DGS番組各話紹介

こちらでは、DGSのこれまでの各ストーリーをご紹介!
(放送を聞いて書き留めた記録です。談話室やリスナーからのお便りなどは要約した内容になっています)

第106話「ヒロC、そのTシャツ似合ってるね!」

OPトーク

お二人の新しい新曲の話題で始まった第106話。
これで二人のデュエットも(モノクローム・ファクターのテーマ曲を含めて)計6曲。これならお二人で何かチャレンジ出来るのではと話されていたお二人ですが、リスナーとして期待するのはお二人のライブでしょうかね?? あるいは公開録音を含めたトークイベントで生歌・・・なんてのがあったら、私は仕事を休んででも絶対に駆けつけますよ!!(*`д´)b

ふつすと

神谷さんは新しい黒いTシャツを着てました。これは高知に行っていた小野さんのお土産だそうです。だけど神谷さんは「売れてないヤツの臭いがする」とちょっと不満気。すると小野さんはもうひとつお土産があるといって箱を差し出しました。入っていたのは土佐犬の置き物(司号)! 神谷さんは開けた直後にリスナーへのプレゼントにしちゃいました。(*^m^*) プクク
今回のイベントは高知で行われたので他の地域のリスナーから行けなくて残念だったというお便りを頂いたそうで、小野さんも「まぁそれでもいいか」と了承。ちなみに小野さんは、そのイベント中「ありがとう」を歌っている最中に感極まって涙していたそうで・・・・・・そもそも小野さんは感受性の豊かなお人柄だけに、さもありなんという感じです。
ちなみにこのイベントには小野さんの叔母さま方もいらっしゃっていたようですが、顔立ちが似ているからかファンに声を掛けられ「オバDです」と答えてらしたのだとか。さすが小野さんの叔母さん、ユーモアがあるんですね!ヾ(@^▽^@)ノわはは

「オノD、高知のイベントお疲れ様でした。3月28日付けの高知新聞にオノDの記事が載ってました。しかも見出しが「頭真っ白」。これには負けました。ナイス高知新聞!」

「頭真っ白」というのはつまり、小野さんが感極まって涙ぐんだりしてしまった様子を指しての見出しのようです。
小野さん自身の実感としても、都心で行ういつものステージとはまた違った熱さのあるイベントだったとの事。つくづく私も行きたかったですよ・・・高知のイベント。

Deargirl情報

●アニメロでは、ファイナルファンタジーのBlue-Rayディスク発売を記念した関連楽曲特集を実施中。

シルフ談話室

第106話のお便りは「キッチンのすきま」&「シルフ'sキッチン」の作家、ぺぷ先生。

「私はガチャピンが大好きなのですが、ガチャピンの着ぐるみを着たまま宅急便を受け取りにいく勇気を私にください」

スタジオにも何故かガチャピンの着ぐるみがありました(笑)。お二人のどちらかが、これを着たままスタジオ外を歩いてみて先生に勇気をとの事でしたが、今回珍しく神谷さんがジャンケンに負けましたよ! 歩きながら凄く恥ずかしそうに喋ってる神谷さんに・・・・・・萌えた。
それにいろいろ注文をつける小野さんも、珍しくドSだ。((●≧艸≦)プププッ

Dear Voice

「珍しいですね、神谷さんが顔赤いの!」

何というタイムリーなリクエストでしょう(笑)。思わず吹いちゃいました!

エンディング

やっぱり心が折れまくりなままの神谷さん。
なんか本気で落ち込んでる風なその声を聞いて、可愛いと思ってしまう私も・・・ドSでしょうか(笑)。


第107話「グッときてますね〜〜!!」

OPトーク

まもなくゴールデンウィーク、そんな話題から始まる第107話。
GWといえば5月4日は小野さんのお誕生日です。今年はどんなサプライズが待っているだろうかと、先週とは打って変わって楽しそうな神谷さんと苦笑いな小野さん。・・・ていうか、いつになくオープニングが短っ!Σ(・□・ノ)ノ

ふつすと

「3月21日の東京国際アニメフェア2009で文化放送のカレンダーを買いに行ったら、ちゃんこちゃんこちゃんがいました。神谷さんにも会えたし、ちゃんこちゃんにも会えてとても満足でした」

なんでこのメールを神谷さんが読んだかというと、なんとちゃんこちゃんが買うのを迷ってたお客さんにサインをしたりして売り上げに貢献してた(!?)のだそうで、それがちょっと悔しかったからのようです。それにしても、ちゃんこちゃんは思った以上に大人気になってるんですね。いっそのことCDデビューとかしたらどうかと話題になってましたが、何が切っ掛けで売れてしまうのかホント分からないものです。李羅の個人的にはぜひ、小野さんのアニメロサマーライブ・デビューの方を実現していただきたいものですけどね・・・。(^▽^;)

「某TBSの番組にジェーニャちゃんが出演してました。ジェーニャちゃんと何か音沙汰はありましたか?」

そのモテスタ収録の後、挨拶しようと思った時にはジェーニャさんはすでにお帰りだったとのことで、当然ながら接点はないとローテンションに呟く神谷さん。もしかしたら来週の小野さんの聖誕祭は、小野さんのご実家にジャエーニャさんが!?という展開になるかもと話していましたが・・・たぶんそんな愉快なことにはならないでしょうね?(*^m^*) プクク

Deargirl情報

● 超アニメロでは「官能昔話」の音声ドラマを配信中。
「かぐや姫」と「サルカニ合戦」には、神谷さんもストーリーテラーとして出演中。

シルフ談話室

シルフ掲載の「腐女子っす!」の中にDGSのストラップが登場してました。
これは私も気付いてました〜〜〜・・・てか、見た瞬間にマジ吹きしました(笑)。

第107話のお便りは『従者の学校』の作者、松山花子先生から。

「いままで経験したもっとも腹立たしいことを思い浮かべ、怒りをぶつける気持ちで、なにかを思いっきり殴ってみてください」

この流れになったら、当然として行われるのはエチュード喧嘩ですよね!
想像通りに神谷さんがぶつけたのは先週のガチャピンのことでした。そして相手が先輩だからと最初からタジタジしてる小野さんがぶつけたのは、収録前に買ってくる半額パンのこと、小野さんの鞄にいらない物を入れること、自分が噛んだ時に小野さんの二の腕を殴ったこと、ゲームばかり買っていること(笑)。 ちなみに最近「アマガミ」をやってるのは、別の某ラジオ番組の中で新谷さんや寺島さんに薦められたからですか、神谷さん?www

Dear Voice

「多少強引でなければ、神谷浩史は口説けません!」

そういえばこれ何話目のセリフでしたっけね? そのうち検証してみたいと思います。

エンディング

談話室の続きで、アマガミトークになってましたね。
さあ来週の小野さんの聖誕祭は、どんなカオスになることやら? 楽しみです!(*´艸`)クスクス


第108話「神谷総統の命令は最優先事項です」

OPトーク

今回は毎年恒例「小野大輔聖誕祭」! そんなスペシャルでカオスな第108話。
タイトルからして「小野大輔のDearGirl〜Stories〜」と神谷さんの名前が抜けてる! そしてスタジオには小野さんだけポツンと座っていました。どうせ神谷浩史聖誕祭(第95話)の天丼でしょ?と話す小野さんの前に、その予想が半分当り&半分超えた「ガチャピンの着ぐるみ+制帽・マント・サングラス」という格好の神谷総統・・・もとい"ガチャピン総統"が登場! 目にした瞬間に小野さんは大爆笑! この時点から早くも、大荒れな番組が予想されるオープニングでした!ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

オノD聖誕祭・前半

今回のスペシャルは「小野大輔聖誕祭2009〜RE:BRIDGE〜」ということで、小野さんに過去番組で行われた数々のイベントを再現してもらい、最近番組を聴き始めた新規リスナーとの架け橋になってもらおうという展開になりました。

まず最初は・・・「シルフ持ってきての歌 RE:BRIDGE」
シルフの新刊が出るたびに小野さんが即興で歌ってた例の「シルフ持ってきての歌」シリーズ! 最初こそ思い付きだったものが周囲の(主に神谷さんの)無茶振りにより、CDとして収録されるまでになってましたっけ。そして今回も振られて即座に「シルフVol.6持ってきての歌」を思いついた小野さん、さすがです!

次に来たのは、「鼻毛カッター RE:BRIDGE」
第8話でハト先生が送ってきた「鼻毛が伸びてきてる気がする」という相談に対しお二人から送られたアイテムでした。今回はその”鼻毛カッター”を使って「小野さん何かやってください」という無茶振りです・・・・・・が。ちょっぴり小野さんのモミアゲを刈った音が響いただけでアッサリ終了しちゃいました(笑)。

そして三番目は、「ナイス自意識 RE:BRIDGE」
いつが初出だったか忘れましたが、第53話では連呼されてた記憶のあるフレーズですねぇ。今回の小野さんの”自意識過剰”な答えは「モテると思ってローライズの下着を穿いてる」。
あの・・・スミマセン、その後ボソッと呟いた「見えても大丈夫なヤツ」「事に及んだとき」ってのが非常に気になったんですけど、どなたと、どこで見えてもいい予定なんですか!??
(それは聞かない約束ですか?)

四番目は、「小林ちゃんこちゃんこちゃん&ツイスターゲーム RE:BRIDGE」
こ・・・これって完全に、神谷さんの恨み晴らしゲームになってませんか!? 小野さんのノリがいいので楽しそうですけど、少なくともちゃんこちゃんを理解する説明にはふさわしいとは言えないような・・・・゚・(。つ∀≦。)・゚・。ギャハハ!

Deargirl情報

● アニメロにて、VitaminZ(PS2ゲーム)の主題歌「絶頂(クライマックス)HEAVEN」の着うた・着うたフルの配信がスタート。このVitaminZには草薙 一役の小野さん、天童 瑠璃弥役の神谷さんも出演中。着うた・着うたフルをダウンロードすると、VitaminZの待受がプレゼントされる。

オノD聖誕祭・後半

小野さんのカッコイイところを新規リスナーに伝えようという企画のはずが、次々出てくる無茶振りにちょっと不満気な小野さん。でも神谷さんは、そんな小野さんのぼやきを華麗にスルーして(笑)番組を進行させます。そして小野さんはこの流れから次の展開を予想していました。そう、この番組一番のカオス企画といえばやっぱりドリアン! というわけでここからは「ドリスタ(文化放送の屋上)」に移動しての収録です。

「ドリアンゲリオン RE:BRIDGE」!
かなり風が強かったらしく雑音交じりの中、再びあのドリアン・フィールド(原料:ワイヤーシェルフ+ビニール)が登場! その中で再び小野さんがドリアン切りに挑戦です。前回は吐き出してた小野さんも今回はどうやら食べてたようですが・・・その味は腐った分葱(わけぎ)? そして再び口にすることになった神谷さんの感想は「前回よりは食べられる」でした。切なげに呻く神谷さんの声がやっぱり可愛いかったんですけど、どうしたら良いでしょう!? (*´Д`)ハァハァ

Dear Voice

「いただきます! 黄色いの食べた方が良いんだよね〜? 黄色いのをね〜〜ん〜〜デジャヴュ〜。
ん〜わけぎ臭い〜わけぎ臭い〜。わけぎかな〜〜ケーキかな〜〜ん〜〜両方」

今回は何と小野さんがバースデーケーキを食べている様子!? ケーキの上にはドリアンが乗っかってました(爆笑)!
前代未聞の着ボイスですよね。今度は小野さんが朝の番組で取り上げられたりして。(*^m^*) プクク

エンディング

エンディングになってようやく「神谷総統」に戻った神谷さん(笑)。どうだったかと聞かれて、前向きな小野さんは「ドリアンが克服できたかも」と答えてました。それはきっとドリアンの熟し具合の差だと思うんですけど、気になった方は準備万端整えた上で(果物屋さんで食べごろを確認してから)検証してみるといいかも!?
そして最後のRE:BRIDGEとして小野さんに手渡されたのは”CK Tシャツ”。なんとC(乳首)部分に穴が開いてK(こんにちは)する状態になってました! そして神谷さんからのプレゼントは万年筆。アーティスト活動で作詞をする機会の多い小野さんに、これで頑張れよというメッセージだったようです。(*´艸`)クスクス


第109話「はい、これ京都土産。大和魂Tシャツ」

OPトーク

先週108話の振り返りトークから始まる第109話。
感想を聞かれた小野さんは、きっと遣るんじゃないかと思った「総統」の格好を本当にしてきたのでとても面白かったと答えてました。でも小野さんの予想のさらに上を行き、数話前のガチャピンも併せての格好だったんですよね。ちなみにドリアンは以前よりも高いものを使用したのだそうで、だから辛うじて食べられる味だったんでしょうかね??

ふつすと

今回ちょっと音の響きが違うと思ったら、じつはいつもと違うスタジオで収録が行われていました。幸いにして前回の異臭(ドリアン)による締め出しではなく(笑)、新しい番組テーマソングCDに収録される歌の収録が行われていたのだそうです。メイン二曲の他に、どうやら聖誕祭の時の口ずさみ的なものが入るのかな? 発売が今から待ち遠しいですね。
そして今回のサブタイトル。小野さんが神谷さんへと買ってきた「大和魂」とプリントされた京都土産のTシャツでした。どうやら外国人向けのお土産らしく、しかも小野さんが一度着てみて(前回は売れない臭いがすると言われたから)お洗濯したあとのものだとか。それを神谷さんはまたしてもリスナーのプレゼントへとスルーしちゃいました。(*´艸`)クスクス

ちなみに舞台挨拶の為の京都行きだったそうですが、そもそも仏像好きな小野さんは京都でこれ幸いにとお寺を見て回ったそうで、東寺にある立体曼荼羅に感動したと話してました。

「Gフェス2009東京公演に行ってきました。個人的には、最後に足元に落ちたクラッカーのピロピロ(銀色の帯のこと)を投げたら自分の方へ戻ってきてしまった神谷さんが、どんくさくて可愛かったです」

どうやら神谷さんは「00(ダブルオー)」の掛け声の時に振り上げていた両腕に絡んだ銀の帯を、客席に向かって払ったという状況だったようですが、ご本人は最後の挨拶の時ですぐにお辞儀をしたのであんまりよく覚えていないそうです。

Deargirl情報

● ランティスの男性声優アーティストによるイベント「おれパラ」のDVD発売を記念して、「おれックマ」の待受を無料配信中(ちなみに小野さんのカラーは水色)。

シルフ談話室

第109話のお便りは『鳥籠荘の今日も眠たい住人たち』の作者、宝井理人先生から。

「皆がお休みの時(GW)に1人で家にいると、とても悲しい気持ちになります。そんな悲しい気持ちになった時はどう気を紛らしたらいいでしょうか? とっておきの弾け方などありますか?」

声優であるお二人はGWも関係なくお仕事。休みを満喫するどころじゃなかったそうで。
神谷さんのお勧めは「美味しいものを食べる」。つまり、せめて食べるものだけでも高級なものを食べてみようという事でした。そんなわけで今回は100円のアイスクリームと、高級食材を使った5000円もするアイスクリームを食べ比べてみるということになった・・・・・・のですが! 神谷さんに勧められた二つのアイスを口にした小野さん、必死で両者の違いを述べようとしてたものの、じつは5000円などは真っ赤な嘘! 小野さんだけが知らなかったプチ・ビックリで、どっちも同じアイスクリームでした。そんな訳で、神谷さんが最後に付けた結論は「自分自身に暗示をかければ楽しく過ごせる」という事でした。

Dear Voice

「どすこ〜い・・・どすこ〜い・・・」

あ〜〜〜〜〜〜ガチャピンの格好で四股(しこ)を踏まされた神谷さんが呟いてたヤツですね! 思い出したらまた笑えて来たんですけど・・・神谷さんゴメン。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

エンディング

北海道の人に悪いからと、同じだと思ったアイスを頑張って褒めようとした小野さん・・・たいへんお疲れ様でした。
ちなみに100円のアイスは美味しかったですか?


第110話「”下じいしき”の出来がいい!」

OPトーク

新しくなって一ヶ月が経過したOP/EDの話題から始まる第110話。
わたし達の耳としても、大分馴染んできた感じでしょうかね? オープニングでは、メイン以外の楽曲に関することが少し語られましたね。発売が楽しみだ。(^ー^* )フフ♪

ふつすと

「昨日、インタビューを読んでて気になったんですが、小野さんには妹さんもいらっしゃるんですか? 今までお兄さんの話しか聞いたことないのに…」

もちろん、小野さんにはお兄さんしかいませんよね。小野さん自身もなぜそんな記事になったのか不思議がってましたが、でも気持ちとしては妹という存在に憧れがあるみたいで。神谷さんもその点に関しては同じなんでしょうか? 途中で立ち上がったりとか、はるか以前に「もし娘がいたら」って話をしてた時を思い出すノリで会話してらっしゃいましたが。そして話題は結局ゲーム(アマガミ?)に行くんですね。相変わらずDearゲーム〜Stories〜的な番組だ…。(^▽^;)

Deargirl情報

● VitaminコーナーにてOPに引き続き、ED曲の配信が開始。

シルフ談話室

今月発売のシルフのVol.7では、新創刊1周年を記念した特別プレゼント企画が予定されているそうで、紹介するお二人も「凄いよ」と、わりと熱く語ってらっしゃいましたね。詳しくはシルフ公式サイトでチャックだ!

第110話のお便りは『S・L・H ストレイ・ラブ・ハーツ!』の作者、硝音あや先生から。

「こんど始めてサイン会をすることになったのですが。緊張をしない呪いを考えてください」

「呪い(のろい)」…? お呪い(おまじない)の間違いでしょうか??
そんなわけで今回は、色紙にお二人が「これに比べたら緊張しないよ」という絵を書いて先生にプレゼントするということになりました。書いてる間にお二人の歌う「」が流されるって…今までになかった遣り方ですよね。そして出来上がった絵は…神谷さんは「ネットショッピングで、ルイ・ヴィトンのバックを10000個購入するボタンをクリックする緊張感の図」、小野さんは「”この味は嘘をついている味だ”とブチャラティに追い詰められる(舐められる)図?」。これって二つとも、お呪いというよりは、笑ってしまって緊張がほぐれるって効果の方かもしれませんね。ヾ(@>▽<@)ノぶぁっはははっははは♪

Dear Voice

「ジェ〜〜〜〜ニャ♪」

みんな結局「小野さんが言う」ってことそのものに萌えるって事でしょうかね?

エンディング

いきなり「Dearアマガミ」でお送りしたとエンディングを始める神谷さん。まぁ確かに前半はそんな感じでしたけど、あくまでこの番組はDearGirl〜Stories〜ですからね(笑)。だけど、気のせいでしょうか。今回はすごくスムーズで「Deargirl」な番組でしたよね。番組も110回目ってことでちょっと方針が変わったのかな……諏訪さんの。(*^m^*) プクク


DGS各話バックナンバー

こちらは、当サイトが応援する「神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜」に登場する用語や、DearVoice、各話(放送回)のバックナンバーをご紹介するコーナーです。


inserted by FC2 system