二人が階下のローソンへと行ったそうですが、そこでエクステンドがお金を出してくれるときいたお二人が大量の買い物を始めたのだそうで(笑)。神谷さんは最初はおにぎりの数個も買えばいいやくらいの気持ちだったようですが、内田さんが率先して買い物カゴを持ってきてくれ、生パスタも買おうじゃあデザートも・・・などと言い始めた辺りから理性の壁が崩壊し始めたようで、女性陣のためのシュークリーム、進撃の巨人のリヴァイ兵長のシール、缶バッチ、黄金チキンなど計5千円くらいのお買い物になったとのこと。まぁさすがに5千円程度の買い物でエクステンドが傾くことはないかと思いますが、それよりも現在は羽振りのいい内田社長が劇場版のグッズで大量の在庫を抱えて赤字にならないことを祈りたいものですw

Deargirl情報

●アニメロでは1月29日発売の神谷さんの4thシングル「START AGAIN」の着うた・着うたフルを先行配信中。ダウンロードした方に特製待受けをプレゼント。

シルフ談話室

『DearGirl〜Stories〜緋月』が表紙&巻頭カラーを飾るシルフ3月号は1月22日発売。劇場版第二弾の盛り上がりに乗っかる気満々の編集部は、同日に発売されるコミック第2巻に加え、なんとドラマCDの付録や誌上通販なども盛り込んでいるとか。特に付録版CDはここでしか聴けない本編とは一味違った内容となるようなので、皆さん要チェックですw

第354話のお便りは『DearGirl〜Stories〜緋月』の原作者、諏訪勝先生から。

「もうすぐ神谷さんお誕生日ですね。ところで神谷さんはどんな風にお誕生日をお祝いしてほしいですか?じつはまったくのアイディア枯渇状態でして、このままだと、自転車で390キロ走ってもらうとかになっちゃいそうです。何かほしいものや叶えたことを教えてください」

つまり文字通りの"枯渇SOS"ということですね(笑)。若干テンションを下げている神谷さんは「来週か再来週の話でさ、俺が急に自転車で390キロ走ってみ?デスだよ完全に」と不機嫌そうにブツブツ。じゃあ何か(欲しいものが)ありますか?と訊ねられると、今年39歳になるので39人の良い女を抱きたいと答え、どうしてもそういう方向になるとニヤニヤ。じゃあ悩みはあるかと訊ねられると「イベ的なもので1日2公演とか無理だ」「体力を欲している」と妙に現実的なことを仰ってました。

じゃあどんな自分になりたい?という問いには「カッコイイ自分」との答え。どうやら神谷さんの中の理想は、40歳になった頃のちょい悪オヤジ風な藤原啓治さんのようですが、無精ひげ・グラサン・お尻のポケットに丸めた台本・サンダルという姿の神谷さん・・・まったく想像が付きませんww

ここまでの話でだいぶヒントを得たという諏訪さん。さらに楽しげな小野さんの口調から体力を使わない→慣性の力だけで移動→ローションという連想でまたしても井手らっきょさんの名前が出てきたり、DGS緋月のグッズであるヴァンパイアにゃーさんをみて「これ完全に黒いキュウべぇじゃないか」と言い、契約して魔法おじさん"ひろし☆マギカ "をやろうなど、いくつかのネタが出てきてましたが・・・・・・ぶっちゃけこの会話では次の聖誕祭がまったく予想付きませんねw

Dear Voice

「全っ然足んねえ・・・もっと俺を罵倒しろよ!!」

小野さん結構これ嬉しそうに言ってましたけど、望んでるんですかねご本人w

エンディング

早ければ来週にも神谷浩史聖誕祭かも話すお二人。とりあえず動きやすい&ローションO.Kの格好と指定された神谷さんは、明らかに場所は屋外しか考えられずこの時期にローションで濡れるのは自殺行為だと苦笑されていました。さて・・・来週か再来週の聖誕祭、実際にはどんなことになるのでしょうね?楽しみなような怖いような気分ですw


第355話「魔法おじさんひろし☆マギカ」

OPトーク

神谷さん1人のタイトルコールで始まる第355話。
今回は毎年恒例『神谷浩史聖誕祭』です!文化放送のいつものスタジオで、台本が3ページしかないと苦笑する神谷さんは、ちょっぴり不安そうな様子を見せながらも手元の台本に従ってシルフの情報などをお伝え。1月22日発売の『DearGirl〜Stories〜緋月』コミック第2巻の帯にはそれ用に撮り下ろされた写真が使われていることや、発売中のシルフ3月号付録のドラマCDは相当気合を入れてやったこと、本編とは一味違った面白要素満載のここでしかきけない内容が収録されていることなどを語っていました。そして、ちなみに・・・とコミック第2巻について語ろうとしたところで聞き覚えのあるアニメ主題歌が流れ始めました。「魔法少女まどか☆マギカ」OPテーマ『コネクト』をBGMにスタジオに入ってきたのは、その名も「Dべえ」のコスプレ(黒猫っぽいフリース地の着ぐるみらしい)をした小野さん。Dべえはお約束どおり若干不安げな様子を見せながら「僕と契約して魔法おじさんになってよ!」と語り掛けてきました。思わず笑い出した神谷さんは「企画丸パクなんだけど大丈夫?」と問いかけて苦笑。オンエアで言っておけば使われないと思ったのだと話す神谷さんでしたが、諏訪さんはその裏をかいて全パクリの聖誕祭とするようですw

神谷浩史聖誕祭 前半

今回の聖誕祭は、ピンマイクとかもつけてないのでスタジオは出ないんだなと苦笑する神谷さん。まるで魔法のように察しがいい・・・と小野さんがサブタイトルに引っ掛けたキーワードを呟いていましたが、魔法おじさんもDべえの格好もそんなに関係ないそうです(笑)。では何をするかといえば、今年神谷さんが39歳になるということで「39(サンキュー)ヒロCギフト」と題し、番組から神谷さんに「魔法=Amazon」を使って色々な誕生日プレゼントをしていこうということになりました。神谷さんの住所を入力し、ポチッとすれば自宅にお届けされる準備をして、いざ契約(という名の注文)スタート。

前回の談話室でご本人からリサーチした願いは「39人の女を抱きたい」「体力がほしい」「カッコイイ大人になりたい」でした。そこでまずDべえが選んだジャンルは"精力剤"。「ストロングDドリンク」だの、「ギンギンマックス」だの、「スッポンパワー」だの、「ハートヘルス とどめの3粒」だの、「健康サプリ 滋養強壮 つきあげる男魂!」だのと、NGギリギリな商品名のオンパレード。神谷さんはいらないを連発してましたが、どうやらこのうちの2つがプレゼントされるようです(笑)。

―――どうでもいいですけど、レポ作成するのに何の気なしにAmazonで検索したら、『精力剤』の関連サーチで「平均台」「縄」「跳び箱」「サッカー 仏像 巨乳」「犬小屋」って出てきました。リアルに検索してたってことですよねwww

精力剤はもう充分。他に体力をつけるためには運動をしなければということで、今度は神谷さんが最近始めている縄跳びに掛けて"縄"で検索。すると「SM拘束ロープ/縄 八股仕上げ 豪華3本セット」とやらいうイケナイ商品名が。さらに体操選手のような体力という発想で検索されたのが"跳び箱"で、「トーエイライト カラー跳び箱8段」がお二人の会話に上がっていた商品のようです。そしてバランス感覚という発想で出てきた"平均台"から、三和体育(SANWATAIKU)カラー平均台200(緑)という商品が検索されていた模様。本気で買ったかどうかは分かりませんが・・・・・・お二人とも楽しそうでしたねw

    

Deargirl情報

●アニメロでは1月29日発売の神谷さんの4thシングル「START AGAIN」の着うた・着うたフルを先行配信中。新曲3曲をダウンロードすると抽選でサイン入りポスターが当たるキャンペーンも実施中。

神谷浩史聖誕祭 後半

さらに魔法は続き、続いての願い「カッコイイ大人になりたい」といえばジローラモさんだろうという発想から検索されたのが"イタリア国旗"。なんと普通に「イタリア国旗トリコトーレ 70×100cm 綿100%」って売ってるんですね(笑)。

ここまでは神谷さん個人への贈り物ですが、誕生日というのは産んでくれた両親に感謝する日ということでパパC・ママCへの贈り物を・・・と小野さんが話し掛けたところ、口調を変えた神谷さんがややかぶせ気味に「いやいやいや、サンキュー言いたいのは小野くんじゃないかな」と言い出しました。そして仕返しとばかり小野さんの住所を入力し、検索開始。

小野さんが好きなもの"サッカー 仏像"そして"巨乳"で出てきたのが「サッカーボール級・巨乳女子アナ」とやらいうさらにマズイ単語(さすがにリンク張るのは自重しますw)で、出てきたのはどうやらアダルト関係ばかり。じゃあ自分がもらって一番嬉しかったものにしようと再び平均台を入力。出てきたのは平均台300という商品。家においておけば内田さんの身長を思い出せるというのですが、当然ながら小野さんは「入んねぇって!」と爆笑。そして飼ってもいないのになぜか犬小屋が要るよなと神谷さんが言い出し、「木製犬小屋 キット 小型中型犬」とか、「ウッドデッキ付き 犬舎 犬小屋 大型」というのが話題に上っていた商品だったようです。

Dear Voice

「買ってるなよ〜、ほんとにやめてくれよ。平均台とかウチいらねえよ、バカ!」

かなり本気で嫌そうな声してましたよね・・・神谷さん。( ´艸`)ムププ

エンディング

Amazonに掛け、小野さんが歌う「アマゾンライダーここにあり」(※『仮面ライダーアマゾン』のOP曲)をBGMに始まったエンディング。スタジオにはバースデーケーキが登場し、小野さんから神谷さんに誕生日プレゼントが贈られました。お二人の会話からすると「L'OCCITANE イモーテルマスククリーム」でしょうか。これは普通に神谷さんも嬉しかったようです(笑)。


DGS各話バックナンバー

こちらは、当サイトが応援する「神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜」に登場する用語や、DearVoice、各話(放送回)のバックナンバーをご紹介するコーナーです。


inserted by FC2 system