DGS番組各話紹介

こちらでは、DGSのこれまでの各ストーリーをご紹介!
(放送を聞いて書き留めた記録です。談話室やリスナーからのお便りなどは要約した内容になっています)

第531話「こちら遅刻ドーナツになります。お納めください」

OPトーク

生誕祭の中でサラッと告知されたアレの話題から始まる第531話。
4月から流れている番組の新OPテーマ「ON the AIR」と新EDテーマ「トケイとテガミ」が収録されたCDが、7月12日に発売されるという情報でした。ジャケットも撮影されたそうで、空を背景にしたお二人がフライト用のゴーグルを手に佇んでいるという爽やかな写真だそうです。で、気になるのは恒例のネタトラック。今回は高知のよさこい節をUKパンクバージョンにアレンジしたモノが入るそうです。これまでのネタトラックもボサノバだのサンバだのと何気にワールドワイドでしたが、今回も高知を「United Kingdom of KOCHI」・・・あくまで外国だと言い張ってのネタです(笑)。もちろん収録場所はいつものラジオ収録のスタジオ。安定の2テイクですw 相変わらずどうかしてるとしかコメントしようがない感じですが、それにしてもよさこい節のパンクバージョンとはいかに?発売が楽しみですねw

ふつすと

お便りの前にお知らせがありました。
「Re-Duct in 大阪&札幌」のグッズのうち、受注生産のご当地DGS缶バッチとアクリルキーホルダーの予約受付が、6月11日の24時で締め切りとなるそうです。詳しくはDGS EXPO公式サイトをご覧ください。

「小野大輔生誕祭 in 高知、興奮しながら、時にジーンとしながら楽しませていただきました。番組を聞き始めて8年。こんなにも高知県の話題を取り上げてくれる番組があるのかと、高知県民の私は嬉しさと感動を覚えていました。いつか高知県に来て欲しいという願いがついに叶いました。高知城、はりまや橋、ひろめ市場と、故郷が懐かしくなると共に、上京して3年目の私は実家でカツオの叩きが食べたくなりました。おかんハーレー、サイトを見て衝撃を受けました。いままでの小ネタもふんだんに盛り込まれていて、高知への小野さんへのDGSへの愛がたくさん詰まった生誕祭で、本当に本当に素敵な一か月間の放送ありがとうございました」

結果的に5月はまる一か月「小野大輔生誕祭」だったことについて、お二人自身も苦笑するしかない様子。もともとは3週の予定だったそうですが、1週目のオンエアを聞いた時点で(アレ、可笑しいな?)と思ったようで、神谷さんはモンハン内のチャットで横川さんに「3週で終わるのか」と訊いたのだそうです。そして結果4週になったわけですが、それでも相当カットされた部分があったようで、1日目の様子は3週に分けてオンエアしてるのに、2日目にいたってはそれぞれのアクティビティ(※旅先での体験や遊びのこと)が回想として瞬間的に語られているだけですw
ちなみに2日目のドライブについては、じつは神谷さんが運転することになったのには必然的な理由があったことが語られました。というのも小野さんはお仕事が忙しくて免許を失効してそのままになってるそうですし、内田さんはペーパードライバー、八木橋くんは東京に免許証を忘れて不携帯、諏訪さんは仮免許中だったという(笑)。諏訪さんは「仮免許中」という張り紙をすれば行けると言ったそうですが、知らない土地ではあまりに危険なので、結果慣れている神谷さんが運転することになったようです。仁淀川を見に行くために山道を通ったので道が狭いし、急だし、対向車も来るという難易度の高い道程で、例の沈下橋もほんとうに怖かったと神谷さんはしみじみ語っておられました。

Deargirl情報

●今年も暑い夏がやってくる。8月25日・26日・27日の三日間、さいたまスーパーアリーナで開催される『Animelo Summer Live 2017 THE CARD』。アニメロミックスでは、チケットの先行抽選予約を受付中。

DearGirl談話室

何かに悩めるDearGirlからのふつすとを紹介していくこのコーナー。

第531話のお便りはDearGirl名「かえで」さんから。

「私はどこに行くにも道に迷ってしまい、数分で行けるところも何十分・・・ひどいときには1時間も掛かって着いてしまうことがあります。地図アプリを見ても全然ダメで、人に道を聞いてやっと目的地に辿り着きます。何か道に迷わずに目的地に行ける方法などありませんでしょうか?」

お便りの最後のくだりで盛大に噛んでしまった小野さん。
他の番組ならNGになるようなこともネタにしてしまうこの番組、ほんと凄いですよねww

神谷さん曰く、誰かに訊ねたり助力があったとしても「結果、辿り着けばいい」そうで、時間が掛かったとしても、スタート地点とゴール地点をちゃんと見極めていれば途中の道のりはアレンジしても問題ないとのこと。しかし今回のお便りは迷わずに最短距離を行きたいという悩みなので、お二人で最短距離で行きつく様子を見せようという話になりました。

行うのは『連想ゲーム』です。スタート地点とゴール地点のキーワードをBOXから引き、その間の言葉を「〇〇と言えば?」という連想でつないで最短距離で辿り着くというもの。たとえばスタートが「高知」、ゴールが「可愛い」だとすると、「高知」→「外国」→「ヨーロッパ」→「ジャパンカルチャーブーム」→「可愛い」という感じです。

『オープンカー』→「いい天気」→「太陽」→『ありがたい』

『シャンパン』→「栓(コルク)」→『遠くに飛ぶ』

『眼鏡』→「構成諏訪」→「猫(ビビちゃん)」→『可愛くて仕方ない』

『織田信長』→「島崎信長」→「スマホに課金」→「モンスターハンター エクスプロア」→「大剣」→「両手持ち」→「両手がふさがっている」→「カポエイラ」→「餓狼伝説」×(繋がらず失敗)→『めんどくさい』

結果、頑張れば目的地にたどり着けるが油断してはいけない、という結論になりました(笑)。

Dear Voice

「バイバーイ!バイバーーイ!!」

神谷さんの言い方が、ちょっと可愛い・・・(*ノωノ)

エンディング

4週目でバイバイと言っていたその場所がどこだったのかという話になりました。
じつは川原のキャンプ地のような場所でカツオを焼くやらバーベキューやらを堪能した時間があったのだそうで、それがまるっとカットされ、結果パチパチと火が爆ぜる音をBGMに会話するくだりのみになりましたね。・・・・・・ほんとマジ、そのカットされた諸々のシーンの円盤化をお願いします。_| ̄|○))


第532話「今年は俺もB'zみたいな短パンはこうかな」

OPトーク

神谷さんの短パントークで始まる第532話。
6月も半ばということで「短パンを穿き始めているのか」と訊ねられた神谷さん。すでに何度かは穿いたようですが、以前も仰っていたように”寒い”と感じることも増えたようで、夏にあまり穿かなくなったのだそうです。初夏で比較的暖かくエアコンが無くても快適に過ごせる時期が一番の短パンどきで、お好きなのは、上を長袖のパーカー・下を短パンにスニーカーという、アメリカの西海岸の学生のような恰好とのこと。ただ日本ではその恰好ができるのは僅かな期間で、梅雨から真夏にかけてはスタジオ内が寒くなって体調を崩しやすくなってしまうので、結果的に普通の長いズボンを穿くようになった・・・ということです。神谷さんに短パンを穿いて欲しいという小野さんが、では短パン穿いてコートを着ましょうよと提案したところ、一度試したことがあるという神谷さんが「後ろから見ると何も穿いてないように見える」と話して小野さん大笑い。たしかに40過ぎたオジサンにその姿は、さすがの神谷さんといえどもちょっとヤバイかもしれませんよねww

ふつすと

「先日の放送で『ON the AIR/トケイとテガミ』のCD発売が発表されましたね。おめでとうございます。さっそく予約させていただきました。特に先日の小野大輔生誕祭を拝聴し、毎回横川さんが最高のタイミングで流す『トケイとテガミ』に感動が止まらなかったです。本当にありがとうございます。つきましては『ON the AIR/トケイとテガミ』のCD作成に関する裏話、感想などお聞かせ願えますでしょうか。今まで10年、DGSのエンディングを聞き続けては感動してきましたが、今回の『トケイとテガミ』はDGSアワード1位の『軌跡』と同じくらいの感動でした。早くフルサイズで聞きたいです。岡さん最高!」

いままで「トケイとテガミ」についてはあまり語ってないということで、改めて語られることになりました。
岡さんの作曲による歌はこれまで何度も歌っている経験値もあって、お二人にとっては馴染みのあるメロディに聞こえるものの・・・実際に歌ってみるとテクニカルで難しいとのこと。音の飛び方や、ニュアンスを込める歌い方が難しかったようで、もし10年前のラジオを始めたばかりの頃に歌わされたら(歌うことが)「徹底して嫌いになった」と断言して神谷さんは苦笑。いまだにキャラソンなどを歌う時はそのキャラクターを守りながら音を表現する難しさがあるそうで、とくに(このキャラクターはそもそも歌を歌わないだろ・・・)という葛藤や、キャラクターと言えど歌声は違って当然なはずなのに何故か「喋り声=歌声」という歌い方を求められる不文律があり、いつもかなりの苦労を強いられては歌が嫌いになりかけているのだとか。
でも、と切り返した小野さんは、今回の「トケイとテガミ」については歌うほどに染みてくる、好きになってくる感じがあるとコメント。神谷さんも完成を聞いたときは感動したそうで、収録が終わってスタジオを出る際にディレクターさんや岡さんから「いままでの蓄積があったからこそ、この難しい楽曲を表現できた」などと感謝されて、自分では力不足と思っていたぶん(ある程度成長できたのかな)と思えた・・・とのこと。今だからこそ歌える、それがお二人の共通認識のようです。

Deargirl情報

●アニメロでは、新OP曲『ON the AIR』と新ED曲『トケイとテガミ』の着うたが先行配信中。

DearGirl談話室

何かに悩めるDearGirlからのふつすとを紹介していくこのコーナー。

第532話のお便りはDearGirl名「つーちゃん」さんから。

「仕事上、領収書をもらうことが多いのですが、社名を伝えた時に高確率で「はい?」と聞き直されたり間違った社名を書かれたりします。再度伝えたり訂正するのは構わないのですが、店員さんにはいったいどこまで、耳慣れない社名や名前を聞き取ってもらえるのでしょうか?」

まぁ領収書の間違いを防ぐには、口頭で伝えるのではなく名刺などを見せるのが一番の解決方法ですよね。ちなみに小野さんは「小野で」と伝えたはずが「うおのめ」さんになっていたことがあったそうです。神谷さんもお寿司の某チェーン店に出前を頼んだら、後日届いた葉書に「かにわ」とひらがなで書かれていたことがあったとか。

というわけで今回は、どこまで聞き馴染みのない会社名で伝わるのか実験してみることになりました。お二人が領収書を書く店員さんになって、なんと・・・今回初めて喋るお手伝い伊藤さんが口頭で伝える社名を、一回聞いただけで復唱できるかというもの。題して『DGS聞き取り王選手権』! ちなみに読み上げられた社名はこうでした。

  • 「文化放送ザイコパス ミリオンダンボール レッドゾーン シンガポール店」
  • 「ファッショナブル ドリアンコーヒー トリップオアトリートメント ユーラシア店」
  • 「スネヘアーツルツルダメージカット ビューティーラボ ユーラシア店」
  • 「エクストレイル エクスプレス エクスタシス エクステンド製麺店」
  • 「DMMドエムエムドットコムモットミル オランダ高等学校校門前店」
  • 「タツオのカタキ りょうもとさかま めろひ市場 高知城前バス停付近店」

お二人の珍回答はぜひバックナンバーで。
まぁさすがに、ここまで珍妙で分かり難い社名のトコは少ないと思いますけどねwww

Dear Voice

「沈カーブ!!」

あ〜〜〜〜沈下橋を渡り切った先を曲がるんですね(笑)。

エンディング

DGSが深刻なスタッフ不足だそうで、ついにラジオで喋ることになった伊藤さん。お二人に言わせると「絶妙な塩梅の声」(※つまり素人感)だそうですが、長く関わってくれているのにロケに連れてってもらえなかったりと、いままで不遇な立場にいました。今後は、活躍の場面が増えるのでしょうかね?w


DGS各話バックナンバー

こちらは、当サイトが応援する「神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜」に登場する用語や、DearVoice、各話(放送回)のバックナンバーをご紹介するコーナーです。


inserted by FC2 system