DGS番組各話紹介

こちらでは、DGSのこれまでの各ストーリーをご紹介!
(放送を聞いて書き留めた記録です。談話室やリスナーからのお便りなどは要約した内容になっています)

第166話「ダイエット本・・・シルフで出しませんか?」

OPトーク

以前番組内で持ち上がったダイエット企画の話題で始まる第166話。
「デブ撰組のデブ方歳三」こと、ちゃんこちゃんに辻斬りされたのはひと月ほど前の話。その時は控え目に拒否られたものの、お二人の真摯な説得の甲斐あってか一応ダイエットに励んでいるそうで。ご本人曰く「顎が出来た」「ズボンにベルトが必要になった」程度には痩せたそうです。ガリガリになるまでは大げさにせよ、健康の為にも、神谷さんが仰ったように『体重計に載って何キロか分かる』処までは頑張っていただきたいものですよね。私も応援しております。(*^^*)

ふつすと

開始早々、半笑い気味になっていた神谷さん。今週こそは先週と同じ轡は踏むまい(小野さんが「お稲荷さん」の話題に拘ってグダグダになったこと)との決意を固めていたみたいです(笑)。

「私はこの前あった"デュラララ!"のイベントの昼の部の方に参加させていただきました。座席が抽選だったのですが運良く前で見ることが出来ました。相変わらず神谷さんは花澤香菜ちゃんにデレデレでしたね。小野さんのMAX立ち良かったです。デュラララ!に関してもいろいろな話を聞くことができ、オリジナルの朗読のシンデレラも凄く面白かったです」

しみじみとした口調で「確かにデレってた」と神谷さんに告げる小野さん。神谷さんも「しょうがないじゃん」と呟きます。ただ小野さんは、そのイベントを通じて神谷さんの気持ちが分かったそうで、ご自身も骨抜きにされたと仰ってました。
デュラララ!のイベントは、件の「MAX立ち(参考記事はこちら)」があったのは昼の部、夜の部ではアフレコが終わった後に変なポーズをするのが流行ったそうです。ちなみにその「MAX立ち」というのはアニメ第2話の台本のト書きに書かれていたものだそうで、その話題から「きっとこんなポーズでは?」とお二人がステージ上で再現してみせる流れになったようです。そのポーズは声事協のイベント(日本声優事業社協議会-JSYCC主催"声優フェスタ春〜声の大饗宴〜"のこと)で、神谷さんにお尻を蹴飛ばされた小野さんがしていた「ふんぬ!」の仕草だそうで、さらにその姿勢のまま「ダメかね?」とちょっと偉そうに呟いてみるのが小野さんの現在のマイブームだとか(笑)。

「お二人も出演されてるデュラララ!の平和島静雄と折原臨也のイメージ香水が出るみたいですね。静雄の『抗うことのできない魅力溢れる香り』、臨也の『知的な色気に包まれる香り』だそうですが、DearGirl〜Stories〜響のヒロC・オノD・テライケメン司令官はどんな香りがするのでしょうか?」

お二人とも香水に関してはご存じなかったようで、そもそもアニメ画面や小説からは"匂い"は感じ取れないものなので、声を担当しているだけの自分たちにはよく分からないと仰っていました。そして何故か「DGS響」の方に飛んだ香りのイメージということで、原作者である諏訪さんが(筆談で)話に加わりました。それによればヒロCのイメージは「ブルガリ」、オノDのイメージは「エゴイスト」、テライケメン司令官は「猫汁」だそうで。笑っているうちに、最終的には三人とも「ブルガリの何か」という事になっちゃいました(笑)。

Deargirl情報

●アニメロの『ラストランカー』コーナーにて着信ボイスの配信がスタート。毎週木曜日にジグ(CV:神谷浩史)、ファズ(CV:中村悠一)の着信ボイスを追加している。同コーナーでは、会員向け待受け画像やカウントダウンFlashを配信中。
●アニメロ初の乙女ブランド・DearGirlプレゼンツ『大和彼氏 -YAMATO KARESHI-』が8月より配信決定(関連記事)。電撃Girl's Styleとアニメロがコラボした超大型企画で、シチュエーションドラマとノベルが楽しめる携帯コンテンツ。こちらには神谷さんが「結城静也」役、小野さんが「高岡矢太郎」役で出演予定。さらに主題歌をGRANRODEOが担当。キャラクターデザインはニコニコ動画でお馴染みの「ゆのみ」さんが担当される。
※PC・モバイル共通公式サイトhttp://yamakare.jp/

シルフ談話室

いつもの作品紹介中に小野さんが担当した"可愛い男の子"について、さっそく「お前がやったのは完全にババアだろ!?」と突っ込みを入れる神谷さん。しばらく黙ってからしゃがれ気味に「・・・ダメかね?」と呟いた小野さんはたぶん、どや顔をされてたんじゃないでしょうかね?(*´艸`)クスクス

第166話のお便りは8月号から連載スタートする『空からマイ☆NANNY』の作者、氷堂涼二先生から。

「お二人は、無性に肉親や兄弟に甘えたい、頼りたいと思うことはありますか? ちなみに私は、ひどく体調を崩した時に実家の母が恋しくなります」

体調を崩した時にひとりでベッドに横になっていると(あ・・・オレこのまま死んじゃうかも)ってたまに思う、と仰る神谷さん。そんな時は愛猫のにゃんこ先生が乗っかってくるようです。一方の小野さんもやはり体調を崩した時は不安になるそうで、特に喉を痛めた時が(焦って)汗をかくと仰っていました。

作品名にもある「NANNY」とはプロのベビーシッターの事。という訳で今回は、神谷さんにNANNYの素質があるか否かを見極める為、子供役の小野さんの質問にどう答えるかの検証を行うことになりました。ちなみに今回の検証が神谷さんだけなのは、遙か昔(第18話)神谷さんがお休みして杉田さんがピンチヒッターで来ていた時に、小野さんたちはすでに経験済みだから・・・だそうです。
そしてさきほど神谷さんにババアだろ!?と詰られた「男の子」で神谷さんに質問する小野さん。

『どうやったら赤ちゃんは生まれてくるの?』
『お前の方が知ってるんじゃないか? お前に借りたDVDをまだ返してないけど、アレをみたら分かるんじゃないか?』

『人気声優なのになんでモテないの? 人気声優じゃないの?』
『人気声優かどうかは分らないけど、モテない事は確か。何か問題があるのかも。
逆にダイスケから見て問題がありそうなところはある?』


『休みの日はどんな過ごし方をしているの? 特に夜は?』
『休みの日は10時ごろに起き、昼のニュースを見、何もせずにボンヤリと過ごすうちに夜の12時になっている。
そしてそこから台本チェックを始める』

答えに窮したり都合が悪くなるたび、何故か某NIGHT HEADの弟風に頭が痛くなる小野さん(笑)。NANNYの素質を見極める質問のはずなのに、まったくそれらしい答えはせず逆に小野さんを追い詰めてる神谷さん。
で、結局NANNYの素質は見極められたんでしょうかね?(^▽^;)

Dear Voice

「こんな時間まで寝ているなんて、女子としては最低だぞ。このお寝坊さんめ」

先週に引き続き、本来のDearVoiceらしい甘〜〜い台詞ですね。(*´∀`)ウフ

エンディング

もう160回以上この番組をやっているが、小野さんが回す(番組を進行する)ってことをあまり率先してやってなかったのが今回発覚した・・・と話す神谷さん。なぜ神谷さんばかり仕切ってるのかと思っているリスナーも居るかもしれないと言う神谷さんに、小野さんはキッパリと「居ない」と答えました。まあ・・・第1話からのお二人の遣り取りを思えば、小野さんが仕切りが苦手だってのは一目瞭然って感じに分りますけどね(笑)。


第167話「ヒロC、パペットで中二プレイ」

OPトーク

シルフ月刊化に関する話題で始まる第167話。
今更のように「月刊化って凄い!」を強調する神谷さん。(つい先日7月号が発売されたのに)来週火曜日にはもう8月号が発売される!こんな(短い)スパンで動けるのか、誰かは(原稿を)落としてる、本当に大丈夫なのか、8月号は某写真週刊誌ほど薄くなってるかも・・・などと不穏な会話が続きます。それはともかく、今月発売のシルフには「オノDの立体ストラップ」が付録として付いてくるという事で、一足早くサンプルを使っている小野さんは本当に出来が良いと仰っていました。そして同じく次号に関する極秘資料的なモノを見たお二人のリアクションの意味とは??

ふつすと

「先日の第165話ですが、あまりにもお二人が"おいなりさん"を連呼するので、放送中に何回お二人が"おいなりさん"と発言したか数えてみました。結果、小野さんが17回、神谷さんが30回"おいなりさん"と言っていました。放送後にTwitterやGoogleで『DGS、小野』と検索すると"おいなりさん"という言葉がズラリ。ブラックサンダーの次は稲荷寿司とコラボでしょうか?」

メールを読んでる最中に思わず「あんたの方が言ってんじゃねーか!」と突っ込んで笑い出した小野さん。読み終わった神谷さんも、あれ?と呟きつつ苦笑いでした。ここぞとばかり「ダメな人だ」とからかう小野さんに、("おいなりさん"を繰り返したのは)意味合いが違うだろうと弁解する神谷さん。途中からお爺ちゃんっぽい喋りになって喋ってましたが、その正体は応募者全員サービスの『白にゃーさんもふもふスリッパ』だったようです。スリッパを二つ折りに持ってうなぎ犬(天才バカボンに出てくるキャラクター)のようにして遊んでいたようで、さらにそれを両手に持った神谷さんは「お前の事が好きだ」「私も!」とパペット同士をディープキスさせて、そんな自分自身が面白くなったのか爆笑し始めてしまいました。

「こないだの"おいなりさん"放送、小野さんはおいなりさんって言葉しか知らないのかな?ってほど連呼されていましたね。ところでDGS放送後、たいてむさんのTwitterのアイコンがおいなりさん(食べ物)に変わっていました。よほど気に入ったのか、その後のツイートもおいなり関連ばかりでした。たいてむさんはDGSが好きすぎると思います」

聞いていた神谷さん・諏訪さんが爆笑。小野さんは、先日大典さんのブログにも掲載されていたエピソードについて語り始めました。それによると、とある作品で大典さん・置鮎さんと共演予定があり、その現場で会った大典さんに、持っていたおいなりさんと一緒に写真を撮ってくれと頼まれたのだそうで。その話をしている最中、悪乗りした神谷さんは「たいてむのおいなり」を連呼して前回と逆になってるじゃないかと小野さんに突っ込まれて大笑いしていました。そして話題の大典さんはとてもノリノリだったようで、その二日間くらいTwitterなどで話題にした他、「犬のおいなりさん」などの言葉を次々生み出して遊んでいたようで、そんな先輩をバカだな〜〜と語るお二人も、とっても楽しそうにされてました。

そして話題は「オッキー タイテムのRADIOアニメロミックス」の話題に。そのラジオを聴いていて小野さんは「ちゃんとしちゃダメだ」と思ったそうで。それを聞いた神谷さんは、再びパペット口調で「こいつ(神谷さんご自身)がちゃんとしてない時はどうするんだ」と訊ねます。でも小野さんに言わせると『ちゃんとしてない神谷さんとちゃんとしてる俺だったら、ちゃんとしてない神谷さんの方がちゃんとしている』そうで、言われた神谷さんの方も、一瞬黙りながらも「強く否定する事は出来ない」と納得してしまいました。今週も稲荷寿司を手にしていたらしい小野さんの主張はつまり、しっかり者の神谷さんとお調子者の小野さんというバランスが重要・・・というような事だったんでしょうかね?

Deargirl情報

●好評発売中のPSPゲーム『VitaminZ Revolution』の着うたフルがついに配信スタート。今回配信になったのは天と千(KENN&前野智明)が歌うOP主題歌「本能ハリケーン」ゲームサイズ。

シルフ談話室

シルフ8月号は6月22日に発売。その8月号にはオノDの立体ストラップや、薄桜鬼の小冊子第二段が付録についてくる。そしてさらに、7月号で発表されたシルフドラマCDレーベルの第一弾「DearGirl〜Stories〜響 暗黒響編」の朔夜と望のキャストが紙面上で発表されるとの事。さ〜〜〜〜〜〜て、大方のリスナーが予想するあの方々なのでしょうか、楽しみですね!

第167話のお便りは『死神DOGGY』の作者、山本佳奈先生から。

「今回の新連載では、死神が1つ願いを叶えてくれます。もしお二人が、願いが叶うとしたら、 どんな事を叶えてもらいたいですか?」

神谷さんは「花澤香菜ちゃんとデートしたいです」と小さくポツリ。諏訪さんはマンションが欲しいそうです。特に諏訪さんの願い事を聞いた小野さんは「あんたガチか」と苦笑。それぞれ願い事は沢山あるものの、折角なのでDGSに関係した事にしようという話になり、DGSの昔話的な話題になりました。ところが「小野くんのカズダンスをもう一回」とか、「オノDの脇汗の歌(中山美穂さんの『WAKU WAKUさせて』のパクリ?)」とか、神谷さんの「ジャパネット高田のモノマネ」「動きだけで笑いをとったあのネタ」など、いずれも初めて聞く過去話で、要するに思い出のネタという名の無茶ぶりですね。もちろん過去の放送でそんなネタは一度も出てきてません(笑)。

Dear Voice

「ナイス☆ド変態」

自意識に続く、素敵罵りVoiceですね(笑)。そして「俺はダウンロードするよ」と仰ってた小野さん、どんだけ神谷さんのツンが大好きなんでしょうか?(〃^∇^)o_彡☆ァハハハッ !

エンディング

なぜかグッタリと疲れた素振りのお二人。「最近の放送はちょっと酷いね」と呟いて苦笑する神谷さんは、先々週から続くおいなりさんトークが不味かったと仰います。単に放送事故的な意味合いかと思いきや、どうやらあの放送を聴いた直後に神谷さんとスタッフのたむたむさんが、小野さんも愛読する「究極!!変態仮面」のコミックを買ってしまったという裏エピソードがあったそうで。つまり小野さんの発言に影響されてしまったという話ですね(笑)。


第168話「今そういうの流行ってるの? ハーフパンツ!」

OPトーク

珍しく神谷さんまで自主的に歌う「シルフ8月号持ってきての歌」で始まる第168話。
シルフ8月号には、DGS響のドラマCDに新キャラクターとして登場する暗黒響「朔夜」と「望」の声優さんが発表されていました。その声優さんとは、朔夜役=置鮎龍太郎さん、望役=代永翼さん! 前番組を担当されている置鮎さんが参加ということで、大典さんゴメンなさい的な会話を続けるお二人。一方の代永さんはめでたく「秋の夜長」ネタと「ヨナガッパ」以外で大手を振ってDGSに参加できるキャラがつき、自分達にとっても嬉しい事だと話されていました。

ふつすと

「ヒロCのゲーム好きは有名ですが、持っている特殊コントローラーの中で一番高いのは何ですか?」

神谷さんの答えは「無い」でした。昔はバーチャスティックや、電脳戦機バーチャロンのツインスティックなどを持っていたそうですが、最近のゲームは殆ど普通のコントローラーで操作できるので特殊なコントローラーは買わないのだそうです。ただ、コントローラーの数でいうとダンボール一個分(歴代ゲーム機のモノが全部入っている)持っているとの事。ちなみに、捨てて後悔しているのはセガサターンのスティックだという話から、なぜか神谷宅の要らないものの"仕分け"という話題になりました。蓮舫さんならぬD舫がモノで溢れ返っている神谷宅に再訪問して要らないモノをどんどん仕分けしよう。どうしても捨てられない物(ゲーム機)は小野さん宅に引き取り。衣装や靴は、諏訪さんが(ほぼ同サイズなので)リアルに欲しがってたようで、何曜日が暇?とか具体的な話が出てきて苦笑する神谷さんでした。ちなみにそんな神谷さん、最近は燃えるゴミの日に、あえて何か一個を普通のゴミと一緒に捨てるという事を実践しているそうです。

    

Deargirl情報

●DearGirl〜Stories〜コーナーでは、番組のレポートと写真を掲載している。アニメロ会員になるとオマケ写真とレポートのバックナンバーも見られるようになる。さらにDearVoiceの着信Voiceも好評配信中。番組も丸ごと聴ける(前回分)。

シルフ談話室

月刊化してシルフ8月号がただいま好評発売中。DGS的にはドラマCDのキャスト発表があったり、オノDのストラップが付いたりと賑わせていますが、ここでお二人的に引っ掛かった企画が1つ。なんと大手アニメイトが独自にDGSグッズを販売する事が決まったとの事。そのグッズは、机に貼り付けて使えるシールマウスパッドやファスナーアクセサリー、デコ・カスタムステッカー、クリアファイル、ミニクロックなどで、価格帯は\315〜\840と学生にもお求め安い価格。こんなグッズ展開をされたら自分達に敵う訳がない、その隣でTシャツ\2500とか高さが目立つ・・・などと暗く話すお二人は、いよいよCCPならぬTTPも此処で終了ですねと苦笑しました。

第168話のお便りは『クラノア』の作者、久遠あき先生から。

「クラノアは、失われた記憶を取り戻さなければ消滅してしまう女の子が登場しますが、 お二人にはあえて消してしまいたい記憶はありますか?」

消してしまいたい記憶〜〜?と呟く神谷さん。いきなり「俺ぐらいの完璧声優になると、そうそう失敗とかはない!」と大見得を切り始めました。それに乗っかった小野さんも「僕も正直・・・パーフェクトなんで失敗なんてしない」と呟き、そして最近のお二人の合言葉『だって俺たち、人気声優だから!』と声を揃えました。(〃^∇^)o_彡☆ァハハハッ !

というわけで(?)今回は、後日「消してしまいたい記憶は?」と聞かれた時に備えるという名目で、わざと失敗してみるという事になりました。その後のフリートークでは小野さんが『小野坂』『平川大輔』『浪川大輔』などに呼び間違えられ、小野さんは席を立ってマイクから外れて「オーランド・ブルームで〜す」ポーズをし、他にも『セルフ』『キュン萌えトキメキ男子コミック』『週間セルフ』『ナスキーメディアワークス』と来た果てに、『新連載・BLEACH!(たぶん死神繋がりで「死神DOGGY」の言い間違えのつもり)』まで言ってしまい、結果いつも通りの大失敗となってしまいました(笑)。

Dear Voice

「俺のおいなりさん、駄目かね?」

まあ確かに数週間ずっと話題になってましたが、やっぱりこの単語はリクエストされるんですねww

エンディング

後枠冒頭がフニャフニャした発音になってしまい「疲れた」と呟く神谷さん。シルフ談話室でずっと笑ってたのが響いたようです。小野さんは「失敗しても良いというのはいいね」と仰ってましたが、ただ自ら進んで失敗しに行くと終着点が分からなくなるというのが神谷さんの意見。それに同意する小野さんも「集英社を推し過ぎ」と苦笑していました。


第169話「今年もオサレエンペラーあらわる!」

OPトーク

七夕直前の放送という事で、今年もお二人は浴衣をまとっての収録となった第169話。
今年も神谷さんは、内Pさんから「浴衣を用意できますか?」メールを貰っていたようです。その所為で小野さんの処にもひと月くらい前から浴衣確認の連絡を着ていたそうですが、お二人ともまた新たにお求めになったんでしょうかね? そして小野さんは浴衣に加えてファンから頂いた扇を持参されてたようです。携帯サイトのレポートによれば、着付けの際にいろいろ遊んでいたようですが、今年は小野さんのマネージャーさんのおかげで無事に浴衣を着られたとの事でした。

ふつすと

今回は七夕恒例という訳で、事前に書かれたスタッフ一堂の願い事が発表されました。毎年、小野さんの書かれた短冊が何かしらの形で実現しがちなので、いわゆる「オノNOTE」の時間だと語る神谷さん。今年は幾つ実現するでしょうかね?

  • 「女性声優からメールが来ますように」(by:ヒロC)
    近頃では(もしやケータイが壊れてるのでは?)と思うほど、女性声優さんからの連絡は無いと語る神谷さん。小野さんは「モテてないだけ」と面白そうに突っ込んでました。
  • 「薄桜鬼に出られますように」(by:ヒロC)
    だって人気だしカッコイイし、ヒロインが桑島法子さんだし!と強調する神谷さん。でも件の作品は史実を元にしたアニメだけに、あまりキャラクターが増える予定も無く・・・。
  • 「舞台化、アニメ化」(by:オノD)
    これはモチロンDGSの事ですね。舞台化となるとカッコイイ俳優さんが来るからと小野さんは仰いますが、半笑いの神谷さんは「やめた方がいいんじゃない?」とボソリ。
  • 「DGSオンリーイベ」(by:オノD)
    つまりDGSだけのイベントですよね! 小野さんの予定では公録、もしくは前説がお二人で本編がアニメ化もしくは舞台化だそうですが、それは目的が完全に本末転倒してますね。ファンとしてはむしろ、神谷さんの口から出てきてくれた「歌!」の方に期待したいですよね。
  • 「けして禿げない」(by:諏訪さん)
    今のところ禿げそうな気配も無いのですが、密かに気にしてらっしゃるんでしょうかね?
  • 「お休みが無くても元気で居てくれますように」(by:小野さんのマネージャー)
    ていうかお休みが無いのが前提って・・・小野さんそれでいいんですか?(;・∀・)
  • 「シルフ隔週刊化・・・くらいのつもりで、ちゃんと毎月刊行」(by:シルフ編集者さん)
    実際のところ月刊化でも厳しいのに、それはかなり無理があるような。
  • 「DearなGirlの力で、アニメロ会員倍増」(by:D社たむたむ)
    神谷さんは「露骨」とバッサリ。こんな願い事するという事は、じつは数字が下がってるんじゃないの?と疑ってらっしゃいましたが、どうなんでしょうね??

Deargirl情報

●好評発売中の『Starry☆Sky 〜in Spring〜 Portable』のED曲、いとうかなこさんが歌う「Star-Crossed」の着うたと着うたフルShort.Verを独占先行配信中。同コーナーではOP曲も配信中。
●アニメロの『LAST RANKER』コーナーにて、Voiceドラマ「旅立ちの決意」を期間限定無料配信中。こちらにはジグ役の神谷さんも出演中。他にもジグやファズの待受け等を配信中。

シルフ談話室

第169話のお便りは『BROTHERS CONFLICT』の作者、ウダジョ先生から。

「自分とだけ会話できるリスがいたら、どんな事を喋りますか?」

神谷さんは普段から、ニャンコ先生に話し掛けるのが習慣なので違和感が無い話題のようです。でも小野さんは普段ペットを飼っていないので、じゃあ飼っているというエチュードをやってみよういう事になりました。小野さんの「シアワセナリス」をBGMに、神谷さんが扮するリスと苦笑交じりに会話する小野さん。「リスがリストを見る」とかシャレを言いつつ、リスの悩みについて語る神谷リス。そして何故かクイズ、というかなぞなぞに。「リスが好きなオシャレアイテムは?」「リスが一番みたい映画は?」「リスを逆さにすると何になるか?」などなど。

どうでもいいですけど、最近神谷さんいろんなキャラをどんどん作ってませんかね??(*^m^*) プクク

Dear Voice

「僕の願いごと?それはね、キミとずっと一緒にいれますように・・・ってさ」

七夕らしい、じつに萌え〜〜〜なVoiceですね。(^ー^* )フフ♪

エンディング

小野さんより「おれパラ2010」のイベント開催が早くも決定したよいう情報が提供されました! そして浴衣放送だったお二人ですが、特に浴衣っぽい会話にはならず、むしろゆるゆるな放送になった・・・と苦笑するお二人です。


第170話「♪ジーレー♪ジーレー 3人ジレだー♪」

OPトーク

すっかり梅雨で蒸し暑い・・・そんなトークで始まる第170話。
DearなGirlは体調を崩したりしてないだろうかと(会話から察するところキメ顔で)語る神谷さん。小野さんはご自身もすでに若干夏バテ気味だそうで、だから心配だと仰っていました。そして台本にお二人の事を"オジサンたち"と書いていた、じつは神谷さんと同い年の構成作家・諏訪さんも、やっぱり体調不良気味のようです。暑さで食欲も無く「松屋の豚焼肉定食」や「CoCo壱番屋のチーズカレー甘口」を食べるのが限界だったと何故か関西訛りになる神谷さん。でも安いから!と返す小野さんは、最近「フレッシュトマトカレー」をよく召し上がっている様子です。

ふつすと

「シルフ8月号買いました。先月のヒロCストラップ同様、オノDもめっちゃ可愛いです。汚れるのが嫌でなかなか使えず机の上に大事に置いています。ところで本誌の響で、オノDが"おいなり"と書かれた台本を3冊持ってるシーンがありました。あのおいなりさん発言からそんなに日が経ってないのにネタを拾う素早さに驚き、そして吹きました」

改めて8月号を眺めながら「ホントだ〜〜」と呟く小野さん。確かに漫画ではオノDの手に「おいなり学園」「おいなり太郎の冒険」「おいなりブンブン(?)」と書かれた台本が握られてます。そして一方のヒロCが持っているのは「ザ荒川区」「ワハハハ!」「カッパの管理人さん」といった、近々のアニメのパロディ的なタイトルの台本で、いわさき先生はリアルタイムでラジオを聴いてくれてるんだね・・・とお二人とも改めて感心された様子でした。

「シルフ8月号読みました。暗黒響のキャストは誰なんだろうとワクワクしながらページを捲ったら、置鮎龍太郎・代永翼という文字が! ちょ、ナニコレ!? オノDの誕生日に代永さんが来たり、オッキー・タイテムとの絡みは壮大な前振りだったのですか? なんにせよ楽しみな事には間違いありません。できたらタイテムも出してあげてください、もちろん猫のたいてむ役で」

リスナーさんは代永さんたちの事を前振りだったのでは?と憶測してましたが(神谷さんもスタッフに狙ったのかと訊ねたそうですが)、実際にはまったく偶然のキャスティングなのだそうです。ちなみに猫役で出してあげてといわれた大典さんはゲームの方でちゃんと役を持っていて、むしろ一番可哀相なのは小野坂さんだという神谷さんの指摘に一瞬シーンとなりました。最近は番組的にも名前が忘れられがちな小野坂さん、さっそくオノNOTEに「今年ドラマCDに出る」と書き込まれましたが、果たしてどんな役が振られる・・・というか本当に実現してくれるでしょうか(笑)?

Deargirl情報

●超アニメロの薄桜鬼コーナーにてドラマCD「薄桜鬼〜新選組捕物控〜」の配信がスタート。毎週土曜日に続々と追加配信中。さらにPS3版『薄桜鬼 巡想録』の主題歌もCD発売に先駆けて先行配信中。

シルフ談話室

シルフ9月号は7月22日に発売予定! DGS響は『灼熱のビーチで勃発する「響」と「暗黒響」の激熱サマーバトル!』という予告がされており、これはどういう事かと話すお二人。神谷さんは「ビーチで暗黒響と響が戦うんじゃないの?」とまんまな事を、小野さんは「ビーチバレー?」などと仰っていましたが、さあ果たしてどんなお話になるでしょうか?( ´艸`)クフフ

第170話のお便りは『神々式☆アカデミー』の作者、暁かおり先生から。

「最近、蒸し暑い日が続いていますね。お二人は夏といえば何が楽しみですか? ちなみに私は、アイスクリームを食べながら高校野球を見るのが大好きです」

なるほどね〜〜と呟いた神谷さん「でも高校野球が始まると夏が終わる気がする」といつもの神谷さん理論を仰っていました。とはいえ夏の楽しみは色々あります。例えば夏場のビーチであったり(行かないけど)、バケーションだったり(行かないけど)。一方の小野さんの夏の楽しみはといえば「グッズ作り」・・・という事で、今のところイベントの予定は無いものの、グッズを作ろうという話になりました(ただし昨年の失敗に懲りてグッズは無し、Tシャツのみ)。

そんな訳で、事前に神谷さん・小野さん・諏訪さんの3人が考えたTシャツのデザイン案が披露されました。
まず神谷さんは、今までもDGS用語を英訳したモノが売れているという事実を踏まえ、今年の神谷さんの目標である「酒と煙草と女と喧嘩」を英訳した「Drink Girl Smoke and Violence!」。縦に並べると頭文字が「DGS and Violence!」になるというもの。ちゃんとDGSらしさもあって、神谷さんらしいアイディアという感じです。

続いての諏訪さんはアメリカンカジュアル風で、真ん中にSOSと書かれており、その上にアルファベットで「KO KA TSU」、下に「Give me idea」と書かれたデザインでした。つまり続けると「KO KA TSU SOS Give me idea」。切実じゃないかと神谷さんたちは思わず笑い出しました。

そして最後に小野さんのデザイン案。まず出てきたのは過去のノウハウを生かしたという「wkasck(wkas+ck)」Tシャツ。全然学んでないその案に思わず笑い出した神谷さんでしたが、すぐにその紙を丸めてポイしちゃいました。それではと次に登場したのは表に「TAITEM」裏に「OKKII」と書かれたもの、トンコツの絵柄と文字が書かれたもの、「西野カナ」と書かれたものなど複数でした。いずれも却下されてしまい、最後にと出されたのが表に「I ♥ DG」裏に「I ♥ AMW」と書かれた比較的マトモなアイディアでした。まだまだ一考の余地があるとはいうものの、どうやら今年の小野さんTシャツは、買うのに恥ずかしくないデザインに仕上がる様相です。

Dear Voice

「ちゃんとしてない神谷さんとちゃんとしてる俺だったらちゃんとしてない神谷さん
の方がちゃんとしてる」

まるで早口言葉みたいですね。(*´艸`)クスクス

エンディング

エンディングに至っても小野さんはTシャツのデザインをどうしようかと悩んでいました。それに苦笑する神谷さんも居残りだと告げつつ「もう一捻り欲しい」と仰っていました。小野さん曰く「直球、ありのままの自分(アイディア)の方が良い」との事でしたが、それに対して神谷さんがボソッと呟いた「ぜ・・・全裸か?」に思わず笑い始めてしまいました。果たしてどんなTシャツが出来上がるのでしょうか??


DGS各話バックナンバー

こちらは、当サイトが応援する「神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜」に登場する用語や、DearVoice、各話(放送回)のバックナンバーをご紹介するコーナーです。


inserted by FC2 system