DGS番組各話紹介

こちらでは、DGSのこれまでの各ストーリーをご紹介!
(放送を聞いて書き留めた記録です。談話室やリスナーからのお便りなどは要約した内容になっています)

第151話「もう大好きだから、こっちにきなさい〜〜っ!」

OPトーク

ようやく「熱愛S・O・S!」が発売!という話題で始まる第151話。
発売日が一度延期になった所為もあってか、「やっと出たね」と語り合うお二人の声は苦笑気味でした。発売されたCDは、お二人が両手で銃の形を作って『バキューン♪』ポーズをしているオレンジ色のジャケットで、素敵な仕上がりになってます。ちなみにレコーディング時のエピソードを例の如く「あまり覚えていない」と語る神谷さんですが、このジャケット写真の撮影と、超A&Gスクールカレンダー用の撮影、そして『ねこまっしぐら』を収録した日が同じだった為、朝から一日中DearGirlな日だったそうで。どうでもいいですが、最近ホントにお二人セットでの出演多いですよね。(*´艸`)クスクス

ふつすと

「小野さん、『涼宮ハルヒの消失』の舞台挨拶でやってくれましたね! 大人気声優・平野綾ちゃんに、『今回古泉・・・いや僕は、ハルヒ・・・いや綾ちゃんを愛していいですか? いいんですか?』という告白。結果は見事に振られたようですが。普段から二言目には「綾ちゃん可愛い」と言っている神谷さんはともかく、小野さんまで引きつけてしまうなんて、平野綾ちゃんは本当に罪深いですね」

苦笑しつつ「あれ? 最終的に綾ちゃん最高みたいなメールですか?」と苦笑まじりに呟く小野さん。綾ちゃんと聞くと口調が変わる神谷さんは「何の問題が?」と惚けた調子で返しました。小野さんの話では、舞台挨拶の場で収録時の気持ちなどを語るのが苦手なので、茶化すつもりでやってみたら意外に凹んだ・・・という経緯だったそうす。

さらに残念な事には、劇場挨拶で撮影された写真が、後に確認したら小野さんの姿だけ見切れてしまっていたそうで。端に小さく写ってたかもという写真もあったようですが、一部のネットの紹介記事では完全に居ないことになった写真もあったらしく、それについても結構ショックだったようです。ちなみに神谷さんは、その話を中村さんから先に聞かされていたそうで、同じく中村さんから教えられてその事実を知ったという小野さんは、『涼宮ハルヒの消失』ならぬ『小野大輔の消失』だと呟いて神谷さんたちを笑わせていました。
ちなみにその写真は、現在は殆どのサイトで修正されてるようです。幾らなんでも失礼ですもんね。(^▽^;)

「いつも僕は、彼女と一緒に毎週楽しく聴いています。早速ですが小野さん、僕の彼女は貴方にぞっこんです! どのくらいぞっこんかというと、小野さんの雑誌はすべて揃え、CDもすべて持ち、DVDも揃え、彼女は僕よりも小野さんしか見ていません。前に『彼女、小野大輔にメロメロなんですよ』というVoiceが彼女の携帯から流れて、僕は唖然としちゃいました。小野さん、あんまり僕の彼女を貴方のVoice、そしてハンサムでメロメロにしないでください。このままだと僕は、小野さんとヨガファイヤーしなくてはなりません」

「いや〜〜しょうがないよね」と若干嬉しそうに呟く小野さん。彼女を虜にされてしまったリスナーさんにしてみれば「小野大輔ふざけるな」という気持ちなのでは?と語る神谷さんは、このリスナーさんだけの秘密と前置きして、小野さんのダメな処を話し始めました。『小野くんは脇汗だけじゃなく、腹汗も凄い』は昨年も話題に上がったネタですが、その流れで語られた『写真の二人を見比べた人は十中八九「小野くん太った?」と言う』という話の方が、心に響く気がします(笑)。
神谷さんの弱点は?と訊かれた神谷さんは、逆のパターン(自分の彼女が神谷さんにメロメロだという苦情メールが来る)もあるかもしれないからという小野さんに、反対に"小野さんから見た弱点"を訊ね返しました。しばらく考えた小野さんの結論は『無い』。普段他人に弱味を見せないようにしているからと笑う神谷さんは、小野さんだけに教えるよと「トイレが近い」という秘密を打ち明けました。普段から2〜3時間ある映画や舞台では困っているようで、「ハルヒの映画が全部観れない(160分という長い映画なので)じゃないですか」と訊ねた小野さんに、楽しそうに「だから小野くんの出てるシーンになったらトイレチャンス」と答えました。思わず「言うと思った!」と叫んだ小野さんともども爆笑。『腹汗声優と頻尿声優』と自身で皮肉ったお二人は、「それでも俺たちは人気声優だから!」と新たな名言を生み出してさらに大爆笑。

ていうか神谷さんも小野さんも、お・・・面白すぎる。゚・(。つ∀≦。)・゚・。ギャハハ!

Deargirl情報

●アニメロでは、好評発売中の『Kiramune Music Festival 2009 Live DVD』から一部楽曲のムービーを配信中。神谷さんは「full count」のPVフルと着信ムービー、「名もなき花」「優しい風」の着信ムービーを配信中。
●発売中の「熱愛S・O・S!」から、カップリングの「どもども、ナマステ先輩です」の着うたフル配信がスタート。

シルフ談話室

番組の重大発表があるというシルフVol.12は3月23日に発売。次号の付録には、TVアニメ化が決まった「薄桜鬼」の下じきと、これまでシルフに掲載されたカラーイラストを収録した小冊子が付いてくる。そんな告知の中、お二人の手元には『DGS響ビジュアルファンブック』の綴じ込みポスターのサンプルが届いていました。曰く、サンタさんの格好をしたヒロCとオノDが描かれた可愛らしいイラストだそうで、リスナーにとってはさらに待ち遠しくなる情報ですね。

第151話のお便りは『VitaminZ』の作者、三島一彦先生から。

「そろそろ卒業シーズンですね。心に残る卒業式ってどんなものでしょうか? 皆がキュンとするような卒業式エピソードがあれば教えてください」

リスナーにも卒業する人がいるだろうが、この番組を卒業するのだけは止めてくださいねと苦笑するお二人。
今回は卒業証書を入れる筒を使って、蓋を取った時に「スポン!」という音がするか否かで、この番組を「一旦」卒業するか否かを判定するという企画をやることになりました。その結果、神谷さんは『卒業』、小野さんも『卒業』、ディレクター仁平さん『残留』、諏訪さん『残留』・・・・・・ということで、めでたく二人のパーソナリティが卒業することに。DGS第二期は僅か20話にして早くも終了することになってしまいました(笑)。

Dear Voice

「お嬢ちゃんお嬢ちゃん、ミカンあげちゃうよ〜〜。おや、メールが来たようじゃ」

なぜミカンおじさん??? 単にミカン一箱が話題になった時の神谷さんが、リクエストしたリスナーさんの胸に刺さったという事なのでしょうが・・・皆さんホント変わったVoiceが好きですねぇ。

エンディング

神谷さんと小野さんが一旦卒業・・・ということで、番組始まって初めて構成作家諏訪さんによるエンディングでした(笑)! 携帯サイトに掲載された、諏訪さんだけがポツンと残った光景はかなり見物でしたね。(*^m^*) プクク


第152話「スタンド編、突入!」

OPトーク

「初めまして!」という挨拶で始まる第152話。
先週の151話で番組を一旦卒業してしまったお二人は、改めて番組に入学!という体でDGS第三部に突入したわけです(笑)。さて今回の放送が3月6日という事は、DearGirlサンダーの発売までもう間もなくです! 関東・関西のコンビニや全国アニメイト、超A&Gショップでも発売されるのですが、こんな機会は滅多にないので是非コンビニでDearGirlサンダーを探して欲しいと話す小野さん。それには神谷さんも「僕らも、スタッフ全員マスト!」と大いに頷き、ブースの外にいるスタッフにも「コンビニに入ったら必ず探すように」と念を押していらっしゃいました。
そして改めて「番組のグッズが普通にコンビニで買える」という事が凄いことだと感慨深げに語り合い、もはやDGSの番組を知らない方でもいい、田村ゆかりさんや平野綾さんの番組、鈴村さん&岩田さんの番組や、森久保さん&寺島さんの番組の合間でたまたま聞いた方でもいいので是非買って欲しい!と土下座の体で懇願するお二人でした。ヾ(@^▽^@)ノわはは

ふつすと

「いよいよDGサンダー発売ですね! アニメイトで早速予約してきました。20個はちょっと多いので友人と分け合う予定です。ちなみに私は兵庫のとあるアニメイトで予約したのですが、DGサンダーの推しっぷりが半端無かったです。まず歩いて見えてくるのがデカデカとラミネート加工されたヒロCとオノDの写真(しかも2枚)。響の二人のイラストが使われるものがあったりと、一瞬あまりの推しっぷりにビビリました。それに店員さんが考えたのか、二人の写真のものには『ドリアンより美味しいかも』とかの台詞が入っていました」

非常に嬉しいことだけど(番組を)知らない人が見たら、ドリアンより美味しいと書いてあっても(意味がないのでは?)・・・と呟く神谷さん。他の番組の合間に聞いている方にもアピールしなければという小野さんの言葉に、俄かに意気込む神谷さんですが、その時だけ何故か声を荒げると指摘され苦笑します。(どうやら番組が第三部に突入ということで、某漫画「第三部」のイメージで声を荒げる小芝居だったみたいですが)

「私は怒るとわりとすぐ顔に出たり態度に出たりします。大人の喜怒哀楽は露出が5割と聞いていたのですが、お二人はどうですか? ヒロCは何となく怒るのを想像しやすい気がしますが、オノDはさっぱりです」

大人の喜怒哀楽は露出が5割?と不思議そうに訊ねる神谷さん。二人に一人は喜怒哀楽を表に出さない、というか大人の対応をしているという事だろうと語り合います。そんな中、神谷さんの怒っている処は想像しやすいというお便りに「そんなことは無い、温厚ですよ」と答えた神谷さん。思わず苦笑したそんな小野さんは、神谷さんから見ていても確かに「怒」と「哀」の部分を見せない人に映っているようです。小野さんご自身も「気楽」だけかもと仰ってました。人間ですから「怒哀」が無い訳では無いでしょうが、確かに小野さんが怒っている姿というのは・・・想像し難いですね。後ほど神谷さん曰く、「怒ると暴力に訴える」そうですが(神谷さんの二の腕をふざけて拳で殴った事があったようです)。(。´-ω・)ン?
逆に神谷さんは「楽しいこと嬉しいことが最近あまり無い」と呟いて何故かいきなりテンションダウン。神谷さんを怒らせてみようかと「顎に海苔が・・・」と指摘した小野さんに「ヒゲだよ!」とやっぱり張り気味に叫ぶ神谷さんでした。
ちなみにそんな神谷さんが泣くほど笑ったのは、前日に見た「カードバトラーできお(映像制作チーム”人材ナンバーグ”の自主制作アニメ)」のアニメーションだったそうです。


※視聴にはニコニコサイトのIDが必要になります。

Deargirl情報

●アニメロでは、ついに受賞者が発表になった第四回声優アワードの受賞者全員のサイン入りポスタープレゼントを実施中。アニメロ系声優アワードコーナーにて募集中。コメントムービーも近日配信予定。

ユーラク談話室

第152話はスペシャル版として、有楽製菓さんの工場からのTV電話の生中継!

愛知県豊橋市にある有楽製菓さんの工場に向かったのは、ジョニー・デブこと小林ちゃんこちゃんこさんと、いつもビデオカメラを構えていることでお馴染みの内田プロデューサーさん。実況によれば、食品を扱う清潔な場所という事で白衣を纏っての中継だったそうですが、ちゃんこさんは有楽さんが5Lを用意されてたのにも関わらず横幅が足りず、2Lの服を二枚を前後に着てガムテープで止めている状態。内Pさんはサイズがあったそうですが若干丈が足りないかなぁという状態だったとか。なるほど〜〜〜〜〜お二人とも、本当に大きな体なんですねぇ。(^▽^;)

さて、いままさにDearGirlサンダーが包装されている場所に居たちゃんこさん。目の前でもの凄いスピードで箱詰めされていく感動的な様子を伝えてくれます。そして「DearGirlサンダー貰っても良いですか?」という言葉に、わざわざ機械を止めて、仕上げの為の冷却をしたばかりのチョコを手渡ししてくださる工場の方。渡されたチョコを頬張って嬉しそうなちゃんこさん。それをスタジオのテレビで眺めながら聞いていた神谷さんと小野さんも、ちょっと羨ましそうに語り合っていました。

ちゃんこさんのインタビューに答えてくださったのは、以前番組にもゲストとして登場した伊藤さんと、開発担当の鈴木さんという方。「初恋はいつですか?」という神谷さんの質問には「秘密です♪」「幼稚園の時に初キスを奪われた」など気さくに答えてくださり、DGサンダーを開発する上での苦労した点については、有楽の社長さんに味に対する合意を取り付けるまでが大変だった旨などを話してくださいました。そして工場長の高橋さんは「塩の投入方法などで揉めたが、完成に漕ぎ着けて良かった」と語り、それを聞いていたスタジオのお二人はやはり大変なんだと感心した様子で呟いていらっしゃいました。

TV中継されたのは番組が収録された夜の事だったようですが、終電に間に合わなかったらしいお二人は、果たしてその後、野宿せずに済んだのでしょうか? そして愛知県の名物である「ひつまぶし(ウナギをおひつに盛り付けたもの)」など召し上がったでしょうかね??(*´艸`)クスクス

Dear Voice

「ひーろーしーくーん」

神谷さんを呼ぶにしても、何故にダミ声???(^▽^;)

エンディング

ちゃんこさんの生中継について語るお二人。「(チョコレートだらけなので)天国にいるみたい」だというちゃんこさんが幸せそうだったと笑い合っていました。


第153話「第四回声優アワード、投票してくれたみなさん、本当にありがとう!」

OPトーク

先日3月8日に発売されたDGサンダーの話題で始まる第153話。
アニメイトの予約ランキングで一位になったり、超A&Gでも度々品切れになるなどDGサンダーは大好評! 構成作家の諏訪さんが某アニメイトに売れ行きを見に行ったら、超デカデカと宣伝されていたそうですが、傍らに大量のDG5 TシャツやWaks Tシャツが売られているのを見て凹んで帰ってきたのだとか(苦笑)。ちなみに期間限定となっている商品ですが、各地のコンビニでたくさん売れたら有楽さんが増産を考えてくれるかも? 本当にそうなったら良いですよね!!

ふつすと

秋葉原UDXにて行われた第四回声優アワードの受賞式にて、小野さんが主演男優賞を受賞されました。身に余る光栄だとしみじみした口調で呟く小野さんですが、主演男優としては第三回で受賞した神谷さんが先輩でした。そういわれて俄かに先輩芸人っぽい態度をする神谷さんです。(*´艸`)クスクス

「熱愛S・O・Sを買いました。『熱愛S・O・S』はカッコよく、『ねこまっしぐら』は胸がキュンキュンするくらいお二人が可愛かったです。さて、ナマステ先輩の人生最初で最後のキャラソンですが、ナマステ先輩が大好きになるほどの出来ばえでビックリしました。「カマスゼ カーマ・スートラ カーマ・スートラ」※カ行用語集参照 ですが、よく分らないのでウィキペディア先生にお世話になりました。ナマステ先輩がどれだけ日本女性が好きなのかがわかりました。関連用語に四十八手があったのには触れません」

くだんの「ナマステ先輩」は、ちゃんと諏訪さんの台本だったそうで・・・・・・ということはカーマ・スートラを挟んだ張本人は諏訪さんなんですね(笑)。そして着うたと呼ぶには疑問の残るあの曲は、小野さんが会話に加わった辺りからがサビだったそうです。もし紹介としてサビだけ配信されるとしたら、あの会話から? ちなみにアニスパにもナマステ先輩は生出演されてましたが、自信をつけた彼はまた出演する可能性があるかもとの事です。(*^m^*) プクク

Deargirl情報

●アニメロではDearGirl〜Stories〜の着せ替えツールの配信がスタート。対応はDocomoのみ。
着せ替えツールとして使われているサンプル画像を改めて確認したお二人は苦笑い。熱愛S・O・S用に撮った写真のアナザーカットで、リスナー的には素敵な写真ですが、お二人にとっては「どうかしてる」??

シルフ談話室

次号シルフVol.12は猫人間せんせい先生のノベルが掲載予定。大丈夫かと訊ねられた諏訪さんは「うん」と力強いお答え。
発売が楽しみですね〜〜(*^^*)

第153話のお便りは『従者の学校』の作者、松山花子先生から。

「いままで食べたことのある最もまずいものって何ですか? 私は数年前のバレンタインの時期に買った、スペインのショコラテェによる和のテイストのチョコ(味噌・醤油・抹茶味)です」

「いままで食べたことのある最もまずいもの」と聞いてお二人が思い浮かべるのは、やっぱりドリアン!
でもその一言で終わってしまっては、番組にならないという事で、今回も諏訪さんお得意の問題のすげ替え「KMZIカウントダウン! 気まずい瞬間ベスト3」と題し、お二人の体験談を発表するという事になりました。

第三位の小野さんの気まずいことは『携帯』。アニメの収録中に携帯電話が鳴ってしまったこと。
気まずさを誤魔化す為にタモリさんのモノマネ(ミュージックステーションの曲を着メロにしていたので)をして、さらに気まずい雰囲気になってしまったことがあるそうです。それに相槌を打つ神谷さんも経験があるそうですが(絶望先生の収録)、そこでリカバリーしようと絶望先生の口調をしたところ、やっぱり気まずくなってしまったという話でした。

第二位の神谷さんの気まずいは『すね毛』。昨年発売された「ハレノヒ」のPVで、半ズボン姿の神谷さんの足には確かにすね毛が生えてました。それをプロデューサーに指摘されたそうです。すね毛といえば小野さんですが、そんな小野さんに「(観てくれる人、そして小野さんに)失礼だから」ダメ出しされて神谷さんは苦笑。次回は検討するようです。

第一位は小野さんの『ダウンタウンDX』。ある日のダウンタウンDXの番組中で、AKBのとある1人が「黒執事を観ており、小野さんのファン」という話をしていたそうで、小野さんは置鮎さんから先に聞かされていた。その後、神奈延年さんにあった時に胸倉を掴まれて同じ話をされたそうですが、先に置鮎さんから聞いていたのでレアな反応が出来なかった、その瞬間が気まずい雰囲気になったのだそうです。

Dear Voice

「手を上げろ! ・・・確保♥」

神谷さんの「確保」・・・・・・・・・も・萌えた。(〃▽〃)キャー♪

エンディング

改めてDGサンダーについて、コンビニで見かけたらぜひ「確保」してくださいと繰り返すお二人。たぶん収録は発売前じゃないかと思いますが、さてお二人はコンビニでお求めになれたんでしょうかね??


第154話「酒、煙草、喧嘩、熟女」

OPトーク

ラジオ大阪で聞いている方へのお知らせ・・・から始まる第154話。
いままで土曜に放送されていたDGSが、4月2週目から日曜23時からの放送に変更になるそうです。・・・というお知らせをしたところで「この番組4月以降続くんだ・・・」と呟いた神谷さん。スタッフから『改変乗り切りました!』的なアクションが無いのかと苦笑されてましたが、ともあれDGSは、めでたく4年目に突入するようです(笑)。

ふつすと

今週は、以前小野さんの高知土産に対して募集された「こんな龍馬は嫌だ!」なお便りが披露されました。

「マカロン、大好きやきに!」

"洋菓子好きな坂本龍馬"を想像して苦笑いのムードが漂う中、そもそもマカロンは何処の(国の)お菓子かと訪ねる神谷さん(ご想像通りフランスのお菓子ですが)。ただ、坂本龍馬といえば新しい文化を積極的に取り入れた事で知られる人物だけに、洋菓子好きも有りがちなのでは?という意見も出ました。

「ドスギアノスに・・・負けたぜよ」

え〜〜っと、モンスター・ハンターに登場するモンスターの一種でしたっけ? 「戦ったんだねぇ・・・」と苦笑するお二人は、その流れで、モンハンをやってないDearGirlには分らない会話をしばらくされてました。

「左手がサイコガンぜよ」

聞いた途端に吹き出した神谷さん。「それコブラ(という漫画の主人公)だもん」と呟いて、龍馬じゃないと苦笑しました。妻の楢崎龍(おりょう)さんが、レディやジェーン・キャサリン・ドミニクの三姉妹の代わり??(*^m^*) プクク

    

「好きな子のリコーダーを拝借するぜよ」

女の子のリコーダーをぺろぺろしてる龍馬を想像したらしいお二人は、「やだな〜」と呟いて苦笑。

「妻のおりょうにビンタをされるたんびに、ちょっと興奮するぜよ」

ご本人にどこか通ずるものがあるのか、この龍馬は「好き」と話す小野さん。どうやらコブラの流れからの発想らしいですが、レディ風おりょうさんがビンタをする様子というのもさらに想像したくない感じですね。
ちなみにアーマロイド・レディの声は、この番組ではすっかりお馴染みとなった某ネオ・ジオン指導者と同じ榊原良子さんなんですよね。次の小野さんの聖誕祭にまた声の登場をされたりして。(〃^∇^)o_彡☆ァハハハッ !

「・・・実に面白い」

ぶっちゃけ、大河ドラマ『龍馬伝』で龍馬役を演じてる福山雅治さん繋がりの小ネタ(TVドラマ『ガリレオ』の主人公の口癖)だと思うんですが、小野さんは「一番好き」なフレーズとの事でした。

ちなみに小野さんの独断と偏見により選ばれた当選者は、「・・・実に面白い」を送った方にピンクの龍馬Tシャツ、「左手がサイコガンぜよ」を送った方に緑の龍馬Tシャツ、そして「ビンタをされるたんびに、ちょっと興奮・・・」を送った方に「土佐闘犬・司Jr.」が贈られることになりました。


Deargirl情報

●アニメロでは「ラブφサミット」のイベント限定発売CDから、ロイ&ウィリアム(松風雅也&神谷浩史)が歌う「LOVE CONNECTION」が好評配信中。22日からは、着うたフルの配信もスタート。

シルフ談話室

今月発売のシルフVol.12は、4月からTVアニメも放送される「薄桜鬼」が表紙。そしてそのVol.12には、シルフ的にDGSに関する重大な発表があるとの事。思わず「大丈夫なの?」と感想を述べたお二人に、横から諏訪さんが「俺はダメだよ」と声にして答えました。来夢来人先生こと小野さんがなにやら「いいっすよ」と安請け合いされてましたが・・・・・・いったいどんな重大発表が? まさかTVアニ・・・・・・いやいやいや、まさかね。(^▽^;)

第154話のお便りは『DearGirl〜Stories〜響』ノベル版の作者、猫人間せんせい先生から。

「ま、今回のノベルの話は措いといてですね。じつは次号からまたコミックの響が再会され、3rdシーズンに突入する訳ですが、最近ゲームやビジュアルBookや特典CDやらでそれはもうたくさんの、たくさんの乙女の悩みが使われていまして、次はどんな悩める乙女を解決すればいいか、正直ちんぷんかんぷんです。そこで二人が思う”これはいままでに無いだろう”という、悩める乙女の設定を少しばかり僕にお裾分けしてください。いまなら全然5月発売に間に合います」

諏訪さんご自身で「ネタをくれというなら考えますよ」的な言葉をお二人の台本に書き込んだようです(笑)。
確かに相当な数の「乙女の悩み」を解決しているので、諏訪さんの悩みも理解できますが・・・。

とここで「そんな話はどうでもいい」と、コーナー冒頭では触れなかった情報に話題は飛びました。
シルフVol.12には、DearGirlサンダーの工場見学のレポートが早くも掲載されるそうで、ラジオ収録時にTV中継された見学の様子がカラーで見られるとのこと。さらに「春のウキウキお弁当祭り! DGS響 お弁当箱&トートバックセット」と題した誌上通販が行われるそうで、サンプル画像をご覧になっていたらしいお二人は「これいいですね!」と好評の様子でした。
そんな話の最中、「枯渇 S・O・S」とか「ゲームは正直痛かった S・O・S」とかカンペを挟んでいた諏訪さん。苦笑しつつも無視して関係ない会話を続けるお二人に、さらに「枯渇 S・O・S」と突っ込み、じつはマジ悩みらしいことをアピール。仕方なくネタを考えることになりました。

何かあるかと問われた小野さんの悩みは「コンタクトがずれる」。花粉症で目を擦ってしまうからだそうですが・・・というか小野さんコンタクトだったんだ(裸眼で視力が良さそうな印象ですが)!?
それは神谷さんも初耳だったようで、小野さんは「自分に興味を持ってくれない」のが乙女にとっても悩みではないかというネタを出しました(でも既出の設定?)。さらに「水をかけると男の子になる(『らんま1/2』の設定)」というネタから高橋留美子先生の作品話で盛り上がったお二人に、渋い顔をして諏訪さんが再びカンペを挟みました。それによれば・・・『二人とも天才! 三つ(アイディアが)出てきた』とのこと。「左手がサイコガンで困る女」「ケツが出て困る女」「高橋留美子みたいな乙女が何かS・O・S」という諏訪さんの設定に思わず大爆笑するお二人。むしろそこから話を思いつく諏訪さんこそ天才だと、楽しそうに仰っていました。さて実際の3rdシーズンにはどんな乙女が登場するんでしょうね??

Dear Voice

「ダンD、ムーD、僕オノD!」

「おいC、うれC、僕ヒロC!」に対抗した小野さんバージョンですかね。爽やかな口調で仰ったんですが・・・何故か笑ってしまったのは私だけでしょうか??(*´艸`)クスクス

エンディング

しょっちゅう台本を見失ってしまう小野さんに苦言を述べる神谷さん。原因は何かと問われて「別の台本の下に潜っていた。勝手に」と答えた小野さんでしたが、まあつまり、小野さんの悪い癖・・・って事なんでしょうね。(^ー^* )フフ♪


第155話「なんか、CMっぽいの録ったよ!」

OPトーク

「チョコおじさん、チョコおくれよ」な一幕で始まる第155話。
某M声優さんのブログ等でもネタになってましたが、小野さんはコンビニで見かけるたびにDGサンダーを買い込み、アフレコ現場などで配り歩いているのだとか。この収録の際もたくさん買ってきていたようで、「チョコおくれよ」という神谷さんに次から次へと差し出していました。見掛けるとつい買ってしまうのはもちろん小野さんだけではなく、神谷さんやDGSスタッフの皆さんも「レジの横に置いてあった!」などと喜んで買ったりしてたようですが。( ´艸`)クフフ

ふつすと

今回は、第四回声優アワードで主演男優賞を受賞された小野さんへのお祝いメッセージが紹介されました。

「小野さん主演男優賞おめでとうございます! 私はアニスパ!で結果を知ったのですが、マウスの社長が浮かれそして泣いていた事、ママDも投票していたこと、授賞式にDGSスタッフが来ていて支えになっていたこと、様々な話を聞いて少し潤んでしまいました。オバDによると今年がNow Peak!らしいですが、これからもずっと頑張ってください応援しています」

「小野さん主演男優賞を受賞しましたね、本当におめでとうございます。自分が高校に受かった時すら何とも思わなかった私が、小野さんが受賞したと聞いて思わず涙ぐんでしまいました。アニスパ!で涙ぐむ小野さんの声にさらに泣きそうになり、これでDGSはトップ声優二人が贈るトップラジオになりましたね! Now Peak!が三年くらい続いてる気がしますが、これからもPeak!を持続して体を張って頑張ってください」

"トップ声優二人が贈るトップラジオ"という件で思わず笑い出した小野さん、「トップを安売りし過ぎじゃないかな?」と苦笑。神谷さんの言葉によればこの他にも沢山のお祝いコメントが寄せられたそうです。授与式やアニスパ!の際に泣いたのかと訊ねられた小野さんの答えは否。ただ事務所の社長さんやご家族がとても喜んでくれたのは本当だったようです(特に社長さんはタキシードを用意してくれたり、お饅頭を作ってくれたりしたそうです)。するとその話を聞いていた神谷さんが怪訝そうに、昨年の自分の授賞時にはそんな話(事務所や家族の反応について)をしたか?と訊き、周囲がわりと冷静だったのを(そんなものなのか)と思っていた事、小野さんの周囲の反応を見て(やっぱ賞ってこういうものだよな)と思った事を語りました。小野さんはそんな神谷さんに、「神谷さんの周りはツンデレのデレが無いタイプなんじゃないですか?」と答え、つまり神谷さんの周囲の人たちは心の中では喜んでいたが態度に出さなかっただけだと仰りたかったようです。
ちなみに授与式直後のアニスパ!では、生放送にも関わらず小野さんは意外にちゃんと喋れたそうで、共に主演女優賞を受賞した沢城みゆきさんに、むしろ「面白い話をしないのはなぜ?」とダメ出しをされたのだそうですよ。(^ー^* )フフ♪

    

Deargirl情報

●アニメロにて、DGS響の新しい物語が楽しめるビジュアルノベル・アプリ『DearGirl〜Stories〜響 ケータイスタジオ』の配信がスタート(第1話のみ無料。2話以降は有料)。この為だけに書き下ろされた全5話、ラストには新規スチルやお二人の録り下ろしVoiceが携帯で楽しめる。さらにDL特典として、DGSのミニラジオ『DearGirl〜Stories〜 ケータイスタジオ』がプレゼントされる。(配信はDocomoのみ)
●第四回声優アワード受賞者のコメントムービーを配信中。主演男優賞を受賞した小野さんのムービーも配信開始になった(授与式直後に取材されたコメント)。
●神谷さん・小野さんも共演中なアニメ『WARKING!』から、阿澄佳奈さん・藤田咲さん・喜多村英梨さんが歌うOPテーマ「SOMEONE ELSE」や、福山さん・小野さん・神谷さんが歌うEDテーマ「ハートのエッジに挑もう Go to Heart Edge」の着うたを先行配信中。無料待受けも配信中。

どうでもいいですが、名前を呼ばれた時の神谷さんの「は〜い♪」に萌えたの私だけですか?(*´艸`)クスクス

シルフ談話室

まずはシルフVol.12で発表された重大ニュースから。
なんとシルフは次号から月刊化が決定! 季刊誌だった時から考えれば三倍の速度で連載されるわけで、横を見た神谷さんに「大丈夫なの?」と訊ねられた猫人間せんせい先生こと諏訪さんは「おう!」と力強く答えつつも苦笑い。そして同じく3月23日に『Dear Girl〜Stories〜響 響特訓大作戦!ガチdeビジュアルゲームブック』が発売されており、意外にしっかりした装丁の本を見たお二人は、そもそもは雑談から始まった企画が立派な形になったことが不思議に感じると語り合っていました。

第155話のお便りは『S・L・H ストレイ・ラブ・ハーツ! 』の作者、硝音あや先生から。

「コミックス第四巻に収録した話で"無人島"ネタがあるのですが、お二人が無人島に辿り着いたらどうしますか? リアルに考えてみてください」

"無人島"のネタでよく話されるのは「無人島に行くなら何を持っていくか」という話題。そんな時どうするかと訊かれた小野さんは、しばし考えた後「逆に何も持っていかない」とのお答え。そして神谷さんも「思いつかない」という答えでした。

そんなわけで今回は、無人島に行ってみたという体で互いに持っている身近なものを物々交換してみることになりました。小野さんは当然、沢山持っていたDGサンダーやiPhone、何故かもってた「愛花の抱きまくらカバー(ラブプラス)」などが対象になり、神谷さんは毎度お馴染みの半額パンが取引対象になりました(笑)。結果、神谷さんの手元には「小野さんのiPhone」「DearGirlサンダー3つ」「水のボトル2本」「半額パン4つ」「マッキー(油性マジック)」、小野さんの手元には「DearGirlサンダー3つ」「半額パン2つ」「A&Gスクールカレンダー」が残りました。ヾ(@^▽^@)ノわはは

Dear Voice

「お父さんは許しませーーーーーん!!!」

う〜〜ん・・・年頃なDearGirlリスナーを娘に持つお父さんがDLすると良いかもですね(笑)。

エンディング

シルフ談話室を振り返って「半額パン最強」説を語る神谷さん。これからも毎週買う事にするという神谷さんに、小野さんは苦笑して「定価で買った方が良いんじゃない?そろそろ」と突っ込みました。神谷さんも苦笑してましたが、番組リスナー的には半額パンとして買うことにむしろ意味があるような気がします。そして神谷さんからのお知らせ。超A&G+で2週間に渡って放送される特番「Say! You Young」にて、神谷さんも生放送で出演決定! 4月5日(月)〜16日(金)の深夜1時から3時まで簡易動画付き生放送とのこと。ファンなら絶対見逃せませんね!(>▽<)


DGS各話バックナンバー

こちらは、当サイトが応援する「神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜」に登場する用語や、DearVoice、各話(放送回)のバックナンバーをご紹介するコーナーです。


inserted by FC2 system