DGS番組各話紹介

こちらでは、DGSのこれまでの各ストーリーをご紹介!
(放送を聞いて書き留めた記録です。談話室やリスナーからのお便りなどは要約した内容になっています)

第126話「この後、ほぼ視覚的要素!」

OPトーク

※今回はラジオの内容だけでなく、『神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜公開録音inキャラホビ2009』に参加した李羅の主観も交えてレポートしております。

公録の前には小林ちゃんこちゃんこさんの前説がありました。
その内容は「携帯などでの撮影・録音はダメ」などのお約束のものですが、ステージ中央に出て来てすぐに片足で床を二〜三度踏みしめて強度を確かめる仕草をしてみせたのに、訳知りのお客さんたちから笑いが起こってました。さらに、そんなちゃんこさんを撮影するべく出てきた内Pさんに、お客さんから再び歓声が起こります。内Pさんは喋ってるちゃんこさんの前を横切るなど、なかなかユニークな行動を取ってましたよ。(○^▽^○)

神谷さん・小野さん登場

キャラホビ2009 in DGS!というわけで、3度目の公録となった第126話。
メインステージの前に集まった千単位のお客さんは、「神谷浩史・小野大輔の・・・」といういつものタイトルコールが聞えた途端に大歓声! 早くも最高潮の盛り上がりです。
昨年と同じDGS響のツナギを着て現われたお二人。出て来て会場のお客さんを見渡した神谷さんが「どれくらいの人が居るのか(ラジオを聴いてる皆に)分っていただく為に声を出して欲しい」と要請し、みんなで「こんにちは」の大合唱となりました。さらに毎度恒例の、小野さんの「もす!」コール。場所を変えて何度かコールしていた小野さんですが、笑ったのはステージ中央に戻ってきた後。おそらくは昨年の公録の再現とばかり、わざわざ自分で促して神谷さんにお尻を蹴飛ばされてたところでしょうか。(*^m^*) プクク

お二人とも昨年同様に黄と青のツナギ姿でした。神谷さんはいわさき砂也先生からのダメ出しがあったとのことで、今年は足元も、ちゃんとヒロC衣装であるピンクのスニーカーで決めてます。そして会場にはそのコスプレの方々が何組かいらっしいました。お二人の衣装は二着で30万する高級品ですが、コスプレの方の衣装は5千円との事。神谷さんは思わず自分たちの衣装を見下ろし「なんでそんなに金が掛かっちゃったんだろう?」と呟いていました。

フリートーク

会場で販売されていたCCPグッズの話題になりました。
神谷さんプロデュースの「Now peak!!」Tシャツ、小野さんプロデュースの「Wkas」Tシャツ、構成諏訪さんプロデュースの「DG5」Tシャツが販売されており、公録ではお二人も自分のプロデュースしてTシャツをツナギの中に着てました。残念なことに小野さんの「Wkas」Tシャツは、肝心の脇汗模様がやや下のほうにあって本物の脇汗を隠す位置に用途に足りて無かったのですが、「ほら」と示した小野さんの脇にはすでにジンワリと汗染みが・・・。それを見た神谷さん、会場のお客さん共に大爆笑。そして神谷さんから告げられたのは、「Wkas」Tシャツだけがまったく売れてないというさらに残念なお知らせでした。
ちなみにサイズ検討の為にと提示されたのですが、神谷さんが着ていたのはSサイズ、構成諏訪さんが着ていたのがJr.Lサイズとのことで、幾ら細身とはいえ男性が着られるSサイズなので女性ならわりとゆったり着られる大きさだったようです。

もう一方のCCPグッズであるWkas携帯ストラップ、初恋の味キャンディーの話題になりました。公録の時点でストラップとキャンディーはすでに完売。鍋敷きのみ僅かに残っているという状態でした。そこで神谷さんの「初恋の味キャンディー」の味を確かめてみようという事で、その場で箱を開け舐めてみたお二人。小野さんは「ふ〜ん」という表情、神谷さんは「なるほどね」と言いつつ微妙な顔をしています。原材料名に味のヒントが書かれていたようですが(私も手に入らず確認できてません)小野さんの言によれば「ややしょっぱめ」??

ゲームキャスト発表!

公録の日の夜に放送された第125話でも発表されている、DSソフト「DearGirl〜Stories〜響 響特訓大作戦」の新キャラクターのキャスト発表となりました。お二人が上手側に一歩引き、背後のスクリーンにそれぞれのキャラクターとCV名が表示されていきます。中村さん、杉田さん、安元さん、楠さん、それぞれの名前が表示されるたびに上がる悲鳴が凄いです。

その後、いま現在試作中であるゲーム内容が一部披露されました。絵柄はもちろん、いわさき砂也先生のデザインそのままのとても美麗な作画で、キャラクターの背景や小道具類の絵柄も繊細でキレイなものです。そしてヒロC・オノDを特訓するというミニゲームが表示されましたが、ひとつは音楽に合わせてミニキャラを躍らせるいわゆる音ゲー。もうひとつは武空術で飛んでいるミニキャラを飛び続けさせるという感じのミニゲームのようでした。ちなみに後者の方のキャラクターはオノDでしたが、なぜか頭に天狗の面を付けていて、これはどうやら企画会議の時に小野さんが話していた希望が合体したもののようです。

Deargirl情報

今回の情報コーナーは、小野さんが最近覚えたイタコスキルで!(と告げられた時の小野さんは微妙な顔をしてました)
● 8月26日発売の神谷さんのミニアルバム「ハレノヒ」から、着うた・着うたフルが配信中。ポスタープレゼント企画中。
● 9月9日発売予定の小野さんの3rdシングル「キンモクセイ」より着うたが先行配信中。ダウンロード特典の待受けあり。

この告知の間中、神谷さんが笑い転げてる姿が可愛かったです。そして途中で振られたアントニオ猪木さんのモノマネについて「猪木さんは生きてる」と突っ込まれた小野さんが思わず台本を取り落とし、しゃがみ込んで項垂れるという愉快な一幕もありました。

内Pさん秘蔵映像を公開

いつも視覚的要素いっぱいのDGSで、さらに視覚的なこの企画。毎度恒例の、内Pさん秘蔵映像の公開が行われました。ちなみに張本人の内Pさんもステージの下にいらっしゃって、カメラが内Pさんを映し出した途端「内Pさん〜〜!」という歓声が沸き起こり、ご本人は照れて頭を抱えてました。

  • その@神谷浩史聖誕祭・・・スタジオに小野総統が入ってくるシーンから、「もて☆すた」に入る様子、猫耳をつけた杉田さんがやってきた場面、てむ子ちゃん(メイド姿の楠大典さん)登場や、てむ子ちゃんとのツイスターゲームの様子など。
  • そのA小野大輔聖誕祭・・・ガチャピン総統(ガチャピンの着ぐるみ+総統のコスプレの神谷さん)の登場シーン、ちゃんこさんとのツイスターゲーム、ドリアン・ゲリオン再び!の様子など。

ちなみに神谷さん曰く、この映像の中でもっとも危険だったのは「小野さんとちゃんこさんとのツイスターゲーム」だったそうです。(ちゃんこさんの体重的意味で)

Dear Voice

今回は、神谷さん・小野さんそれぞれと、お客さんとの共同作業です。(*^^*)

お客さん「ヒロC、大好き〜〜〜♪」

「うっさい! 俺の方が大好きだよ!」

お客さん「オノD、大好き〜〜〜♪」

「うっさい! 小野の方が大輔だよ!」

エンディング

楽しい公録もあっという間にエンディング。小野さんは相変わらずテンパっていたと笑いながらからかう神谷さん。
そんな小野さんは、じつは今年もすね毛処理済みだったようですが、残念ながら完全にブーツの中に入っていたので公録の場での披露はありませんでした。
ところで今回の最大の見物は、Tシャツの模様に負けない範囲に広がった小野さんの脇の汗染みです。開始前は滲む程度だったのに、エンディングの時には本気で「脇汗模様」くらいの汗染みになってましたよ。ヾ(@^▽^@)ノわはは


第127話「朝早くから並んでくれたみなさん、本当にありがとうございもす!」

OPトーク

前回放送された公開録音の模様に関するトークで始まる第127話。
あまりにも視覚的要素満載だったので、果たして(ラジオだけを聴いている人たちに)伝わったのだろうかと苦笑いなお二人。二度目に客席が「キャー〜〜♪」だった理由についての解説がありました。当サイトのレポートでも簡単に紹介しておりますが、あれは「殴れよ」と振った小野さんが身振りで促して、神谷さんに軽く蹴飛ばされていた時の歓声です(笑)。でも小野さん的には、殴れと促したのだからお尻を拳で(フック気味に)殴って欲しかったそうです。
・・・軽くCK気味な発言ですね。(*^m^*) プクク

ふつすと

今回は、そんな公開録音に関するメールがたくさん届いていたようです。

「キャラホビ公開録音に行きました!非常に楽しい時間をありがとうございました。映像盛り沢山な内容や顔芸、動き付きの突っ込みなど駆使して楽しそうにしているお二人の姿を拝見し、視覚の重要さを学んだ気がします」

視覚ね・・・と乾いた笑い声を立てるお二人。小野さんは、お便りにあった「顔芸」についてそんなにしてたかなと首を傾げた様子でしたが、確かにどっちかというとオープニングでも話していたような身振り手振りの遊びの方が多かった気がします。
ここで公開録音前日のお二人の会話が話題となりました。当日小野さんは自分の中で「殴れよ」というフレーズが気に入っていたそうで、前日にお二人で夕食を食べている最中から、ちょっとした死に間(白けた雰囲気)を作っては「殴れよ・・・」という雰囲気を作って遊んでいたとの事。まるで自分が悪いみたいな感じで腹立たしいと苦笑ぎみに神谷さんは話してました。

「公開録音に参加してきました。ヒロCは可愛かったし、オノDはカッコよかったし、内Pは三メートルでした。ちゃんこちゃんは塊だったし、諏訪さんはテライケメンでした。公開録音が終わった後もキャラホビを満喫し、閉会間際に帰ったのですが、アスキーメディアワークスのブースで『オノDのTシャツありますよ〜!』と言っていたお兄さんたちのうちの一人が、何を思ったのか『脇汗まだ全種類ありますよ〜!』とドデカイ声で叫びました。その場にいたDearなGirlたちは爆笑。帰る時まで笑わせていただいて、本当にありがとうございました」

お二人の話では、AMWブースのスタッフさんたちは、開始前に朝礼を行っていて、「何が何でもこのTシャツを売ろう」という気合に満ちていたのだとか。おかげで会場に搬入されていた分のグッズはほぼ完売したそうです。そして小野さんが付け加えて言うには、Tシャツが置かれていた棚の貼り紙に、「Wkas」Tシャツは(ジュニアL、S、M)と書かれていたのに対し、「Now peak!!」Tシャツの方はサイズが(S)としか書かれておらず、それがとても面白かったとの話でした。

注目すべきは「ほぼ完売」の部分。噂によれば若干売れ残りの商品があったとの事で、ここでいきなり、スタジオに大小三つのダンボールが運び込まれました。神谷さん・小野さん・諏訪さんの三人でガサゴソと開けてみると・・・・・・小さなダンボールには小野さんの「Wkas」Tシャツ(ジュニアL)が31枚、大きなダンボールの片方にはさらに120枚・・・計151枚が、そしてもう一方の大きなダンボールには、諏訪さんの「DG5」Tシャツ(ジュニアL)が117枚入っていました。デザイン的にもっとも売れるだろうと思われていた「DG5」Tシャツがまさかの売れ残りという事実に、お三方が本気でビックリ。
そんなTシャツも含めたCCPグッズは、9月18日ごろより通販開始との事。さて最終的にどのくらいの売り上げがあるんでしょうね?ヾ(@^▽^@)ノわはは

Deargirl情報

● 好評発売中の小野さんの3rdマキシシングル「キンモクセイ」より、アニメロ系サイトにて着うた・着うたフルが全曲配信中。ダウンロード特典のスペシャル待受けあり。さらに「キンモクセイ」の着PVフルも配信が開始された。

シルフ談話室

第127話のお便りは『ペンギンとストロベリー』の作者、桃色ペコ先生。

「シルフVol.9より新連載を始めさせていただくことになりました。
ストーリーのネタ切れが今から心配です。シルフで大人気連載中の漫画・DGS響の原作者でもある諏訪さん、話作りの極意を教えてください」

ひょっとしたら番組初の、お二人ではなく構成作家・諏訪さん宛てのお便りでした。
それに対する諏訪さんの極意は、@神谷・小野がラジオで面白いことをトークするAそれをネタに原作に散りばめていくで、つまりお二人が話題づくりの原点であると言いたかったらしいです。まあごもっともですね。(*´艸`)クスクス

ということで今回は、代わりに公録の面白裏話が披露されました。

  1. 「前の晩に二人で仕込んだ”マグロ”気持ちよく滑る」
    「Deargirl情報」のコーナーで小野さんがやっていた『イタコ』についての事のようです。お二人は面白いと思って、渡哲也さんの口真似の「マグロ」をネタとして仕込んでいたのですが、会場の反応はいまひとつで見事なまでに滑ってしまった。(※渡哲也さん出演のTVドラマ「マグロ」から。夕食に行った店のマグロのお刺身からの連想)
  2. 「小野くん、DGSグッズのブースに朝行って、マイクで叱咤激励」
    ふつおたでも話題になった、アスキーメディアワークス・ブースのスタッフさんたちの朝礼時のエピソードですね。
  3. 「神谷さん、死にそうなスケジュール」
    小野さんは早朝の打ち合わせのあと一度ホテルに戻って休む余裕があったそうですが、神谷さんは300人を相手の握手会をし、その後にツナギに着替えて公録に挑み、公録後に取材を受け、DGS以外にも機動戦士ガンダム00のラジオ「ソレスタルステーション00R」の方の公録があり、さらに翌日「Kiramune」のステージリハーサルを行う・・・というまさに殺人的な過密スケジュール。おまけに神谷さんの話では、リハーサルの後の打ち上げではしゃぎ過ぎて首を痛めたとの事ですが・・・だ・大丈夫なんでしょうかね?(;・∀・)
  4. 「構成諏訪、女の子に『あの・・・このプレゼント・・・』と渡されたのでいい気になっていると、『ちゃんこちゃんい渡してください』と言われる」
    なんという在りがちなオチ(笑)。それにしてもちゃんこちゃんは、本当に大人気ですね。神谷さんは10月の公録でピークは終わりと仰ってましたが、さて??
  5. 「小野くん、またもやスネ毛を剃ってくるも披露せず」
    エンディングの時に残念がられてましたが。今回はツナギがブーツの中に完全に入った状態だったので、その場で脱げなかったんですよね。
  6. 「今回はハルヒの等身大フィギュアが見つからず、怒られなかった」
    以前の電撃15年祭の時は等身大フィギュアを見つけ、諏訪さんの「逆さ撮りするとパンツが見える」という口車にのって写メを撮ってたら、警備員の人にリアルに叱られた・・・という経緯があったそうで。小野さんの携帯にはどうやら、その時の神谷さんの写メも残っているようですね。(*^m^*) プクク
  7. 「小野くんが公開録音の時に着ていたWkas Tシャツ、じつは二枚目だった」
    こ・・・これが一番ウケた!ヾ(≧▽≦)ノギャハハハハハハ!
    公録のエンディングで見た汗染みも結構な勢いだったんですが、その前にも一枚同じ状態にしていたとは! さすが小野さんですね!

Dear Voice

「マグロ・・・マグロ・・・」

なんというタイムリーなリクエスト! ちなみにリクエストしたDearName「神谷@」さんは、残念ながら"神谷浩史"さんの事ではないそうです。(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

エンディング

収録時に神谷さんは、「Wkas」Tシャツ(ジュニアL)を着てました。(携帯サイト参照)
男性の神谷さんが着られるジュニアサイズなので目安にしてくださいとの事でしたが、ぶっちゃけた話、公録の時にやっぱりジュニアLを着ていた諏訪さん共々、そこらの女性よりもスリムなんじゃないかって気がします。
そして来月3日には早くも次の公録イベントが。同じ幕張メッセで行われる「電撃キャラクターフェスティバル2009」での公録ですが、今回は物販やステージの他、さらに視覚的に楽しめる内容が盛りだくさんとの事で、これはファンなら是が非でもイベントに参加しろとの事なんでしょうね。もちろん李羅は行きますが。(^ー^* )フフ♪


第128話「借金60万? 実に面白い!」

OPトーク

9月23日に発売されるシルフVol.9の話題から始まる第128話。
のっけから「あのことが載っている」と呟く神谷さん。それは何かといえば・・・なんと、DGS響のゲームに使われる「モーションキャプチャー」に挑んだお二人に関するレポート記事だそうで。うわお、本当にやったんですか〜〜〜〜!! 言いだしっぺである小野さんは「楽しかった!」と笑ってましたが、巻き添えを食った神谷さんはローテンションの半ギレ状態。
確かにお二人は声優さんなので、モーションキャプチャーで動いたところでそれがお二人の動きかどうかなど判別できる訳ではないのでしょうが、先にその情報を得たファンにとっては、一粒で二度も三度も美味しいゲームと化した訳で・・・。本当に何でもありな番組になってきましたねDGS。(*^m^*) プクク

フリートーク

今回は、2週間後に迫った10月の公録の告知が改めて行われました。10月3日の17時から、幕張メッセ「電撃キャラクターフェスティバル2009」のメインステージにて行われる公開録音。そしてまたもや新たなCCPグッズが物販されるとの事。
小野さんのグッズは「お守り 来夢来灯」という名のライトでした。壁などを照らすと「来夢来人」こと小野さんが書いた仏画が映し出されるという仕組みのもので、どうやら受験の御守りの意味を込めたグッズのようです。また諏訪さんグッズは「ドS構成作家ペン HYPER」と名付けられたペン。解説によれば以前スピン・オフで配られていたペンには付いてたシャープペンが無くなり、普通に4色のボールペンになったとのこと。
そして神谷さんグッズは「ニャーさんのしっぽ」という名のストラップ。神谷さんの愛猫ニャンコ先生の写真を参考にしたカラーリングでの、ふさふさしたストラップになるそうです。

さて口調を改めた小野さんの話によれば、当日DGSブースがかなり頑張った事になるようです。
その@:作品中に登場するヒロCとオノDの事務所を再現そのA:DGSブースは”DGS EXPO in 電フェス”と題して、小野総統・ガチャピン総統などの今までの番組縁の衣装、ヒロC・オノDの衣装、チンベルやメンズメイド喫茶の看板などの数々の番組グッズを展示するとのこと。

肝心の公開録音の内容についてはまだ詳細未定とのこと。ただ神谷さんの語った処では、「わりと酷いことをしたい。だって自分たちの庭だから」(By.諏訪) との事。さあ〜〜酷いことってどんなんでしょうね!? せめてお二人のピークは強制終了にならない程度のヒドイコトで留めていただきたいものですが。( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

Deargirl情報

● 「星座彼氏シリーズ Starry☆Sky」コーナーにて、陽日直獅(CV:岸尾だいすけ)が歌うStarry☆Sky〜in Autumn〜主題歌「Lies Truth and Our Destiny」の着うた先行配信がスタート。ダウンロード特典待受けあり。ゲーム発売日の9月25日には、着うたフル ショートVer.が配信予定。
この他にも、神谷さん演じる宮地龍之介が歌う、Starry☆Sky〜in Summer〜主題歌「Shoot High」の着うた・着うたフルや、各キャラクターの待受け画像などを配信中。

シルフ談話室

第128話のお便りは『クラノア』の作者、加藤千穂美先生。

「秋を満喫したいと思っております。よい方法を教えてください」

「秋にもいろいろあるからねぇ〜〜」と呟くお二人。確かにスポーツの秋・読書の秋・秋の夜長などなど、いろいろな秋があります。そんな秋の夜長を満喫するにはどうしたいいのか・・・・・・というところからいきなり、代永翼くんに電話をしてみるという話になりました。(^▽^;)

普通に電話に出た代永くん。いきなり神谷さんに「秋の夜長って言うじゃない? 秋の代永くんはどうしてるのかな?」と振られ、当然ながら「どうしたんですか?」と大困惑。突然のことに戸惑いながらも「親が茹でてくれる枝豆を食べながら、ベランダで涼んでいる」と答えました。すると神谷さんは「秋が好きか?」「秋生まれ?」「秋にちなんだ駄洒落を聞きたい」などさらに突っ込みます。それに対して代永くんは、「秋は好き」「残念ながら冬、一月生まれ」、「あ・・・ちょっとサンマ!」など、なかなか冷静な返答をしてました。

そして一旦切った電話を再び掛けなおし、今度は小野さんが「秋の夜長は何してるのかな?」と質問。これに対しては「ビール片手に月を見ている」と答えた代永くん。さらに「そもそも秋は好き?」「はい・・・比較的好きです」、「もしかして秋生まれ?」「一月生まれで冬なんですけど」、「秋で・・・駄洒落なんて言って貰えると嬉しいんだけど」と、まったく同じことを繰り返す小野さん。全然意図が分らないとブツブツ零しながらも、「え〜〜〜まだなの?」「・・・ちょっとマツタケ」と答えた代永くん、きっと君は大物になりますよ!ヾ(@^▽^@)ノわはは

Dear Voice

「俺の初恋の味、どう?」

確かにキャンディー売れましたからね。買った人は訊いて欲しいセリフかも。

エンディング

「秋の夜長スペシャル」という体で先輩二人に無茶振りされた代永くんが素晴らしいと、口を揃えるお二人。確かにテンパってた割りには堂に入った返答をしてました。神谷さんたちは「良いホームラン王。さすが大きく振りかぶってる」とか作品に引っ掛けたシャレを呟いてましたが、ま・・・来年電話する時にはさすがに意図に気付いてる事でしょうね。(*´艸`)クスクス


第129話「ヒロC、そういうのはちょっと・・・」

OPトーク

9月26日開催のランティス祭りの話題で始まる第129話。
番組収録はそれより前なので、勿論いつものような予想トークですが(笑)、JAM Projectを超えたかとか、フジヤマに乗りながら果たして本当に歌えるか否かはさておき、当日「雨音」と「キンモクセイ」を歌われたのは本当のようです。

ふつすと

神谷さんはさっさとふつすとを読もうとしたのに、小野さんはこれ見よがしに「キンモクセイ」を並べてCDトークをしようとしてました。毎度イジワルな神谷さんは感心なさげな口調で相槌を打ってましたが、サインが必要かと訊かれると「神谷さんへは書かないでね」と付け加えました。どうやらサイン入りCDを売る気満々のようです(笑)。

「この前TUTAYAに行ったら小野さんのCDが特集されてました。お店の方が作ったポップの紹介には”憎らしいほどハンサムな超人気男性声優”と書いてありました。その為か小野さんのCDは全部レンタル中でした。さすが小野さん、まだまだピークは終わりませんね」

なかなかキャッチーな紹介文ですが・・・小野さん的にはちょっと不満なようで、「これを書いた奴の顔を見てみたい」と苦笑まじりに話します。近頃は一人より二人組みのユニットが受けているからと、紹介文を「憎らしいほどハンサムな超人気男性デュオ」にと言うのですが、それはやっぱり照れ隠しなんですかね?

「神谷さんの「Now peak!!」Tシャツですが、サイズの都合なのかアタシの胸の都合なのか、折れ曲がった矢印がちょうどアタシの乳首を刺しています。これは神谷さんの計算の内ですか?」

神谷さんはメールを読み上げている最中から「知らんがな」と苦笑。
このリスナーさんの体型に合わせて作ったモノではないのでむろん偶然に過ぎないのですが、ちょっとご立腹な口調の神谷さんは「買った他の女性も確かめて欲しい」と言います。それでもし本当に乳首を刺している率が高いなら・・・・・・むしろそれをウリとして販売すると(笑)。さすが神谷さん エロい事 面白い事には抜け目がありませんね。

Deargirl情報

● 10月1日にオトメイトより発売になる「ヒイロノカケラ 新玉依姫伝承」の主題歌が配信開始。10月7日発売の主題歌CDから、瀬名が歌うOP「Double eyes」の着うたとゲームサイズの着うたが先行配信中。ダウンロード特典としてCDジャケットの待受けプレゼントあり。

シルフ談話室

先生からのお便りの前に発売されたシルフVol.9と、10月3日の公録で販売する予定のCCPグッズの話題になりました。8bitチャームや7枚のミニクリアファイルなど、多くのDGSグッズはとても可愛らしくて女の子受けしそうなアイテムですが、ひとつだけ以前シルフの付録についていたテライケ面に似た「テラ・アイマスク」というのが混じってました。しかも¥1000というお値打ち価格(笑)。ただし素材が薄くてアイマスクとしてはあまり役立たないもののようで・・・・・・まあコアな諏訪ファンはお求めになるでしょうか(苦笑)。

第129話のお便りは『DearGirl〜Stories〜響』の原作者こと諏訪勝先生から。

「10月3日17時から幕張メッセで行われるDGSの公開録音。その準備がいま佳境を迎えております。雑な紙資料があるので、公録の見所を上手いこと纏めて親愛なるリスナーに伝えておいてください」

どうやら諏訪さんはリアルにとてもお忙しいようです(笑)。
その諏訪さんから渡された資料には「今回はわりと酷いことをしたい。だって自分たちの庭だから」と書かれており、「のんびりトークショー的なノリ」や、「"電撃"なので小野さん電流爆破(事務所未確認)」だの「ガチャC怒られ事件映像(編集OK・事務所OK)」だの本当の意味で酷いものや、「10月からの丸秘企画発表(営業確認済み)」、「モーションキャプチャー小野さんほぼ全身タイツ(事務所確認・・・アレしたっけ?)」、三人のCCPグッズ、小野さんプロデュース「Wkas」Tシャツ新色ピンクが発売、ちゃんこちゃん撮影会(1時間に一回くらい突然現われる)、響のブースの企画など。
諏訪さんとしては、普通の公録っぽい企画もやりたいそうで、クイズコーナーがあるかもとの事でしたが・・・・・・さてさて当日はどこまで実現されるのか? 乞うご期待・・・ですね!

Dear Voice

「殴れよ・・・」

あ〜〜公録の時に小野さん的ブームだったセリフですね。

エンディング

もう来週が公録。一ヶ月しか間が開いていないので少し気恥ずかしいと話す神谷さん。果たして当日どんなことが行われるのか、私たちリスナーもとっても楽しみですね!


第130話「俺の携帯、セーフ!」

OPトーク

放送日当日に行われた電フェスの公開録音の話題から始まる第130話。
くどいようですが番組収録は公録前ですので、いつも通りの妄想・予想トークです(笑)。その公録では、お二人も会場にいたお客さんも驚きのとある企画が発表されたのですが・・・それは来週の第131話の放送で明らかになります。

ふつすと

「とうとうゲームの発売日が決まりましたね。12月17日・・・まさか世界のFFと被せて来るとは思いませんでした。凄い自信なんだなぁと思いました」

お二人的な作業・・・つまりVoice収録はすでに終わっているそうです。
中でも、「オノD」は基本的にテンションの高いキャラクターなので小野さんは最後には声が枯れるかもという感じで喋ってたそうで、「トドメを刺したい」というのはつまりVoice収録を終わらせたいという気持ちの表現なんでしょうか。それにしても神谷さんとは別録りだったはずの小野さんのセリフが、タイトルのユニゾンも含めほぼトーンや呼吸が合っていたという話は、さすがにお二人の仲の良さを感じますよね。

「海外生活が長いのでキンモクセイの香りって奴が分らないのですが、どんな香りなんですか?」

日本でこの時期だとオレンジの小さな花が咲いてるのをよく見掛けますが、匂いの表現となると難しいですね。小野さんの「秋臭だ」という言葉から秋を感じるものという話になり、何故かサンマから神谷さんの朝の食事に関する話題に発展しましたが、LG21(ヨーグルト)と菓子パン半分でお腹いっぱい・・・そりゃ細い筈ですね。(^▽^;)

Deargirl情報

● 10月から放送開始のアニメ「ミラクル☆トレイン 〜大江戸線へようこそ〜」のコーナーがアニメロに登場。アニメの放送を記念して無料待受け配信中。

シルフ談話室

第130話のお便りは『従者の学校』の作者、松山花子先生。

「江戸時代の公衆浴場は男女混浴だったそうですが、現代もそうなると良いと思いますか? また温泉などで混浴の露天があったりもしますが、たまたま泊まった宿にそういう場所があれば入りますか?」

残念ながら経験のないお二人は、これはファンタジーの設定だと言い張ります(笑)。
ただこれはラジオなので、音声だけでだったら、一瞬にして混浴の雰囲気も出せるという事で、温泉風エファクトの掛かったトークとなりました。音の効果も勿論ですけど、お二人もさすが声優さん。ちゃんとそれっぽい息遣いの会話になってます。

ただ強いていうなら・・・混浴じゃなくてラブプラス・トークですよね。(*^m^*) プクク

Dear voice

「You got mail !」

うわ〜〜〜まるで着Voiceみたいですね(笑)!

エンディング

次回は、この放送日に行われた公録の模様が放送される予定で、きっと今回も視覚的要素満載な公録になるだろうと苦笑するお二人。この番組はリスナーの想像力の限界も試される番組って事ですね。


DGS各話バックナンバー

こちらは、当サイトが応援する「神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜」に登場する用語や、DearVoice、各話(放送回)のバックナンバーをご紹介するコーナーです。


inserted by FC2 system