DGS番組各話紹介

こちらでは、DGSのこれまでの各ストーリーをご紹介!
(放送を聞いて書き留めた記録です。談話室やリスナーからのお便りなどは要約した内容になっています)

第176話「IT'S A SHOW TIME!」

OPトーク

キャラホビでの公録まであと少し・・・そんな話題で始まる第176話。
その公録で行われる内容が決まったというお話でした。題して『DGS重大発表スペシャル!』。以前から「諸々の調整如何では無くなるかもしれない」と話されていた、あの重大発表がどうやら行われるようですが、ぶっちゃけ、そういう大風呂敷を広げておけば集客に繋がるという意図があるんじゃないかと話す神谷さん。観覧席に当選出来なかった人も枠外から見られるし、キャラホビの二日間とも響グッズやTシャツなどが販売される予定、さらに予告通りちゃんこさんもA&Gブース等に登場予定なので、是非遊びに来てくださいとの事でした。(o^∇^o)ノ

ふつすと

今回のタイトルになった小野さんの着ているTシャツの話題になりました。どうやら諏訪さんも色違いで貰った神谷さんからのプレゼントだそうですが、その胸には「IT'S A SHOW TIME!」の文字と英国紳士がプリントされており、この日小野さんが首に下げていた星型のペンダントが上手い具合に英国紳士の大事な部分を隠している・・・などの様子が語られていました。

そして突然の嬉しいお知らせ。なんと、春に発売されていた「DearGirlサンダー」の再販が決定したのだそうです。何しろ件のお菓子を作る為には既存のブラックサンダーのラインを一部停めねばならず、再販は厳しいと聞いていただけに、ラジオ台本を読んで初めて知ったお二人もかなりビックリしたそうです。
ちなみに今回の発売時期は10月下旬頃で、数量限定生産になる予定とのこと。それに先立って、パッケージの裏面に記載される「お楽しみDGS的なワード」の募集も再び行われるそうです(8月31日まで)。

今後の詳細情報はこちらから。⇒ 『DearGirlサンダー 有楽製菓公式サイト』

「7月25日に行われた『WORKING!!』のイベント「ワグナリア〜夏の大感謝祭〜」に参加してきました。私は夜の部だけの参加だったのですが、本当に楽しいイベントでした。神谷さんと小野さんがしきりに発言されていた、油淋鶏(ユーリンチー)・回鍋肉(ホイコウロウ)・棒々鶏(バンバンジー)には会場が大爆笑でしたね」

お二人の話によれば、そのイベントのとあるコーナーで「メニューを暗唱して覚える」というゲームが行われたそうです。そこで小野さんは自主的に”執事喫茶の店員”を選択し、やたらと難しいメニューばかりで全然覚えられず。一方の神谷さんに振られたのが中華料理の店員で、その時の小野さんの注文が油淋鶏・回鍋肉・棒々鶏の三品だったようです。そして、その時の神谷さんの読み上げ方が某ナマステ先輩風だったのが面白かった理由のようですね。(*^m^*) プクク

Deargirl情報

●8月28日〜29日に開催されるキャラホビ2010の会場で、来場者限定のDGS待受け(神谷さんと小野さんが描いたイラスト)の配信が決定。当日文化放送のブースに設置されるダウンロード用のパネルにて配信される。
●アニメロでは、8月25日に発売になる『黒執事U』キャラクターソングCDから着うたを先行配信中。
配信されているのは、セバスチャン(CV:小野大輔)が歌う「You will rule the world」「ある執事の日常」、フィニアン(CV:梶裕貴)が歌う「完全無欠超絶技巧庭師」「未来の想い出」の計4曲。CD発売日には着うたフルも配信予定。他にも黒執事Uのコーナーでは、OP/ED曲や挿入歌・無料待受けなどが配信中。

シルフ談話室

まずはキャラホビの詳細情報から。AMW乙女ブースでは、PSP専用ソフト「デュラララ!! 3way standoff」の試遊台が設置予定。PS2専用ソフト「薄桜鬼 黎明録」の試遊台も設置される。また、シルフで連載中の作品『BROTHERS CONFLICT』のほぼ等身大の11人のキャラクターが壁一面に登場。一緒に写真を撮ることが可能とのこと。
TVアニメ薄桜鬼から第一期設定資料・EDイラストシートセットなどや、DGS響グッズも販売される。

第176話のお便りは『空から!マイ☆NANNY』の作者、氷堂涼二先生から。

「夏真っ盛りですね。暑いからこそ、熱かったり辛かったりする物が無性に食べたくなります。 そういう衝動ってありますか?ちなみに私は、唐辛子がいっぱい入ったラーメンが食べたくなります」

神谷さんは「唐辛子がいっぱい入ったラーメン?」と呟いて苦笑。何となく分かるが・・・と頷くご様子。
そんなわけで今回は「衝動的に夏の辛いカレーを食べよう!」・・・・・・と行きたい所だがお二人の喉がポンコツになっては困るという事で(笑)、代わりに『衝動的に公録の内容を決める』という事になりました。それぞれ何かを言い「これで公録をやる」と思ったら衝動ボタンを衝動的に押す。ボタンを押すとB'z の『衝動』が一瞬だけ流れ、それが流れ切ったら言ったことが実行されるという流れです。

まず神谷さんが「小野くんの携帯爆破」と発言しましたが、これは小野さんが阻止。その後も「小野くんが逆モヒカンでイベントに出る」「神谷さんが舞台上でスイカボウリング(足を開いて寝そべった神谷さんめがけてスイカ色に塗ったボウリングを全速力で投げる)「神谷さんがIT'S A SHOW TIME!」「小野くんがIT'S A SHOW TIME!」「構成諏訪がIT'S A SHOW TIME!」「構成諏訪の眼鏡爆破」などいろいろ出ましたが、もちろん全部阻止されました。
結局、「小野さんがマグロの一本釣りをする」が実行される事に決定。

Dear Voice

「おまんのハートをキャッチぜよ!」

う〜〜〜ん・・・小野さんってば相変わらず無駄にエロイお声。( ´艸`)クフフ

エンディング

談話室で決まってしまった小野さんのマグロ一本釣り企画。衝動的にO.Kしたものの、いったい何をするのかと苦笑しつつ語り合っていました。どんな企画になるのかは諏訪さん次第でしょうが、まあ・・・例年の流れで行けば、最高に面白い公録になることでしょうね。29日が楽しみです!


第177話「今年のTシャツ出来がいい!
     ・・・ということで、チャリンチャリンプロジェクト復活!」

OPトーク

いつも通り、快活なお二人の挨拶から始まる第177話。
と、いきなりピンポーン「これは文化放送で聴いている方用のOPです」というアナウンス。何事かと思ったら『28日の文化放送』『29日のラジオ大阪』『デジタルラジオ再放送』のそれぞれで聴く人向けのOPが流れたのでした。確かに今回の公録は、文化放送でお聴きの方にとっては”明日”、ラジオ大阪は”終了後”、モバイル版では”先週”の出来事になるんですよね!昨年までならしなくて済んだその配慮を最初に思いついた方(諏訪さん?)に敬意を表したいです(笑)。

ふつすと

CM中にお二人で喧嘩になったという話題から始まりました。3パターン用意されたOPトーク中、小野さんがあまりに喋らないので神谷さんが文句を言っていたみたいです。そんな小野さんは、先日のポンコツ騒動以来、自分が頑張らなくても番組が進行するという事に開き直ってしまったようで、「楽になった」のだと仰っていました。・・・・・・・・・というか、何となく神谷さんをからかうこと自体を楽しんでるように感じるんですが、気のせいでしょうかね??(*´艸`)クスクス

「お二人は声優としていろんなキャラクターに声をあてていますよね? もし自分に声をあてて貰うとしたら、どの声優さんにアテレコして貰いたいですか? ちなみに私は、花澤香菜の甘い声でアテレコして貰いたいです」

花澤香菜さんの名前が出た途端ニヤケたらしい神谷さん。すかさず小野さんが話題転換し、お二人がアテレコして欲しい声優さんの話になりました。小野さんの希望は『宮本充さん』。主に吹き替えで活躍されている声優さんですが、某SF映画の主人公の声などが大好きなのだそうです。一方の神谷さんは『八奈見乗児さん』。こちらは青二プロダクションでの神谷さんの大先輩にあたる方で、ヤッターマンのボヤッキーなど多くキャラを演じてこられた声優さん。もともとの声質や口調が特徴的なので何気ない一言すら面白く感じるらしく、声を聴いただけで得した気分になるのだそうです。

「突然ですが質問です。A.好きな子の自転車のサドル、B.好きな子の家のシャワーヘッド。
もしなれるとしたら、どちらが良いですか?」

お二人とも即答で「シャワーヘッド」でした(笑)。
神谷さんは「だってこういう事されたら・・・」と立ち上がり、リスナーには見えないのをいいことに際どい仕草をしていた模様。ちなみに他の家族まで見るのは嫌なので(彼女は)一人暮らしの設定が良いそうです。

「神谷さん、今月号の声優グランプリの『LOVE♥MEGANE』という企画を見ました。まさか神谷さんのマネージャーという設定で杉田さんが・・・。その中に青二プロダクションと書いてある処に杉田さんが立っていたのですが、あれは青二プロダクションの社内なのですか?他にも何か裏話があったら聞かせてください」

神谷さん曰く、それは杉田さんからの申し出で決まった企画で、杉田さんが眼鏡を掛けた敏腕マネージャーという設定のものだそうです。ただマネージャーといっても、声優につくマネージャーさんと世間一般で思い描かれているのとでは異なっている上、杉田さんが演じたのは現実には存在しない設定のマネージャー(例えば原稿チェックする声優の真横にベッタリ張り付いていたり、陰でタレントを襲おうとする暴漢を倒していたり)。それでも杉田さんが希望するならという事で協力する事になったのだとか。ちなみに撮影されたのはまさしく青二プロダクションだったみたいです。

    

Deargirl情報

●28日・29日の二日間、キャラホビ2010の会場で来場者限定のDGS待受け(お二人が書いたイラスト)を配信中。文化放送ブースに設置されたダウンロード用パネルから。
●ニコニコ動画にて、パーソナリティー鳥海浩輔さん・安元洋貴さんの生放送が決定。その名も「今夜は眠らせない禁断生ラジオ」。鳥海さんと安元さんが「禁断」に纏わるトークをお届けするという内容。放送日は9月1日22:30〜。

シルフ談話室

「DGS響」のドラマCDの発売日が10月22日に決定! 小野さんのポンコツ騒ぎで発売延期が危ぶまれたCDですが、小野さんの収録も無事に終わって発売される事になったようです。

第177話のお便りは『同居チュウ! 』の作者、ことり野デス子先生から。

「今月号のシルフには、他の漫画の中に『同居チュウ!』のキャラがこっそり隠れています。
 お二人は何か、こっそり隠しているものはありますか?」

もちろん隠し事はいろいろあるが、なかなか言えない。そういえば・・・という流れで、小野さんが「テーブルクロス引き」の隠し芸を持っているという話になりました(実際には黒執事イベントで失敗してたりするんですが)。では実際にやってみようという事になり、スタジオにテーブルと食器類が用意されました。

ただ普通にやったのでは面白くないという事で、神谷さんのPSPと小野さんのDSもテーブルの上に追加。自分の大事なものを壊されたくないお二人が喧々囂々(けんけんごうごう)しながらも、共同でテーブルクロス引きに挑戦! 結果、食器類は落下しましたが二人のゲーム機はテーブル上に微動だにせず残るという奇跡がおきました。

最後に神谷さんの『隠し事、そんなあなたは絵を描く仕事』という駄洒落で終了です(笑)。

Dear Voice

「まだ、飲めるよね?」

公録で販売されたマグカップ(ヒロC Ver.)の底に書かれてた言葉ですね!

エンディング

収録時にお二人と諏訪さんはそれぞれプロデュースTシャツを着ていました。その出来が大変よく、上に羽織ったジレやシャツとの相性も抜群。まるで誂えたような感じで着られるので、ぜひお買い求めいただければと仰っていました。


第178話「今回の観覧応募総数2万通越え!俺たちNOW PEAK!」

今回は『神谷浩史・小野大輔のDear Girl〜Stories〜公開録音inキャラホビ2010』の模様をお届け。ラジオではカットされた部分や、李羅の主観も交えてレポートしております。
※なおハイライトしている部分は、放送ではカットされた内容です。


今回も、本番前の前説では小林ちゃんこちゃんこさんが登場しました。
ちゃんこさんは出てきていきなりマイケルジャクソンの真似らしいダンスを披露。ところが急に喉がポンコツになってしまった! ・・・という前振りで、さらにスタッフの八木橋くんが登場しました。小野さんの時と同様に、ちゃんこさんの言葉を代弁するという役割だったのですが、”ルーキーズ”という彼の立場から来たシャレだったらしいスライディング登場は、殆どのお客さんに理解されなかったみたいです(笑)。

神谷さん・小野さん登場!

お客さんのもの凄い大歓声で始まった第178話。
満面の笑顔で登場した神谷さん・小野さんのお二人は、いつもの響のツナギ姿でした。内側に着ていたのはもちろん今回のプロデュースTシャツ。小野さんは髪を短くされたようで、短い襟足にトップ&サイドを長めに残した色気溢れるカットにされていたようです。毎度お馴染み「もす!」コールの後に挨拶されたお二人は、『キャラホビLOVE!』『あくまで公録ですから』と、それぞれお茶目なファンサービス。改めて会場を見渡して観客のあまりの多さに感心しきりといったご様子でした。

今回のプロデュースTシャツですが、神谷さんと小野さんがデザインされたTシャツはほぼ完売とのこと。小野さんは思わず「良かった・・・」と呟いて会場から笑いが起きました。ところが諏訪さんのTシャツだけが若干(というか結構)残っていたようで、ステージの下にいた諏訪さんを見たらしいお二人は苦笑い。

※OPからコーナーへの間、お二人は照れくさそうに「(自分でNOW PEAK!と言うのが)恥ずかしい」と囁きあってました。


重大発表スペシャル!その@

今回の公録の内容は事前に告知されてた通り『DGS重大発表スペシャル!』。というわけで、今回はいつものシルフ談話室もお休みして、幾つかの重大発表についてのトークに終始しました。ステージのスクリーンに「DGS 新(  )発売!」という風に重要な部分を空白にした情報が表示され、その空白を埋めるという形で会話が続きます。

「新型iPhone」や「新谷良子」「新パーソナリティーになれる権利」「新橋でハンドタオルを発売」などの珍回答が続いたあと、発表されたのは「DGS 新テーマソング発売決定」という情報でした。タイトルは「Dear Girlは眠らない」で、9月29日に発売。ジャケット写真は、スタンドマイクを握ったお二人が背中合わせに立つ超クールなグラビアで、なんだこの勘違いした写真は?と苦笑する神谷さんが「ここに居る(写ってる)人と、ここに居る二人、同一人物ですよ皆さん」と呟いて会場は大爆笑。同じことをしてみる?とステージ上でポーズを決めたお二人でしたが、なんか違う?と笑っていました。
ちなみに今回の歌詞には神谷さんの目標である「酒と煙草と女と喧嘩」がサビの部分に入っているそうで、小野さんは「どうかしてる」とポツリ。まだ何も達成されてないと語る神谷さんは「何なら小野くんのケツとか蹴ります(バイオレンスの為に)」と語り、小野さんは受け入れるポーズをしましたが、その時は「後で蹴る」と呟いて話を続けました。

続いての重大発表は「神谷浩史(  )発表」。神谷さんは楽しそうに「ついに花澤香菜ちゃんと・・・」と言いかけて小野さんに否定され、同じ様に「平野綾ちゃんと・・・」「水樹奈々ちゃんと・・・」を言いかけてそれぞれブーというブザーを鳴らされていました。そんなんじゃないよと笑う小野さんが答えたのは「神谷浩史AKB48加入!」「SKB入団!」。聞いていた神谷さんは思わず「あんな踊れないよ?」と答えて苦笑いしていました。
さらに神谷さんが答えたのは「小野くんの携帯番号を発表」。ところが「番号」を「ばんぎょう」と噛んでしまい、恥ずかしかったらしい神谷さんは思わずステージ上を右往左往。他に「小野くんのプライベート動画」「小野くんの脇汗Tシャツプレゼント会発表」「小野くんに借りてるDVDの内容を発表」などなど珍回答がありましたが、正解は「神谷浩史 爆笑新作一発ギャグDearVoice発表」でした。苦手だって言ってるだろ・・・と盛大に顔をしかめた神谷さん。ただこの回答には、下に小さく「ついでに小野くんも」という文字が追加されてました。

※ちなみにこのあと、神谷さんが「新作」を「しんさつ」と言い間違えたのを小野さんがからかった時、一瞬お客さんが沸いたのは、歩み寄った神谷さんが小野さんを蹴飛ばしていたんです。


Dear Voice

そんなわけで、ここでいきなりDearVoice収録が行われる事になりました。
お二人が一発ギャグを披露し、お客さんの反応も含めて1つのDearVoiceにするというものです。(*^^*)

「神谷浩史爆笑一発ギャグ。右足の小指を折れるくらいぶつけた時の音。
・・・ガシャ! 痛て! あ〜〜〜痛てっ! ガシャっていった、いまガシャっていったよ、
普通ガシャって鳴んないしょ!? 痛ぇ! ああ・・・折れてる!」

神谷さんがやったのは、振り向きざまに足の小指をぶつけて痛がるという仕草。ひと月ほど前に実際にぶつけてガシャ!という音が聞えたのだそうで、一瞬(え?)という顔になったお客さんたちも、神谷さんの仕草の面白さに大爆笑。

「えんや〜とっと、えんや〜とっと、えんや〜とっと・・・・・・・・・・・・。
すね毛が無い!?昨日剃って来たからな!」

小野さんがやっていたのは、ブーツに埋まっていたズボンの裾を引っ張り出して生足を見せることでした。今年も剃毛処理を施してきた足は「自分でも引くくらい」と小野さん自身も仰っていた通り、真っ白で綺麗でしたよ。( ´艸`)クフフ


重大発表スペシャル!そのA

続いての重大発表は「小野大輔(  )生披露」。神谷さんの予想は「ついに女装を生披露!」でしたが、残念ながらマウスのマネージャーさんも傍にいるという事でもちろんバツ。小野さん「おいなりさん生披露」も様々な意味でバツでした。先日の番組で小野さんが着ていたTシャツの「IT'S A SHOW TIME!」のポーズをしたら?という話にもなりましたが、正面のお客さんには見えないものの、サイドで見ているお客さんには小野さんの大事な部分が丸見えになってしまうという事で、やっぱりバツでした。 正解は「小野大輔まぐろ一本釣り生披露」。スクリーンには某TVドラマ風の格好をした小野さんの「マグロ!」と言うどや顔が3パターンくらい映り、お客さんは大爆笑。ステージに本当に釣竿が用意され、小野さんがマグロの一本釣りをしながらDeargirl情報を読むことになりました。

※両手がふさがっていた小野さんは、最初テーブルの上に台本を置いていたのですが、釣りの仕草をしながらでは読みにくかったらしく足元へ移動。すると神谷さんが駆け寄ってきてそれを拾い、小野さんが見やすいように台本を支えていたのでした。


Deargirl情報

●番組新テーマソング2曲の着うたが、公録の模様が放送される9月4日25:30よりアニメロで先行配信開始。ダウンロードした方には無料待受けのプレゼントもあり。
●文化放送A&Gブースでは、キャラホビ来場者限定の無料待受け配信中。またAMWブースでは、DGS響グッズの販売やパネルの展示、デュラララ!のゲーム試遊台など用意されている。

※やがて小野さんは本当にマグロを釣り上げました。ただしそのマグロは、入野自由さんに貰ったという神谷さん私物のビニール製のもの。釣り上げた小野さんの、マグロを両手が抱えた時の仕草が妙に巧くて、本当にマグロが跳ねてるみたいな動きをしてました。

  

視覚的映像タイム

ここで、5月に行われた「小野大輔聖誕祭」で撮影されたロケの一部が公開されました。
およそ二分程度のダイジェストでしたが、かなり見応えのある内容にお客さんは大喜び。代永さんが登場したシャトー神谷や、牛久沼の映像などで特に皆さん笑ってましたね。(〃^∇^)o_彡☆ァハハハッ !

  

重大発表スペシャル!そのB

そして、映像タイムで流された映像についてのトークに。
このロケは丸1日の大掛かりなモノで、収録された内容は膨大な量になっている。今回2分程度のダイジェストに纏めるのは大変だったらしいが、皆さんは見足りないのでは・・・?という前振りで、最後に超特大のビックニュースが明らかになりました。

『DearGirl〜Stories〜THE MOVIE』劇場公開決定!

と同時に劇場版キービジュアルが公開され、まるで某刑事ドラマのような超カッコイイ姿のお二人に観客全員が大絶叫! このポスター自体がウソっぽいと笑うお二人は、本当だよ・・・と何度か繰り返してらっしゃいました(笑)。
※詳細についてはこちら。⇒ 「DearGirl〜Stories〜THE MOVIE」公式サイト

※余談ですが、この時に「文化放送ブースにてチラシを配布」と告知された為に、その後、文化放送ブースが大混乱に。あっという間にチラシは無くなり、方々で貰えた人に見せて欲しいと頼む人たちが続出していました。どんな内容か知りたい人はこちらに映像ご用意してます。

エンディング

いろいろ発表があったねと語るお二人。Deargirl情報の直前に流された小野さんの「マグロ!」映像は、神谷さんも見守る中、なんと十数テイクかけて撮った映像だったそうで。神谷さんは私物のマグロがやっとここで披露できたと面白そうに仰っていました。そして、今年も公録が行えて良かったこと、始まりが同じキャラホビだった事もあってまるでホームって感じがすると語り、劇場版公開といえば舞台挨拶・・・・・・など意味ありげな会話をされていました。


第179話「ヒロC、ゲーヒー、ハエテルヨ!」

OPトーク

9月29日発売予定の新OP「Dear Girlは眠らない」で始まる第179話。
今日からテーマソングが変わった!とテンション高めのお二人。ただ、9月上旬という残念なタイミングでの変更だとちょっとだけ苦笑気味でした。先週は公録の模様がお届けされてましたし、その時にテーマソングの発表だったわけですから、この場合は止むを得ないのですが・・・・・・「どうしてだろうね〜〜」と歯切れが悪い小野さん。じつは発売日はもう少し前だったらしいのが、小野さんのポンコツ騒ぎでずれ込んだという事情があるからのようです。
ちなみに今回の歌は「歌詞に注目」とのこと。これまでも番組に関わってこられた古屋真さんが作詞を担当されたそうですが、この方がかなりのヘビーリスナーのようで、番組のイメージを重視しすぎた所為か最初に上がってきた歌詞が”しょぼくれたオッサン”っぽくなってしまったのだそうで。それをもう少しソフトにしたのが完成品なのだそうです。

ふつすと

今回は、先日の公開録音に関するお便りが沢山来ていたようです。

「キャラホビ行って来ました。人生初の公開録音で私は枠内から見させていただきました。何といっても重大発表にビックリしました。翌日のYahoo!検索ランキングTop10に”DGS 映画”が入っていましたよ」

またしてもDGSの快挙(?)。ただ自分たちの関わらない結果なので「実感が無い」と微妙な心境を語るお二人です。

「キャラホビ行きました。残念ながら立ち見だったのですが、神谷さんの一発ギャグや小野さんの一本釣りが見れて楽しかったです。そしてまさかの映画化! 凄いですね! あのヨナガッパとの対決をスクリーンで見れるなんて。いまから心待ちにしています。映画は3Dですか?」

メールの途中から笑い始めた神谷さん。「そんな高いカメラ持ってるんだっけ?内Pは」と面白そうにスタッフに問い掛けます。もちろん今回は内田さんのハンディーカムで撮った映像なのですが(笑)。

「公開録音参加してきました。恒例のヒロCキック、オノDの生足、内Pの3メートルが見られてとっても楽しかったです。ホントにちゃんこちゃんは塊だったし、八木橋くんはスライディングでした。そしてまさかの劇場版。開いた口が塞がらないとはまさにこの事で本当にビックリしてしまい、スクリーンでポスターを見てさらにもっとアングリしてしまいました。正気ですか? ラジオが映画化・・・というか、お誕生会の様子を映画館でとか前代未聞過ぎて本当に凄い事だと思います。絶対に観にいきます」

言われてみればその通りだと苦笑するお二人。確かに「お誕生会の様子をホームビデオで撮ったものを劇場に掛けるって、バカかって感じ!」と神谷さんが仰るように、前代未聞の企画ではありますけどね。(*^m^*) プクク

    

「公録お疲れ様でした。そしてまさかの映画化。モバゲーでもその日にニュースに取り上げられてて凄い盛り上がりでしたよ。ツイッターも凄かったらしいですね〜。最後に二つ、八木橋くんがガチでカッコ良かったです。彼はテライケメン構成作家に続く”テライケメン・ルーキー”ですね」

ぶっちゃけ、李羅もカッコイイなと思った件の八木橋くんは、神谷さんに促されて「ありがとうございました」と照れた様子でお応え。それに爆笑したお二人の話によれば、いつもオシャレな服装をした好青年なのだそうです。きっと来年の公録辺りではもっとフューチャーされるんじゃないですかね、彼?

    

「キャラホビDGS公録お疲れ様です。今回初めて参加したのですが、すごく楽しかったです。Tシャツや響グッズが欲しかったのですが全部売り切れで、結局買えなかったのですが、再販などはしないのですか? それと諏訪さんのTシャツはどうなりましたか?」

「完売したんですか!?」とビックリの神谷さん。拍手をし胸を撫で下ろしたご様子の小野さん。プロデュースTシャツも、響のグッズも、便乗して置かれていた昨年のテライケメンマスクもどうやら売り切ったようです。とここで、スタジオに置かれていたダンボールの中身に言及。箱に入っていたのは残念ながら売れ残ってしまった諏訪さんTシャツ計169枚(40万円相当)。苦笑したお二人は仕方ないからと、一枚ずつ着てみる事にしました。V字になった胸元が結構深く切り込んでいるため「女の子が着たらおっぱい見えちゃうね」とちょっと嬉しそうに仰る神谷さん。そしてふと、同じくTシャツに着替えた小野さんを見て「だらしねえ身体だな!」と苦笑交じりに突っ込んでいました。

とここで、公録受けての情報が幾つか告知されました。
まずひとつには、公録で完売となったプロデュースTシャツが超A&Gショップにて再販が決定したこと。そしてもうひとつは、公録で発表された通り「劇場版DGS」が10月23日より池袋シネ・リーブルにてレイトショー公開されること。何故DVDではないのか?という疑問については、内Pさんがもともと映画監督になりたいという夢があったから・・・だそうです。(だからってDVD通り越して映画化って・・・まさにアングリですね。( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ)
ちなみに今回は池袋の映画館だけですが、これが人気であるようなら延長や全国展開される可能性もあるとのことで・・・関東圏リスナーの皆さんが気合を入れなきゃですね!

Deargirl情報

●本日より新しくなった番組テーマ曲「DearGirlは眠らない」「軌跡」が早くも先行配信中。ダウンロードした方には、神谷浩史&小野大輔待受けを無料プレゼント(待受けは曲ごとに絵柄が異なる)。
●アニメロにて、好評発売中のPSPゲーム『VitaminX Evolution Plus』主題歌「ヴァレンティ スナイパー」の着うたを先行配信中。歌っているのは翼と一(CV:鈴木達央&小野大輔)。ダウンロードした方には受けをプレゼント。
●アニソンLOVEな女子に送るライブ『アニサマGirlsNight』。奥井雅美、May'n、飛蘭など豪華アーティストが出演するアニサマGirlsNightは、10月31日「Zepp OSAKA」、11月3日「Zepp TOKYO」の2daysで開催。チケット一般発売中。

シルフ談話室

第179話のお便りは『ひそひそ-silent voice-』の作者、藤谷陽子先生から。

「ひそひそには歳の差コンビ的な要素が含まれていますが、 お二人は年齢の離れた知り合いとはどんな付き合い方をされていますか?」

先生からは以上のご質問でしたが、今回は公録の裏話トークになりました。

話によると、今回の公録でお二人は、前日に神谷さんの車で一緒に幕張へ向かったのだそうです。ところがあと少しで高速を下りるという段階になって小野さんが急に「おしっこがしたい」と言い出し、高速を下りて急いでガソリンスタンドへ入るという出来事があったのだとか。しかも(あと5分で漏れるかも)というくらい差し迫った小野さんは、気を紛らわすためにカーステで流していたデュラララ!のOPテーマを大声で熱唱し始めたり、スタンドで用を足した後なぜか自販機のパンを買っていたり(じつは到着後すぐにスタッフと食事をする約束をしていた)と、かなりフリーダムな言動をしていたそうで。
神谷さんは喧々と語りつつも、困った奴だと苦笑されてるご様子でした。まあなんというか・・・小野さんがそれだけ甘えられるほど、お二人が仲良しだって事なんでしょうね〜〜。( ´艸`)クフフ

Dear Voice

「ごはんにする? お風呂にする? それとも俺と・・・IT'S A SHOW TIME!する?」

最後のフレーズは囁くようにというリクエストだったそうですが、それって・・・どうなんでしょうね(笑)?

エンディング

エンディング曲も「軌跡」に変更されていました。今回はお知らせが沢山あったが、なんと言っても一番は映画化の事だろうかと語るお二人。文化放送の歴史の中でもかつてない出来事だろうと苦笑しつつ、宜しくお願いしますと口を揃えました。


第180話「西野力(りき)Tシャツ即完売!」

OPトーク

先週から新しくなった番組テーマソングの話題で始まる第180話。
お二人的に気になるといえば、3曲目(リスト的には5曲目)に入っている「Dance Girl Samba」のこと。サンバディレクションこと構成作家・諏訪さんによれば、この曲を聴く時だけは是非イヤホンで、他に誰も居ない部屋で聴くのを推奨とのこと。どうやらこの曲の始めの部分で爆笑せずには居られないほどヒドイ(面白い?)台詞が入っているようで、諏訪さんの説明を聞いていたお二人も「心当たりがある」と笑い出しました。さあ・・・どんな事になってるんでしょうかね(笑)?

ふつすと

「Newシングル発売決定おめでとうございます。ジャケット見ました。お二人とも凄くカッコイイですね! いまから楽しみです」

確かにジャケットはいかした感じに写っていると話すお二人。ジャケット写真の完成形を見たのは公録の時がホントに最初で、思わず「うわぁ!」となったとか(確かに公録時のお二人は大爆笑してらっしゃいました)。話によれば、今回はテーマに沿って用意された貸衣装での撮影だったそうですが、スタイリストさんの拘りが半端なく、特に神谷さんの履いていた先の尖った黒い靴もじつは裏側が真っ赤なものだったそうです。おかげで良い感じの写真に仕上がったと仰っていました。

「今回の映画化本当に驚きました。私は代永さんの大ファンで、代永さんが出たと知ってからDGSを聴くようになりました。それからDGSもお二人もファンになり、毎週欠かさず聴いています。映画絶対に見に行きます。映画関連でチャリンチャリンする時はぜひ、代永グッズもお願いします」

そろそろ「秋の代永」の企画時期だし、カッパグッズも良いのでは無いかと話す神谷さん。釣られて笑いながら「こんだけ貢献してるのに秋しか出れないんですね」と小野さん。ちなみにそんな代永さんは今回の映画化をご存じなかったそうで、聞いた時にかなりビックリされていたようです。

「公録お疲れ様でした。私は会場でチラシが貰えなかったので、次の日シネ・リーブル池袋まで貰いに行って来ました。その時私の隣に居た、おそらく映画がご趣味なのだろうお婆ちゃんが、他のいろんな映画のチラシと一緒に劇場版DGSのチラシも取って行きました。これでDearGirlの幅が広がりましたね」

映画館でも配ってたんだ・・・と呟く神谷さん。確かに劇場のフライヤー(つまり宣伝チラシ)は、映画を観にいった方々が何の気なしに持ち帰ったりする(小野さんも宮本充さんが吹き替えをしている某映画を知ったのは劇場のフライヤーきっかけだったとか)ので、重要ですよと小野さんも強調されていました。ちなみにこのチラシ、なんと牛久浄苑でも配布される事が決定しているそうで、地元である神谷さんはちょっと複雑な心境のご様子でした(きっと神谷さんのご両親も・・・)。

とここで、先週に引き続いて再びのお知らせ。
10月23日より池袋シネ・リーブルにて公開予定の「Dear Girl〜Stories〜THE MOVIE」。数量限定の前売り特別鑑賞券は9月25日(土)より発売される。チケットは特別価格\1500。

Deargirl情報

●9月29日発売の番組新テーマ曲「DearGirlは眠らない」。番組終了後よりOP曲の着うたフルの先行配信がスタート。ダウンロードした方には、着うたの時とは異なる写真を使用した神谷浩史&小野大輔待受けを無料プレゼント。

シルフ談話室

11月22日発売予定のシルフ11月号には公録のレポートが掲載予定。サンプルの雑誌をご覧になっていたらしいお二人は苦笑いで、写真満載の楽しそうなレポートだと仰っていました。
そしてDGS響のドラマCD第二弾『暗黒響編』が10月22日発売予定ですが、オンラインショップ「電撃屋」の購入特典として、オリジナル差し替えジャケットが付いて来る(Amazon、アニメイトでも予約可)。ちなみにこのドラマCDではコミックのエピソードはもちろん、その後を描いた新作ストーリーも収録されているとのことです。

第180話のお便りは『薄桜鬼(アニメ公式コミカライズ版)』の作者、ひらく椥先生から。

「学校によってはそろそろ修学旅行な時期ですね。お二人は修学旅行は何処に行かれましたか?
何か思い出深いエピソードがあれば是非お聞かせください。ちなみに私の思い出ですが、友人達の学校はオーストラリアとか韓国とかの海外だったのに、私の学校は九州一周とかだったなぁ・・・という事です」

神谷さんも小野さんも修学旅行で行ったのは京都・奈良。ただ小野さんの行った時はちょうどストリート・ファイターUが流行っていた時期だった為、ついゲームセンターに入り浸ってしまったそうで。おかげで京都・奈良の思い出といえばゲームセンターになってしまっているようです(笑)。

男の子の修学旅行といえば枕元で話す恋話などが定番だったりするが、きっと女の子も同じだろう・・・・・・ということで、何故かここで「ヒロ子ちゃん」「ダイ子ちゃん」が登場しました。二人の女の子トークは、

『杉田くんは好きだけど、何処を見てるか分からない時がある』
『ヤング先輩も好きだけど、寂しがりの度が過ぎてる』
『楠先輩は、これからは寒くなるからちょうど良いかな(暖かいから)。でもかなりトンコツだから私が太ってしまう』
『オッキー先輩は超良い人、だけど・・・』
『梶きゅんは、だってイニシャルがK.Yなんだもん』
『てらしーは眼鏡を外して、前髪を上げると誰だか分からないのが残念』
『東地先輩は超最高!グラサンを取るとホントに優しい眼をしてる』
『KJ先輩(藤原啓治さん)はゲーヒー、良い身体してる。でも常にサンダル』

などなど、お二人の身近な声優さん方に対する印象が如実に分かる内容となってました(笑)。

Dear Voice

「お前のことなら何でも知ってるぜ」

第177話のシルフ談話室で、小野さんのテーブルクロス引きについて話してた時の台詞ですかね。

エンディング

今回のシルフ談話室は酷かったねと苦笑いしつつ語るお二人。
「いろんな男性声優のソフト悪口」と表現して笑った神谷さんでしたが、小野さんの仰るとおり「大好きだから」、名前の挙がった方々とお二人が仲良しだからこその愛情の裏返しなんでしょうね。( ´艸`)クフフ


DGS各話バックナンバー

こちらは、当サイトが応援する「神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜」に登場する用語や、DearVoice、各話(放送回)のバックナンバーをご紹介するコーナーです。


inserted by FC2 system