DGS番組各話紹介

こちらでは、DGSのこれまでの各ストーリーをご紹介!
(放送を聞いて書き留めた記録です。談話室やリスナーからのお便りなどは要約した内容になっています)

第506話「『To be continued・・・』はライブで歌ってないらしい」

OPトーク

12月も中旬です・・・そんな会話で始まる第506話。
じわじわと年末が迫っており、来週はクリスマス、再来週は大晦日になるのか年明けの放送になるのか・・・という時間軸。ということは「要らない物を持ってこなきゃ!」といまさら気づいたかのようにいう神谷さん。小野さんに「時計、時計!」と茶化したように要求し、小野さんは「要らない物っていうんじゃないよ!」と苦笑い。どうやらオシャレだと思って買ってきたばかりの時計をみんなに貶され、Gショックの新しい時計を買ったので古いほうの時計は必要なくなったこともあって、若干投げやりに「いいやもう、あげるあげる」と呟いておられました。俗に”時計の扱いは女性への態度に通じる”などという説がありますが、小野さんはまた「良い物を買う」そうで、果たしてそれって・・・俗説的にどうなんだろう?って若干思ったのはナイショです。( ´艸`)ムププ ちなみに再来週は年明け、特番の関係で26時放送だそうです。

ふつすと

「先日2016年の流行語大賞ノミネート30語が発表されましたね。PPAPや、ポケモンGo、そしてお二人が出演されたおそ松さんも候補に挙がっていましたね。DGS的にはやはり『DGS EXPO』が今年を象徴するものでしょうか?お二人は今年、流行を実感するものはありましたか?」

ここ数年は流行をまったく追い求めていない・・・とローテンションで呟くお二人。何か流行を追っているかと問われた小野さんが「神谷さん、神ってる」という大賞となった言葉を使ったところ、それをご存知なかったらしい神谷さんは「俺がセリフ噛んでるってことか」とぷち切れ。さらに「PPAPを神ってる感じで歌える」と発言したため、まさかの小野さんバージョンPPAPが披露されました(笑)。構成の諏訪さんの鬼カンペ・・・さすがですww 小野さんが「なぜ流行ったのか分からない」という一方で、「なんか耳に残る」と語る神谷さん。表情・顔・動き・恰好が相当インパクトあるようで、何であの人があんなことやってるのか分からないといいつつも、その意味の無さがいいのだ、流行に根拠はないのだろうなどと語っておられました。
ちなみに、この番組的な流行語を決めるとしたら今年は完全に「溶かす」だそうで。お二人やスタッフさんがハマり込んでる『モンスターハンター エクスプロア』の話題が盛り上がりました。ラジオ的には明らかにされなかったものの、かなりの金額になっているらしい小野さんの課金。小野さんは知らない人と交流することに抵抗感があるようで、モンハンの機能である「マルチ」をほとんどされないとのこと。そのためゲーム内にあるガチャでフル装備を整えていたり、かなり強い敵でもソロで倒していたり、パーティー戦でも課金アイテムを使って生き返ったりと、よい子は絶対に真似しちゃいけない遊び方をしている模様。生き返ると仲間のHPも回復するため周りからは歓迎されるようですが、果たして今後の小野さんも課金ロードを続けるのでしょうか?さすがに課金は控えて普通になるのじゃないかって気もしますけどね(笑)。(;'∀')

Deargirl情報

●アニメロミックスでは、小野さんのNewシングル『オリオンの夜』が好評配信中。楽曲ダウンロードでポストカードが当たるキャンペーンも実施中。

DearGirl談話室

何かに悩めるDearGirlからのふつすとを紹介していくこのコーナー。

第506話のお便りはDearGirl名「きょうか」さんから。

「わたしは何かをしようと思い、いざ実行に移そうとすると、何をしようとしたのかすぐ忘れてしまう事が多いのですが、どうしたら覚えていられるでしょうか?」

思わず「・・・さぁ〜〜・・・」と呟いた神谷さん。前々からお二人とも、ラジオ等でも言ったことはすぐに忘れるなどと発言しており、むしろ自分たちが教えて欲しいくらいだとコメント。セリフを覚えられないから声優をしてるんだ、という神谷さんの発言には若干首をかしげますが(笑)。今回はお二人がどのくらい記憶力があるのか確かめるため、過去の放送のサブタイトルを見て、この時に何があったかを思い出せるか試してみることになりました。

第24話【プラモは面白いポーズにされる運命ですよ】
この当時に神谷さんが「機動戦士ガンダム00」に出演されていました。電撃ホビーマガジンという雑誌がよく置いてあったので、それの付録のプラモで遊んでいたのでは?というお二人の予想ですが。※ちなみに正解はたぶん「神谷さんが買ってきたガンダム・エクシアを、自分が乗る機体じゃないからと雑に作って、ブリッジさせたりして遊んでいた」ですw
第30話【オシリーナオシリーナ♪ ウレシーナウレシーナ♪】
あ〜〜〜シルフ編集長がゲストに来た回ですね。お二人の、当時「電撃大賞」というラジオ番組を担当されていた秋山莉奈さんを小野さんが偶然に目撃し、それが嬉しくてはしゃいでいた、という予想がだいたい正解かと思われますw
第94話【今日は、授業参観日!】
たまたま東京に来ていた小野さんのご両親が収録の見学に来た回ですね。羽田へ向かうモノレールが文化放送ビルのある浜松町から出発するため、見てく?と小野さんから誘ったのだそうで。神谷さんは「うわ、怖っ!」と驚いていましたが、ご両親に放送局で働いている姿を見せようとした小野さんの気持ちは理解できる気がします。この頃はまだ見せられる放送だったが、いまは完全に「Go home!(帰れ)」となると小野さんは苦笑。
第101話【クイニーアマンは半額になりませんが、よろしいですか?】
当時はまだ文化放送のビル内にジオカフェというパン屋さんがあり、その半額になった売れ残りのパンを大量に買ってきてスタッフに差し入れするということを神谷さんがやっていました。現在はそのパン屋さんは無くなってしまったのですが、神谷さんはチェーン店を東京駅で見かけたそうです。
第150話【35歳、男の限界説】
神谷さんは41歳、小野さんも38歳になりとっくにその年齢は過ぎているお二人。神谷さんはここ数年体力づくりのために自転車を漕ぐなどしていますし、小野さんはご本人曰く35歳ごろは体調を崩しやすかったなどとコメント。ちなみにタイトルの語源は、小野さんが買ってきていた「SPA!」という雑誌の特集タイトルだったようですw

こうやって並べてみると・・・いい意味であんまりこの番組の方向性は変わってないですねw

Dear Voice

「酔う?・・・船に?・・・俺に?」

別にこれのせいで、神谷さんがノイジーって言ったわけじゃないですけどねw

エンディング ※BGM『パーティーフライト』

テンションの上がる曲だと呟くお二人。談話室であった「35歳、男の限界説」の話題になりました。150回なので神谷さんはおそらく34歳とかの年齢で、35歳の直前でした。この番組は10年前から始まっているので、神谷さんは31歳、小野さんは28歳から開始しているわけですが、同じくらいの年齢と考えるとちょうど梶裕貴さんと江口拓也さんが組んでラジオをするようなもの。しかしお二人は現時点ですでに人気声優で売れてます。神谷さんと小野さんのお二人が当時撮ったアメリカの墓場のようなジャケットは撮らない、と苦笑されていました。


第507話「神谷さんその服着てるの3回目じゃないですか?」

OPトーク

ちょうどクリスマスの放送となった第507話。
ただこの十年くらい、クリスマスだからといって騒いだりはしない「普通の日」だと話す神谷さん。いっぽうの小野さんはちょうど両国国技館でおれパラをやっている日でした。するといつものように神谷さんが「大変だね!オリオンの夜をあのジャケットの恰好で歌うってわけだからさ〜」と茶化しにかかり、苦笑した小野さんも、楽曲中は光で飛ばす(※つまり小野さんの体が見えないくらいの強い光で照らす)などという世田話を長々と続けたあと「バカ野郎!」と突っ込みを入れるいつものコントを繰り広げてらっしゃいました(笑)。ちなみに、毎年クリスマスといえばサンタの恰好をするのが定番でしたが、今回は写真を撮るとき以外は普通の恰好をしてらっしゃった模様。理由は「暑いから」だそうです。まぁ局内は暖かいですしねww

ふつすと

「先日アニメロミックスの年間ランキングを見たのですが、なんとVoice部門の1位〜50位まである中、49のVoiceが神谷さん・小野さんのVoiceでした。あの珍妙なVoiceたちがランキングをほぼ総なめしていました。超人気声優のお二人から発せられたVoiceが日本国民の心を鷲づかみにしている結果ですね。わたしも珍妙Voiceには元気を貰っています。これからも珍妙なVoiceの配信よろしくお願いします」

逆にあと1個が気になるよね?とおっしゃる小野さん。ちなみにその残り1個は寺島さんのうた☆プリVoiceだったそうです。それ以外の49個はすべてDGSということで、「アニメロの着ボイスがだらしない」「他にも頑張っていただかないと」と神谷さんは苦笑されていました。元々のDearVoice自体が余っているポイントを消費してもらおうという意図で開始されたものですが、この結果は果たしてポイントの余っている人が大勢いるのか、小野さんのおっしゃるように珍妙なVoiceに需要があるのか、はたまた純粋にお二人と番組の人気ゆえの結果なのか。きっと三番目なのだとは思いますけどねw

「先日放送されたNHKの『Rの法則』という番組に、梶裕貴さん・島崎信長さん・戸松遥さんが出演されていたのですが、アフレコ現場ににゃーさんペンポーチがありました。これはこの前話されていた、神谷さんが信長さんにあげたペンポーチですよね。ほんとに普段から使われているのが分かって、なぜか私が嬉しくなりました。そして、にゃーさんNHKデビューおめでとうございます」

神谷さんが信長さんにあげるときに「普段から使ってくれるなら」と約束したと以前番組内で話されていましたが、ちゃんと愛用されてたということですよね。小野さんも、ペンポーチを持っているとやはり共演者の皆さんに興味を持たれるという話をしてらっしゃいました。いっぽうの小野さんの新高梨ポシェットは、あまりにも女の子仕様すぎてか現在のところ使われていないご様子。いつか小野さんの言う「ポシェット一丁」でお出かけする機会はあるのでしょうかww

Deargirl情報

●アニメロミックスでは、小野さんのNewシングル『オリオンの夜』が好評配信中。楽曲ダウンロードでポストカードが当たるキャンペーンも実施中。

第10回 どーしても・ゲットしたい・ストーリー略してDGS!

親愛なるたったひとりの貴方に一年間の感謝の気持ちを込めてお届けするクリスマスプレゼント企画。
今年も、用意されたプレゼントの数々が紹介されました。

神谷浩史賞
「iPad Pro miniのふた」「ウゴウゴルーガのテレビくん」各1名様
小野大輔賞
「腕時計3個セット」1名様
諏訪勝賞
「ネットで買ったら顔が大きくて入らなかったサングラス」1名様
内田社長賞
「オレンジのもこもこパーカー(ブルーのを買って良かったので色違いも買ったものの、明るい色の物を普段まったく身につけないため、結局来ていないパーカー)」1名様
八木橋賞
「YAGI84がDGS EXPO1日目のステージで履いていた短パン」1名様
小林ちゃんこちゃんこ賞
「MOBツアー衣装のTシャツと、電撃コミックに移行して途中で止まってる進撃の巨人コミックス1〜14巻」1名様
ディレクター横川賞
「にゃーさんペンケースを使い始めたので世代交代で使われなくなったジバジャンのペンケース(小物入れ)」1名様
お手伝い伊藤賞
「外でのイベントの手伝いをした時に念のため買ったけど一度も着なかったカッパ」1名様
エクステンド賞
「モンハロウィンでスタッフが着たモンニャン隊の衣装(※着ぐるみパジャマ+ナップザックのセット)」6名様
エクステンド竹内賞
「マジックグッズセット」1名様
エクステンドたむたむ賞
「プレイステーションVita」5名様
アニメロミックス賞
「神谷さん小野さんが出演していない、Cafe Cuillereのランチョンマット(※コラボカフェのノベルティ)」2種類各5名、計10名様

神谷さんとか諏訪さんとかスタッフさんたちは「要らないもの」ですが、小野さんとたむたむさんはもはや、プレゼントのためだけに「要らなくさせられてる」感がありますね。毎年、ありがとうございます。(;^◇^;)ゝ

Dear Voice

「お前、台本持ってけよ!」

ああ、DGSキャラクターズへ電話ってコーナーのときのw

エンディング ※BGM『Smiley Time』

我々的には記憶に新しい曲だと語るお二人。たしかにEXPO等でも歌われてましたね。そしてプレゼント企画について改めて注意事項が語られました。毎年言われていますが、プレゼントが欲しい理由は「本当のことを書く」「嘘はつかない」ようにとお願いされてました。確かにどのプレゼントであれ、欲しいと思うには理由が必ずあるはずで、それをお二人が面白いと思うかどうかは・・・内容次第、運次第かなw
さて次週は年明けの放送です!文化放送では、新年の特別番組放送のため26時開始予定とのこと。お間違えなく!


第508話「酉年。今年はチキン・ジョージ先生が干支です!」

OPトーク

2017年最初の放送となった第508話。
今年も「明けましておめでとうございます」の第一声からスタートしました。しかし放送日時は1月1日午前2時(※文化放送)。初日の出さえ迎えておらず真っ暗だと苦笑するお二人。まだまだ10周年イヤー中なので、酉年だけに「飛ぶ鳥を落とす勢いで」頑張って行こうと語り合っていました。そして今回は何やら発表ごとがあるそうです。

ふつすと

というわけで、今年最初の番組的なお知らせ。まず一つ目は・・・。

『DGS EXPO 2016』BD&DVDが、4月14日発売決定!!

4時間以上に及ぶオーディオコメンタリーを、なんと3回のカレー休憩を挟みながら収録したのだそうで、これが秋ごろからお二人が仰っていた「デスロード」の正体だったわけですね(笑)。オーディオコメンタリーでほぼすべてを語りつくしたと話すお二人は、これを聞いていただければコンプリートだと語っておられました。ちなみに収録されているのは6月26日の公演内容だそうで、特典として一日目の番組小道具アワードで行われていた代永さんへの電話の様子と、EXPO中にお二人がS丸くんとして潜入していた際の内田さん隠し撮りによるマル秘映像が封入されるそうです。さらに予約特典には、メンズメイドチェキのレプリカステッカーが付くそうです。青二の事務所とかがよく許可したなと神谷さんは仰ってましたが、きっと面白ければO.Kなんですよねw 予約はアニメイト店頭および超A&Gショップにて1月13日から受付開始だそうです。

2ndアルバム『Coin toss Drive』が3月15日に発売!!

このタイトルに決まるまでには「ドリーム ガス」だのと様々な案が出たそうですが、CとDが入っているタイトルが良いだろうということで、コインを投げて当て所の無い旅を続ける・・・といった意味のこもった「Coin toss Drive」に決定したとのこと。収録されるのは全15曲。それをお二人がDJ風・・・というかもう完全にCDTV風に紹介してらっしゃいましたw

  1. Smiley Time(※2011年 OP曲)
  2. 30minutes Shootin' Star(※2011年 ED曲)
  3. 僕たちだけの物語(※2012年 OP曲)
  4. Teller's night(※2012年 ED曲)
  5. Glow My Way(※2013年 OP曲)
  6. ツムギイト(※2013年 ED曲)
  7. Maosochistic Over Beat(※2014年 OP曲)
  8. この歌がとぎれないように(※2014年 ED曲)
  9. Monster's Show(※2015年 OP曲)
  10. TRIBE DRIVE(※2015年 ED曲)
  11. Shiny×Shiny(※DGS祭テーマ曲)
  12. Ace of Asia(※DGS劇場版2テーマ曲)
  13. TEN-der land(※DGS EXPOテーマ曲)
  14. Say Your Name!〜Dear Girl〜(※2017ver.)
  15. FLYING IN THE SKY(※神谷さん・小野さんカバーver.)

収録順はこの通りではないそうですが、ともかく過去のOP/EDが収録されるということですね。
しかし驚きなのは「FLYING IN THE SKY」です。確かに番組では一方的に所縁のある曲ではありますが、そもそもは機動武闘伝Gガンダムというアニメの主題歌であり、まさか「ラジオ番組」「アルバム封入曲として」カバーされることになるとは(笑)。ほんとに前代未聞のことを次々実現していくラジオですよね、DGSってw

Deargirl情報

●アニメロミックスでは、各番組パーソナリティーからの直筆サイン入り葉書や、豪華賞品が当たる冬休みキャンペーンを実施中。応募締め切りは1月10日まで。

DearGirl談話室

何かに悩めるDearGirlからのふつすとを紹介していくこのコーナー。
なんと小野さんが台本を見失い、10年目にして初めて神谷さんが談話室のお便り紹介するという珍事が起こりましたw

第508話のお便りはDearGirl名「なな」さんから。

「私の家にはコタツがあります。とても暖かく便利ですが、そのせいでコタツから出られません。どうしたらコタツからスッと出られるようになりますか?助けてください」

お便りを読んでいる間も台本が見つからなかったようで、喋り始めてからようやく追いつき「セーフ」だと笑う小野さん。そんな小野さんをいつものように神谷さんが叱り飛ばしたあと、鍋をつつきながら2016年の振り返りトークをすることになりました。いつもなら年末に行っていた「鍋回」ですが、今回は諸事情により年明け一発目の企画となったようです。ちなみに、年明けなのでお節も鏡餅も用意されてます。

2016年は本当にわ〜〜〜っと言ってる間に終わったような忙しい日々を過ごされたらしいお二人。
小野さんは年明けのソロライブに始まり、6月のDSG EXPO、暮れのおれパラと前・中・後期それぞれにイベントがありました。一方の神谷さんも、6月から10月くらいにかけての中頃にキラフェス・DGS EXPO・ソロライブなどイベントが集中したため、ストレスで体調を崩しながらのお忙しい日々だったようです。

ライブがあるということは「当日が大変なのは当たり前だけど、その準備が大変」と語る小野さん。お鍋をもぐもぐしながら「段取りを覚えるのが大変」だと神谷さんも相槌。毎年キラフェスなどやっていて思うそうですが、ライブ直後はストレス故に「何もやりたくない」「音楽から離れたい」という心境に陥るそうで、ひと月くらい音楽を聞かない期間があるようで。そのため自分の中で歌に関するあれこれがリセットされてしまい、次のリハーサルでまた一から覚えなおす繰り返しのようになっているとか。しかしそれを聞いた小野さんは「絶対それが土台になっている」とコメント。番組初期の曲である「Say Your Name!〜Dear Girl〜」のキーが2音も上がっているように、歌唱力も上がっているはずだと仰ってました。昨日まで歌えると思っていたはずの曲が、今日になって歌えない・・・と仰る神谷さんのそれも、歌唱力が落ちているのではなく、曲に対する感性が昨日より増してるせいだと個人的には思うのですが。

番組的には、一昨年のMOBライブと昨年のEXPOと連続した為、なんとなく一年に一回という感じになっているが、じつは珍しいこと。次はいつになるか分からないが、しばらくないだろう・・・と話す神谷さん。2ndアルバムは出るものの、ライブ的なイベントは今のところ無いようですね。

声優としても、2016年はお互い活躍した年でした。小野さんは「ジョジョの奇妙な冒険」や「GANTZ」その他の劇場作品、明けた2017年1月には黒執事。神谷さんは「傷物語」を最後まで演じきれたことが、声優をしていて良かったと思える印象的な作品だったとのこと。そして2016年も「斉木楠雄のψ難」などお二人の共演作がありました。年明け早々には進撃の巨人の二期も決まってますし、きっと2017年も一緒にお仕事をする機会が多いのでしょうね。腐女子的には何となくそこに萌えを感じてしまいます。( ´艸`)ムププ

いつまでもお二人仲良しで、ラジオも続いてくれればいいですよねww

Dear Voice

「ぜよっ!ぜよ!!!ぜよぜよ・・・ぜーよー♪」

これが土佐弁で喜怒哀楽だとか、そろそろ高知の人も怒っていいです(笑)。

エンディング ※BGM『30minutes Shootin' Star』

談話室での小野さんの体たらくについて「新年早々あり得ないことが起きた」と言及する神谷さん。10年目にして初めて神谷さんがお便りを紹介し、小野さんがほとんどしゃべってなかったと苦笑。10年やっていても、小野さん曰く「新しいこと」が起きるDearGirl〜Stories〜。今後もそんな楽しい番組になること願ってますw


第509話「神谷おじさんお年玉ちょうだい!すぐ課金して溶かすからさぁ!」

OPトーク

お正月も過ぎて学校や仕事が始まっている頃・・・そんな話題で始まる第509話。
お二人はといえば、神谷さんは『傷物語』劇場版の舞台挨拶などでお忙しい年明けを、小野さんは言葉の濁し方から察するに・・・三が日はご自宅でボンヤリ過ごされた模様。
そして番組的には、先週に引き続きもう一つのお知らせがあると語られました。詳しくはCM明けに。

ふつすと

新年3つ目の発表は・・・『DGS博覧会Re-Duct!in 大阪』開催決定という情報でした!

場所は大阪市北区の大丸梅田店15階 大丸ミュージアムで、日次は3月8日〜13日までの6日間。
時間は8日〜10日までは10時〜20時、11日・12日は3時間ずつの3部制、13日は10時〜18時と細かくなっています。開催期間中はグッズ販売はもちろん、スタッフ生展示も検討中とのこと。詳しくは公式サイトの情報をご確認ください。

そして年明けの放送ということで、恒例となった書初めをすることになりました。筆ペンはかすれて書きにくい、番組の目標とかない、新しいところに飛躍していこうなどとブツブツ呟きながら、お二人書き始めます。

「健康」
番組スタッフの高齢化も進んでるということで(笑)、みんなの健康を祈願。
「課金」
意外にも八木橋くんの連絡先を知らないという神谷さん。モンスターハンター エクスプロアのチャットが唯一の繋がりだそうで、どうやら今年もモンハン熱は冷めないようですw
「movie3」
小野さんも毎年これは書いてますよね。
「ラスベガス」
次はどこに行きたいかと訊かれて力強く書いたのがこれ。
「現状維持」
そういう野望がありつつも・・・神谷さんらしいお言葉(笑)。
「一攫千金」
もういいよ〜〜と呟きつつも「人生にもう一度くらいギャンブルするか」と発言を変えた神谷さん。去年と同じ「攫」の書き方を悩みながら書きました。ラスベガスでバカラとかやって儲けよう!
「株」
一攫千金といえばこれ!エクステンドの株を持つってのも前から発言してますけどねw
「アルバム大ヒット」
発売も決定してますしね。
「渡高」
どうやら諏訪さんから「番組の企画になるような」との要望に応えての言葉。
「高知上陸」
しつこく高知を海外だと言い続けてますが、いちお日本ですからね!念のため(笑)。

果たしてどれかが現実となる日が来るのでしょうか?w

Deargirl情報

●アニメロミックスでは、各番組パーソナリティーからの直筆サイン入り葉書や、豪華賞品が当たる冬休みキャンペーンを実施中。応募締め切りは1月10日まで。

DearGirl談話室

何かに悩めるDearGirlからのふつすとを紹介していくこのコーナー。

第509話のお便りはDearGirl名「みなみのみなみ」さんから。

「DGSが10周年を迎え、改めて過去の放送を思い出していたところ、そういえばヒロ子さんとダイ子さんはお元気なのでしょうか?久しぶりにお二人の声がききたいです」

神谷さんが「死んだんじゃなかったっけ?」と苦笑いし、死んだのはダンDだが、ヒロ子とダイ子の二人については「完全に忘れ去られている」と語るお二人。そういえばDGSEXPOのキャラクターアワードにも登場していませんよね。完全に忘れてしまっているので「ここからの展開がマジ怖いんですけど」と呟く神谷さんでしたが、今回はたまたま文化放送の下のデニーズにヒロ子とダイ子が来ているので、二人の会話を聞いてみようということになりました。

推し男性声優は誰かという会話で、推し変リストを見ながらの二人の会話。名前が挙がったのは以下の方々。

  • 「江口拓也」さん・・・部屋が超汚い、彼氏にはしたくない。激バカで破天荒だけどそんなところが好き。
  • 「石川界人」さん・・・いい声、一生懸命、でもバカ。アクションとモノローグが被るシーンを同時にやろうとしてた。物理的に無理w
  • 「松岡禎丞」さん・・・純粋でいい子。すぐ汗だくになる。わりとパニックになりやすい。でもお芝居が上手。
  • 「白井悠介」さん・・・イケメン。1回くらいしか会ったことがないので情報がない(笑)。
  • 「斎藤壮馬」さん・・・彼にしかできない若々しい芝居をする。
  • 「山下大輝」さん・・・ダイ子はよく会う。食事にいくと引くほど食べる。(この先輩なら奢ってくれるだろうな)と分かってる感がある。いっぱい食べる子は可愛い。
  • 「西山宏太朗」さん・・・ひょろっと男子の片割れ。イケメン。『美男高校地球防衛部LOVE!』に出演していた。
  • 「梅原裕一郎」さん・・・ひょろっと男子のもう一方。引くほどイケメンでいい声。ヤングブラック・ジャック。
  • 「阿部敦」さん・・・心根が優しい子。番組で話題に出しているけど去年は一回も会ってない。

結果、2017年のヒロ子の推しメンは松岡禎丞さん、ダイ子は山下大輝さんになったようですw

Dear Voice

「てめぇ!今、何食った?吐き出せ!ダイエットするつったろ!!成功したら、ご褒美やるから」

私もこれをダウンロードして、今年もダイエットに励みたいと思いますwww

エンディング ※BGM『僕達だけの物語』

EXPOでも歌われた曲ですが「イベント始まるよ」って感じがすると語るお二人。
談話室では若手の男性声優さんが複数紹介されてましたが「負けてられない・・・・・・いや嘘、どうでもいい」と苦笑いする神谷さん。若手と戦っていくのは大変なのでと小野さんも笑いましたが、オジサンだけの特別枠とかに行かなくても、間違いなく若手声優さんたち全員の「目標」でしょう、お二人は(笑)。ご自身で仰っている通り、お二人らしく今年も頑張っていただけたらいいなって思いますw


第510話「もうすぐフリーになって1年!」

OPトーク

小野さんのまさかのタイトル出とちりで始まる第510話。
これまでにも小野さんがぼんやりしてミスすることはありましたが、タイトルコールから出とちるというのは初めてかも。しかし今回に関しては、原因はどうやら神谷さんと諏訪さんの行動にあったようです。小野さんがちょっと興奮気味に喋ってらっしゃいましたが、話を要約すると、パーソナリティーであるお二人は副調整室からの指示を聞くためのイヤホンをしているのですが、収録開始直前に神谷さんと諏訪さんのお二人が、さもディレクターから指示を聞いているかのような素振りをし、小野さんが音が小さいから聞こえないのだろうかとボリュームを上げたそのタイミングでOPの曲が流れ始めたのだそうで、急に大きな音がして動揺したせいでタイトルコールが遅れたのだとのこと。横川Dさんまで時々OPの曲を小さくしてみたりの悪戯をしてました。小野さんをからかうためだったのでしょうかね(笑)?
そして台本に戻って「神谷さん」と切り出した小野さん。再来週の土曜日は神谷さんの誕生日。例年通りに神谷浩史生誕祭が行われる予定となっているようですが、しかしラジオ大阪で聞いている方は29日放送なので一日過ぎてしまいます。それでは本当の意味で楽しめないということで、次週から2週続けて生誕祭が行われる運びとなったようです。第500回の前後からずっと小野さんが時計を買う買わないという話をしてましたが、どうやらついに小野さんが、そして記念として神谷さんも時計を買いに行くロケが行われるようです。買うものが決まってたらぶっちゃけ5分で終わりそうなその企画、果たしてどう2週分も引っ張るのでしょうかねw

ふつすと

先に番組からのお知らせがありました。先週発表された『DGS博覧会Re-Duct!in 大阪』の開催について。
日次は3月8日〜13日までの6日間。場所は大阪市北区の大丸梅田店15階 大丸ミュージアムで、時間は8日〜10日までは10時〜20時、11日・12日は3時間ずつの3部制、13日は10時〜18時と細かくなっています。開催期間中はグッズ販売はもちろん、スタッフ生展示も検討中とのこと。詳しくは公式サイトの情報をご確認ください。

「先日、おれパラ神戸公演に参加させていただきました。小野さんの新曲『オリオンの夜』はステージも星空のようで、すごく綺麗で感激しました。そして何よりMCで一瞬、小野さんが恋ダンスを踊ったのが衝撃的でした。キレッキレで小野さんがめちゃくちゃ可愛かったです。もう一度見たいです」

神谷さんは怪訝そうな口調で「恋ダンスって何?」とコメント。恋ダンスとはTVドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌『恋』に合わせて振りつけられたダンスのことなのですが、あんまりご存知なかったようで、ヒロインを演じた新垣結衣さんの方にばかり食いつく状態。ちなみになぜ恋ダンスを踊ることになったかと言えば、小野さん曰く、羽多野さんが歌った『You Only Live Once』の歌詞に「輝くために生まれてきた」「輝きながら君が教えてくれた」という部分があり、お互いの中に感じる部分があるなどと話していた処、羽田野さんを絶賛していた小野さんが「何だろうこの感情・・・」とつぶやき、他の出演者から「恋なんじゃね??」と言われてしまったのだとか。それでつい恋ダンスの仕草をしてしまったようです。

Deargirl情報

●アニメロでは、おれパラ2016のセットリストを掲載中。着うたフルを5曲ダウンロードした方の中から抽選でオフィシャルグッズが当たるキャンペーンも実施中。応募の〆切は1月17日まで。(※お二人が半笑いでしたが、打ち合わせの時に諏訪さんが「セットリストを「無断で」掲載中」と言っており、素直な小野さんが釣られて読みそうになったからだったようですw)

DearGirl談話室

何かに悩めるDearGirlからのふつすとを紹介していくこのコーナー。

第510話のお便りはDearGirl名「水晶」さんから。

「世の中には「恋の方程式」のように、あらゆる方程式が存在しますよね?他にどんな方程式が存在しているのか、人生経験豊富なお二人に教えて欲しいです」

人生経験豊富な自分たちは恋の方程式も10個くらい知っていると豪語するお二人。他にどんな方程式が存在するかということで、ラジオの新しい方程式を見つけていこうという話になりました。そこで今回は、よくありがちな「ベタな企画」「ベタな企画」を掛け合わせ、どんな方程式が生まれるかという検証をすることに。

まず行ったのは「食レポ」×「せーので一致」という企画。つまり美味しいものを食べた感想をせーので答えて一致させようというのですが、トシヨロイヅカの「ジャンピエール」(※チョコレートコーティングされたドーム型のケーキ)をふつうに美味しく頂いてるだけで、なかなか感想が一致しないお二人。最終的に示し合わせた上で「めっちゃピスタチオ」で一致(笑)。

次に行ったのは「黒ひげ危機一髪」×「とりあえず甘い声で何かいう」という企画。二人で無駄にエロそうに呟きながら黒ひげ危機一髪をやるだけ・・・という苦笑するしかないものでした。神谷さん曰く「甘いセリフとかは、イベントのメインで来られると(この作家は何も考えてねぇな!)と思ったり思わなかったり」するらしいですが、企画としては確かによくあるものですよね。結局、なかなか黒ひげは飛び出さず、二人同時に刺した4回目で飛び出す・・・という地味さでしたw

結果、ラジオの方程式はない!なんだそりゃですねww

Dear Voice

「はんす!」

なんか2017年早々から番組的な迷セリフが生まれちゃった気がw

エンディング ※BGM『Teller's nights』

来週は神谷浩史生誕祭が放送されるらしいですが、今のところ「時計を買いに行く」という企画になる予定。というわけで小野さんには500万円か500万使えるカードを用意しておくようにという神谷さん。しかし以前の放送でリスナーさんからのメールにもありましたが、500万の時計というとほぼジュエリーで小野さんの欲しいものとは掛け離れている模様。まぁ500万は冗談にしても、ほんとどうやって時計を買いに行くやり取りを2週引っ張るのか・・・期待しましょうww


DGS各話バックナンバー

こちらは、当サイトが応援する「神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜」に登場する用語や、DearVoice、各話(放送回)のバックナンバーをご紹介するコーナーです。


inserted by FC2 system