DGS番組各話紹介

こちらでは、DGSのこれまでの各ストーリーをご紹介!
(放送を聞いて書き留めた記録です。談話室やリスナーからのお便りなどは要約した内容になっています)

第276話「ヒロC、どんどん短パン野郎になっていくね!」

OPトーク

発売中のシルフ最新号で発表になったとある話題から始まる第276話。
今年もDGS公録が決定したそうです! ただし小野さんのアニサマ出演の影響もあってか8月のキャラホビではなく、10月20日〜21日に幕張メッセで行われるアスキー・メディアワークス創立20周年記念イベント『電撃20年祭』のステージで行われることになったようです。AMWのイベントといえば、5年前の15年祭の時にもDGS初の公開録音が行われ、構成作家の諏訪さんが「For Lovers Only」というタイトルのLoversをRubber(ゴム)と勘違いしたせいで、小野さんがゴムパッチンの悲劇に見舞われるエピソードとかもありましたが、あの当時としては無茶でインパクトがあった出来事も、今となっては「そんな入口では弱い!」と感じてしまうこの番組はなんなんだろう?とお二人は笑います。
ちなみにDGS公録は10月21日13時からの予定。もちろん今回も文化放送、携帯サイト、シルフ・ガルスタ紙面上などで観覧席の抽選申し込み受付が行われるようです。さぁ〜〜今年は何万通の応募があるかな!?(>∀<)

ふつすと

「第273話を拝聴し思わずメールさせていただいた次第です。私は以前、代表取締役社長の秘書をしていたことがあります。が、残念ながらお二人の想像しているような仕事ではありません。私が勤めていた会社はそこそこの規模のある会社でしたので、社長の資料をまとめたり作成したりするのは秘書の仕事ではありませんでした。社長の資料はそれを専門に業務としてる方が別にいらっしゃるのです。ですので秘書はひたすら社長の先々までのスケジュールを組み上げ、社内外問わずあちこちに挨拶をし、時に役員同士の代理献花を売買し、会議の際にはお茶を出し、何でもいいよというボンヤリしたお昼ご飯のリクエストにイライラしながら買出しをしたり、領収書の清算をしたりします。秘書なんていうのは意外と地味な仕事の連続なんです。もちろん小野さんの大好きそうで有りそうな処の爛れた関係は一切ありません!ご期待に沿えず申し訳ございません。とはいえ会社ごとにかなり違いもあるようなので、一概には言えないので、いろいろな会社の秘書ガールさんたちからもメールが来るといいですね」

やっぱり本物の秘書さんからメールが来ましたね!お二人が疑問だと呟けばすかさず本物から返答が帰ってくるこのリスナー層の広さ・・・さすがDGS! そんな本物さんからのお便りはもう一通ありました。

「DGS273話を聞き、実際のSVP(senior vice-president:上級副社長)の仕事と、秘書の仕事についてお知らせしようと思いメールさせていただきました。私自身はSVP付きの秘書ではなく部長秘書です。まずSVPはとてもお忙しい方が多いです。8時から20時までの間で空いている時間が2時間あればいい方です。フルーツを召し上がってる暇がある方はそうそういらっしゃらないかと思います。次に秘書の仕事ですが、スケジュール管理が主な仕事となります。入ってくる調整案件に優先順位をつけ、先方とスケジュール調整をし、会議日時と場所を確定させるところまでが秘書の仕事です。その他、来客対応(海外のお客様もいらっしゃいますので英語必須)、海外出張手配などもいたします。残念ながら秘書が会議資料を作ることはまずありません。爛れた関係になっている暇もありません。個人的な感想ですが、秘書に手を出すような方は秘書を持つお立場になることも無いように思います。主に小野さんの妄想をぶち壊したようで申し訳ありませんが、これからも週に一度の楽しい時間が頂戴できると楽しみにしております。神谷さん小野さんもお身体ご自愛くださいませ」

なんともまぁ・・・ごもっとも、かつ丁寧なお便りですね。さすが秘書を務めていらっしゃる方だけあって「もす」とかの接尾語は使ってません(笑)。ともあれ2通に共通していえるのは、残念ながら小野さんが期待するような社長&秘書の関係ではないということ。声優であるお二人的に例えるならマネージャー・デスク・経理を足したような内容ということで、うわぁ〜〜〜と呟いた小野さんは「ひとことで言うと、すいませんでした、ですね」と神妙な口調で仰っていました。

「少々気になる情報を耳にし、この情報を小野さんに・・・いやDGSに届けないでどうするという使命感からメールさせていただきました。その情報というのは『ストレスを受け易い方は脇汗を掻きやすい』です。このDGSだけでも6年目という長いお付き合いをしている神谷さんから見て、小野さんのストレス状態はどうなのでしょうか。診断お願いします」

小野さんの脇汗が多いというのはつとに有名ですが、小野さんご自身は、自分がストレスを感じているのかよく分からないのだそうです。じつは肩もまったく凝らないそうで、台本を持つ左の肩が凝りやすいとゴキゴキ鳴らした神谷さんが羨ましそうなことを仰っていました。小野さんの見解としてはこの情報は「嘘だ」と仰ってましたが、ファン的な視点で見ると・・・・・・小野さんは相当にストレスを溜め込んでる(ご本人は自覚が無いと仰ってますが、あまりに疲れすぎると帰宅した途端に寝てしまうという話を別のラジオ等でしてたこともありますし)のではないかと思っちゃいますね。( ̄▽ ̄;)アハハ…

Deargirl情報

●8月25日〜26日に開催される真夏のアニソンの祭典『Animelo Summer Live 2012 -INFINITY-』。アニサマ公式モバイルサイトでは、出演者の意気込み待受を無料配信中。もちろん小野さんの待受も配信中です。

シルフ談話室

『アルカナ・ファミリア』が表紙のシルフ9月号は現在好評発売中。そしてOPでも触れた通りDGS公開録音の詳細の掲載と、応募券が付いてます。また「BROTHERS CONFLICT 着せ替えタンブラー&着せ替えシート(6枚組)」の誌上通販も行われているそうです。

第276話のお便りは『アルカナ・ファミリア』の作者、RURU先生から。

「ロンドンオリンピックがもうすぐ開催されますが、神谷さんと小野さんはどの競技を応援しますか?」

今回も先生のお名前を某かぜ薬のCM風に言わせたことについて、「もうそろそろマズイと思った」などとお二人が苦笑がちに呟いていらっしゃいましたが・・・確かに音だけできいたら某商品名と同じですよね。

さて、ロンドンオリンピックは7月27日から開幕されますが、お二人としてはどの競技というより、日本人が出場する全ての競技を応援しようといった心持ちのご様子。しかし番組的には、自分たちでもオリンピックを開催したいよね・・・ということで、今回は『小野リンピック』と題したクイズ的な企画が行われました。ひとつひとつの問いに「小野くんならこう答える」という答えを予想して回答する・・・という内容だったのですが、そのタイトルが言われたとたんBGMに小野さんの『だいすき』が流れ始めたため、小野さんは初っ端から気もそぞろな感じになってます(笑)。

「イベントの楽屋で30分くらい空き時間がある。さて何をする?」
小野さんご自身は「台本チェック」「衣装のチェックをする」などと答え、神谷さんの答えは「ご飯を食べる」「メイクを直す」「衣装を着たり脱いだりする」などでしたが、模範解答は『衣装を裸のうえに着て下半身はパンツ一丁という格好でしばらくウロウロする』でした。コアなリスナーなら、まぁ〜〜〜予想の範疇ですよね(笑)。
「仕事でお世話になった人から「今日はお疲れ様でした」のメール。さてどうする?」
小野さんご自身はもちろん「すぐに返信」と答えてましたが、残念ながら模範解答ではないそうで。その後「ちょっと経ってから返信」「次の日に長文で返信」「3日後に"お疲れ様ってなんですか?"と返信」「疲れてねぇよ。P.S.I Love You」「来たメールを出会い系サイトに登録」などの珍回答がされましたが、いずれもブッブー! 模範解答は『返信かと思いきや、転送する。おかんに』でした。この放送をきいたママDが大笑いしてそうです。
「ステージ上で急に、何か面白いことをやらないと・・・という空気になった。さて何をする?」
小野さんの即答「脱ぐ」は模範解答ならず。その後「小野一発ギャグ」「ダイブ」「いましているベルトを抜いて、自分で自分をしばく」「帰る」「お客さんひとりひとりにキスしてまわる」などの回答がでましたが、いずれも不正解。これは分かんないよ!というわけで、諏訪さんの示した模範解答は『結果、何をやっても面白くならない』でした。

結果、小野リンピック金メダルに輝いた人はいませんでした!ヾ(@^▽^@)ノわはは

Dear Voice

「スネ毛を燃やすわ! DGSピンク! あら、メールが来たようね。スネ毛を燃やすわ!」

まぁリクエストされるだろうとは思ってましたけど、ホント「どうかしてる」の一言に尽きますね(笑)。

エンディング

エンディングで再び電撃20年祭についての案内がありました。いつにも増して声が弾んでいるように聞こえたんですが、やっぱりお二人も公録を楽しみにしててくださるんでしょうかね?だったら嬉しいな♪(*´∀`)ウフ


第277話「神谷さん、僕後輩なんでお茶買ってきたっす!」

OPトーク

スタジオの外にいつもは居ない誰かが・・・そんな話題で始まる第277話。
何がアレとか、僕たちいまアレをされている・・・などと言葉を濁し、ハッキリとは語られませんでしたが、「2回目」で「久しぶり」「アレがあんな結果を」などといった単語や、小野さんが急に乙女向けトークを始めたりした処から察するに、もしやスケッチ的な意味での取材でしょうか? 神谷さんが仰るように、いつも背筋正しくマイクに向かっている・・・のかどうかは携帯サイトの写真からは窺い知れませんが(笑)、あえてカッコいいポーズを決めずとも、いつものキラキラしたお二人だったらきっと何が起こってても大丈夫なのでしょうね。( ´艸`)クフフ

ふつすと

「DGSといえば様々なグッズがありますが、もっと沢山のグッズが欲しいです。そこで友人と考えたのですが、DGSのトレーディングカード、もしくはファンブックを作ってみては如何でしょうか? おまけレポートの写真や、お二人のオフショットなどが見られたら嬉しいです」

DGSのグッズは、残念ながら売上げ的に痛い目を見ることが多くありました。なのでトレーディングカードなどを作ったら大変なことになる・・・と神谷さんは強弁します。何しろトレーディングカードは一枚辺りの単価が小さいため、ロット数が千以上といった大きな数字で作らなければ採算が合わず、しかも数十種類作らねばならないため、千×種類分という途方も無い在庫を抱えることになるからです。某アニメの影響もあってカードゲーム好きな小野さんは興味津々といったご様子でしたが、少なくともトレーディングカードは、同様の理由でステッカーなどの紙商品は現実的じゃないグッズと言えそうです。
ただ10月に電撃20年祭でのイベントを控えているため、やはり何らかのグッズが作られることになります。今年も定番のTシャツが作られるようですが、カミヤマチキン先生やノムラD一先生のフォトジェニックな写真がまた胸元を彩ることになるのでしょうか。個人的には今度こそ、着て恥ずかしくない・・・というか番組を誇らしく宣伝して歩けるような、そんなカッコいいデザインのTシャツを期待したいものですが。(´∀`;)
Tシャツ以外だと何がいいかという話になり、過去の売上げが悪かった「来夢来灯キーホルダー」の話とかされてました。公録は10月なので季節的にカイロを入れるもの、皆が持っていてチョイ足し出来るもの、フリスクのケース、ペットボトルの入れ物などといった案が出ていましたが、ともあれ"珍妙なものは作らない"というのがスタッフの・・・とくに小野さんに対しての釘刺しとなりました。ぜひ、リスナーの思い出に残る素敵なグッズを作っていただきたいものです。

Deargirl情報

●8月25日〜26日に開催される真夏のアニソンの祭典『Animelo Summer Live 2012 -INFINITY-』。アニサマ公式モバイルサイトでは、出演者の意気込み待受を無料配信中。もちろん小野さんの待受も配信中です。

シルフ談話室

シルフ9月号は好評発売中。こちらのシルフには10月20日〜21日に幕張メッセで行われる『電撃20年祭』、その21日のステージで行われるDGS公開録音のステージ観覧応募券が付いています。

第277話のお便りは『ノーブルチルドレンの残酷』の作画担当、幹本ヤエ先生から。

「夜食に冷凍食品の焼きお握りを食べることが多いのですが、焼きお握りをレンジで温めている2分間何をしていいかわからず、いつもレンジの前でウロウロしています。この2分間という微妙な時間に、何をして過ごせばいいのか教えてください」

幹本ヤエ先生のお名前が「ヤエもヤエも好きのうち」と紹介されたことに突っ込みがあった後、2分間についてのトークになりました。2分間といえば120秒、一見短いように思えますが、例えばラジオで神谷さんが2分間黙ったら・・・と考えると大変なことになります。かつて最初の小野さんの誕生日回で数十秒の時間を与えられた小野さんがグダグダな感じになるという瞬間があったりもしましたが、この番組に限らず、放送においての2分間はかなり重要な意味を持つわけです。
2分間あれば、お二人がいままで見せたことがない姿「ニュー神谷浩史」「ニュー小野大輔」を見せることも出来るだろう・・・という訳で、今回は2分間、お互いに普段あまり訊かれない質問に答えていくことになりました。

まずは神谷さんへの質問。

@本名は? 神谷浩史。 Iそういえば・・・DGSファーム改め八木橋ファームどうなったか知ってる? 俺はしらねぇよ(笑)。どうなったんだ、じゃあ?
A人を本気で殴ったことあるか? ないですね。 Jもしお店を開店するなら「ラーメン何」? ラーメン浩史。
B家は何でいっぱい? 無駄なもの。 K人生でホームラン打ったことある?ない? あ〜〜〜〜ないなぁ。これからです!
CA4とB4どっちがしっくりくる? B4・・・A4! L好きなクラシックは? ・・・・・・・・・バッハ。
D来年もすね毛剃る? 剃らないね。 Mラップの魅力って何? ラップの魅力・・・駄洒落だよね?
E油断するとどうなる? 普段だいたい油断してるよ? N俺のオーラ何色? え〜〜〜〜・・・み・水色。
Fお前はいままで食ったパンの枚数を覚えているか? (食い気味に)覚えてない! O正しいと思うバナナの使い方は? 食べる。
G運命の赤い糸って食べられる? 食べられないね。 P今後チャレンジしたい山は? 富士山。
H何年目から食えた? だから食えねぇつってんだろ! - -

確かに普段はあまりしないような質問ですが・・・新たな神谷さんを引き出す内容かというと微妙な処ですね。ちなみにCの答えは本当は「B5」で、Lの「バッハ」がこの放送のエンディングに影響しました。( ´艸`)クフフ

次に小野さんへの質問。

@家にある一番無駄なものは? 阿修羅像。 H一番エロい眼鏡の使い方は? ・・・・・・・・・ねぶる。
A金になる特技は? モノマネ。 ITwitterを始めました。さて最初になんて呟く? 今日もまた自己嫌悪、はい。
B小野くん的に今年の総選挙は何位だった? え〜〜〜〜っとね・・・2位! J挟まってみたいサンドイッチは? BLTサンド。
C一番萌えるコンビにはどこ? ミニストップ。ハロハロ。 Kピカソの魅力はなんだと思う? え〜〜と・・・色使い。
Dいまお前の後ろに誰がいると思う? クレイジー・ダイヤモンド。 Lいま何色のパンツ被ってる? ショッキングピンク。
Eヤマト?佐川?郵パック? もちろんヤマトです。 Mもし女の子にプレゼントあげるとしたら何? ん〜〜と〜〜・・・花束。
F宇宙に対するイメージを一言で? ヤマトです。 N好きなリズムは何・何・七拍子? (大爆笑してから)三・三・七拍子。
G架空の動物で一番テンションがあがるのは? ユニコーン。 - -

@の答え「阿修羅像」は家に2体あるから。Aの答えでは・・・たぶん田中邦衛さん?のモノマネを披露して神谷さんが大爆笑。Bの総選挙第1位は羽多野さんだそうで(笑)。そもそもの質問が可笑しいのばっかですね!

でもこれ、オフ会とかでやったら面白そうです。《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ〜

Dear Voice

「オノD!\ワッショイ!/オノD!\ワッショイ!/抱いて!\ワッショイ!/オノD!
\ワッショイ!/・・・・・・・・・ハッ!夢か・・・ 」

番組史上初めての多重Voice!相変わらず無駄なところに力を使いますね、この番組!

エンディング

バッハの曲で始まったエンディング。晩年の作だから初期の頃とは違う・・・などとムード有り気な会話をなさってましたが、ぶっちゃけ番組の雰囲気とは完全にミスマッチな感じでした(笑)。


第278話「ここのタイトル実はみんなそんなに楽しみにしてないですよね?」

OPトーク

8月に突入して夏真っ盛り!そんな話題で始まる第278話。
夏っぽいことをしているか?という問い掛けに「してませぬ!」とキッパリ答えた小野さん。そもそも暑いから夏が嫌いだそうで、以前から夏が好きだと仰っていた神谷さんとは正反対の意見でした。これも毎度の発言ながら「夏至を過ぎたら夏が終わり」などとボソボソ呟く神谷さんは、短い夏を楽しまなければと考え・・・なぜか毎日短パンを履き続けているそうで、この回の収録時には"宇宙柄"の短パンを履いていらっしゃいました。ちょうど股間の辺りにブラックホールらしき模様があるのが面白かったらしいお二人は「アンタの股間がブラックホールなのか!」などと話して大はしゃぎ。夏のこの時期、神谷さんは収録の合間を見つけては外に出て空を眺めたりしているそうで、7時過ぎても明るい空を見てテンションが高くなるなどと話し、小野さんに「おじさん!」と笑われてしまいました。そして小野さんが出した結論は「何もしてない夏」でした(笑)。

ふつすと

「DearBoy祭ついに来た〜!4LOこそ参加できたものの、DGS公開録音にはシルフ・アニメロ・番組への三口応募するも毎年はずれ続けています。そんな僕は、いつしかツイッターなどで、男性限定のDearBoy〜Stories〜のイベント開催を願う呟きを定期的にするようになってしまいました。先日ナンジャタウンに行った時も、DearBoy〜Stories〜のイベントが開催されますようにと短冊を書いてきました。それがついに実現。僕の念願かなう!と思っていたのも束の間、神谷さん「いつか」ってなんだよ〜!開催しましょうよ!下ネタ祭しましょうよ!いつかいつかきっと、お二人による男性限定イベントが開催されることを期待しています。僕みたいなDearBoyもきっといるはずなので、懲りずにまたメールしたいと思います」

ちょっと苦笑ぎみに「下ネタ祭ってなんだよ」と呟く神谷さん。お二人としてはもっと高貴な、紳士的なイベントを目指しているそうで、全員スーツで着てもらうとか、葉巻に悪戯に火をつけてゴホッゴホッとなる、シルクハット一丁でもいい・・・などと楽しげに話した後、これだからダメなんだ!と大笑いされてました。仮にDearGentleman〜Stories〜になった場合、きっと恋の達人たる八木橋くんが大活躍なのだそうで、八木橋くんやお二人の知る恋愛の手練手管を語るとか、集まったGentlemanたちの体験談を聞くなどゆる〜い感じの恋愛トークにしたいとのこと。そりゃあ女人禁制だと仰る神谷さん曰く「男性の恋のテクニックは女性に知られたら大変」なので、録音も撮影もしない、来た人だけが内容を知るイベントになるのだそうです。まぁ・・・実現の可否はともかくとして、お二人がすっごく楽しんで行うイベントになりそうですねw

Deargirl情報

●8月25日〜26日に開催される真夏のアニソンの祭典『Animelo Summer Live 2012 -INFINITY-』。アニサマ公式モバイルサイトでは、出演者の意気込み待受を無料配信中。もちろん小野さんの待受も配信中です。

ガルスタ談話室

『電撃Girl's Style』9月号が8月10日に発売。こちらには10月20日〜21日に幕張メッセで行われる『電撃20年祭』、その21日のステージで行われるDGS公開録音のステージ観覧応募券も付いています。

第278話のお便りももちろん『電撃Girl's Style』の編集部から。

「ガルスタでは先月から、架空のスポーツに打ち込む青春部活ストーリー「プリンス・オブ・ストライド」が始まりました。そこでお二人も、何か架空のスポーツ競技を考えてみてください」

架空のスポーツ・・・ということで、DGSがこの夏一番おススメするのは「エアリア充」。なんだそれ!?と苦笑する小野さんを他所に説明されたのは、カードに書かれたリア充っぽい台詞(つまり嘘)をさも本当のように言い切って自分の精神が耐えられるかを競う、というものでした。もし耐えられず「吐血」したら負けというルールですw

「共演者だけじゃなくて、監督も全員抱いてるけどね」
・・・男の監督もですか!?と思わず突っ込んだリスナーは私だけではないはず。小野さんもそこは大いに気になったようで、言った当人である神谷さんも「これリア充じゃなくねぇか?」と苦笑されてました。
「ペット飼う余裕ねぇから。ほら・・・女で手一杯だし?」
うん、と平静に応じる神谷さんに「どれくらいいるの?」と訊かれてオタオタする小野さん。どうやら小野さんの女友達は山手線に一駅以上の数いて、そのネタに乗っかった神谷さんも合鍵をバッグで持ち歩く生活だそうです。
「昔バンドでギターボーカルやってたから」
これはちょっとリア充っぽい台詞ですが、神谷さんが以前から「歌が苦手」「ギターを触ったことがない」と話していたことを小野さんがボソボソと突っ込んでました。バカ言ってんじゃねぇよと応じた神谷さんにいわせれば、商業主義に嫌気が差さして止めた反動で歌が苦手になり、ギターに触れなくなったそうですが。
「六本木って、大人のディズニーランドだと思ってる」
アトラクションだよな〜〜などと呟く小野さんのトークは、戸惑ってるときのいつもの癖っぽいドモリ口調。ミッドタウンとかドンキホーテとか・・・これぞ六本木という名称じゃない気がするのは私だけなんでしょうか?
「なんか気付いたらさぁ、みんな俺のことハイパーメディアクリエイターって呼ぶんだよね」
そもそもハイパーメディアクリエイターという単語は、某有名人が使い始めた映像作家・文筆業・DJなど幅広い分野で活動するクリエイターのことを指す自称らしいですが。声優業・歌手・ラジオパーソナリティーをこなす神谷さんも、ある意味ではハイパーメディアクリエイター・・・??
「俺、ゴールドカード2枚持ってる」
口にしたとたん小野さんが吐血。どうやら小野さんにとっては、かなりストレス度の高い嘘のようですね(笑)。
「俺なんか、セグウェイでアフレコに行ってる」
セグウェイとは何年か前に日本にも輸入された電動立ち乗り二輪車ですが。リア充うんぬんという以前に、日本では公道での走行が許可されてませんからww
「俺くらいのアイドル声優になるとトイレに行かない」
いや、どんな美女も美男子も・・・同じ人間。出るもんは出る(笑)!

後半3つで小野さんが立て続けに血を吐き、「エアリア充」は神谷さんの勝ち。
他にも「知り合い8千人いるから電話番号メモるために携帯8台持ってるよ」とか「俺くらいになるとJR顔パス」など、これホントにリア充?と首をひねる台詞ばかり書かれていたようで、お二人とも盛大な苦笑いでした。

Dear Voice

「お前が俺の言葉をわからなくてどうする」

なんかラジオで初出した時とトーンが違ってましたけど、これを小野さんにリアルに言ってる処を想像すると・・・ちょっと萌える♪とか思ってしまった私は、腐女子の負け組みでしょうか?( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

エンディング

今夜は盛りだくさんだった・・・と語りあうお二人。チラリと見た副調整室には、渋い顔つきをした小野さんのマネージャーさんがいたようで、ふつすとでシルクハットの話が出た辺りから小野さんが居ないことになってるかも・・・と笑ってました。
さて、次週は遊佐さんをゲストに迎えての遊佐さん聖誕祭スペシャル!共闘したお二人がどんな凄いことをやらかすのか。さまざまな意味で楽しみですね!(〃^∇^)o_彡☆あははははっ


第279話「正直、加減が分かりません」

OPトーク

いよいよやってきた遊佐浩二聖誕祭スペシャル!の第279話。
8月12日がお誕生日の遊佐さんをお祝いするために企画された今回ですが、どんなことになるのかまったく分からない!と語るお二人。今まではお互いを祝ってきましたが、ゲストの誕生日を祝うのは番組初の試み。しかも遊佐さんは立場的に「祝う」側の方なので、いったいどんな風に祝われてくれるのかまったく想像が付かないという話でした。もちろん遊佐さんご本人は企画の内容を知らないわけですが、お二人の全力のお祝いがどうなるのか・・・否が応でも期待が膨らみます。( ´艸`)クフフ

遊佐浩二聖誕祭スペシャル その@

というわけで、さっそく登場した遊佐さん。
「もす! DGSファミリーなんかじゃないんだからね!」と突っ込みどころ満載な挨拶に小野さんが大うけ。
遊佐さんの登場はお正月の放送以来で、その時に決めた"今年の目標"でご本人が自分の誕生日を祝われると発言したがために今回の企画が実現したわけですが、天の邪鬼な遊佐さんは「縁もゆかりも無い人たちに・・・」などと、相変わらずファミリーじゃないアピールを続けてらっしゃいました。

そして「誕生日おめでとうございま〜す」と登場したバースデーケーキ。携帯サイトの写真でみる限りでは、たっぷりのフルーツの上に遊佐さんが「八つ裂き光輪」と称した(ウルトラマンの技の名前ですよw)・・・おそらくはホワイトチョコの飾り?が乗っかった豪華なケーキです。番組史上初の立派さにビックリしたと語る神谷さん。それを聞いた遊佐さんは「やっと人間らしいことが出来るようになったのか」とからかうように仰って笑ってました。
遊佐さんのケーキなのでお一人で召し上がっていただくのが筋ですが、お祝いなので皆で分かち合おう・・・・・・となった処で、いきなり「待った!」を掛けた神谷さん。「ケーキはカロリーが高い」⇒「小野さんはダイエット継続中」⇒「自分たちもだが、遊佐さんも健康に気をつけなければならない年齢」という論法で、今回の聖誕祭では遊佐さんに『DGSメディカルクリニック』と題した「健康」をプレゼントしようという話に。なので一旦ケーキは撤去されましたw

まずは問診により遊佐さんの健康状態をチェック!
現在の遊佐さんは健康にわりと気を使い、自転車通勤を心がけるなど適度の運動もされてるとのこと。また日ごろから尿酸値にも気を配り、自転車に乗るようになってからは休肝日を作るなどしてお酒も控えるようになったとか。ちなみにお酒を飲んだ遊佐さんは少々たちが悪いようで、この話になった時には小野さんが「焼肉屋にいったとき、すごいドSでした。腕時計を投げたり・・・」という話をされていました。さらに好物は餃子だそうで、仕事上のストレスも多く、内容の分からないラジオ番組にゲストで来ていることがストレスだと楽しそうに仰っていました。
以上の話を踏まえた上でお二人が出した結論は「栄養不足・運動不足・ストレスフル」。そこでまず栄養面を解決するためにと番組側が用意したのが、少し前の放送で話題になっていた「青汁」でした。

最近の青汁は美味しくて罰ゲームにならない!という話から神谷さんが提案していたDGS特製『美味しくない青汁』。
スタジオに用意されたのは2つは美味しい+1つだけ不味いという3つのコップに入った青汁で、番組的な必然として、3人全員でロシアンルーレット方式の味比べをすることになりました。まず遊佐さんが選んだのは中間の色味をした青いストローが添えられた青汁。小野さんが次に選んだのは一番薄い色味をした黄色いストローの青汁。そして神谷さんに割り振られたのが、最後に残った一番濃い色味をしていたというピンクのストローが添えられた青汁でした。

乾杯〜〜!と同時に飲んだお三方。結果・・・・・・「美味しくない!」と叫んだのは神谷さん。どうやら青汁の中にお酢を入れたようで、確認のために飲んでみた小野さんも「アルマゲドン」と評し、これが今週のDearVoiceとなりました。

Dear Voice

「アルマゲドン!」

DGS特製の美味しくない青汁・・・の評価ですね。(*^m^*) プクク

遊佐浩二聖誕祭スペシャル そのA

  

CMが明けてみるとスタジオにいたのは小野さんの遊佐さんの二人だけ。遊佐さんの運動不足を解消するために久々に登場したのがナマステ先輩でした。相変わらず人の話を聞かない感じのナマステ先輩は、ドSキャラに定評のある遊佐さんをも強引に誘導し、健康に聞くヨガのポーズを伝授しました。

今回行われたのは「パートナーヨガ」というもの。ラジオではよく分かりませんでしたが携帯サイトを見る限り、腰を90度曲げて向かい合った二人がお互いの肩をつかんで背筋を伸ばしあう・・・というものらしいです。その状態のままナマステ先輩と記念撮影。次に体育座りのように向き合って座った二人が互いの手をつかんで支えあい、両足の裏をくっつけたまま足を高くあげるというちょっと難しい姿勢に挑戦しました。どうやら身体が硬いタイプらしい小野さんが途中で痛い痛いと騒ぎ出し、その姿勢のまま写真を撮ると言われてさらに大騒ぎ。ナマステ先輩と遊佐さんに身体が硬すぎだと笑われていました。

そして3つ目のポーズはナマステ先輩の図解説つき。互いに左右からカニ走りしてきて、身体を斜めに傾けて人差し指をくっつけあうという、某ドラゴン的なアニメでお馴染みのあのポーズ・・・・・・フュージョン!!w
フュージョンしたことで「ゆさのすけ」になったお二人に、今週のDearGirl情報を声を合わせて読むように支持し、ナマステ先輩は帰っていきました。息のピッタリあった(?)小野さんと遊佐さんの告知は、最初こそ揃っていたものの、途中からはどっちが早く読むか的な出し抜きあいになってました。ほんと〜に笑いを心得た方々です(笑)。

Deargirl情報

●アニメロの夏恒例企画「あにめろのなつやすみ」が今年もやってきた。夏休み企画ではラジオパーソナリティーからの残暑見舞い葉書ほか、豪華プレゼントがあたるキャンペーンを実施中。もちろんDGSも参加しています。

エンディング

そしてエンディングになって明らかになった事実。遊佐さんがお帰りになってから発覚したそうですが、企画が盛り上がり過ぎて収録が1本半ぶんある!ということで、来週も聖誕祭スペシャルが放送されることになりました。


第280話「引き続き遊佐さんを健康にしていきます!」

OPトーク

先週に引き続き、遊佐浩二聖誕祭スペシャルが放送された第280話。
前回のEDで明かされた通り、遊佐さんがお帰りになった後に1.5本分の出来高があったことが判明したそうで、お二人もビックリだと笑っておられました。前回はナマステ先輩が登場し、遊佐さんに健康になって頂いた処で終わっていましたが、その後はいったい何が行われていたのか? 今回は気になるその続きからの放送です。

遊佐浩二聖誕祭スペシャル そのB

というわけで、ナマステ先輩が立ち去り神谷さんがスタジオに戻った場面からスタート。
神谷さんが居ない間にインドの人がやってきて大変だったんだよと苦笑交じりに訴える遊佐さん。それに答える神谷さんはもちろん、小野さんも「いつもそうなんですよ」と惚けたやり取りで遊佐さんを丸め込もうとしていました(笑)。

ここまでに栄養を摂り、運動をしたので、最後はストレス発散だ・・・ということで提案されたのは、アロマオイルの香りでリラックスをしてもらおうというものでした。ただし番組上もちろん普通に匂いを嗅ぐわけもなく、隣室に用意されていた3つの箱のどれかは悪臭・・・という、これまたロシアンルーレット式の落とし穴が用意された企画でした。ちなみに用意された匂いは、声優さんを意識した"ノドに良い"という「ティートゥリー」(フトモモ科メラルーカ属の常緑植物)と、"やる気を出す"という「ローズマリー」(シソ科に属する常緑性低木)、そして番組ではお馴染みのフルーツの王様「ドリアン」でした。

青汁で負けた神谷さんは「遊佐さんはお誕生日様ですから」といいつつジャンケンを主張。遊佐さん→神谷さん→小野さんの順で箱を選ぶことになりました。まず遊佐さんが選んだのは2番の青い箱、神谷さんが迷った末に選んだのは1番の赤い箱、小野さんは残った3番の黄色い箱という割り振りです。賢明なリスナーならばこの時点でオチを予想したでしょうが・・・結果まったく予想通りの展開となりました。1番に入っていたのはローズマリー、2番に入っていたのはティーツリー、そして3番に入っていたのはドリアン。悶絶する小野さんに、初めてのドリアンを体験させられそうになった遊佐さん、カメラを回す内Pさんが咳き込んだりと、当然ながらスタジオは阿鼻叫喚の有様となりましたが、それにしても小野さんはつくづくとあの果物に縁が、そしてラジオの神様に愛されたお方のようですね。ヾ(@^▽^@)ノわはは

栄養を摂って、運動をして、リラックスもした遊佐さんに感想を求めるお二人。
遊佐さんは「何を聞いてもコレをやるつもりだったんだな!?」と盛大な苦笑い。あくまで健康に出来て良かったと言い切るお二人にぶつぶつと文句をいいつつも、とても楽しそうなご様子の遊佐さんでした。

で、聖誕祭終了を告げる第280話一回目のエンディング(笑)。
いまだスタジオ内に広がるドリアン臭に苦笑いし「おっきく息をすると咳が出そう」と話す遊佐さん。そんな遊佐さんにお二人から誕生日プレゼントが渡されました。神谷さんからは自宅で使う用のお洒落なiPad立て、小野さんからは大量のカップ麺&黒烏龍茶。最後は「健康で、この一年お互いにお仕事頑張っていきましょう」とまとめて終わりました。遊佐さんはキッパリと「嫌です!」と言ってましたが、またお正月とかにゲストに来てくださるといいですね。

Deargirl情報

●アニメロの夏恒例企画「あにめろのなつやすみ」が今年もやってきた。夏休み企画ではラジオパーソナリティーからの残暑見舞い葉書ほか、豪華プレゼントがあたるキャンペーンを実施中。もちろんDGSも参加しています。

ここから通常放送分の収録というかつてないフォーマットに動揺したのか、お二人とも噛みまくり&笑い声での情報コーナーでした。この番組だからこそ許される面白さなんですけどね〜。(*´艸`)クスクス

シルフ談話室

『うたの☆プリンスさまっ♪』が表紙のシルフ10月号は8月22日発売。

第280話のお便りは『うたの☆プリンスさまっ♪Debut』の作画担当、雪広うたこ先生から。

「夏になると汗を掻いてしまい、作画をしていると液晶画面と肌の間に汗がたまります。イベントの舞台などで、お二人は汗をかかないように何かしていることはありますか?」

今回の先生のお名前は『ユッキー、ヒロ、うた、3人合わせてGo!』になってました(笑)。

汗といえば小野さん。今年は"手汗"がひどくなっているそうで、収録前の打合せでヨガを試してみた際に握った小野さんの手がビチョビチョだったと話す神谷さん。しかもご自身メンズビオレのウェットシートで拭いており、俺の手はどうしてくれる?と訴えたら使っていたそれを投げてよこした・・・と笑いながら話しておられました。

汗を掻くことよりも、汗を舐められた時に嘘の味がした時の方が恐いよね(漫画『ジョジョの奇妙な冒険』に登場するブチャラティの名言から)・・・・・・ということで、今回はDGS科学班が制作したという「嘘発見器」で冷静に嘘をつけるかを判定することになりました。厚紙っぽい嘘発見器を装着し、質問にすべて「Yes」と答えるという定番の方法です。

まず質問に答えたのは小野さん。「マウスプロモーションに所属している」「仕事が充実している」「声優になって良かった」「1億円プレイヤーだ」「脛毛を剃っている」「じつは剃れる所はたいがい剃っている」「変態すぎるという理由で事務所に怒られたことがある」「電撃20年祭の公開録音楽しみだ」「電撃20年祭の公開録音、どこまで脱げるかが勝負だと思っている」までは発見器が反応せず、後半はむしろ「鳴れよ!」と小野さんは苦笑い。そして最後の「2億円プレイヤーだ」でようやく反応したことになり、つまり1億円以上2億円未満なんだ・・・と大笑いされてました。

次に質問に答えたのは神谷さん。「青二プロダクションに所属している」「声優はたいへんな仕事だが生涯声優でいたい」「なんだかんだ言ってNow Peakが続くのは嬉しいと思う」「副業で『ラーメン神谷』を始めた」「ラーメン神谷は出汁に拘っている」とここまでは平静を装って答えられてましたが、「ラーメン神谷は鶏がらスープだ」で何故かブザー音。さらに「周りからドSだと思われている」「ラジオの前以外でもドSだ」「ベッドの上ではドMだ」「1億円プレイヤーだ」までは大丈夫だったのに、「2億円プレイヤーだ」には発見器が反応。小野さんと共に笑いながら、ラーメンのくだりは可笑しいだろ!?と文句をいった神谷さんでしたが、スープはたぶん豚で、最終的に大典さんにO.Kと言われないと出せない・・・などと、まことしやかに語っておられました。

Dear Voice

「2分あれば俺はどんな女の子でも丸裸にできるんだぜ」

なんかカッコ良さげな声と口調なんですが・・・・・・ぶっちゃけ単なるスケベ男の台詞ですよね?(´∀`;)

エンディング

前半は「遊佐浩二聖誕祭」の続き、後半は2本目という新しいフォーマットだったと苦笑するお二人。嘘発見器はまたやりましょうねと楽しげに仰っていました。さて、次週はなにやら重大発表があるそうです。まぁ〜〜〜〜時期的にたぶん歌的なアレかな?とは思うのですが、さあどんなお知らせが行われるのか、楽しみですね!


DGS各話バックナンバー

こちらは、当サイトが応援する「神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜」に登場する用語や、DearVoice、各話(放送回)のバックナンバーをご紹介するコーナーです。


inserted by FC2 system